黄昏人生徒然日暮らし

人生黄昏時になり今を大切に、趣味の仏像彫刻・歌声・写真・散策・読書・日記・フォトチャンネルを徒然なるままに掲載します。

読書「阿弥陀堂たより」より心に残った言葉 その3

2018-07-06 | 読書
南木圭士 著   文藝春秋


心の病になった著者が書くことで病から助かりたいとの思いから、著者自信を主人公の女医に置き換えて小説にしたもので、心に残った文章を引用(太字)し、コメントしました。

「病む前には快適であったはずの人が人のために創り出した環境は、人間不信に陥った今、彼女の精神を逆なでするものに変質していた。そこに人間の意図が見てとれると公演の樹木や噴水さえも美智子をいらだたせた。見た目の美しさや合理性ばかり追求された人工建造物のレイアウトには、弱い心の存在をなきものにした健康人たちのおごりが感じられました。それに気づいてから、美智子は東京を逃げ出すことばかり考え始めた。」

(コメント 自然を壊して経済性・合理性最優先に作りだしたコンクリートジャングルは健康人でも疲れるし落ち着かないので心の病になった人には辛いでしょうね、静かで自然が豊かな土地に逃げ出し環境を変えるのが一番の癒しなのでしょう。)

「治ったのではなく、時が彼女の心身の病の状態に慣らしてくれただけなのかもしれない。発作のたびに美智子とともに疲れきっていた孝夫は、いつしかそんなふうに考えるようになっていた。肯定の意味でのあきらめこそが最高の薬らしかった。」
(コメント 行き着くところは開き直るしかないのでしょうか。)

「木や草の香りと野鳥の鳴き声にみちていた。こうしてわが身一人歩ますことができれば他に多くは望まない。心の病に悩まされた東京の生活を思い出しながら、美智子は自分の影につぶやきかけた。」
(コメント) 解りますね。病気の時は痛みも苦しみもなく普通に生活できるだけで有難さを感じるのですが、普通の生活になるとすぐに不平不満が出てくるのが普通の人間でしょうか。
原作を何回も読み、映画を視て美しい日本の原風景あふれるDVDを購入し何回も視聴し、本も心が疲れると読み直しています。、
原作の舞台は群馬ですが、映画は長野県飯山市で撮影され、映画のタイトルになった阿弥陀堂のオープンセットには4回ほど立ち寄りました、縁側に座り棚田の彼方の妙高山を眺めのんびりした静かな時間を過ごしたことが思い出されます。
コメント

読書「ふいに吹く風」より心に残った言葉

2018-06-03 | 読書
 
南木圭士著 文藝春秋
 
 
医師であり作家でもある南木佳士氏は一番好きな作家で、心が疲れたときに読み返す作品が多いのですが、この中でも読むたびに目頭が熱くなる文章を引用(太字)掲載しコメントしました。


医者になってから思わず泣いてしまったことが、二回だけある。肺癌の末期のお爺さんがいて、お婆さんが付き添っていた。息子達はみな東京にでており、お爺さんが亡くなれば、お婆さんは長男に引き取られて東京に行くことになっていた。生まれ、育ち、嫁いで子供達を成人させたこの町を離れるのは、お婆さんにとってはなにより辛いことだった。お爺さんさえ生きていれば町を離れなくてもすむ。お婆さんは必死に看病した。

初秋の朝、東京から駆けつけた息子達に看取られて、お爺さんは静かに呼吸をとめた。七階の病室の窓から下をみるとお爺さんの今日の着替えを家に取りに行っていたお婆さんが、風呂敷包みを背にしょって裏道を走っていた。腰を曲げ、おぼつかない足取りで裏口に急ぐその姿に、それまで涙を見せなかった息子達が声を上げて泣き出した。
 
死は生きるものたちにとってのみ意味を持つ。私は自然に湧いてくる涙を眼鏡の下に隠しながら、とても大きな、そして悲しい発見をしたような気がした。

おじいさんの死によって住み慣れた町を離れねばならなくなる。それ以上に、二人が夫婦になってからの長い間に培われた共有の思い出を語り合い、確認しあう者を亡くした時点から急に色あせたものになってしまう。
それは、お婆さんにとってこの上なく悲しいことである。息子達よりもお婆さんの悲しみのほうが深いとしたら、それは共有した思い出の量と質の差なのだ。

私は、この日から末期癌の患者の家族に予後を説明する時に、患者と最も多くの思い出を共有している人を選ぶようになった。それが、必ずしも夫が患者であるときの妻であったり、息子が患者であるときの父親だったりしない場合があることを知った。
 

(コメント)患者とお婆さんや家族のことまで細かく観察しており優しさにあふれておりお婆さんと家族の目線で淡々と描かれていますが、何回読んでもお婆さんの描写には涙腺が緩んでしまい文章が霞んでしまいます。
作者は医師兼小説家ですが、多くの死に立ち会ったことで本人はパニック障害などで長年苦しんだので患者や家族目線で考え行動するようになったので、お婆さんへの心情や優しさが溢れ出ています。

「患者と最も多くの思い出を共有している人は必ずしも夫でも妻でも父親でもない場合があるある」とのくだりは納得できます、現実は形だけの家族もあり、親の財産目当てで世間体のみを気にし人前のみ良い家族を演じている偽善者も多いのが現実です。

我が家では娘たちは嫁に出したので老夫婦だけの高齢世帯ですので、頼りになるのは配偶者だけなので、お婆さんを自分や妻に置き換えて考えてしまい、あと何年後の事なのかなと切実に感じますので他人事ではありません、まさに諸行無常ですね、残された時間を今この瞬間大切に生きる他ないですね、「今生」。

体のあっちこっちに痛みや異常が増えて診察をうけても年のせいと言われる現状ですが、趣味を楽しむ・運動・笑いを忘れずに健康第一に気持ちだけは若くありたいものです。
コメント

読書「法然の涙」より心に残った言葉

2018-05-09 | 読書
町田宗鳳 著  講談社

著書より信者では在りませんが共感した言葉・心に残った言葉(太字)を引用し、一言コメントしました。


「この頃の坊主はみな、建前ばかり言っておる。あれでは、人の心もつかめぬ。お主は、本音の坊主になりなされ」
(コメント 現在でも頭でっかちの政治家・学者・有識者・評論家もこのような人物が多い、特にテレビに出まくっている人に多いように思えます。)

比叡山では学問するにせよ。行にいそしむにせよ、人々が得ようとしているのは、ただ名声だけである。こんなおろかなことはない。
(コメント 現代も同じようでは。)

*ひとは、欺き、あざむかれ、傷つけ、傷つけられてまで、この世に生きながらえる必要があるのだろうか。この世こそ、修羅場であり、地獄だ。
(コメント 法然が生きた時代は現在とは比べようがないほど悲惨な時代であったので現世より極楽浄土を求めたのは理解できます。)

*人々が苦しんでいるのに、仏書を読み漁るだけでよいのだろうか。宗生(しゅじょう)済度(さいど)を旨とする出家が、おのれの救いばかりを求めているのは大きな罪ではないのか。
(コメント 同感です、実践が伴わなければ意味ないような気がします。)

仏のみちとは、閑人の慰みではないのか。世の迷いから人を少しも救っていないのではないか。
(コメント 同感です、仏教は浄土宗の開祖法然が生きた時代も今も変わっていないように感じました。 )

すべては、自分の因縁が招いたことです。愚痴をいってみたところで、何もよくなりません。それよりも、心を虚しくなされ。無心に今日という日を受け止めるのです。今日という日を地獄にするか、極楽にするか、あなたの心しだいです。何があっても、笑いとばせるようなお人になりなされ」
(コメント そうは思ってはいるのですが、頭では分かっていても凡人にはできません、悟った僧侶や人物以外できることではありません、できないから迷い苦労するのですが。)

備考 法然は鎌倉時代初期の僧、浄土真宗の開祖。
コメント

読書「ふいに吹く風」より心に残った言葉 (その2)

2018-04-30 | 読書
南木圭士著 文藝春秋

医師であり作家でもある南木佳士氏の著書から心に残った言葉・共感できた言葉を引用(太字)し一言コメントしました。

「ふいに吹く風」のタイトルは突然に起こる予期せぬ出来事に翻弄される人生そのものかと思います。

*人生の記憶の始まりが母の死であったことは、後の私の性格形成に大きな影響を与えたようだ。祭りの中にいても、終わった後の寂しさばかりを考えてしまう、人生の楽しみ方の下手な男になってしまった。 
(コメント 作者は幼い頃母を亡くし、山里で祖母と貧困生活を送ったことが原因かと思います。)

医療と無関係の仕事をしている同年代の人は心のどこかにオレだけは死なないという強い意識を持っているのを感じる。
(コメント この年になっても自分だけは大丈夫と思っているというより思っていないと生きていけないのではないでしょうか)

東京この巨大な都市には、目に見えない一方向の水流があり、人はそれに従って一方向に泳がされているのではないか。泳いでいるから前に進んでいると思うのは錯覚で、実はあの水槽のイワシたちにように、水流にもてあそばれているだけなのかもしれない。
(コメント 流れに逆らって生きていくことは難しいが、おかしな流れには逆らいたいし距離を置きたい。)

この土地の夏から秋への変化の時が好きで、小説の背景はもっぱら秋になってしまう。盛りを過ぎたもの。風にそよぐもの。流れていくもの。そんなものにばかり愛着がある。
(コメント 同感です。紅葉・秋空・はぐれ雲・人知れず咲く花に惹かれる、高齢になり諸行無常を強く実感するようになった。)

*自分がここにいることを誰かに知ってもらいたい。露のように儚いいのちだが、ともかくも生きていたことを誰かに覚えておいてもらいたい。
(コメント 作家は作品が残りますが、凡人の私は仏像彫刻を残しますが有り難がってくれるかは分かりません、家族友人などの心の中に残せるのは楽しい思い出でしょうか。)

*なにが嫌いかと問われれば、ためらいなく一番に答えるのが三月である。さも楽しい事が起こりそうに春風が吹き始め、草木に青い芽のでる月ではあるが、裏に様々な別れを隠している月だから。
(コメント 同感です。三月は転勤が多かったので別れの月であり、新しい職場・出会いに対する期待よりも不安にさいなまれる嫌な季節で、今年も春バテで悩まされました。次に嫌いな季節は夏です、暑い・騒がしい・みだれた服装などが不得手です。)

コメント

読書「冬の水練」より心に残った言葉 2

2018-04-16 | 読書
 
南木佳士 著
 
医師であり作家でもある南木佳士氏の著書から心に残った言葉・共感できた言葉を引用し(太字)一言コメントしました。


*母の老いや病に驚愕する都会にでた娘、冷静に応じる同居の長男の嫁や郷里の共同体の者達。多弁なのは娘、普段のようすを明らかに見てあきらめてしまっている嫁は寡黙。きれいごとではすまない人の生活の真実のほとんどは娘によって語られる出来合いの物語よりも嫁によって語られないことの方に含まれている。
(コメント 全くその通りだとおもいます、同居していない人間は口を出すな。)

*マニュアルを厳格に遵守する優秀な医者にかかっていた患者の血圧が、いい加減な医者に変わったら正常になった例がある。患者はいつも険しい顔の医者に厳しい教育的指導を受けているので診察室に入る前から緊張しているからである。
精神科医や内科医の言葉は、その身の毛もよだつ鋭利さが目に見えない分だけ外科医のメス以上の危険物と化す場合がある。それなのにこの凶器の取り扱いを教えてくれる、
あるいは教えられる資格を有する人は極めて少ない。

(コメント 健康な医者は病人の気持ちはわからない、医者の何気ない一言が心に突き刺さるので、同感です。)

*他者から受け取る言葉に常に過敏になっている、ささいな言い過ぎを過度に反省したり、他者のなにげない一言の鈍感さに無言で怒ったりそれは絶えず精神を緊張させ続けることで、体にはよくない。  
(コメント わかっているけど性分なのでしょうがないのですが、特に心が落ち込んでいる時は敏感になるようです。人生黄昏になってからはより怒りの感情が強くなっています。)
コメント

読書「冬物語」から心に残った言葉 

2018-03-18 | 読書
南木圭士 著  文藝春秋

医師であり作家でもある南木佳士氏の著書から心に残った言葉・共感できた言葉を引用し一言コメントしました。


*人間生きるはりをなくすと免疫能力が低下することが確かにあるようだ。
(コメント 生きがいをなくすと心身の病気になる・認知症になるケースは身の回りでも見てきている)

*癌の告知をする。一人の善良な主婦を目の前で不幸にしてしまう。その使者の役を果たした事実に変わりはない。こんな生活を医者になってからもう二十年もやっているのである
他人を不幸にして自分ばかりが幸福そうな家庭の夫、父の役に納まるのはフェアでないし落ち着かない。いつの頃からかこのような小心者に特有の不健康な想いが胸のそこで芽生え、今では体の芯にしっかりと根を張っている。

(コメント 著者は真面目だからこそストレスからパニック障害・鬱病になってしまった)

*病院で体験する多くの不幸と仲良くするためには、こちらも不幸でなくてはならない。
幸から不幸へ、あるいは不幸から幸への気分転換ができるほど器用な性格に生まれついていればなんの問題もなかったのだろうが、不器用な臆病者は何処までいっても上手に立ち回れないものだ。

(コメント 上手に立ちまわれる人は心の病などには無縁では、上手に調子よく立ち回る人間が大手をふっている不条理な世の中。)

*やはり死ぬ人は遅かれ早かれ死ぬ。強烈な吐き気や脱毛などの副作用に苦しみながら死ぬのなら、むしろ何もしないで、最後の痛みや呼吸困難をやわらげてやるモルヒネを使うだけでいいのではないか。
(コメント 生きるのだって大変なのに、死ぬときぐらい楽にしてほしい、研究材料やモルモットにはなりたくはない。)

*「あなたはいつも最悪の事態ばかりを予想しすぎるのよ。なるようにしかならないんだから、予想じゃなくて、今。なるようになっていればいいのよ。そのほうがずっと楽に生きられるのに。」
(コメント それができれば心の病などにはならない、私も心配症なので良く解ります。)

*登るのにつれて黄色や紅色の葉が全体に茶色かかってきて、晩秋の微妙な季節の中を移動しているのが目で確認できる。それはまさに人生を折り返してしまった自分の心象風景そのものであった。
(コメント 同感です、紅葉のように輝きたいとは思いますが現実は厳しい、色あせ落ちる前に輝きたいですよね。)
コメント

読書「冬の水練」より心に残った言葉

2018-02-25 | 読書
 
南木佳士 著 岩波書店

医師であり作家でもある南木佳士氏の著書から心に残った言葉・共感できた言葉を引用し(太字)抜粋し一言コメントしました。

*良かったことと悪かったことの収支はバランスが取れている。
(コメント 人生山あり谷あり、禍福は糾える縄の如し。)

*生きていれば、いい時も悪い時もある、運を天にまかせるていうのは、とりあえず死なないでいれば何とかなることなんだと思います。
(コメント そう考えなければ生きていけないですよね。)

*一人暮らしの適度な緊張が心身を刺激しそれが元気の素だったらしい、集団の中の孤立の方が独りでいる孤独よりも個人の受けるダメージは大きい(老人ホームに入って)。
(コメント 集団の中の孤立・雑踏の中の孤立はより孤独感を味わう。)

妻を亡くした夫は哀れである多くの人が欝状態に落ち込む、「悲しむだけ悲しめばいいですよ、でも絶対後を追ってはだめですよ」と私がそうなったら医者からかけてもらいたい言葉をそのままそっくり差し出すことしかできない。
(コメント お婆さんの方が強いそうです。私も先にピンピンコロリとあの世にいきたいと思ってはいますが、、、、、)

コメント

徒然草73段より昔も今も嘘ばかり

2018-02-20 | 読書
徒然草73段より嘘の分析を要約すると「世の中に広く伝わる話しは、事実そのままだと受けないので、ほとんどが作り話や嘘で固められている。」
「嘘の多い世の中である、嘘とわかっても深くかかわらず、世間話と受け取って深くかかわりもせず世間話と受け取っておくのが無難である。教養のある人はおかしな事は口にしない」

今も昔も変わりませんね、記事捏造からテレビのバラエティ番組で芸人の馬鹿話しなどは最たるものですね、一番の大きな嘘は実現しなくても責任は負わない政治家の公約ではないでしょうか、後段は近隣・組織・知人などの中で波風を立てないために、まともに相手をせず、聞き流すしかないようですね。

朝から晩までオリンピック放送でテレビを視ればわかることなので、ブログはオリンピック以外のことにしました。
コメント (3)

読書「生きる勇気死ぬ元気」より心に残った言葉

2018-02-18 | 読書
五木寛之(作家)・帯津良一(医師) 平凡社
著書より心に残った言葉を引用(太字部分)し一言コメントしました。


*浄土が美しい花が咲いているというだけでも、ものを考える余地もないほどの地獄のような生き方をしている人にとっては、本当にユートピアの場所でしょう。平安末期から鎌倉時代にかけては、生きていることじたいが、地獄のような苦しみであったから、そこに、光あふれる蓮の花が咲く、美しい浄土の思想をとかれたら、民衆はまっしぐらにそのイメージにすがりますね。
(コメント このような時代背景から鎌倉時代に仏教が武士だけではなく民衆にも広まったのでしょう。)

*厭離(おんり)穢土(えど)(この世を穢れた世界として厭(いと)い離れること)、欣求(ごんぐ)浄土(じょうど)(こころから喜んで浄土に往生することを願い求める)で一日も早く行きたいということになってくる。
(コメント 徳川家康の旗竿は厭離穢土・欣求浄土ですね、ただ浄土は西方浄土にではなく、心の中にあるのだとも言われていますが?)

*浄土とは一言で言うと、苦痛からの解放である。苦痛がなくなったとき浄土の光はさす。
(コメント まさにその通りだと思います。心身の苦痛からの解放された時が極楽浄土でしょう。)

*親鸞は「わが計らいにあらず」という言葉を残していますが、人の人生の出来事、生老病死を考えると、私はいつもこのことを思います。人生「なるようにしかならない」、そして、さらに「しかし、おのずとかならず、なるべきようになるのだ」と心の中で納得します。そうすると、不思議な安心感がどこからともなくやってきます。
(コメント たしかにそうなのですが、凡人は納得するのではなく安心感でもなく、諦めと開き直りですね。)

*仏教とは、頭で理解するのではなく「ギャーテー、ギャーテー」という言葉をいっせいに唱えるとき、そこから伝わってくる感覚そのものと思う。お経は大声で唱えることによって、霊験があらたかになる。
「ギャーテー、ギャーテー、ハラギャーテー、ハラソーギャーテー、ボージーソワカ」は般若心経の真言(マントラ)ですが、 以前に被災地にわらべ地蔵を贈るイベントに参加し、彫り上がった作品を本堂で開眼供養をした後に、僧侶数名・被災地の参加者・イベント参加者で般若心経を唱えた時の不思議な感動と一体感を、特定の宗派の信者でもない凡人でも感じたことが思い出されました。。
コメント

読書「新風に吹かれて」より心に残った言葉 4

2018-02-02 | 読書
五木寛之 著 講談社

  心に残った言葉・考えさせられた言葉を引用(太字部分)し一言コメントしました。

*「道で知らない人に話しかけられたら、走って逃げるようにと指導することは、どうなんでしょうか。人間不信を前提にして教育がなりたつものなのか。」「人間不信を土台にした社会は暗い、しかし性善説を信じるわけには行かない。」
「世の中には鬼もいるし、仏もいる。人を信ぜよと教える。また、人を信じるなと教えるそこに整合性はない。そもそも人間に整合性はないのだから、迷いながら生きていくしかない、というのが難しいが、本当のところなのだろう。」
 
(コメント 難しい問題ですね。それだけ治安が悪くなったという現実は、経済的には豊かになったが人間の心が貧しく悪くなっていることであり、悲しいことですね。)

*「世間にいる「医者嫌い」「健康自慢」の連中が嫌いだ。彼らには恵まれた体への感謝の気持ちがない。謙虚でない心は、すでに病んでいる。
(コメント)当たり前のことが当たり前にできる事に、健康でいられることに感謝しなくてはいけないのですが、病んだ人でないと病人の気持ちは解りません。

*生きていくことはゴミの山をつくることだ。
(コメント ゴミの山を作るのは人間のみで、人間以外の動物は自然に帰る物しか残しません。ゴミの山とは無駄に過ごした時間なのでしょうか。)

*人間が生きているということは、ただ、現在にいきているだけではない。無数の過去の因縁が今の自分を生かしてくれているのである。
(コメント 著者は仏教に精通しているので仏教の考え方ですね。) 

コメント