松戸発/税理士の地道な毎日

千葉県松戸市の税理士・新井が日々を地道に綴ります

8月の結果

2007-08-31 18:03:04 | 健康・ダイエット
8月も終わりです。

本当に酷暑の一ヶ月でしたね…。

さて、月末ということでダイエットの結果報告です(^^)!

81.2キロでした。

先月末が81.1キロでしたので、微増です

月初のブログを見ると、
7月のリバウンドを8月で取り返すと意気込んでいましたから、
結局、目標達成できない一ヶ月となってしまいました。

旅行とお盆の暴飲暴食でリバウンドしてから今日まで1キロ減りました。
食事や運動に気をつけていますが、なかなか思うように減りません。
私の場合、本当に80キロを切るのが鬼門です。

でも、ここで投げ出しては元の木阿弥…。
とりあえず、1キロでも減らしたことに意義があります!
毎度のことですが、グラム単位をなめてかかると
ある時、衝撃的な体重の増加に気づきますからね…。

う~ん、文章が悲観的だ…。
ダイエットをストレスにしてはいけませんね!!!
ブログは自己を振り返るのに本当に役立ちます。
ダイエットは楽しまなくては続きません!

さて、9月から心機一転、楽しみながら頑張ります!
食欲の秋との戦いです。これも健康のためです。

ところで…。

昨日のパンですが、幼稚園仲間で大好評だったそうです

ママさんたちは作り方に興味津々で是非是非、教えてほしいということでした。

税理士事務所の副業でパンの販売と作り方教室でもやろうかな

ハイ…。趣味の範囲が一番です…


ブログランキングへの参加中です。
更新の励みになりますので、↓へワンクリックお願いします。

             
コメント

手作りパン

2007-08-30 20:47:48 | Cooking
我が娘の将来なりたいものは

パン屋さん

だそうです。


我が家ではたまにパンとピザを手作りします。
こねるのが娘には楽しいようで、
また、焼き立てのパンは娘の大好物です。

この影響で将来は「パン屋さん」になりたいそうです。

夏休みもいよいよ終わりだし、
明日、幼稚園仲間と午後からお茶会の予定もあるそうで、
今日の夕飯とそのときの手土産にと久しぶりに
バターロールとクリームパンを作りました!

バターロールの生地にカスタードクリームを入れるとクリームパンになります。
こねる手間は一緒ですから、材料を通常の2倍で下ごしらえしました。

工程を画像でご紹介します。

焼く前です。




焼き上がりはこちら




見映えはまずまずですね(^^)!
気になるお味は???



つい先ほど、いつもより少し遅めの夕飯を終えました。
焼き立てのパンをチキンと野菜のコンソメスープと一緒にいただきました。

美味でした~

焼き立てのパンは本当においしいです。
作る手間はありますが、これほどのごちそうはありません。

バターロールは回りはカリッと中はフワフワでした。
クリームパンはこの食感にトロトロのカスタードクリームが
ほどよくからんでおりました(^^)!

明日の手土産にする分は焼き立ての感動を持っていくことになり、
直前に焼くことにしました。

さて、将来のパン屋さんですが、こねるのに早々に飽きて、
バターロールの生地を一個伸ばしただけで、
DSばかりやっておりました…^^;。

でも、出来立てのパンには飛びついていましたから、
パン屋さんになりたいことには変わりないようです


ブログランキングへの参加中です。
更新の励みになりますので、↓へワンクリックお願いします。

             
コメント

世界陸上 後半戦へ

2007-08-29 17:41:38 | スポーツ観戦
世界陸上も後半戦ですね。

末続選手は二次予選で敗退でした。
走った後に点滴を受けなければならないほどの
体調不良だったらしいですね。

日本の有望選手が次々と敗退していきます。
地の利を生かせずというところでしょうか。

でも、敗れた選手の直後のインタビューから
精一杯頑張ったけど力が発揮できなかった悔しさと
期待に応えられなかった申し訳なさが十分に伝わってきます…。
見ているこちらも少しつらくなってしまうほどです…。

実際見ていると素人目にも調整がうまくいっていないような
印象はありました。
室伏選手は今年2試合目がこの世界陸上だったのですね。
試合感が追いついていなかったのではないでしょうか??

体調不良ということも含め、陸上競技の調整は難しいのですね。
絶好調でなくても勝てる力はまだまだ備わっていないとか
地元の重圧に負けた等の辛口のマスコミ評もありますが、
選手本人たちが一番悔しい思いをしていることと思います。

とかく大きな大会が催されると「メダル」に目がいきがちです。
地元となると期待が大きくなるのも仕方がないと思います。
でも、選手にはやはり「自分のため」に一番頑張ってもらいたいです。
本人が頑張った結果がメダルとなり、その喜びを見ている側も
共有できればと思います。

大きな大会に向けて調整するアスリートの苦悩を
今回の世界陸上で見たような気がします。
特にオリンピックは4年に一度ですから、出場して結果を残すのって
本当に大変なことですね。
考えてみれば税理士試験も「年に一度」の試験です。
何となくオリンピックと似て非なりという部分があるように私は思います…。

世界陸上の後半戦、日本人選手も含め、素晴らしいレースが
展開されることを望みます!




ブログランキングへの参加中です。
更新の励みになりますので、↓へワンクリックお願いします。

             
コメント

電子申告への道のり その3

2007-08-28 20:38:41 | 税理士
本日、都内へ外出しました。

ヨドバシカメラへ寄り道して、松戸では売っていなかった電子申告用の
ICカードリーダライタを探してみました。

さすが、ヨドバシカメラです!
売っていました(^^)!

住基カードは2種類あったことをその場で思い出し、
販売員さんに確認したところ、市町村によってちがうので
ここでは何ともいえないとのことでした…

さらに電子申告で利用したいことも話したところ、
売り場に電子申告のチラシが用意されていました。
さすがに利用を推進するだけのことがあり、
国税庁も売り場に手配しているんだと感心しながら確認したところ、
「e-TAXのホームページで確認ください」とのこと…。

オイ!国税局さん!
利用の推進をしたいのならこういうところを
もっと詳細に丁寧にチラシを作成しなさいよ!!!

と心の中でつぶやきながら、親切に対応してくれた販売員さんへは
「今日は見合わせます。親切にありがとうございます」と
笑顔の対応をしました…^^;。

帰宅後確認したところ、税理士の電子署名の場合は、
日税連推奨のものがよいとのことでした。

国税庁のHPではそれぞれの電子証明発行元へのリンクになっていました。
いろいろ確認しましたが、カードのタイプは接触型と非接触型の2種類とのこと。

素朴な疑問ですが、どうして2種類作るのでしょうね??
近年導入されたのだから、規格はすべて同じにするべきだと思うのですが…。
古くはVHSとベータとか今ではDVDの規格とかメーカー側の事情に
利用者が振り回されるのはそもそもおかしいのに、
まして、住基カードは国家プロジェクトなのに…と理不尽な想いが消えません。

さてさて、さらに調べていくと日税連の推奨品は2つしかありませんでした…。
これって選択の余地がないに等しいですね。
タイアップしたメーカーにとってはおいしい商売ですよ…。

そのうちすべての住基カードに対応しているものが
NTTコミュニケーションズの型名:SCR331DI-NTTComという商品です。
詳細はこちら⇒です。

お値段は日税連から申込用紙をダウンロードして購入すると
税理士価格で6,600円です。
これはヨドバシで売っていたものの倍以上です…。
ヨドバシで売っていたのは接触型しか使用できません。
推奨品はこれより性能がよいので仕方がないのですが、
値段の格差に少しビックリでした。
そもそも、カードの規格が一つであれば3,000円程度で
購入できるのですから、2種類というのはやはりおかしいですよね!

文句を言ってもしょうがないので、税理士としては
すべての住基カードが使用できる推奨品として
明日に型名:SCR331DI-NTTComを発注することにします。

さて、ここまで印鑑証明、住民票の取得に600円、
リーダライタの取得に6,600円、合計7,200円かかりますが
先日ご紹介したとおり、税額控除は5,000円です…。

ハイ!これ以上セコイことは言いません!!!
電子申告は時代の流れです!(のはず…^^;)



ブログランキングへの参加中です。
更新の励みになりますので、↓へワンクリックお願いします。

             
コメント

世界陸上・男子100m走

2007-08-27 17:23:21 | スポーツ観戦
昨日打上げから帰宅後に男子100m走の準決勝を
ちょうどやっておりました。

朝原選手、頑張りましたね。
終了直後のインタビューで感極まっておりましたが、
その胸に去来したものは、残念な想いか、それとも満足感か、
私にはどちらにもとれました。

日本人選手が陸上の100m走で準決勝まで勝ち残るなんて
少なくとも朝原選手の登場までは考えられませんでしたね。
それこそ「出場することに意義がある」でしたから…。

予選の記録は素晴らしかったですが、そこで全力を使い果たしたとのこと。
35歳という年齢からすると限界とのことです。
年齢というより日本人の体力がこれで限界だったように私は思います。

それにしても35歳でまだ、トップでいられるというのも
ここ数年のトレーニング技術の向上の表れですね。
アスリートの選手としての寿命が80年代より飛躍的に伸びたと思います。

プロ野球でも工藤投手が44歳でいまだに現役です。
工藤投手は私よりも1歳年上ですから、本当にすごいです。

ちなみに、ふと思いましたが…。


35歳のときに私は100mを何秒で走れたでしょう?
と、いうより走れたでしょうか???
当時の体重からすると…、…、…。
アキレス腱がぶち切れるか、膝を痛めるか…で
完走できなかったかもしれません…^^;。

朝原選手の10秒台って神の領域です…。


今の私がボールを投げたら、何メートル投げられるでしょう??

肩が抜けてしまうかもしれません…。

いまだに、勝ち星を上げる工藤投手、こちらも神の領域…。


って、私と比べては朝原選手や工藤投手に失礼ですね…。

朝原選手はまだリレーもありますから、もう一頑張りを期待します!
一年をきった北京オリンピックも出場できそうな気がしますが、
これは本当にご本人のみが決めることですね…。

ところで、お騒がせしている横綱が申告漏れとのこと…。
さてさて、どうしたものでしょう???
ここまで堕ちると復帰は難しいように思いますね…。



ブログランキングへの参加中です。
更新の励みになりますので、↓へワンクリックお願いします。

             
コメント

フリーマーケット

2007-08-26 16:07:33 | Weblog
今日は住んでいるマンションでフリーマーケットが行われました。

我が家も出店しました(^^)!

娘が赤ちゃんだったときのおもちゃや着られなくなった洋服や
使わない食器などを出品しました。

売上は300円くらい…。
単価が10円から100円でしたからまずまずですね(^^)!

出品するものは娘の意見を尊重しました。
思い入れのあるものは娘も売りたくなかったようです。
選んでいる最中に娘が「これは小さいお友達に使ってもらいたい」と
いっているのを聞いて、成長を感じ、なにか嬉しくなりました(^^)。

フリーマーケットもそうですが、
使わなくなったものを捨てるのではなく、
必要としている方へ安くお譲りするという
リサイクル制度は本当によいことだと思います。

マンションの親睦という意味でも、普段は顔をあまり合わせない方と
お会いできるというのもよいと思います。
昔のように深い隣近所との付合い方がよいとは思いませんが、
やはり、どのような方が住んでいるのかというのを
知っているのは何かあったときに安心感があります。

フリーマーケット以外でも理事会主催で
子供向けの出店や軽食と飲み物を販売しました。
暑い中でしたが、お昼前後はそこそこの賑わいだったと思います。
売残りが多少ありましたが、まずまず、この催しは成功だったと思います。

私はマンションでも理事でもあるので、
こちらの準備と販売もありました。
普段あまり話しができない理事の方とも
いろいろ話しができ、親睦の意義は深かったと思います。
暑い中、理事の皆様、本当にお疲れ様でした!

この後は、打ち上げです!
あまったカレーがメインのおつまみとのこと…^^;



ブログランキングへの参加中です。
更新の励みになりますので、↓へワンクリックお願いします。

             
コメント

男子マラソン

2007-08-25 18:22:29 | スポーツ観戦
世界陸上開幕しました。

男子マラソンしっかり見ました(^^)!

5、6、7位と三選手の入賞ですから大健闘です!!!
団体でも三大会連続の金メダルでした。
でも、この団体のメダルは全体のメダル数には
カウントされないのですね…。
なんか納得いきません。

それにしても尾方選手が惜しかったです。
正直、最後にあそこまで追い上げるとは思っていませんでした。
大阪城で離されてしまったことが本当に惜しまれます。

個人でメダル獲得ではなかったのでオリンピック行きは決まりませんでした。
私的には、それに匹敵するくらいの成績だからいいのでは…、
と思いますが、やはりシビアにいかなくてはならないですね。
今回出場された選手が冬の選考レースでもよい結果がでるとよいですね。
でも、今回不参加の高岡選手や藤田選手もいますから
オリンピックに出るのは本当に大変なことです。

今回の解説の瀬古さんと谷口さんが仰っていた
「最近のマラソンはペースメーカーによる記録のためのレースが増えたが、
オリンピックや世界陸上はペースメーカーがつかないので、自力による
駆け引きというマラソンが本来持つ競技力が試される」
というコメントが印象的でした。

確かにアフリカ勢のあの走力には日本人ではかないませんね。
今回のレースはまさしく、マラソンの駆け引きが堪能できました。
日本選手の健闘をあらためて称えたいと思います!

それから、レースと全然関係ないのですが…。

アナウンサー「これから長居公園に入りますが、ここからも距離がありますね」

瀬古さん「だから『ながいこうえん』というのですね…」

谷口さんとアナウンサー「…、…、…」

これからレースも終盤という緊張感漂う実況の中での
瀬古さんのオヤジギャグと他の二人の冷たい反応に
私は一人でうけておりました…^^;。

はい、話しを競技に戻すと、100メートル走でも
日本人が二人が一次予選突破と地元開催での
頑張りが初日から見られますね!
特に朝原選手は予選とはいえアメリカのゲイ選手に
勝ったのですから、本当にすごいです!!!

明日からも素晴らしい競技内容に期待したいします!




ブログランキングへの参加中です。
更新の励みになりますので、↓へワンクリックお願いします。

             
   

コメント

電子申告への道のり その2

2007-08-24 17:59:01 | 税理士
昨日は携帯からの更新だったのであまり詳しく書けませんでしたが、
今日も電子申告のネタを書きたいと思います。

私の電子申告への取り組みを躊躇させたのは
電子申告のプログラムの評判が悪かったというのは
昨日も書いたとおりです。

私が噂で聞いたところでは次のとおりです。

1.インストールがうまくできない
2.プログラムが重過ぎる
3.アクセスが集中すると送信できない
4.操作に手間取り、送信するまでに何時間もかかる

医療費控除を受けるのに電子申告で申告したところ、
送信までに2時間程度かかったと聞いています…。
普通にこれまでの申告ソフトを使えば、
サラリーマンの医療費控除は印刷まで含めて、
20分程度で終わるはずです。
パソコンを使うのは時間短縮等の業務効率のためですから
これでは本末転倒です…

アクセスが集中した場合の対処は、税務署曰く、
「空いている時間にお願いします」とのこと…。
その空いている時間とは早朝か深夜とのことです…。
これって、職員さんに送信をお願いするとなると、
労働条件の悪化ということにもなりますよねぇ…^^;。

要するに電子申告の環境がまだ整っていないということですよねぇ…^^;。

電子申告への対応をお客様へ聞くと、
面倒くさいことはやらないでいい、と
お答えになる方が多く、私もしばらく様子を見ておりました。

しかし、今年に「税額控除」(5,000円と少ないのですが…^^;)
と「税理士関与の場合の簡便化」が導入されました。
わずかながらでも税金の負担が減るからには
税理士として取り組まないわけにはいきません。

それに環境は間違いなく整備されていくでしょう!
いやいや、絶対に整備されなくてはいけませんよ!!!
やはり行政の電子化は時代の流れです。
これに乗り遅れるわけいはいきません。

それに上記の1、2、4は噂を耳にしているだけのことなので
やはり自ら体験しなくては何も語れないと思います。
現在は、だいぶ解決されているかもしれません。

以前から私がメリットとして注目していたのは
電子申告をすると、納付もパソコンからできるところです。
最近は、ほとんどの方がパソコンから振込みをしています。
あの、銀行の混雑に並ばなくていいというのは
本当に業務効率に結びつきます。
まだ、地方税の納税への対応が遅れているそうですが、
源泉税の納付がパソコンでできることだけでも
大分違うように思います。

税理士事務所の立場から言うと、提出の手間とコストが削減できると思います。
私は郵送による提出の場合は、「簡易書留」での提出をしています。
電子申告によって、この郵送提出の手間とコストの両方が削減できます。

しかし、控えが紙で残らないのは融資の際に困るとか、不安であるとか
ということも耳にします。

いろいろなメリット、デメリットを体験するために
まずは自分自身の今年の申告は電子申告でやろうと思っています。

さしあたって、税理士の電子認証を申請しましたが、
カードリーダーは何を使えばよいのかがわかりません…。
少なくとも近所の家電屋さんではまったく売っていません。
ネット販売で購入できますが、規格が二種類あり、
どちらを買えばよいのかが見当も付きません。

これでまず、面倒になるのではないでしょうか?
環境が整っていないというのはまさしくこういうところです。

文句ばっかり言っていますが、行政手続きの電子化は私は大賛成です。
しかしながら、利便性が追いついていないというのが今の正直な感想です。



 ブログランキングへの参加中です。
更新の励みになりますので、↓へワンクリックお願いします。

             
   
コメント

電子申告への第一歩

2007-08-23 13:22:18 | 税理士
急遽、外出予定となりました。
夜まで戻らないので携帯からの更新です。

おかげさまで腰痛もかなり良くなってきました。
だからというわけではないのですが、
電子申告への重い腰を上げることにしました(^^)!

これまで電子申告のプログラムがあまりに評判が悪いので
取り組みを躊躇していました。
しかし、今年は税額控除制度が導入されたり、
税理士を介することで、納税者が利用しやすくなったりと
納税者有利となるように変わってきており、
時代の流れに取り残されないようにと取り組みを決意しました。

また、使いにくいというのも、人の話を聞いただけなので、
電子申告のメリット、デメリットを自ら体験することが
大切なのではないかとも思います。

今後、導入レポートという形でアップしていこうと考えております!

差し当たって、今日は私の税理士の電子認証の取り寄せをしました。
とは言っても、日本税理士会連合会から届いた申請書に、
実印を押印し、印鑑証明と住民票を添えて郵送しただけなのですが…(^o^;。

では、今日はこの辺で…。


人気blogランキングへ
コメント (2)

ハゲタカ

2007-08-22 21:02:48 | 税理士
高校野球は佐賀北が初優勝しましたね。
広陵が4-0でリードしたときはこのままいくと
思いましたが、見事な逆転優勝でした。
本当におめでとうございます!

甲子園の決勝が終わると秋の気配を感じるものですが、
今年の猛暑は本当にまだまだ続くようです。

さて、タイトルの「ハゲタカ」ですが、NHKのドラマです。
好評によりただいま、再放送しております。
本放送のときもDVDに録画してしっかり見ましたが、
再放送でも見てしまっています。
私にとってそれくらい面白いドラマです。
主演の大森南朋さんの演技が特に素晴らしかったです。

主人公の鷲津は銀行勤務中に自分が貸し渋りをしたがために
中小企業の社長が自殺をし、失意のまま退職をする。
その後、外資ファンドとして転身し、日本の経済をかき回
儲けるためには手段を選ばないそのやり方から「ハゲタカ」と呼ばれる。
しかし、その根底には自殺した社長への供養の強い思い入れがあり、
様々な葛藤が描かれております。
詳しいストーリーはNHKのサイトをご覧になるとわかります。

最初の「腐った日本を徹底的に買い叩く」という鷲津のセリフが印象的でした。
このセリフから始まる外資ファンドの一連の行動と顛末から、このドラマは
経営者の会社の私物化とバブル経済時の銀行の責任を皮肉っており、
日本経済を支えていた「技術」の大切さを訴えていたように思いました。

私が税理士業界へ転身したのはまさしく、バブル経済の崩壊直後でした。
所有不動産やゴルフ会員権の価値が暴落し、その取得のための借入金の
返済で多くの経営者さんが頭を悩ませていたものです。
まさしく、このドラマで取り扱っているテーマを目の当たりにしてきました。

多くの銀行が不良債権を売却するなどして多額の損失を計上し、
いまだに法人税を納めていません。
にもかかわらず税金から損失の穴埋めをされて再建しているのです。
逆にその銀行から貸し渋りや過剰融資を受けて苦しんでいる会社は、
自ら再建する以外に方法はなく、この違いに私は矛盾を感じます。

ここで、債務免除の場合の税務上のポイントを簡単にあげてみようと思います。
(なお、適用にはあたっては実際の条文をご覧になり、適用要件等確認され、
 自己の責任の下でお願いいたします。)

・法人の場合
  債務免除された金額は益金に算入されます。
  なお、民事再生法等の法的整理やこれに準ずる一定の要件を満たす
  私的整理をする場合には、期限切れ欠損金の優先利用が認められます。

・個人の場合
  個人間同士で債務免除を受けた場合、原則として贈与税の課税を受けます。
  ただし、債務免除を受けた人が資力喪失で弁済不可能な場合は非課税です。
 
  法人から債務免除を受けた場合は、一時所得として所得税の課税を受けます。
  免除を受けた人が資力喪失で弁済不可能な場合は課税を受けません。
  (所通36-17)

  また、債務免除ではありませんが、分離譲渡所得課税においても
  「強制換価手続きによる資産の譲渡による所得の非課税」
  「保証債務履行に伴う求償権の行使不能の場合の譲渡所得の計算」
  の規定があることを申し添えます。

それにしても所得税の不動産の譲渡損失の損益通算が認められないのは
担税力を考えても、法人税との関連を考えても納得できません。
従前の取扱いに是非戻してもらいたいものです。



 ブログランキングへの参加中です。
更新の励みになりますので、↓へワンクリックお願いします。

             
   
コメント