美術館にアートを贈る会

アートが大好きな私たちは、
市民と美術館の新しい関係の構築をめざしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新規プロジェクト検討会のご報告

2011-12-24 16:21:46 | Weblog
新規プロジェクト検討会のご報告

日時:2011年11月21日(月)19:00~20:30
場所:アートコートギャラリー
寄贈候補作品:作家・今村源さんの作品「カイテン・つくえ」と「キセイ・ひと」の2作品
寄贈希望先:伊丹市立美術館
プレゼンテーター:伊丹市立美術館・学芸員 藤巻和恵さん


藤巻さんに、次の2項目を中心にお話いただきました。

◎候補作品について
◎作家と美術館の関係について

候補の2作品は2006年に伊丹市立美術館にて開催された、個展「今村源展・連菌術」の出品作です。
展覧会担当学芸員の藤巻さんが今村さんのアトリエを訪問した際、今村さんはキノコの世界や地下の見えない世界に興味があることを話しました。藤巻さんには伊丹市立美術館の迷路のような建物と、今村さんの興味のある世界がオーバーラップして見えたために、今村さんに建物の構造を活かした展覧会を依頼。
同展は伊丹市立美術館の建物や庭、さらには隣り合う施設(古い酒蔵)にも展示が広がる、今村さんの作品と空間が連携した展覧会となりました。
現在、同館は出展作品「ダイブ・2」を収蔵していますが、今回の候補作品「キセイ・ひと」と「カイテン・つくえ」はその作品と合わせて、同展を象徴する作品です。

続いての意見交換会では、以下について協議されました。

◎伊丹市立美術館の現状、地域と美術館の関係。
◎寄贈活動への美術館の協力。
◎寄贈後の作品展示。
このほか、
◎今回の候補作品以外の作品を検討出来ないか?
◎作家の今村源さん自身の考えを聞いてみたい。
という意見もありました。

伊丹市立美術館と今村源作品との関係の深さや、寄贈の必要性を今回の検討会で知ることが出来ました。
これからさらに今村さん、伊丹市立美術館と協議を進めていく予定です。
お忙しい中お集まりいただいた皆様、プレゼンテーターの伊丹市立美術館・学芸員 藤巻和恵さん、ありがとうございました。

後日、検討会について、今村源さんに報告しました。
今村さんから「こういった機会が与えられることを大変嬉しく思っています。
関係の皆様に、感謝しております。よろしくお伝えください。」との言葉と今後の寄贈プロジェクト実施のための当会活動に協力のお約束もいただきましたことを申し添えます。
コメント