ものぐさ日記

ひとり遊びが好きな中年童女の日常

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

SOWA美術館

2010年05月13日 | 美術展・展覧会
 ゴールデン・ウィーク中に弥彦、寺泊方面までドライブに連れて行ってもらいましたが、途中でここにも寄りました。SOWA美術館


 全館写真OKのトリック・アート(だまし絵)の美術館です。建物は正面から見ると、デーン!としたりっぱな建築ですが、斜めから見るとペンキで描いた絵がということがわかります。



 外壁も中に展示してある絵も、すべて剣重和崇という画家が1人で描いたものだとか。展示、というか、建物の内装もトリック・アートなんですけどね。





 右から左、中心から端と、移動しながら見るうちに、変わって見える絵もあったり、フランシスコ・デ・ゴヤの「着衣のマハ」がいつの間にか「裸のマハ」に変わっていたりと、あちこちにしかけがあります。


このドアも偽物。

 ベースのほとんどは西洋絵画なんですけど、剣重和崇が模写(?)に使った画材はペンキ。ペンキでここまで表現できるんですね~!

 剣重氏と(株)エス・デーが手がけたトリックアートの美術館は、北海道那須高尾など各地にあるそうです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 新潟名物? | トップ | サイトリニューアル »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿