ゴルフ熱中症  もがくアマチュア

新旧ゴルフ理論を満載、その理論に基づいて練習、ラウンドした結果を紹介します。また、政治経済もモノ申します。

ウェイストマネジメントフェニックスオープン 2016 3日目結果・・松山2位タイ

2016-02-07 13:40:33 | 日記

開催期間

2016年02月04日~02月07日

開催コース

TPC Scottsdale - Stadium Course

賞金総額

$6,500,000

 

3日目が終わって、トップにはダニーリー、松山はリッキーファウラーと並んで2位につけています。

 

石川遼も頑張って欲しかったのですが、残念ながら予選落ちしています。

機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE
人気ゲーム
バンダイナムコエンターテインメント

 

コメント

よくやった! 日銀「マイナス金利導入」は歓迎すべき大きな一手だ

2016-02-07 13:21:14 | 日記

■異常に大きい403兆円

こうした予想は、銀行などのポートフォリオ状況や今の国債市場などを鑑みれば、合理的に推測できる。

ちなみに、銀行などのポートフォリオ状況は以下の通りになっている。

 

金融機関は、預金取扱機関、保険・年金基金、その他に分けられるが、重要な役割を担う預金取扱機関と保険・年金基金のそれぞれについて、資産項目を現預金、貸出、国債、その他有価証券等、対外投資等、その他に分けてみよう。

 

預金取扱機関では、現預金403兆円、貸出718兆円、国債256兆円、その他有価証券等265兆円、対外投資等163兆円、その他21兆円の計1826兆円。保険・年金基金では、現預金23兆円、貸出54兆円、国債234兆円、その他有価証券等141兆円、対外投資等112兆円、その他30兆円の計594兆円となっている。

ここで、異常に大きいのが現預金の403兆円である。この部分が貸出に回っていないわけだ。

 

もちろん、景気の回復がいまいちであるので、「貸出需要がない」という銀行などのいいわけもある。

それも一理あるが、403兆円のうち、銀行などの日銀当座預金250兆円が含まれている。

 

このほとんどに、日銀は0.1%の利息をつけている。当座預金といいつつ、利息をつけるのは異例である。

その経緯は、2008年10月にさかのぼり、当時の白川日銀が導入したものだ。いろいろな説明が行われているが、筆者には、日銀が銀行などに2200億円程度の「お小遣い」を与えているようにしか見えない。

 

今回の日銀のマイナス金利は、基本的には、250兆円を超える部分に▲0.1%の金利をつけるということ。

つまりその分の手数料を日銀が銀行などから取ることになる。要するに、これまでの「お小遣い」にはメスが入っていない。おそらく、金融機関からの文句を日銀が配慮したのだろう。

 

以上、高橋洋一氏記事から抜粋

 

銀行が日銀に預けている250兆円に0.1%の利息を白川総裁時代につけており、2200億円小遣いを与えている。

今後、これを超えるお金に対してマイナス金利を適用しており、「甘ーい」と高橋氏は話している。

もう一弾のマイナス金利を行うと高橋氏は言っている。既にもらっている分の250兆円に対してもマイナス金利を適用することになるだろうと予言している。

銀行はこのお金を民間企業に貸し付けを行うか、株式を購入するなどすれば、国内にお金が還流され、景気アップに繋がることになるので、歓迎すべき大きな一手である。

 

くれぐれも誤解のないように、

我々の預金に対してマイナス金利になる訳はない。もし、そうなったら銀行はつぶれてしまうのでデマが飛び交ていますが、早合点してタンス預金する必要はありません。

 

吉井英二の 公務員試験 スーパー面接対策講座(2016年度受験版)
人気商品
必勝倶楽部


コメント