仙台ラーメン最強伝説

二杯目のおかわり

まると 能代分店(秋田県能代市)

2015年10月10日 | 秋田県

東北ドライブは前回の続き

昨日青森に向けて出発したのになぜか福島経由で仙台に帰宅してしまいましたが(?)

再び青森に向けて仙台を早朝に出発。

主目的は9/26弘前で開催されたこちらです…

 

さて国道4号線を北上し途中盛岡では「シェーキーズ盛岡アネックスカワトク店」でピザ食べ放題ランチを頂きます。ちなみにシェーキーズは大曲の花火の時以来です(クリックで過去記事へ

今秋のオススメは「紫いものデザートピザ」サツマイモとりんごの砂糖煮、クルミが乗っかってパウダーシュガーが甘さを引き立てます。

「お好み焼きピザ」は鰹節、青のり、ソース味の変わり種。何気にこちらもハマる美味しさ。

ポテトも旨いしパスタも3種有。やっぱシェーキーズ良いっすわ。週一で通いたいレベル。

 

盛岡で満腹になった後は国道46号線を西進し仙北市の田沢湖で一休み。

そうか「たつこ像」があるのは田沢湖だな。と再確認。「あれ?たつこ像が有るのって田沢湖だっけ?十和田湖だっけ?」ってわかんなくなる個人的あるある(←単に健忘症なだけ、汗)にこれで終止符が打てそうです。

田沢湖を出てからは国道105号線に抜けて秋田内陸縦貫鉄道と並走するように秋田の山間を北上。マタギが活躍したという阿仁の山々の合間を抜けるルートは交通量も少なく快適に流れます。ドライブ向け。

この感じなら日本海側で夕陽を見られるかなと思いきや流石に距離が滅法有って全く間に合わず(無計画)北秋田市に到達した頃にあえなく日没。

 

今夜は能代市内で車中泊することにして寝る前に夕飯を。

国道7号線沿いにあります「名代支那そば まると 能代分店」でラーメンを頂きます。

こちらは秋田の人気店「佐々木家」の姉妹店。「佐々木家」が豚骨スープに特化しているのに対してこちら「名代支那そば まると」では煮干し主体の中華そば系がオススメのようです。

ガッツリ行きたいなと思ってたら丁度良いメニューが有りました。

夜限定ガッツリ系ディナーセット」864円

こちらは燕三条式特濃背脂そば、白めし、焼き餃子(3ヶ)、香の物のセット品。

さて早速のスープですが、醤油ダレは濃口主体で醸造された甘味と酸味が強く塩気が少なめなタイプ。潤系よりも杭州飯店に近い元ダレ風味のもの。

ネギはタマネギではなく普通のネギを細かく刻んだものでスープに強めに薬味を与えてくれます。

レモンのスライスが数切れ入っているのは能代ラーメンの伝統踏襲か。柑橘系の酸味がスープに一味プラスしてきます。

背脂は細かくチャッチャと振りかけられており油量も十分に多め。ややこってり気味ですが軽い酸味を持った醤油ダレの旨さで然程クドくなくクイクイと飲めてしまいます。

麺は中細なストレートで気持ち固め。厳密には麺とネギとレモンが本物の燕三条系とは異なりますが、スープ自体が実に上手く燕三条系を再現出来ているのに驚かされました。

餃子とライスが付いてこの値段なら上々。

香の物のキュウリも味付け薄めで逆にラーメンの口直しにちょうど良い塩梅。

店内BGMは有線で懐かしのアイドルソング。「1/2の神話/中森明菜」って懐かしい。

平日のみ朝7~10時まで朝ラーをやっているようです。濃厚煮干系メニューの「極にぼそば」が気になる。明日も来ようかな。
(15/09/24食)

 

という事で能代市内で一泊して翌朝再訪です。

朝ラー「極にぼそば」540円

ガラは清湯で綺麗に取られ動物系の旨味を漂わせて油量は適量。くどさがなくややライト。

煮干は魚粉と香油で強めに合わせられてますが煮干を?炙って焦がしたような風味も突出してきており、

更にこの焦がした香りにレモンの柑橘系がカウンターを当てていて一つのオリジナリティを作り出していますね。

焼き魚にレモンをしぼったような(?)独特な味のハーモニーも悪くない。朝ご飯っぽい雰囲気を少しスープに見出してしまいました。ライスが合いそう。

ネギは小口と細切りの2種が投入。

チャーシューは燕三条メニューでは肩ロースでしたが「極にぼそば」ではモモ肉使用の小さめなものが一枚入ります。

麺は強い縮れの細麺で支那そばの雰囲気を醸し出してくれるタイプ。スープとのマッチングも上々。

今朝の店内BGMは「Oneway Generation/本田美奈子」でした。これも懐かしい曲で。作詞は秋元康だっけ。そういえば本田美奈子と秋元康の二人でラジオ番組やってたっけな…。あれ番組名何だっけ?…

とか朝ののんびりとした時間を過ごしながらスープまで完食。旅先で頂く朝ラーも良いものですね。ごちそうさまでした。

(15/09/25)
まると 能代分店/秋田県能代市字松長布308

ジャンル:
ラーメン
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 麺処翁竹 | トップ | 十八番(秋田県能代市) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL