記憶に残したいこと

     忘れない為に....

一泊二日の山の家

2017-12-09 09:50:01 | 旅行
今回の目的はお肉購入。
山の家の近くに<肉のわたなべ>があって、そこはお肉が安くて美味しい。
年末&おせち用のお肉を購入に行った。(ついでに水抜き)
昨年は2人で行ったが、今年は3人。

夜はしゃぶしゃぶ
購入予定のしゃぶ肉を食べ比べ。
お歳がお歳なもんで、さしが多いと量がそんなに食べれない。
中間のg720円がちょうどいいみたい。
おうどんで〆をした後はダラダラと持ち寄りのつまみで日付変更まで飲み続けた。

<おまけ3つ>
①木曜日はお天気も良かったので雲一つない富士山が綺麗に見えた。
 どうせなら温泉に入りながら見たいよねぇ~って事で4時に温泉に行く。
 思惑通り、夕日に照らされた富士山の全貌が目の前に広がりそれはそれは綺麗だったわ。
②温泉に向かう道中で鹿さんと遭遇。
 カメラも携帯も持っていなかったので写すことは出来なかったが、しばし鹿さんと見つめ合った。
 可愛かったなぁ~。
③金曜日に小淵沢アウトレットからの帰りに甲斐大泉にて野菜購入。
 野菜購入をして外に出ると雪がちらほら。
 雪だよ雪!初雪だぁ~!と感激。


感想:お肉はしゃぶ、すき焼き、八幡巻きと3種類の牛肉を購入。
   お肉購入目的は達成したし、おまけもついた感動の一泊二日だったわ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロンドン旅行(食事)

2017-11-24 11:19:23 | 旅行
今回のロンドン旅行もNaoっちさんと二人。
二人で行く時はむやみに外食しないように食料持参が多い。
今回もカップ焼きそばや非常食用のピラフや炊き込みご飯、缶詰などを持参。
O2ではデーセッションとナイトセッションの間に夕食を食べる。
今回は多国籍の料理がバイキング形式で食べれるお店に行った。
(一皿に盛り付けるとごちゃごちゃして美味しそうに見えないの写真は却下)
それ以外の3日はホテルの部屋でチマチマと持参の食事で済ませた。
(サラダ&ビールはコンビニで調達)

今回のホテルは朝食付きで、毎朝パン(2種類)+コーヒー+ジュースで済ませた。
(果物はあったがオレンジ&グレープフルーツで毎日一緒)
ないよりはまし!ってくらいの朝食なのでここでも写真は却下。

外食はランチのみ。
ウィンブルドンでのランチは
O2でのランチは+ビール。
どうしてもランチはパン系が多くなってしまう。
コベントガーデンでやっとフィッシュ&チップス。
ロンドンに行ったからには一度はフィッシュ&チップスを食べないとねぇ~。
ここのフィッシュ&チップスは今までで食べた中(4回目)で一番美味しかった♪
そして最後は帰路の前に空港内で
気がつけば、ロンドンからの帰りは毎回ここで同じものを食べてるわぁ(^^;)

<おまけ>
ATPファイナルズが全て終わってから二人で旅行の打ち上げをした。
まるでロンドンでの貧しい食生活の延長みたいな食事をしながら、ファイナルズの録画を見て自分たちが映っているか検証。
通りすがりのカメラにはちゃんと写っていました。
二日間とも現地にいたのが証明されましたよ。
「白い服を着た方がわかりやすいね。」と、まるで次回があるような反省になってたわ。

これにてロンドン旅行の記事は全て終了。


感想:今回も無駄のない楽しい旅行ができた。
   目的達成は勿論のこと、観光もそれぞれ良かった。
   食事は目的に入っていないのでこんなもんで十分だと思うわ。
   毎日充実した日々が送れたことが一番だわね。
   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロンドン旅行(その他の観光)

2017-11-23 08:46:44 | 旅行
ハンプトン・コートに行く時にウォータールー駅までの地下鉄切符の購入を間違えてバス&電車の一日切符を購入してしまった。
ウォータールー駅では駅員さんが何にも言わずに通してくれたので間違いにも気づかず乗車。
ウォータールー駅では出れなくて駅員さんに聞いてやっと間違いを知る。
ここでも駅員さんが通してくれたけど、ウォータールー駅までの地下鉄は無賃乗車。
切符を買う時に安いなぁ~と思ったんよねぁ~。
(イタリアではバスの無賃乗車したし、パリでも地下鉄の無賃乗車をした...決して意図的ではありません^^;)
帰りはその切符を無駄にすることなくバスで移動当然2階建てバスの2階。
行き先はエンジェル・カムデン・パッセージ・マーケット。
ところが、ここも時間が遅くてほとんどのお店が閉店していた。
仕方なく「ハリーポッター」のロケ地であるキングス・クロス駅に向かう。(もちろんバスで...)
構内には入らず外から見学この左の壁から魔法界へ出発したんだよ。
お隣の素敵な建物は国際・バンクロス国際駅orセント・バンクロス・ルネッサンス・ロンドンホテル。
二つの建物がくっついてるから時計台がどちらの物かは???

ファイナルズの日はどちらも正午から開始。
一日は午前中に行ける観光としてセント・ポール大聖堂を見学に入れていた。
 構内は写真撮影禁止。
ここはチャールズ皇太子とダイアナ元妃の挙式が行われた。
ささやきの回廊までは登ったがドーム屋根には行けなかった。

最後は帰国当日のフライトまでの時間を使って、歩いて行けるコヴェント・ガーデンへ行った。
(ここも4回目。毎回行ってるわぁ~^^;)
すっかりクリスマス このトナカイさんは筋肉ムキムキ。
中庭では弦楽器による演奏が演奏CDを売ったり、募金をお願いしたりしてた。
パフォーマンスが面白くて2階はこんな状態。
ちょっと裏に回ってロイヤル・オペラ・ハウスを見に行った。
もちろん外観のみ見学 
わずかな時間でも行ける範囲で楽しめた。


感想:変更可の観光なので無駄なく動けたと思うわ。
   さすがに4回目ともなると市内地図は頭に入ってるから動くのもすんなり。
   自画自賛してもいいくらい充実した旅行ができたと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロンドン旅行(ハンプトン・コート・パレス)

2017-11-22 10:00:43 | 旅行
今回の観光はウインブルドン以外にロンドンの庭園見学を予定していた。
第一候補のキューガーデンは閉館間際に到着だったのでスルーせざるおえなかった。
ではもう一つの庭園ハンプトン・コート・パレスを....と急遽変更。
翌日にウォータールー駅から電車で向かう。
ロンドンで電車に乗るのは初めて切符は往復で出てきた。
(なぜ往復?購入時にどこか押した?結果OKだったんだけど....)
イタリアでの電車は行き先表示がなくて不安だったが、ロンドンは掲示板ですんなりわかって動きやすかった。(英語だしぃ~)
乗車時間30分でハンプトン・コート駅に到着。
駅から橋を渡ったら到着。(徒歩5分)

宮殿&庭園⇒の地図。
まずは宮殿へ向かって歩く。
宮殿内の中庭からさぁ~見るよ!
      
宮殿内は全て見たが庭園は寒くて外に出たくない。(気温7度とロンドンでも今年最低気温)
外からは諦めて室内から見れる範囲でのみ見た。
   
手入れの行き届いたお庭は綺麗やね。
もっと気温が高くて穏やかな日に行きたかったわ。


感想:宮殿はどこも似たり寄ったりだったわ。
   庭園が見れなかったのが残念。
   ここはチャンスがあれば再挑戦したい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロンドン旅行(ウインブルドン)

2017-11-21 10:13:51 | 旅行
ATPファイナルズも終了し、今日からは日本時間で生活再開。
ロンドン旅行は観光の記憶をたどります。

O2以外の日は観光。
ロンドンも4回目ともなれば主だった観光は終わってる。
ウインブルドンも試合観戦は2回行ってる。
それでもセンターコートには入れていないし、ミュージアムも見ていない。
せっかくだから心残りの2つをクリアしようとツアーに参加。

行って来ましたウインブルドン!
2017年優勝者のパネルがお出迎え⇒
NO.1コートは改修工事中⇒(NO.1コートは入ったもんねぇ~)
関係者しか入れない建物では報道関係やインタビュー室を見学。
各国の放送局ルームがあり、日本はWOWOWとHNKの部屋があったが見れなかった。
見れたのはBBCスポーツの放送局ルーム⇒
各国のメディアはここから結果やニュースを配信。
TVで見てるインタビュー室では、ツアー参加者が座ってインタビューの真似事をして遊んだ。
選手が会場へ入るときはここから入ってくるらしい。(一般人は入れない)
最後はまだ入ったことのないセンターコート。
センターコートに入るために二日間お泊りで並んだことがある。
それでもセンターコートのチケットが取れなかった憧れのセンターコート。
2018年大会の為に芝を育成中。
ボードは2017年の決勝戦(フェデラーvsナダル)の時のまま残されてた。

ミュージアムに入るのも初めて。
  
2017年に使われたボールも展示⇒
男女の優勝トロフィーも展示 
男子のトロフィーには2017年優勝者のフェデラーの名前が刻まれていたのが見れた

ウインブルドン見学の後にバスでキューガーデンへ向かったが、着いたのが遅くて見学を断念。
通常の見学で3時間を要するのに閉館まで45分しかないんじゃ入園料がもったいない。
バスの渋滞がいけなかったみたい。
ホテルへの帰りは地下鉄で帰った。


感想:憧れのセンターコートにやっと入れた。
   センターコートでフェデラーの試合を観戦したかったけど....贅沢は言えないわね。
   これでウインブルドンの全部を見たと思う。
   大会ではないけれど、見学出来て良かったわぁ。
   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロンドン旅行(O2②)

2017-11-19 04:14:03 | 旅行
二日目のO2
二日続けて観ることによってシングルス8人+ダブルス16人の全員が見れる。
二日目はちょっとお遊びで手の甲にシールを貼ってもらった⇒
ユニセフに募金すると貼ってくれる。
さぁ~二日目の席からは⇒初日よりもちょっとだけサイドにづれてる。
まず最初のダブルスは⇐ロジェ&テカウ。
コンティネン&ピアース⇒
シングルス初戦の審判は大好きなモハメッド・ラヒヤニさん⇒一番人気の審判。
対戦は
ソック⇒  
チリッチ⇒  
ナイトセッションのダブルスは⇐エルベール&マウ。
(エルベール&マウペアはこの試合の後に棄権)
ハリソン&ビーナス⇒
そして、そして最後に登場するのはフェデラー。
登場と同時に会場内は割れんばかりの拍手と声援。
前列の人がなかなか座らなくて⇒(手ぶれ...プン!プン!!)
ズベレフ⇒  
フェデラー⇒      
フェデラーはどのショット&どの場面でも絵になる。
応援の♪Let go Roger Let go♪にも参加したよ。
陣営には奥様のミルカさん、お母様、コーチのルビチッチが⇒

<おまけ>
♪Let go Roger Let go♪はO2のあるノースグリーンウッチ駅でもやってた。
みんな余韻を楽しんでたわぁ~。


感想:フェデラーを見に行って良かった。
   会場の応援はフェデラー一色だったから一体感が凄いのよ。
   フェデラーが危機を乗り切ると立ち上がって拍手するし、完全にフェデラーのホーム状態。
   行って良かったぁ~、見れて良かったぁ~。
   今日行われた準決勝戦でゴファンに負けちゃったからよけいに見れて良かったぁ。
   だって今日のフェデラーはミスが多くて本来のプレーじゃなかったも~ん。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ロンドン旅行(O2①)

2017-11-18 00:57:12 | 旅行
今回の目的はATPファイナルズ観戦。
1月の全豪でフェデラーが優勝したのですぐに企画し、2月にはチケットを申し込む。
観戦は二日間で、どちらも一日通しチケットにした。
参戦選手全員を見れるってわけ。

そして目的達成。
O2は二度目なので場所も雰囲気も入場も全て経験済み 
前回と同じく、アリーナに入る前に会場内でまず乾杯
このチケットがなかなか来なくて不安にさせたんだよなぁ~。(早く申し込むのも善し悪し^^;)
席から見た感じは⇒(1階席の後ろから2列目)
試合はダブルス、シングルス、ダブルス、シングルスの順に行われる。
最初のダブルスに登場したのは⇐ブライアン&ブライアン。
J・マレー&ソアレス⇒
最初のシングルスに登場したのは
ティーム⇒  
ディミトロフ⇒  
ナイトセッションのダブルスは⇐ドディグ&グラノイエルス。
クボト&メロ⇒
クボト&メロペアが勝ったことで年間ランキング1位に決定。
試合終了後に表彰式が行われた⇒
O2①の最後はシングルス
ゴファン⇒  
ナダル⇒  
コートサイドではナダルの陣営が
この試合を最後にナダルはO2を去ることになった。
膝の怪我をおしての参戦だったので止む無しだわ。


感想:ナダルのプレーが観戦できて良かったわ。
   一日ずれてたら見れなかったんだもんねぇ~。
   どの試合も見ごたえある内容だった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロンドン旅行(ホテル)

2017-11-17 22:02:04 | 旅行
ロンドン旅行から無事帰国。
まだちょっと時差ボケ。
記録は徐々に残していくわ。
まずはホテル。

2年前と同じく今回も自分たちでホテルを予約。
条件①は移動に階段がない駅で尚且つホテルまで徒歩5分以内であること。
条件②はO2アリーナへ行くのにできるだけ少ない乗り換えで行けること。
条件③は当然価格かなぁ~。(中クラスのホテル希望)
3つの条件を満たしたのがロイヤルナショナルホテル⇒
ラッセルスクエア駅から徒歩3分にある巨大ホテルで、客室160って言うから凄い。
コの字型のホテルで、中央が駐車場になっている。
室内はビジネスホテルって感じだけど、不便を感じない広さはあった。
条件①は駅ホームからエレベーターに乗るために20段の階段を上るんだけど、今回も親切な男性が荷物を運んでくれた(^^)V
帰りは下りなので自力で運べたわよ。
条件②もグリーンパークでの乗り換え一回で行ける。
問題は冷蔵庫がないし、窓が全開しないので飲み物を置いておけない。(暖房の為に温まってしまう^^;)
ホテルの真ん前にコンビニがあったので毎晩飲み物を調達できたからよかったけど、コンビニがなかったら最悪だったわ。
街はイギリスらしい建物もあり「ロンドンにいる。」って感じ。
近くには公園もあり  のんびりできる。
大英博物館は公園を横切るとすぐだし、コベントガーデンも徒歩15分と徒歩圏内。
大英博物館へは3回行ってるから今回はスルー。


感想:交通便が良いから移動が苦にならなかったわ。
   冷蔵庫がなくてもコンビニのおかげで毎日冷たいビールが飲めたしぃ~♪
   なかなか快適なホテルだったわよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青森旅行(食事&お土産)

2017-10-21 10:09:40 | 旅行
青森旅行最後は食事とお土産の記憶。
青森と言えば津軽三味線でしょう...って事で津軽三味線の生演奏が聴けるお店に行った。
勿論予約。
演奏者は三人⇒
一番奥の女性は津軽三味線女性奏者の1or2番の実力者。
中央の男性は高校から津軽三味線を始めて、今はとび職との掛け持ちの24歳。
手前の女性は現在高校1年生で津軽三味線のコンクール優勝を目指してるらしい。
演奏は迫力があって力強さを感じたわ。
お腹の底に響くって感じだった。
お料理のお値段は高かったけど、味はどれも美味しかった。
演奏チャージを取らないから少々お値段が高いのも仕方ないかなぁ~。

唯一食事で食べてみたかったのが「のっけ丼」。
五所川原の「睦屋 市場中食堂」⇒にてのっけ丼体験。
まず250円でどんぶりにご飯をよそってもらう。
そのどんぶりを持ってお隣の魚屋さんへ行き、好きな食材をのっけてもらい、のっけたお魚代だけ支払うシステム。
食材は小さなお皿に数切れのお魚を載せたのが100円、イクラは200円で、ウニは300円。
私がのっけたのはウニ、イクラ、カンパチ、ボタン海老で700円な~り。(卵はサービスでつく)
写真を写し忘れたので本からイメージを(しじみ汁とお漬物はご飯料金に入ってる)

最後はお土産⇒
後のリンゴジュースはホテルからのプレゼント。
栗は「斜陽館」側で見つけ、安さに釣られて買った。(300円な~り)
リンゴは車で走っているときに道端で売っていたのを購入。(3個100円、全員購入)
ここまでのお土産は反省。
まだお土産らしいものを買っていないのに既に重くて腕が抜けそうだった。
後は空港で買った自分へのお土産と友達へのお土産。
赤いアップルパイの上に乗っかってる時計は行きの機内で買った自分へのプレゼント。(箱はホテルにて処分)
ず~っとゴールドの時計を探してたからラッキー(^^)v


感想:これで青森旅行記事は全て終了。
   1泊2日と期間は短かったが、内容は盛りだくさんで3泊4日分くらいに感じた。
   (だから何日にもかけてブログに残したんだけど....^^;)
   すべてが順調だったし、感動も半端なかったし存分に楽しめたわ。
   心配されてたお天気は、一度たりとも傘を出すことなく観光できたもんねぇ~。(晴女2名)
   雨に悩まされないだけで旅行の50%は成功だと思う。
   それにホテル、観光、食事とどれをとっても満足度100%以上。
   時間に追われることもなかったし....感動を入れたら120%満足の旅行だったわ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青森旅行(三内丸山遺跡)

2017-10-20 05:52:03 | 旅行
初日でSe先輩と私の目的は一応全てクリアした。
1泊2日の旅行なので翌日にはもう帰らないといけない。
フライトは午後なので午前中をどうするか前夜に話し合いをした結果、「三内丸山遺跡」見学をすることに決定。
Hiさんが「時間があれば三内丸山遺跡へ行きたい。」と言っていたのを思い出し、全員が後ろ髪を引かれることなく帰路につけるようにね。

「三内丸山遺跡」は江戸時代から知られている有名な遺跡。
平成4年から始まった発掘調査では縄文時代前期~中期(約5500~4000年前)の大規模な集落跡が見つかったらしい。
大型竪穴建物復元⇒
中はこんな感じで生活に使われたとは思えない作りだった。
この後ろに15mにもおよぶがあるんだけど、これは用途不明らしい。
倉庫⇒や住居⇒からして大所帯の集落だと思うわ。
Hiさんによると住民が何らかの事情で全員死亡したと考えられるんですってぇ。
寒さ? 食糧難? 疫病?....と我々も考えてみたけどミステリーは解明できなかったわ。
発掘作業は今も続行中。


感想:「三内丸山遺跡」は勉強になったから、行って良かったとHiさんに感謝やわ。
   ガイドブックでは青森市の方に載ってたから見なかったのよ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加