Женска Пияница 

ピアニッツァは、ブルガリア語で「酔っ払い」
ふらふらふらふら、いろんなものに酔ってます!?

こんな日に、まさかの坂。

2012年02月29日 | Weblog

今日のバイトは9時から。


いつもより余裕があるわい、と
バス時刻を調べたり、テレビを見たりしていたら

8時チョイすぎに、バイト先からおでんわ





今日の私のシフトは変更があって8時からだったらしい。




電話の先では、
大雪だし事故にでもあったんじゃないかと心配してくれていたが
全然・・・・余裕でパソコンいじってました。



うっそ~ん


と、化粧もせずに長靴はいて傘さして
バスがなかったのでバイト先まで走った、走った



いつ出てくるかわからない、まさかの坂。


そうね、シフト表を毎日確認しない私がいけないのね。

てか、かわったらその時点でいってくれよ、、、。(すっかり人のせいにしている私)


全速力で走り8時半から働けました。






そんなことをつまみに、バイト上がりにお仲間とお茶を。
今日はストロベリースムージー



べた雪でしたがいい雰囲気でした
        
         







コメント

まにあった。

2012年02月28日 | Weblog
やっと出せた~。

うちのお雛様






あかりをつけましょ、ぼんぼりに~

コメント

テラスで。

2012年02月26日 | 食べ物
たまには花屋が見えるテラスでお茶を




相方がチャイラテで私は、マンゴースムージー





もう少し暖かくなったらでぼや~っとしよう

コメント

震度7.

2012年02月22日 | Weblog

近頃地震、地震といろんな番組で話題になっている。

昨年の震災で稼ぎ頭の実家のふすまや重いガラスの引き戸は吹っ飛び
食器戸棚は倒れ処分した食器は数知れず、、お酒の瓶もすべて割れた。


そんなことがここでも起こったら


と、いつ起こるかわからないけれど


箪笥の上に乗せておいたハードケース入りのマイスター君を
床に置くことにした。
掃除のときにいちいち移動させて面倒だけど
夜中の急な揺れでアコーディオンが落下して寝ている家族に直撃したら大変。


部屋の中を見回して少しずつ
整理整頓を始め、使わないものを処分しないとなぁ。



今日はしばらく使わなかったホットプレートとさよならした
コメント

自分が入りたい。

2012年02月20日 | お稽古アコ




ハードケースの中は


ふっかふか


あったか~い
自分がはいりたいわ。
犬、猫がいたら絶対はいるわ、このケースに




これをカートに乗せてガラガラと移動させますが
ケース自体が重いし、ゴムを一本かけてもなんだかゆらゆらしていて
一本じゃ不安。

2本にして出かけました。


全然両手が合わせられない曲は今日はやめておいて~

まっさらな新曲の雰囲気を教えていただきました




楽譜に書いてある音符をそのまま弾かず
音を省いて弾く師匠。
単旋律でもかっこよく素敵に聴こえるのは

やはり、技、なんだわ



音がいっぱい重なっていたほうがいい、とおもうのは
実は、音がブチ切れてラインがくずれちゃうのね。

大胆な削りかたに妙に納得


あとは練習、練習

コメント

埃をはらって。

2012年02月19日 | アコーディオン
靴下に穴があけば繕い
靴が破れれば、何とか直して履き続け
20年前くらいのMDを大事に使い
古きものを大事にする


そんなブルで見た風景を思い出し

壊れたら、即、捨て!
の考えを改めた、わたし。



アコーディオンのソフトケースは

直すことにした。
(高いけど)


その間、

箪笥の上で埃にまみれたハードケースのお世話になる。




中にタオルやシーツを仕舞い込んでいたので
それらを出したり、ケースを拭いたり

明日のアコ宅で早速出番です




コメント

お疲れさん会。

2012年02月18日 | 食べ物

アコーディオンを触る暇のなかった一週間。

ぼろ雑巾のようによれよれの週末は




近所の飲み屋で瓶ビールをいただいた


この店、

焼酎と日本酒もおいているが




ワインがない。



        

カキフライにワインでもいいじゃない?
と思うのだけど



客層を見ると



ワインを飲みそうな感じじゃないか・・・。



〆は、やきそば。

肉じゃなくて


げそ入り

         

おいしゅうございました
コメント

その後。

2012年02月14日 | アコーディオン



アコーディオンのソフトケースがあちこち破れてきて

鞄を直してくれる、というお店に持って行った。



合成皮革は破れやすい、という今まで全然知らなかったことを教えていただき

左右のファスナーをもとのように生地(合成皮革)に縫い合わせると



お店にある価格表だけでみると



ファスナー交換で

いちまんななせんえん。(推定)










しょえ~
まじで?




バックの底のほうは底辺の縫い目をほどかなければファスナー部分を直せないのでは

ということで


よくよく見てみないと判断できず、

工場行きになった。




しかし・・・



ここで、問題。



そんなお直しに、そんなに大金を使えるのか・・・???
直すにしても一か月はかかるらしい。
そして、工場で直すと同じ素材の合成皮革を使うらしい
(わたしとしては別の頑丈な素材を使ってほしいが)

それは、また破れやすくなるということにもつながる。


ひぃぇえ~





一応、見積もりを出してもらうことにして

現在連絡待ち。



心は





新しいソフトケースを探さなくちゃ、というモードに入ってきた。



コメント

3か月経過。

2012年02月13日 | Weblog


昨年11月中旬に水に浸したヒヤシンスの球根が



うちの寒さに耐えられず

なかなか育たず。



ようやくここまで成長


        


3か月もかかってこんだけの成長。

花が咲いてくれるか心配。


購入時はオレンジと紫の花で悩んでどっちかにきめたはずなんだけど・・


どっちだったっけかなぁ・・・


わからなくなってしまっている





       
コメント

すっぽ抜ける前に。

2012年02月12日 | アコーディオン



アコーディオンを入れるソフトケースが
いつの間にか、劣化してファスナーと生地が離れ離れに・・・。


こんなほつれが左右何か所もあり、正常なところのほうが少ないかも


そんなに持ち歩くこともないアコーディオン
月2回くらいの頻度
それも車で師匠宅に出かけるくらい。


それでもいつブチッと切れて楽器が落ちるとも限らないから
なんとかしなくては!


自分で直すにも生地が厚くて難しそうだ
・・とリフォームのお店に持ち込んでみた。




「皮は劣化するんですよね~。鞄は扱っていないんですよ~」

といいながら隅々まで見てくださり、特に底のほうはミシンが届かないようでムリみたい。



「鞄のお直しをしてくれるところならやってくれるかも」
とアドヴァイスをいただいて
しょんぼり帰ってきた

そこでもダメなら新調しないとだめかしら
コメント