=118 ~木の因数分解~(家具工房つなぎブログ)

南房総でサクラの家具を作っています。ショールーム&カフェに遊びにおいでください。

象嵌(ぞうがん)の分類

2009年09月08日 | 【メモ】木づいたこと、考えたこと
象嵌に興味があり、少し本を読んでみました。

象嵌っていうと、似たようなものに螺鈿とか蒔絵も入ってくるんですね。
このあたりの分類や定義が自分の中で曖昧でしたが、少し整理できました。

「象嵌」(ぞうがん)
この字を分解すると、「かたどり、はめる」と読めるそうです。
そして、象嵌の制作方法はまさしくこの「かたどりはめる」なのです。

そういう意味からいうと、象嵌、螺鈿、沈金ともすべて象嵌といえそうです。
ただしそれぞれ違うところは、地とはめるものが違います。

■象嵌
地=木、はめるもの=木

※寄木との違いは、「寄木=幾何学模様」、「象嵌=絵画」と認識されているケースが多いようですが、やはり根本的な違いは制作方法で、象嵌は上記のとおり、形に切ったものと同じ形に地を彫りはめる、一方寄木は切った形を貼り合わせていく作業になります。しかし、寄木細工で有名な箱根の歴史を見ても、象嵌と寄木はかなり近いものであり、同じ作品内に両方の技術が使われていることもあるそうです。

■螺鈿
地=漆、はめるもの=貝、象牙、宝石など

※基本はかたどった貝などにあわせて漆を彫ってそこにはめ込みますが、逆に形を地に貼って回りを漆で埋める方法もあります。彫らないですむ分、こちらのほうが手間はかからなそうです。

■沈金
地=漆、はめるもの=金

※はめるというよりは、埋め込む感じですね。



大雑把でありますが、一旦このように理解しました。

将来、しっかりとした家具が作れるようになったうえで、このあたりも取り入れていきたいですね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« そばの国 | トップ | 「浮浪者になるぞ」 (自主... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

【メモ】木づいたこと、考えたこと」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事