Женска Пияница 

ピアニッツァは、ブルガリア語で「酔っ払い」
ふらふらふらふら、いろんなものに酔ってます!?

お腹の肉をぐぐっとな~

2008年05月31日 | お稽古アコ

いつも、思うことですが・・・
えらいですよ~。我がお師匠さまは・・・。
(他の先生のレッスンを受けたことはないんですけども


レッスンで一度目に弾くときは
だまーって、(我慢して)聞いていらっしゃる・・・。

あれも、それも、ここも、そこも、
気になるところだらけなところを・・・



べーとーべんの「月光」は

   「右手の親指と小指で押さえる2音が同列になってないほうがいい


ということで、右手と左手のバランスと思いきや
右手内の問題だそうで~

すでに出だしから、頭がぱんぱんです。

右手のメロディーにくっついてくる「たらら」の「らら」は
あんまり音を出さないように。
メロディーラインを邪魔しないようにね~。

 
   「ピアノで弾くときは指を浮かして弾くと弱く響くけど
   アコーディオンは指をすぐはずすか、蛇腹を緩めるか・・どっちか。
   蛇腹をまっすぐ引かずに息をしているようにひっぱる


ほほほ・・
日本語的はよくわかりますが
蛇腹さんにはうまく気持ちを伝えられないですわ



   「ドビッシー(亜麻色の髪の乙女)より
   こっち(月光)のほうが気を使うよね
   こっち(月光)は
   おさえて、下がりそうなお腹のお肉をグッっと支えているような
   コルセットがはまっている感じ・・。
   常に落ちないように、支えの上に成り立っている感じ?」


こんな話を聞きながらのレッスンは
おもしろいです。
妙に納得
ついつい腹筋に力を込めたりして
三段腹にも刺激を与えつつ、
レッスンは続きます。


   「右手のメロディーに流れを出す!
   左をうたえば、ついでに右手の縦割りのところがでてくる


ということで、
こんな風に弾けたらサイコー
というイメージは膨らみ放題ですが・・・


も、ちょっと(いや、もっともっと!!)
だらーっと弾かないで
細かく分けて練習しますわ。

コメント

アコーディオンレッスン

2008年05月30日 | お稽古アコ
(デンドロ、咲きました)


本日アコ宅

いつもまずは
  「よく弾けてるわよぉ~。楽器と音楽が合ってる!」

とあげておいて~

  「ひとつだけ、どうしても・・・・」
  「この曲を知っている人は、この音を期待しちゃう」

ということで、最後の右手のオクターブの「そ」を
今までは音がぶち切れるから入れないように弾いていたけど
入れることに。

右手のパートだけど、右手で弾くとぶちきれるので
左手で入れる ベースを残してコードだけ打つ

そうすることで、
   「やった・・・・・という印象がのこっていい


ふんふん、なるほど~

全体では、
   「全体を小さい音の世界にしないで、
    抑揚をつける。
    ピアノで弾くならもうちょっと平たいイメージのほうに
    いくけど、ピアノはペダルがあるからね~。」


ということで、
    「亜麻色の髪の乙女」をちょっとだけポップス調に
    (世の中で言うところのポップスではなく
     もうちょっとアコーディオンミュージックに傾いても良い・・・ということで)

解ったような、解らないような


2枚目に入ったところがこの曲の山なので
もうちょっとうたって
最後の左手の「そ」を入れるのも練習!


やっぱし、仮卒はできないかぁ・・・
という気持ちを見透かされてしまったのか
お師匠さまに

   「これ、○にしますか?」

なんてぇ、聞かれたけれど、自分で「まる!」とはいえない出来

お師匠様は言いました

   「(次回)1回だけぽろっと弾くことにしましょう。 
    取り立てて練習しなくても、時間がたつと
    もっとうまくなるかもしれない。」

ふふふ・・・・
練習しなくちゃ、うまくならねーだよ


ということで、
1曲目終了。

次は、たららたららの、べーとーべんです


    
コメント

大好物

2008年05月29日 | 食べ物

実家のおじぃさんから
作品が届きました。

小松菜・キャベツ・豆・・・

昔っからこれが大好物で
これだけで、子供の頃はご飯を食べていたな
マヨネーズをかけて食べるのがいいんだよねぇ~。

茹でたてはサイコー



コメント

ベティーちゃんのLisolaj

2008年05月29日 | 踊り

そういえば・・・

先日のマケドニアのセミナーで習ったLisolajは
マケドニア旅行中、ベティーちゃんに習ったのと似ていた

むかーし習ったのは、フィギアが6つか8つくらいあって
ちょっと覚えにくくて、ひねってあって
今回の振り付けより断然おもしろかった・・・気がする。

セミナー時間中に覚えきれなかったから
オフリド湖に遊びに行ったときも
湖水浴しないで、ベティーちゃんに
道端で教えてもらったんだったー

同行のおねーさまがたとわいわいがやがや
サイコーのメンバーだったなぁ。

なつかしいのぉ・・・。





コメント

ブルのペットボトル

2008年05月28日 | Bulgaria
小出しに使っていたブル土産のばら石鹸も
そろそろなくなり・・・

ローズウォーターもこれが最後の一本。
と、使い出してまだ四分の一も使っていないのに


20センチの高さから洗面台にボトルを落とし

その弾みで、ペットボトルの底が抜け???
(なんでペットボトルなのに?)

ぜんぶ、ぜんぶローズウォーターが下水に流れていった




一瞬の出来事に
愕然


びっくらこいた~


っうか、家で割れてよかった。
スーツケースの中で割れてたらえらいこっちゃ


ブルのペットボトルはキケン



ブルといえば、
昨日、こんな素敵なものを頂いちゃいました




琴欧州グッズ

ちょっとこれで汗を拭くのはもったいない気もしますけど
チラ見せしながら使わせていただきましょう
コメント

マケドニアダンスセミナー

2008年05月27日 | 踊り
今回はアコーディオンの生演奏で講習が受けられる

というので、

朝の通勤ラッシュで久しぶりにどろどろになりながら
光が丘まで出かけました。

全17曲。
そんなに複雑なステップはなかったけれど
ずーっと踊りどおしで、
ハードなフィットネス感覚

自分的なメインはマケドニアのアコ演奏を聴く
・・・だったので、
ほんとは、途中から足腰が辛くなって座りたくなったんだけど
(だって最近ほとんど身体をうごかしてないしね)

けっこう、がんばったさ~


踊りはおぼえてないけど
そのとき楽しけりゃ、いいでしょ


それでも、
やっぱりマケドニアはいいねぇ~

もうちょっとTeacherも歳をとったら
もっともっと味がでてくるんだろうなぁ。

Atanasみたいに。


アコーディオンは、もうさっすがぁ。
で、目がになっちゃったわ。

あれだけ動いたら気持ちいいだろうなぁ

今度は是非習いたいものです


歌を最後に2曲教わり
最後の最後にデヴォイチェを歌って踊って
マケドニアにも行きたくなっちゃった~


コメント

古民家でアコ

2008年05月25日 | アコーディオン
行って来ました

場所は150年前の古民家。

雨上がりの古民家は
周りの木々も青々と美しく、野鳥や虫もぶんぶん飛び回っていました。




古民家に現在も住んでいる方がいらっしゃるということで
ばちゃばちゃ写真を撮ることはできませんでしたが

とてもいいところで、

古民家の畳の上で演劇を鑑賞しながら
開け放された空間で
ときどき庭に遊びに来る野鳥を見ながら
アコーディオンを聴きながら
現実離れした、異空間へ~




マイクを使わず
役者は1人で2人の若者、義足の老人、老婆、狐を演じわけ
効果音はアコーディオン

既存の物語ではなく
内容を理解できたかどうかは???だけど
登場人物一人ひとりの気持ちはびしびし伝わってきた

役者さんもすばらしい

アコーディオンも、こんな音まで?
といういろんな音を出して、

ちょっと表現はできないかんじ・・・

義足の足音・・・
5月の雨の音(雨の降り出しからやむ音)
火事の音
風鈴の音
登場人物のぶつかり合いのおと(これ、こわかった~)

不気味な演劇とのアコーディオンは
またまた新たな発見で。

古民家で蚊取り線香の煙にむせながら
コラボを楽しんできました。
コメント

すごいねぇ~

2008年05月24日 | Weblog

琴欧州、

優勝してしまった~

バイトでテレビ、見られなかったけど

明日はスポーツ新聞買っちゃうよ~

うひひひひひひ



すごいなぁ


きっと今頃、ブルでも盛り上がっているねぇ
コメント

必需品

2008年05月23日 | アコーディオン

そろそろ、これが必要な季節


保冷財です
喜久福も食べたいねぇ
(それはトレッサで買うことにして・・・)


部屋の窓を閉め切ってのアコーディオンの練習が
今日あたりから暑くなってきました。

うちは東向きなので、午後には
まったく陽が入らなくなりますが、
窓を閉めるとあっついんです

エアコンを使いうには
まだ早い気がするし
なにしろ、
暑さは感じるけど、冷え性でもあので・・・・

冷房はなるべく使いたくありません。

この保冷財をハンカチで包んで首に巻くと
ヘンなかっこですが
涼しいです
やる気が

これからの必須アイテムです
コメント

絶好調!

2008年05月22日 | Weblog
(瓶の中にはアコ弾きおじさん)

琴欧州、すごいです!

ブル好きとしては
当然大声援をおくりまくり


勝って気分が良いときは
琴欧州もホロを踊りたくなるんだろか
チ―フくるくるまわして~踊ってほしい!(エレノモメとかいいんでない?)
ドウォルジャのずっしり系の踊りも
きっと様になるわ~

ラキア飲んで(私は強くて飲めないけど)

歌って踊ってご陽気に~


なんてな~。
コメント