記憶に残したいこと

     忘れない為に....

2018年・世界バレー女子(3次ラウンド)

2018-10-16 07:49:04 | スポーツ
世界バレー女子も大詰めの3次ラウンド。
3次ランドはくじ引きでグループが決まり、日本はセルビア&イタリアと同じグループ。
3カ国での総当たりで上位2カ国が準決勝戦に進める。
14&15日に試合は行われた。

<3次ランド>
 ★vs セルビア・・・19-25・18-25・23-25(×)
  2次ラウンドで対戦した時は3-1で勝ってるだけに残念。
  (録画を忘れて観れず ^^;)

 ★vs イタリア・・・20-25・25-22・21-25・25-19・13-15(×)
  イタリアは1次ランド&2次ラウンドと負けなで唯一全勝。
  セットを落としたのも中国とロシアに1セットだけ。
  負けはしたけどフルセットまでいき、勝てるかも...と思った。

結果は2敗で準決勝には進めず5~6位決定戦へ....。
現在の世界ランキングは6位だから順当と言えないこともない。


感想:準決勝には進めなかったけど、十分楽しめた。
   惜しい試合もあれば、強い!と思った試合もあったもんね。
   取りこぼしがなければもっと良かったんだけど.....。

コメント

2018年・世界バレー女子(2次ラウンド)

2018-10-12 07:16:54 | スポーツ
24カ国で始まり、2次ラウンドは1グループ8カ国の2グループでの戦い。
2次ラウンドはグループの上位3カ国が3次ラウンドに進める。
1次ラウンドで対戦したオランダ・ドイツ・メキシコとは対戦せず、結果だけ持ち越し。
( )は世界ランキング。(日本は世界ランキング6位)

<2次ラウンド結果>
 ★vs ドミニカ共和国(9位)・・・3-2(〇)
 ★vs プエルトリコ(13位)・・・3-0(〇)
 ★vs セルビア(3位)・・・・・・3-1(〇)
 ★vs ブラジル(4位)・・・・・・2-3(×)


3戦目のセルビアは1次ラウンドから1セットも落すことなく全勝だった。
そのセルビア戦に2セットからメンバーを入れ替えて逆転勝利。
4戦目ではブラジルに1セットを取ると3次ラウンド進出が決まる。
ストレートで勝てばグループ1位通過だったんだけど.....。
1次ランド+2次ラウンドの結果は7勝2敗。
残念ながら1位通過にはならなかったが、グループ2位で3次ラウンドに進出。


感想:セルビア戦はこれまでで一番良い試合だった。
   ブラジル戦はストレート勝利のマッチポイントを2点持ってたのに...。
   十分楽しませてもらったけど、残念感は残ってるわ。
   

コメント

2018年・世界バレー女子(1次ラウンド)

2018-10-05 12:16:24 | スポーツ
9月29日から4年に一度の世界バレー女子が行われている。
会場は日本の横浜、札幌、神戸、浜松の4会場で、4グループのリーグ戦が行われている。
1次ラウンドは6ヶ国のリーグ戦で、上位4ヶ国が2次ラウンドに進める。
日本は世界ランキング6位でグループ内ではトップランキング。
( )は世界ランキング。

<結果>
 vs アルゼンチン(11位)・・・3-0(〇)
 vs オランダ(8位)・・・・・・2-3(×)
 vs メキシコ(26位)・・・・・3-0(〇)
 vs カメルーン(18位)・・・・3-0(〇)
 vs ドイツ(13位)・・・・・・3-0(〇)

1次ラウンドは4勝1敗。
グループではオランダに次いで2位での2次ラウンド進出。
世代交代したエースは黒後愛選手と古賀紗理那選手。
木村沙織選手が引退したので戦力が落ちるのでは?と思っていたが、余計な心配だった。
中田久美監督率いる「火の鳥NIPPON」がどこまで勝ち進むか楽しみ♪


感想:男子は1次ラウンド敗退であっけなく終わったけど、女子は強い。
   平均身長は高くないけどとにかくよく拾う。
   全員バレーって言葉がピッタリだわ。
   女子バレーはちょっと目が離せなくなったなぁ~。

コメント

2018年・世界バレー(男子)

2018-09-20 06:56:53 | スポーツ
昨日で2018年・世界バレー男子の1次ラウンドが終わった。
世界バレーは24ヶ国が参加し、4つのグループに分かれてリーグ戦を戦い上位4ヶ国が2次ラウンドへ進出する。
日本はイタリア、ドミニカ共和国、スロベニア、ベルギー、アルゼンチンと対戦。
世界ランキング12位の日本はグループで3番目のランキング。

<対戦結果>
 ★日本 vs イタリア(4位)・・・・・・・0-3(×)
 ★日本 vs ドミニカ共和国(38位)・・・3-0(〇)
 ★日本 vs スロベニア(23位)・・・・・1-3(×)
 ★日本 vs ベルギー(15位)・・・・・・1-3(×)
 ★日本 vs アルゼンチン(7位)・・・・・3-2(〇)

日本は2勝3敗に終わり、グループ5位で2次ラウンド進出とはならなかった。
残念!


感想:18歳の若い西田有志君が加入したことで戦力が一段と上がったはずなのに....。
   西田君は期待通りの活躍をしてったのに後がダメだったわ。
   3戦目のスロベニアに負けたのが痛い。
   楽しみにしてたのに.....年内はこれでおしまいだってぇ~。

コメント

2018年・FIFAワールドカップ(決勝)

2018-07-16 03:44:00 | スポーツ
今年はウィンブルドン男子決勝とFIFAワールドカップ決勝が同じ日になった。
本来ならウィンブルドン男子決勝を先に残すんだけど、今年はFIFAワールドカップを先に残すことにした。
どう考えてもFIFAワールドカップの決勝の方が面白いと思うから、テニスは録画してサッカーを見たからね。

FIFAワールドカップの決勝に残ったのはフランスとクロアチア。
仲間内ではフランス優勝の声が圧倒的に多かった。
フランスが優勝したら20年ぶり2回目になるし、クロアチアが優勝したら初優勝になる。

試合は前半18分に動き出し、フランス2-1で折り返し。
後半も早々にフランスが2点追加し点差を広げた。
クロアチアも1点は返したがそこまでだった。
<結果>4-2でフランス。
優勝はフランス⇒
プレー中に雨は降らなかったが、表彰式ではどしゃ降り。

<おまけ>
日本に勝ったベルギーは3位。
負けはしたけど互角に戦った日本はたいしたもんや。


感想:決勝を戦った二カ国はスピードも技術も日本よりワンランク上って感じだった。
   それでも日本チームは全力を出し切って戦ってくれたから楽しめたわ。
   今回は記憶に残る日本チームを見せてくれたもんね。
    
コメント (2)

2018年・FIFAワールドカップ(決勝T日本)

2018-07-03 06:04:07 | スポーツ
2018年・FIFAワールドカップの決勝トーナメントが行われてる。
2日午前3時から日本vsベルギーの試合が行われた。
グループ2位で通過した日本はFIFAランキング61位。
一方グループ1位通過のベルギーはFIFAランキング3位。
得点量産のベルギーに対して日本がどんな奇蹟を起こしてくれるか....。

★日本 vs ベルギー
<前半>
 両国ともに得点なし

<後半>
 3分・・・・・・原口のシュートで先制のゴール
 7分・・・・・・乾のシュートでゴール
 24分・・・・・ベルギーのヘディングシュートでゴール
 29分・・・・・ベルギーのヘディングシュートでゴール
 45分+4分・・ベルギーのシュートでゴール

<結果>
 日本の2-3でベスト8ならず。


感想:前半のピンチを何度も凌いでいたから、後半に先制して2ゴールした時は行けると思った。
   ベルギーに追いつかれても延長戦になったら勝てると思ってた。
   まさかまさか残り1分でゴールされるとは.....。
   それがワールドカップの怖さなんだろうなぁ~。
   長友選手がインタビューで「全部出し切ったので胸を張って帰りたい。」と言ってた。
   負けはしたけど立派な戦いぶりだったわ。
   最後まで頑張った選手たちに「感動をありがとう!」って言いたい。
      
コメント

2018年・FIFAワールドカップ(日本3戦目)

2018-06-29 02:36:45 | スポーツ
日本チームのこれまでの戦績は1勝1引き分け。
泣いても笑ってもこの1試合で決勝トーナメント進出になるかどうかが決まる。
対戦国はFIFAランキング8位のポーランド。
ポーランドは2戦2敗で決勝トーナメントに上がれないのが決定してる。
日本が決勝トーナメント進出するためには最低でも引き分けでないとダメ。
ガンバレ!日本!!

★日本 vs ポーランド
<前半>
両国とも得点なし。

<後半>
14分・・・・ポーランドがセットプレーからゴール

試合途中に、コロンビアvsセネガル戦でコロンビアが1点を取ったことがわかった。
日本とセネガルが全く同じ条件になった。
勝ち点、総得点、直接対決(引き分け)が同じなので後はフェアープレイポイントの差になる。
フェアープレイポイントとは3試合でのイエローカードの数を言うらしい。
日本4枚に対してセネガルは6枚。
このままセネガルが点を取れなかったら日本はポーランドに0-1で負けてもグループ2位通過で決勝トーナメント進出になる。
無理して点を取りに行ってイエローカードを貰ってもダメだし、ポーランドにもう1点入れられてもダメ。
もうコロンビアvsセネガルに賭けるしかない。

試合は0-1で負けたが、コロンビアがセネガルに勝ったことで日本の決勝トーナメント進出が決まった。

   日本・決勝トーナメント進出!


感想:1点取られた時はもうダメだと思ったよ。
   まさかこんなルールがあるなんて知らなかったもん。
   自力での決勝トーナメント進出はダメだったけど、2戦目までの結果が効いたんや。
   とにかく、良かったぁ~。
コメント

2018年・FIFAワールドカップ(日本2戦目)

2018-06-25 05:16:47 | スポーツ
2018年・FIFAワールドカップで日本チームは初戦を勝ち勝ち点3ゲット。
2戦目はポーランドに勝って勝ち点3を取ってるセネガルとの対戦。
セネガルに勝って勝ち点3を取ると決勝トーナメント出場が確定する。
なんとしても勝って欲しい。

★日本 vs セネガル
<前半>
11分・・・ゴールキーパーのパンチボールをシュートしてゴール
34分・・・長友からのパスを乾がシュートして同点ゴール

<後半>
26分・・・セネガルがシュートしてゴール
33分・・・乾からのボールを本田がシュートして同点ゴール
 

2-2の引き分け

先に点を取られて追いかける展開になったが、なんとか引き分けまで持って行った。
勝ち点1をゲット。


感想:惜しいゴールシュートが何度かあっただけに引き分けは残念。
   それにしても選手はよく頑張ってたわ。
   セネガルのスピードがめっちゃ速いから運動量も半端なかったと思うんよ。
   でも、今の日本チームは強い!
   ワクワクさせてくれるチームやわぁ。  
コメント

2018年・FIFAワールドカップ(サッカー)

2018-06-20 07:34:21 | スポーツ
4年に1度の祭典、FIFAワールドカップが開催されている。
今回も日本チームは出場。
監督交代などでいろいろあったがもう過去のこと。
しっかり応援しますよ。

日本の初戦の相手国はコロンビア。
4年前のワールドカップではコロンビアに1-4で負けたので予選突破に至らなかった。

★日本 vs コロンビア
<前半>
2分58秒・・・コロンビアの選手が一発退場。
6分・・・・・・日本のPKで蹴るのは香川。ゴール!
39分・・・・・コロンビアのFKで同点ゴール。

<後半>
28分・・・・・日本は本田のコーナーキックに大迫が合わせてゴール!

日本が2-1で勝利!

1点差を守り切って初戦勝利し、勝ち点3を取った。
南米の国に勝ったのも初めて。
4年前の悔しさを倍返しできた。

感想:選手は最初から最後までよく走ってたし、気持ちが伝わって来た。
   全員が一丸となって試合に挑んでいたのも伝わったわ。
   久しぶりに感動するサッカーを観れて良かったわぁ。
   
コメント

2018年・世界フィギュアスケート選手権

2018-03-25 00:19:17 | スポーツ
冬季オリンピックが終わってシーズン最後の大会になる世界フィギュアスケート選手権が4日間にまたがって行われた。
オリンピックメダリストの選手が数多く欠場する中での大会だけど、この大会は来年度(日本開催)の世界選手権出場枠が掛かる大会でもある。
女子は宮原知子&樋口新葉、男子は宇野昌磨&田中刑事&友野一希が出場。
女子は3枠獲得して欲しいし、男子は3枠維持して欲しい。

<女子>
         ショート(順位)  F技術点   F演技構成点  合計(最終順位)      
 ★樋口新葉・・・65.89(8位) 74.72  70.29  210.90(2位)
 ★宮原知子・・・74.36(3位) 64.20  72.52  210.08(3位)

樋口選手はフリーでシーズンベストを出して堂々の2位。
宮原選手はフリーでジャンプミスと転倒して点数が伸びなかった。
オリンピック金メダルのザギトワでさえ転倒を3回もして大きく順位を落としてるのに3位維持は立派。
結果:①オズモンド ②樋口新葉 ③宮原知子
   

<男子>
         ショート(順位)  F技術点   F演技構成点  合計(最終順位)
 ★田中刑事・・・80.17(14位)              236.66(13位)
 ★友野一希・・・82.61(11位)94.40  79.10  256.11(5位)
 ★宇野昌磨・・・94.26(5位) 94.65  88.86  273.77(2位)

羽生選手欠場の為に繰り上げで初出場になった友野選手が頑張った。
フリーはノーミスで自己ベストを18点近く伸ばす点数(フリーだけなら3位)で大きく順位を上げた。
昌磨君は怪我の為にショートは構成を変えていたが、フリーは本来の構成で滑り切った。
ショートが終わって「なんとしても順位を上げて3枠を確保したい。」と言っていた昌磨君。
4回転では2度の転倒はあったものの他で点数をしっかり取った。
実力があるから出せる点数だと思う。
結果:①ネイサン・チェン ②宇野昌磨 ③コリヤダ
    


感想:女子は絶対女王のザギトワがこけるし、男子も最終滑走グループはこけまくり。
   ショートが終わって順位が今一だったので3枠確保は厳しいかもって思ってたけど...。
   ただただ3枠確保しか考えないで見てたのでメダルが決まった時はビックリ。(@@)
   男女とも目標の3枠を確保したのは偉い!
               
コメント