年金受給者の日々へ 悪戦苦闘の記録から

自分のXデーに向かってまっすぐに走る日々
   年金受給前の悪戦苦闘の日々より

身体キツイ

2017-08-10 00:00:00 | Weblog
 昔は仕事のキツサにより、今は遊びほうけるキツサに因り・・・身体が・・どうにもならん。

 昨日Tさんから教えてもらったように、小倉駅から門司港駅まで移動する。そうかここのうどんはかしわなのか。

 この門司港駅はレトロ感いっぱい、

さらに近い過去のものが

 門司は大陸との行き来が多かったことを物語る。ここ三井倶楽部には

 アインシュタイン博士も数日泊まったとか  

 この寝室で眠り

 講演をしたなどの写真もある。


 バナナのたたき売り発祥の地である碑文についついなぜか“寅さん”を連想し、
 疲れたところで、コーヒータイムとする。もちろん奥さんはお湯とネスカフェは家から持参。

 そして門司港から唐戸市場までは渡し船に乗船し、市場の仲卸売場の海峡の魚のお寿司を食べようと計画する。しかし、行列の長さを見てあっさりパス。しかし奥さんはフグを食べたいと・・・

 そうかザビエルもここに上がったのか・・
 下関を歩くのは50年ぶり・・かと指を折ってると、いや待てよ・・ここは広島時代に社員の結婚式に来たことを思い出した。

 日清講和条約の会談を開いたところ・・







 そしてここ赤間神宮は平家のものがたりに欠かせない仁徳天皇の御陵があり

 耳なし芳一の像がある。

 そして“負”の訓えのある

 平家一門の墓がある。 

 このように動いた翌日の今日はシゴトチュウもボンヤリ状態。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加