年金受給者の日々へ 悪戦苦闘の記録から

自分のXデーに向かってまっすぐに走る日々
   年金受給前の悪戦苦闘の日々より

社長にあう

2007-01-31 00:00:00 | Weblog
2007/1/31 (Wed) 社長にあう

 近所の事業所を訪問する。この会社は父親が起こしたにもかかわらず元の会社を血縁者に乗っ取られ奮起して0から出発して昨年立ち上げた新しい会社である。40歳そこそこの若き経営者の夢を聞く。売上計画は順調に進んでいるようで数年の内業界では県内でトップを行くと話していた。しかし、今は亡き父親が残してくれた財産が大きいと思った。その財産とは土地や金でなく人様からの信用であった。父親が周りの人にたくさんの恩恵をもたらしていた。そのような話を1時間ばかし聞いた。ちょっと感銘を受けた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

卒論

2007-01-30 00:00:00 | Weblog
2007/1/30 (Tue) 卒論

 暖かい日である。3月の気温だとか。長男が卒論を提出したとのメールが入る。5年前にも苦戦しながら東京で卒論を出し今度は広島で出す。もうこれで最後にして欲しいと思う。
夕学50講に出席する。13回目の講師は作家であり僧侶の玄侑宗久さん。名前は知っていたがどのような人かということは知らなかった。しかし話を聞いてみておもしろい人だと思った。何事も因果律でものごとを判断する日本人の特徴の危険性を教えてくれた。15回あるこの講座の内出席率は50%。夕学講座の話はいずれの講師の話も時代を半歩先読んでいるように思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もう月末

2007-01-29 00:00:00 | Weblog
2007/1/29 (Mon) もう月末

 本日頭の中は空っぽのようだ。な~んもない。札幌よりEメールあり。10時前のニュースの終わりに新千歳空港が雪で真っ白になっている映像が流れてきたと思ったらすぐさま帰宅中の子供から雪が降リ積もる札幌の舗道の写真を送ってきた。寒いのは苦手である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

草引き

2007-01-28 00:00:00 | Weblog
2007/1/28 (Sun) 草引き

 暖冬であるないにかかわらず我が畑の雑草はよく生える。小さい時に引っこ抜いておく方がよいだろうと思い午前中のわずかな時間作業することにした。なにせ腰をかがめる動作は痛くなるので苦手としておる。それで30分時間厳守農作業をすることにした。しかし小さな雑草とはいえなかなか抜きにくい。大きな夏の草は抜きやすいが小さな冬の草は根が張っているので抜きにくい。ふと思い出した。花の咲かない冬の日は下へ下へと根を下ろせ。雑草の種類でもまっすぐに地深く縦に根を伸ばすものは抜きにくい、反面土地に横に根を張るものは抜きやすい。しかし30分時間限定でやったにもかかわらずすぐに腰が痛くなったので畝一列で作業止めた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

学習会

2007-01-27 00:00:00 | Weblog
2007/1/27 (Sat) 07年1回目の学習会

 近頃皆が集まっての学習会をやっていない。研究心旺盛なECCのメンバーはそれぞれ所属する事業所や団体を通していろんな講習会などに参加されているようで、我が研究会としての内間でのそれはやっていない。それで今日やろうかとなった。しかも今日は産業カウンセラー団体が、ご贔屓にしている宮城まり子立正大心理学科助教授を呼んで恒例の講演会を企画している日である。そちらに参加されているメンバーも数人いる。あちらが有料だからこちらは行きそびれた人を集めての裏番組を作ろうとなった次第。私が勝手に作ったテーマは、自分らしく働くこと・自分らしく生きること。資料に基づき意見発表したりSWOT分析のワークショップを取り入れながら学習会をワイワイとやった。参加者7名。次月もやろうと思う。午前中宮城先生の講演会に参加された出席者も一人いて、午前中の様子を伺うと、おんなじこと言ってましたよと笑いながら話してくれた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あれ~

2007-01-26 00:00:00 | Weblog
2007/1/26 (Fri) あれ~

 もう1週間が過ぎたのか、と時間の経つ早さに驚いた。朝から次々と来客あり、申請書持参者あり。なにせお金が絡むことだけに神経を使う。この手のジョブだけは苦手にしていると考えていたのに運命は皮肉なものだと思う。職業生活最終コーナーでそれにかかわるとは。六法全書を紐解いても抽象的な言葉に惑わされる。私の好きなちょっとの間を見つけての構内ウロウロ散歩が出来ないでいる。それでも午後の空いた時間、サボり癖のついている私は明日の学習会に向けてのキャリアに関する資料を2階の相談係のAちゃんや今朝東京から帰ったばかりの組合全国中央執行委員のOさんを捕まえて資料を集めた。明日は1行・一言だけが心に残るような、余韻が残るような研究会を作りたいと考えている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しゃぶ

2007-01-25 00:00:00 | Weblog
2007/1/25 (Thu) しゃぶ

 月も後半に入ると妻も提出書類が手付かずの山になっているようで、今日は遅くなると言って朝出かけた。今晩のメニューに沿って台所に材料が置いてある。その中に正月に食べきれなかった鰤の半身がある。どうも冷凍庫の隅っこに見つからないようにそっと隠れていたようだ。半解凍されたブリをどう食べるかが問題だ。やはり冬は鍋に限る。薄くきったブリの身をだしを引いた鍋にくぐらせると油をいっぱい鍋の中に撒き散らしながら白くなったところで口に入れると、ウマイ、の一言。今の時期ネギも甘くて美味しい。旬の白菜も半煮えの時が一番うまい。
腹いっぱいになる頃思い出した。今日の散歩、どうしよう。寒い夜のこと、迷いながら足が動かないでいる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二日目

2007-01-24 00:00:00 | Weblog
2007/1/24 (Wed) 二日目

 自律・自立するためのキャリアコンサルティングのありかたを学ぶ講習会が今日もある。なんだか心軽やかに取組む感じである。仕事ではなく研修会だし指名されて答えなければならない講義でもない。きょうはワークショップを取り入れての時間が多く取られておる。午後のロープレは隣の人との雑談,聞かない聞き方(石になった人に向かって話をする)の演習である。隣の人は守護霊に導かれて私の横に座ったらしい。霊能力の持ち主だと昨日自己紹介した人。これはぜひとも私が石になって聞かねばならない,代わる代わる話をしたが一貫して霊能力者の彼女からは自らの体験談を聞くことになった。相手があっての聞き方講習で私が話の内容について相手に要求したのははじめてである。結構恐ろしい話もあったし,昼間から背筋がゾッとする体験もした。
 東予から参加されたMさんからおめでたいニュースを聞かされた。私,今度結婚します,と聞かされた。年を聞くと私の妹の結婚年齢と同じであった。縁あって結ばれることになるMさんは母親の性格の良いところだけ受け継いでいるようでご両親をお手本として是非とも良い家庭を創ってもらいたいと心
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

燃える者

2007-01-23 00:00:00 | Weblog
2007/1/23 (Tue) 燃える者

 今日と明日有給休暇を取った。今年度まだ20日も未消化である。二日間の目的は職業能力開発推進者講習会出席のためである。内容はどのように各事業所内に人材育成のためのキャリアコンサルティングを導入するか,の講習会。今日の出席者は20名,南予からも東予からも参加者あり。でも驚いた。ほとんどの人が顔見知りであった。初めてお会いする人でもその事業所の誰かと親しいとか・・・事前に打合せしたわけでもなくただ偶然にである。,で,決められたプログラムに沿って何度聞いたか判らないけれど同じような話を面白おかしく飽きもせず聴講する。なんだかなじみの人と一緒にみんなで遊んでいる感じ。しかし夕方5時に1日目を終える頃他の参加者の感想は事業所に導入することについて随分参考になりまた,などと聞くに及んで,あれっ私はあまり講師の話を聞いてなかった・・・なぁと思った次第。
いつもこの手の会では自己紹介がある。皆さん自分の仕事やら所属団体の話やらが多い。けれども私はいつも同じパターン。
 私の趣味は焚き火です。火をつけることです。川原で剪定後の庭木や枯れた草花・畑の雑草など風のない日に燃やします。勿論火事には要注意で川の真ん中で焼きます。きれいに燃えたあとは白い灰が残ります。よく乾いたものほどぱちぱちと燃えてくれますが湿った草花,湿った木々はいつもくすぶってなかな燃えてくれません。白い灰になってくれません。同じようにやる気のある人と手を組めばすぐに燃えてくれますが,いつも家に閉篭っているような引きこもりの人やニートと呼ばれる人,燃えにくい人がおります。しかしそのような彼ら彼女達に私が火をつけてどのように燃えてもら得るか,それが私のテーマです。久しぶりにみんなの前で自己紹介をした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モチノキ

2007-01-22 00:00:00 | Weblog
2007/1/22 (Mon) モチノキ

 玄関前のモチノキにいっぱいの赤い実がなっている。例年だとこの赤い実を餌に野鳥が飛んで来て毎日少しずつ赤い実がなくなってくるのがよくわかるが、今年の暖冬は山にまだまだ食べ物が豊富にあるのだろうか、里にまで飛んできて実を啄む光景にお目にかかっていない。暖冬は自分にとってありがたいけれどもいつもやってくる野鳥にはお目にかかれないのが残念。
 きょうの出張は、ボディビル年齢別において昔日本チャンピオンになった人に逢うためである。会えば74歳とは見えない若々しい、いかにもその服の下には筋肉ムキムキの身体があるだろうと容易に想像できる体つきのひとであった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加