年金受給者の日々へ 悪戦苦闘の記録から

自分のXデーに向かってまっすぐに走る日々
   年金受給前の悪戦苦闘の日々より

朝寝に昼寝に早寝

2017-08-21 00:00:00 | Weblog
 この難関の夏を乗り切るのにどうしようかと考えた。少しでも動くと上半身、特に顔や頭から玉のような汗が噴き出てくる。だからしょっちゅうシャワーを浴び水風呂に入る回数が増える。あと何日我慢すればよいかと・・指を折ってみるが両手では足りそうにない。しかし先日来開けっ放しの窓からは明け方冷たい風が入り込んでくるようにはなった。
  でも今の問題は全く集中力が欠如していること。これらの本をいっきょに読み通すことができない。2回目に読んでる本の内容もさっぱり記憶にない様なあんばいで・・集中力のメルクマールにしている読書も自分の脳が衰えているのがよくわかる。
 つまり、蓄電するより放電ばかりのようで・・その放電の対象は
  受刑者の釈放後のことをあれやこれやと考えることで、放電しっぱなしの感じ。

 受刑者が出所することについて職員さんや保護観察官さんが仮釈放時に必要な身元引受人を探し、万が一いなければ満期時まで留まって労役となる。刑期終了まで対象者の衣食住の面倒を見てくれさらに監視する人のことである。引受人を家族の誰かが申し出ればすんなりと仮釈放の時期が決定できるものの引き受けを拒否する親兄妹も多々いる。また、全国に点在する更生保護会の施設でも引き受けを拒否するケースもある。つまり、規律違反なしでつとめあげても誰かが引受人になってくれなければ満期まで外に出ることができない。

  で、本日の所内面接は初めての試みとして、就職=引受人となって頂くような協力雇用事業主さんの面接を実施し、OKを頂くこととなった。ヤレヤレ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加