With A Little Luck!

趣味と生活と衝動買い日記です!(笑)。

スパークプラグの交換

2018年07月21日 | Car
MG-ZT-T。先週のエンジン警告灯、リセットして消えたものの
プラグの交換履歴等、前オーナーの管理具合もわからないことから、
とりあえず安価で済みそうなスパークプラグの交換をすることに。


オクで落札。1本1060円!


土曜の朝も早よからトライアンフ川越さんへ。


エアクリーナー外したりバラしたりと結構な作業に。。。


朝から炎天下、汗だくになりながらの作業、ありがとうございます。


外したプラグはまだまだ綺麗で、どうやら一回は交換されている模様。


「あ、こないだの警告灯点灯の原因これだ!」と取り出した1本のイグニッションコイルを見てみると
カプラー部分が割れてむき出しに!。

本体にもかなりの力が加わって破壊された箇所があり、おそらく前オーナー自ら、もしくはよくわかってない
整備工場が手さぐりで、無理やり外そうとして傷つけちゃったんじゃないかと推測。


とりあえず機能自体は生きているので、ビニールテープで応急処置し、パーツ発注して別途交換することに・・・
いやあ~センサーがおかしかったんじゃなくて、何らかの原因があるもんですねえ。

それにしてもトライアンフ川越、トラカワさん。
パパパっとエンジンルームばらして作業していくサマはまさにお医者様の手つき。
プラグ交換くらいDIYしてみようかな、なんて一瞬考えたけど、お願いしてよかった。
ムリムリ(笑)。
コメント

エンジン警告灯…消灯

2018年07月15日 | Car
先週の日曜日に点灯したエンジン警告灯。

それから一週間、O2センサーかな?、点火系かな?、またお金かかんなあ・・・とモヤモヤして過ごして本日、トライアンフ川越さんへ。


簡易テスターを繋いだところ、複数のシリンダーでミスファイアが・・・との診断。
そんでもって設定をリセットし、再びエンジンをかけたところ警告灯が消えた!。


「たぶん一時的にプラグがかぶったかしてセンサーが反応したんではないかと。様子を見てみましょう」とのこと。
とりあえず一安心。
とはいえ加速時のリアクションに若干の不満があるので、少しでも解消されるのであればまた予防的に交換しとくかなあ。
イグニッションコイルも個人輸入しといた方がいいのかな。


事なきを得たのでよかったとは言え、本当はこの3連休、「モーターマガジン」1959年9月号にレポートが載っている、「第一回日本アルペンラリー」の行程を、60年後のMGで辿る!というロングドライブを計画してたんだよなあ。


59年前は道なき道を行く、当時のクルマにとっては大冒険の行程を、高速道路を使ってお気楽に(笑)辿ってみるという。
また仕切り直しですね。
コメント

Paul McCartney / BACK IN THE U.S.A

2018年07月13日 | 西新宿系


先週、3日間の浜松出張。
最終日にようやく一人の時間が取れたので、車で軽くブラブラ。
観光なんてする気もなく(笑)、中古レコードショップ「アビーロード」まで。


ビートルズ系のレコードは卒倒するくらいのプライスがついているのでスルーしようと思いつつ
一応チェック。


ありましたねえ、個人的に欲しかったブツが。
「Paul McCartney / BACK IN THE U.S.A」
89年のゲット・バック・ツアー、11月23日L.A.フォーラム公演を完全収録したアナログBootleg、3枚組。

かつてLHから復刻リリースされたもので初めて聴いたタイトルだったけど、
その高音質にビックリしたものでした。
時期的にはLPからCDへのメディアの移行期につき、これほどの高音質ながら見過ごされてきたとのこと。


フロント。


CDのジャケットでは気づかなかったけど、写真の部分だけツヤあり、という凝った仕様。


バック。
同じく画像についてはツヤあり処理。


盤自体は白、赤、青のマーブル模様のカラーレコード。
赤がdisc.1、白がdisc.2、青がdisc.3。。。
それにしてもレーベルが真っ白なのでどちらがA面なのかB面なのかわかりづらい・・・


ジャケット内側、「McCartney」とデザインされたレコードを挟む(押さえる?)部分、
これを全開にすると裏面には公演場所と日時の記載が。

これだけでポスターになるほど。
カッコいいデザインのジャケットだなあ。

さらっと流し聴きしたところの感想は、やっぱりリマスタされたCDの方が音がシャキッっとクリアな印象。
でもこのアナログの中域の豊かな音像も捨てがたく、個人的にはこちらの方が好みかも。音も近い。
と言いつつ、3枚のディスクをとっかえひっかえして聞くのもおっくうなので、普段聞きにはCDかな(笑)。
コメント (2)

エンジン警告灯…

2018年07月10日 | Car


おとといの日曜日に、近所まで買い物に出かけ、
エンジンを再スタートさせたところエンジン警告灯が・・・。

一番点いてほしくない警告灯だなあ(笑)。
今度はなんだろう・・・。

また週末入院です。
コメント

Paul McCartney / Chaos And Creation In The Backyard

2018年06月20日 | Beatles

とうとうPaul McCartneyのニュー・シングル「I Don't Know / Come On To Me(両A面)」のリリース情報が解禁され、
今夜?リリースというタイミングを控え、こちらを紹介。


過去のカタログのアナログ・リイシュー盤「Chaos And Creation In The Backyard」。

再発物の全部にお付き合いするほど懐に余裕がないので(苦笑)、「持っていない物」という基準でこのアナログ盤のみ購入。
オリジナル盤は、あり得ないプレミアがついてしまっているのでこれは嬉しい再発。

若きプロデューサー、ナイジェル・ゴドリッチの存在という制約?(笑)の下、脳内メロディを現出させていった傑作アルバム。
アルバム名含め大好きな一枚。
あらためてA面、B面と区切りを持たせながら聞き返せる喜び。


ジャケット。
オリジナル盤と違い、シングルジャケット・・・
あ~こりゃリイシューというよりは別物か。まあこれはこれでいいけど。


オリジナル盤は見開きのダブルジャケット(「ポール・マッカートニーUK盤コンプリートガイドブック」より)


インナーには、オリジナル盤ではジャケット内側に配されていたポールのイラストが。
そして同じくオリジナル盤ではインナーに配されていたイラストが一枚のシートにまとめられて別添付に。
そしてダウンロード・カード。


歌詞が記載されたインナー裏側と日本語解説書。


レーベルはオリジナルに準拠したもの。
当然ロゴはキャピトルのものに。

今回はあえて日本盤(輸入盤に解説書とオビがついただけの物だけど)をチョイス。
「裏庭の混沌と創造」という邦題(そのまんまだけど)がお気に入りなので。

う~ん、ところで新曲。
気になるけど、明朝も早いので明日のお楽しみということで。
コメント

The Collectors @ 渋谷クアトロ

2018年06月17日 | Music


久しぶりに、ザ・コレクターズ@渋谷クアトロ・マンスリー・ライブ。

もう最近はほとんどチケットが即完、そう一般発売された瞬間にソールドアウト。
のんびり夕方出かけて行って、当日券で見ていた頃が懐かしい。

あまりにもチケットが手に入らないんで、もう大きい会場でやる時か、高崎みたいに地方(失礼!)公演狙いでいくかなぁ、なんて思ってた。
でも「Live Fans」にUPされる月替わりのセトリを見ているともう辛抱できなくなって(笑)なかなかのプレミアを付けられた一枚のチケットをゲット。


今夜もまたレア曲、王道曲織り交ぜた珠玉のリスト(笑)。
「シーソー」聞けたのも嬉しかったけど「キャッシュ&モデルガン」をやられた時はのけぞった。
アンコールで「Sha-la-la-la-lee(日本語ver)」みたいにカバー曲を演る感覚が、60'sバンドのライブ的で楽しい。

終演後、スマホに奥さんから東北新幹線に閉じこめられてる、とのメールが…
一旦帰宅後、救出のため(笑)MG出動です。
夜中までお酒はお預けで。



コメント

外環道を使って白里海岸まで

2018年06月16日 | Car


「ウチノカミサ〜ン」が東北の友達に会いに行くというので大宮駅まで送って、その後開通したばかりの外環道を走って千葉の白里海岸まで。


三郷南から高谷IC間が遂に開通。
仕事で茂原、大原方面に行く事も多いのでコレは待望の開通。

シーズン前だし、あいにくの天気だし人気も少ないだろうから、海眺めながらのんびりコーヒーでも飲みましょうか(笑)


三郷から船橋まで10数分。
そしてあっという間に千葉東金道路の野呂パーキング、通称ノロパーに到着。
速いなぁ。


茂原ローカルのスーパー「ハヤシ」で水などを買って…。

白里海岸に到着。

案の定、人の姿もまばらな、波の音だけの世界。そして寒い〜。
早くあったかいものを。


ヤエンストーブをセット。
さすが風防一体型だけあって風の強い日でも安定感ばっちり。


ガスだけに沸騰するのも早い。


コーヒーセット。
これだけ車に積んでおけばどこでも淹れたてコーヒーが。


それにしても寒くて風が強くて、ゆっくり浜辺を散策…という訳にもいかず。
飲み終わった後はそそくさと撤収したのでした(笑)
コメント

Wings / Complete Wings From The Wings

2018年06月07日 | 西新宿系


ちょっと前、会社の先輩に自家製パイレート盤を作成したのをきっかけに、
あらためて「Wings From the Wings」を聴いてるこの上半期(笑)。。。


ギラギラと脂が乗り切った時期よりも、ドサ廻りしてセットリストが面白い初期や、
ちょっと疲れた感のある、いや先行きを見失っている感もある(笑)末期ウィングスが
個人的には好きなんですが、
世間的にウィングスと言えばやはりこのオーバー・アメリカ期なんでしょう。

昨年リリースされたbootlegアルバム
「The Complete Wings From The Wings」by misterclaudel

76年L.Aフォーラム公演の3日間をパッケージした怒涛の6CDセット。

初日の6月21日公演が初銀盤化されたのも画期的ながら、まずはパッケージが素晴らしい。


マットな印刷と、わかるかなこのエッジ部分の処理。
とても上質感があるというか(笑)、ブツ派の自分の所有欲を満たしてくれる仕上がり。


スリップケースの写真も、このレーベル含め既存盤がアナログ・オリジナル盤のジャケをそのまま踏襲していたのに対し
元の写真データからあらためてデザインされている。
(そんなことは絶対にないのだけれど)オフィシャルがリマスター盤出すなら
こういうリ・デザインをするんだろうな、的なシャレも効いてていい感じ。


スリップケース裏面は、時期的に正しい76年のポールが。


セットの全貌


肝心の初日6月21日の音源。
レーベルのインフォにははっきりと音質的に厳しいと記載されているけれど、これが所謂ブート耳?にとっては
さほど悪い音には聞こえない。
昔のブートレグなんてこんなものでしょう。楽曲はきちんと把握できるし会場の雰囲気も十分伝わってくる。
でも・・・まあ、確かにライブ・アルバムとして2時間じっと聞けるか!?と問われれば、相当な集中力は必要だなあと(笑)。
この録音は残されていて耳にできることが貴重。記録ですね。

2日目の6月22日音源。
こちらがまたいい音。これまで最終日ばかり聴いていたせいで、まさに見落としていた音源!。
最盛期の連続公演を時系列で聞けるというのもこれまたブートレグの醍醐味ですな。


そして安定の3日目、6月23日音源。
こちらは同レーベルからもリリースされていた、ド定番タイトル「Wings From The Wings」。
盤起こしではなく、テープソースのリマスター盤。

もともとナチュラルな「アナログらしさ」を巧く銀盤化したタイトルだったので、音量調節等により、
ライブ一本を一層ストレスなく楽しめる様にリニューアルされている。

名盤「Wings From The Wings」に初CD化の初日6月21日公演をパッケージ、リマスター拡大版といった趣のタイトルで
なんともオフィシャルっぽいリリース形態の一作!。
コメント (2)

日帰り長岡

2018年06月03日 | Car

所用で本家のある新潟県長岡市まで。


エンジンスタートした瞬間に警告灯が。
何かの暗示?。
ま、走行に支障ないから気にせず行きましょう(笑)

狭山市から片道約230キロ。
2時間ちょっとで余裕だな、と9時前には出かけたところ高坂SAは既に結構な混み様。

藤岡JCTまではダラダラとしたスピードで進む。

月夜野を過ぎたあたりから快調にいつもの巡航速度で走っていると、スピード違反で捕まる!。


10年以上ぶり?。覆面に捕まる様なヘマはこの先しないだろう、なんて思ってたらこのザマ。
調子のってたんですね。罰金3万5千円。痛いわ〜。ほぼ全線80キロ規制だったとは。迂闊だった…。

長岡到着後、インター近くの「長岡小嶋屋」でランチにへぎ蕎麦を。


既に駐車場は混んでて、店舗から離れた奥の方に駐車。


従兄弟曰く関東人には不評の食感だそうだけど、なんのなんの自分は好きですよ。


長岡駅を通って。


親戚宅到着。
壁の向こうの親戚宅は中越地震で全壊して建て替えられたもののため、もう思い出はなく…。

所用を済ませて如是蔵博物館と山本五十六記念館を見学。
この二箇所はセットで見学しないと。


山本五十六生家(復元)前にて。




いい感じの昭和な喫茶店がお休みだったので、カフェで一休み。


その後、小学生の頃の夏休みによく通った模型店「龍文堂」を覗いてみる。
時間が止まったかの様な店内。懐かしい。


記念に1/60ザク、06Rを買う!
コレ当時、途中まで作りかけて挫折した一機。いや、挫折と言うか自分の中でガンプラブームが終焉した頃のキット。
リベンジしよう。


帰宅後フロント周りをチェックしたら、蝶やら蛾やらバッタの死骸がびっしり。
また念入りに洗車しなきゃ。

本日の走行距離、約470キロ。全く不安なしでした(笑)







コメント

作業完了

2018年06月01日 | Car

先日英国より取り寄せたパーツを
トライアンフ川越さんに持ち込んで、
既に交換作業は完了!(いつも迅速に作業していただき感謝です)


外した古いパーツを見せてもらうと、スタビリンクロッドや、ロアアームのブッシュはまだまだ大丈夫そう。
でもそろそろゴムが硬くなってきてるんだとか。
ここら辺は早め早めで交換しておいた方が吉。
精神衛生上もいいし(笑)。


エンジンロアロッドのゴムには亀裂が入り始めてた…。

タイヤも交換したし、慣らしも兼ねて明日は新潟までドライブです。
コメント