美術館にアートを贈る会

アートが大好きな私たちは、
市民と美術館の新しい関係の構築をめざしています。

美術館見学のご案内(2009.1.25)

2008-11-15 10:52:03 | Weblog
私たちの訪問は、興味深い展覧会を鑑賞すると同時に、学芸員の方にお話しを伺
い、館のコレクション方針・姿勢等について学ぶことが目的です。一般の見学よ
り一歩踏み込んで、美術館のコレクションの実際を学びたいと思い企画しました。

少し先ですが、来年1月の美術館訪問をご案内します。
参加申込をお待ちしています。

==========================================================

■日時:2009年1月25日(日) 
■訪問先:兵庫県立美術館 http://www.artm.pref.hyogo.jp/
■鑑賞予定展覧会:「コレクション展 親子で楽しむアート―現代美術の世界へよ
うこそ!」(特集 東山嘉事)

■集合時刻:午前11時
■集合場所:エントランスホール(チケット売り場前)
■参加費:無料(入館料は各自でご負担ください)

■お申し込み方法:お名前と参加ご希望の旨をお書き添えの上、メールでお申し込みください。

<タイムスケジュール>
11時 集合
11時~12時30分 学芸員の河崎晃一氏(常設展・コレクション収集管理グ
ループ)にお話しを伺う。自由鑑賞時間も含みます。
12時30分~ ランチをとりながら意見交換(自由参加)

<展覧会情報:ご参照ください>
「コレクション展 親子で楽しむアート―現代美術の世界へようこそ!」
(特集 東山嘉事)
 会期:11月22日(土)~3月15日(日)

現代美術は難しい、美術はひとりで見るものと思っていませんか?本展は、親子
でワークシートを手がかりに語り合いながら気楽にアートに親しむ展覧会です。
もちろん友達同士でもおひとり様でも大丈夫。現代美術を中心に当館選りすぐり
の作品を展示します。また兵庫県三田市を拠点にユニークな創作活動を展開した
東山嘉事(ひがしやま・かじ 1934-2006)の作品を回顧する特集コーナーも設
置、批判精神とユーモアに満ちた彼の世界を紹介します。(HPより)


そして、見学時の兵庫県立美術館の目玉は「ウィーン美術史美術館所蔵 
静物画の秘密展」です。こちらも是非ランチの後に!

花、食物、食器や楽器・・・人間の生活をいろどる様々な物。ヨーロッパ絵画の歴史の中で、
もともとは脇役として描かれてきました。やがて、「静物画」という独立したジャンルが
生まれます。ウィーン美術史美術館の大コレクションから75点を精選し、静物画の展開を
たどりながら、その秘密に触れる展覧会です。
さらに同館の誇るベラスケス《マルガリータ》が特別出品されます。
西日本ではここでのみ開催です。

==========================================================
なお、美術館へのご質問等があればご用意ください。

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。
よろしくお願いいたします!

ご参加希望の方はメールでお知らせください。
info@art-okuru.org

コメント