美術館にアートを贈る会

アートが大好きな私たちは、
市民と美術館の新しい関係の構築をめざしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第5弾寄贈プロジェクト・スタディ3(12/7)ご案内

2014-11-28 16:26:22 | Weblog
第5弾寄贈プロジェクトの準備として、候補作家の勉強会を行っています。
第1回は、児玉靖枝さんと渡邉聡さん
第2回は、島袋道浩さんでした。
第3回最終回は、やなぎみわさんと坂上チユキさんです。
お誘い合わせの上、奮ってご参加ください。

第5弾寄贈プロジェクト・スタディ3
「やなぎみわ、坂上チユキ」編

日時:2014年12月7日(日)午後3時~4時30分 
会場:兵庫県立美術館 アトリエ2
  (今回はレクチャールームではなく
   部屋が変わっていますのでご注意ください)
   http://www.artm.pref.hyogo.jp/access/map/index.html

内容:やなぎみわさん、坂上チユキさんの作品について 
   学芸員による説明と意見交換
   坂上チユキさんの作品については特別に鑑賞できる予定です。

参加費:無料
参加申込:資料の準備の関係で12月6日までにメールでお申し込みください。
     E-mail: info@art-okuru.org
コメント

第5弾寄贈プロジェクト・スタディ2(11/24)のご案内

2014-11-15 07:31:06 | Weblog
第5弾寄贈プロジェクト・スタディ2
「島袋道浩」編

第5弾寄贈プロジェクトの準備として、候補作家の勉強会を行っています。
第1回は、児玉靖枝さんと渡邉聡さんでした。
第2回は、「神戸ビエンナーレ2009 招待作家展 LINK-しなやかな逸脱」展に出品された島袋道浩さんです。
(当初第2回は、やなぎみわさん、坂上チユキさんを予定していましたが、都合により、第3回に変更させていただきます。なにとぞご了承くださいますようお願いします。)
是非ご参加のほどよろしくお願いいたします。


日時:2014年11月24日(月・振替休日)午後3時~4時30分 
会場:兵庫県立美術館 レクチャールーム 
内容:島袋道浩さんの作品について 
   学芸員による説明と意見交換
   今回、特別に映像作品のデモ・テープが上映される予定です。
参加費:無料
参加申込:資料の準備の関係で11月22日までにメールでお申し込みください。
     E-mail: info@art-okuru.org


○予告
スタディ3 12月7日(日)午後3時~4時30分 
      アトリエ2 やなぎみわ・坂上チユキについて
コメント

贈呈式の記事が掲載されました。

2014-11-05 22:41:04 | Weblog
★10/31に伊丹市立美術館で行われました、第4弾寄贈プロジェクトの贈呈式の記事が掲載されました。

11月4日 建設工業新聞


11月4日 建設通信新聞
コメント

第5弾寄贈プロジェクト・スタディ1(11/9)のご案内

2014-11-03 21:39:15 | Weblog
日頃より、「美術館にアートを贈る会」へのご協力とご理解を賜り、ありがとうございます。
おかげさまで第4弾寄贈プロジェクト「今村源さんの新作<シダとなる・イタミ2013>を伊丹市立美術館に贈る」の贈呈式を伊丹市長藤原保幸氏のご列席のもと、無事10月31日に執り行わせていただきました。
市民、美術館、作家(作品)との暖かい関係がまたひとつ生まれました。
皆様のご支援のおかげと厚く御礼申し上げます。

ところで、次の第5弾寄贈プロジェクトの検討が始まっています。
寄贈先としては兵庫県立美術館が決定し、
これから作家と作品の勉強会を年内に3回行わせていただきます。
第1回は、児玉靖枝さんと渡邉聡さんの作品勉強会です。

下記の通り開催いたしますので、是非ご参加いただき、プロジェクトにご参画くださいますようお願いします。

第5弾寄贈プロジェクト・スタディ1
「児玉靖枝・渡邉聡」編

日時:2014年11月9日(日)午後3時~4時30分 
会場:兵庫県立美術館 レクチャールーム 
内容:児玉靖枝さんと渡邉聡さんの作品について 
   学芸員による説明と意見交換
参加費:無料
参加申込:資料の準備の関係で11月8日までにメールでお申し込みください。
     E-mail: info@art-okuru.org

予告:スタディ2 11月24日(月・祝)午後3時~4時30分 
         アトリエ2 やなぎみわ・坂上チユキについて
   スタディ3 12月7日(日)午後3時~4時30分 
         レクチャールーム 島袋道浩について
コメント