フラメンコ教室 大阪市住之江区 三重県名張市 『寝ても醒めてもフラメンコ』

フラメンコのこと、日々のささやかな想い、暮らしのことなどを、とりとめもなく綴っています。

続 ドレスアップ

2020-08-07 | 日記
前回のドレスアップの話、あと少しお付き合いください

せっかくだから髪もセットしてもらいたくて、いつもの美容室に予約を入れようとしたら、たまたま定休日と重なっていて
ヘア・アレンジ集を渡され、「好きなスタイルをスマホで写真に撮って持って行くといいよ」と。
促されるままページをめくっていけども、いけども・・・どれもピンと来ない!!
だって・・・

モデルがみんな若いんだもん

アップにする事は決めていたが、今の流行は〈ゆるふわ〉のようで、
ふわん・・・くしゅん・・・くるりん・・・はらりん
おばさんがコレをやったら、ただのボサボサやんーー

そして見つけた・・・年代別に紹介されている親切な本を
ふわん、くしゅん、の膨大なページ数の中に、50代はたったの4ページ
選択の余地は無かった

当日は、初めての美容室にて
「ゆるふわNO!ぴっちり目でお願い」と伝えて、お任せした
こんな風にして貰えたよ



(帰宅してから撮ったのでTシャツです
頭だけ見てネ)

フラメンコの髪飾りを持参して付けてもらった
30分もかからずセットしてくれて、美容師さんの腕はスゴイなぁ
とても気分が上がった出来事でありました。
でもマスク←ずっと言ってる


貴重なドレスアップの機会を楽しんだ話

2020-08-04 | 日記
先日の結婚披露宴は、あまりにも久しぶりすぎて、何を着ていっていいやら?手持ちの服では間に合いそうになく、知恵を絞った。

譲り受けたシンプルなフラメンコ衣装を、フォーマルに着こなせないものか??



このトップスを、後ろと前を反対にして着たら、胸元のラインが私好み (フリルは背中へ)
ファルダ(スカート)は・・・



フリルをめくると、水玉のペチコートが確かにフラメンコ用で有る証。これも後ろに持ってくると、膨らみが出なくて良い感じに。私より背が低い友人の物だったので、ちょうどロングスカート丈に収まった

よしよし!あとはトップスを私のショボイ身体に合わせてサイズダウンすれば、シンプルな大人のドレスに様変わりする筈〜

近所の、ごく庶民的なリフォーム店内には、洋服から鞄まで、リメイクだか何だか?統一性の無い手作り品が所狭しと並んでいた。
はぎれ利用のマスクも売られていて、欲しかったけど、耳にかけるところがストッキングなのが生々しくて諦めた・・・・・・わかるけど、いいアイデアだけど、残念だ
(耳にベージュは案外、肌馴染みがいいかも?)

店のオバチャンは
「前後反対に着る!?そんなん言うてきた人初めてやわー」と驚きつつ、私に任せなっ!て感じで親身になってくれた。
そのままサイズダウンするだけでは、背中に妙な膨らみが残る
オバチャンは「オッパイが無い、ちゅーのも難儀やねぇ!」と私の薄っぺらな体型を哀れみながら、ダーツで絞る段取りをしてくれた。(背中には無いけど、前にはちょっと有るんだよぉ

そんなやり取りが終わった頃、店内に1人のお婆さんが入って来た。買い物カートを押しながら、歩くのもやっとな感じ。
持ってきたズボンを出して、お腹がキツくなったから5センチ伸ばして欲しい、と。
ところが、伸ばす縫代が殆ど無いようだった。
オバチャンは怯む事なく、
「なんか生地足しとくわー、黒っぽいのでええやろ?」と対応。「うん、頼むわー」とお婆さん。
この店内だけ、令和の時代じゃないみたい。

お直ししてもらった元衣装に、黒のショール(フラメンコ用じゃないけど、同じようなスペイン製を持ってた)を合わせたら、なんとかそれらしくなったよ。披露宴のBlog
お洒落してお出掛けするなんて、夢のようだった。
マスク付だけどさ。





新しい試み

2020-07-30 | 日記
スタジオROSAにて、踊り伴奏の単独録音をさせて貰った。
フラメンコは本来、生のもの。
それなのに快く引き受けて下さり、ありがとうございます!!



4月に中止した大阪ROSAチームのミニ・ライブの、自分たちなりに考えた着地点だ
出演メンバーに、ライブをやり直す気力がどうしても持ち上がらず(私もや〜)、かと言って
「またいつか出来るようになったら」と先延ばしにして、現時点では何もしない、という選択肢は外したかった。
落とし前をつけて、次に繋げる!

というわけで、ご家族や友人に観てもらえるような映像を撮ることに。
全員参加ではなく、「私は、そういうの要らんわー」という人の意思は尊重。(要らん人も、ちゃんと理解してくれていて、「これからはギターさん来る回数を増やして欲しい!」などと言ってくれるから、本当に頼もしいです

気持ちがまとまったグループで、まずは1曲。
振付構成通りの演奏を、バイレ無しで、コンパスの長さだけ決めてやって貰うのは難しいので、録音には私が立ち合い、音を出さないよう靴を履かずに踊った。
ややオーバーアクション気味にニュアンスを出す。すると、あらためて〈伝える〉という感覚を意識した・・・めちゃ勉強になるやん!靴なし
慣れてくると、音無しのスビーダでさえ、がっつり付いてきて貰える安心感

何テイクか録ったのを編集して貰えるとのことで、出来上がりが楽しみだぁー
私の頭の中に、既に絵コンテが渦巻いている
と言っても、イメージ通りに撮影出来るのか?編集能力も怪しいもんである。しかし、やるのだ!
そしてこれは、出来なかったライブの再生をするものではない。
今!を感じながら。踊る当人達と楽しんで作っていきたい。

ヤムナーになってます

2020-07-26 | 日記
今週は、5日間通してヤムナ・ボディ・ローリングの資格トレーニングに通った。(8月に更に1クールを控えている)



冷や冷やドキドキの新しいチャレンジ
指導してくださる先生は、自らを
「 わたし、骨マニアなの
と語り、愛を持ってヤムナの理念とメソッドを、ぐいぐいっ!と分かりやすい言葉で伝えてくださった。
そしてそれは、骨の髄まで響いてきたのであるが・・・

いかんせん受け皿の脳がぁー追いつかないー
定食についてる漬物の小皿に、スイカを乗せられてる感じ?とでも言いましょうか
(しかも古くてヒビを修理しているお皿ね

えらいもんに踏み出してしまった。
でも、ヤムナ・ボディ・ローリングは、私が思っていた以上に、素晴らしいセルフケアのメソッドだと知る事が出来た
受講しながら、フラメンコの生徒さんの顔を思い浮かべずにはおれんかった。
ぎっくり腰を繰り返している人、
膝の軟骨がすり減っている人、
首に問題を抱えている人、
股関節が痛い人、
私、なんとか役に立ちたい!

もちろん、自分の身体を自分でメンテナンスしていくのが大きな目標だ。
ゆくゆくはフラメンコ婆さんになる予定なので


スペインと繋がっていたい

2020-07-24 | 日記



セノビージャ・ハポン新宿店から、靴が届いた

スペインのお店が稼働しているのが感じられて嬉しい
大阪店にオーダーしたのが3月下旬で、その頃はスペインが何もかもストップしていたから、注文したところで稼働しないのは重々承知していたのだけど・・・
何かそうせずにはいられなかったんだよね。
靴を待ってる人がいるんだよー
頑張ってくれよーという気持ちからの行動だが(1足でゴメンやけど)、まさか大阪店が閉店になってしまったとは残念この上ない。
大阪店では、出来てきた靴に更に中敷を仕込んでくれてたからなぁ
(問い合わせたら、新宿店でやってくださるとのこと

新しい靴で、ちまちま、愛おしく、練習していくよ
あぁスペインへ行きたい。。。
情景を思い浮かべるたび胸が熱くなる。