仙台ラーメン最強伝説

二杯目のおかわり

麺処翁竹

2015年10月08日 | 宮城県内

秋晴れが続いて絶好の行楽日和パート2

9月下旬まとまった休みが取れたのでぶらっと東北ドライブに出かけてきました。

まぁ主目的は9/26弘前で開催されたこれ(写真右→)な訳なんですが…

 

真っ直ぐ青森に向かっても芸がないと思い何となく米沢に向かいます。狙いは「おたまや」の”うこぎソフト”

昭和本樽仕込み館のご紹介 | おたまや 無添加味噌・甘酒・麹販売

…なんと定休日でありつけず(汗)

これも無計画ドライブの醍醐味ですなぁ(いや定休日くらい調べておけよって>自分)

うーんこうなると何としてもアイスが食べたい。

という事で次に向かったのが福島市の「ハニービー本店

ハニービー honeybee ハニービー

すっかり暗くなってしまいましたが18時過ぎに駆け込みセーフ。

ちょっと涼しい中、テラスで先客のカップルさんがジェラートを食べてました。

店内は季節柄ハロウィンの装い。

ももちゃん・ローストアーモンド・パープルポテトトリプルで頂きます。

ハニービーのソフトはマジ美味いっす。お近くを通りがかりの際には是非行ってみてください。

外で食べてて振り返ったらこのハロウィン飾りが有ってすげービビった。(写真右→)

ジェラート食べたら何だか満足してしまってこの日はラーメン食べず。旅行初日は結局仙台へ帰宅。進捗0キロ。

青森は明日行けばいいや(無計画)

 

 

さてそういう事で(?)

今回のラーメンネタは別日に食べたこちら。

国道4号線沿い名取エリアに有ります「麺処翁竹(おきなたけ)」から

辛しネギみそラーメン」1080円(写真上)

こちらがラーメンチケット3対象メニューという事で有り難くワンコイン500円で頂きます。

スープは”鶏こってり”と”魚あっさり”から”魚あっさり”をセレクト。

魚あっさりを選ぶと別皿で魚粉が提供されてきました。こちらをお好みで投入して味変を行います。

「スープが濃すぎる場合はこちらで薄めるように」と温められた徳利で割りスープが提供されてきました。こちら一口頂いた感じでは油量を排した端麗な鶏ガラスープの模様。

さて早速のスープですが「丸鶏を肉が溶けるまで煮込んだ鶏出汁がベース」との記載がありましたが”魚あっさり”と言いながらも動物系の油量が強めでややこってり気味です。

しっかりとした動物系に細切りの白ネギがシャキシャキと薬味を合わせます。緑ネギは小口でとネギ2種提供。

味噌は配合少なめで素材と素材の旨味を繋げる役割を果たすのみ。

唐辛子の香りが強いオリジナルと思わしきラー油と辛味調味料でスープは真っ赤。非常にパンチのある辛味を醸し出してくれています。ハンカチでは足りません。本気のタオル必携。

先ほどの魚粉を投入しますと節、煮干しの香りがフワっと漂ってきて辛味と油量を僅かに緩衝してくれますね。なるほどスープが少し”あっさり”に変わる印象です。

チャーシューは角煮タイプで厚みもあり柔らかめですが柔らかすぎない程よい仕上がりのもの。

味玉はシナモン?で甘めな味付け。辛いスープと対比的に計算された味わいのもの。麺は加水率高めの中太麺で濃厚なスープにしっかりと絡みます。

板海苔がやたら多いのが気になってましたが、こちらが程よく辛いスープの緩衝剤になってくれていて、かつ魚粉とは異なる磯味をプラスしてくれます。

 

こちらは”鶏こってり”の「辛しネギみそラーメン

別皿の魚粉が付きません。一口頂きましたがどうやらベースのスープ自体は変わらない模様。

魚介系が好きなら”魚あっさり”を選択して魚粉を入れた方が良さそうですし、こってりが好きなら逆に入れない方が動物系の強さをダイレクトに味わうことが出来そう。

この辺はお好みで選んで良さそうです。

とにもかくにも鶏の甘さと辛味とのハーモニーがキモなスープ仕上がりの一杯。

もしスープが辛すぎなら最初から徳利の割りスープを投入するのもアリですね。穴あきレンゲも何気に役に立ちます。サービスの一皿・冷奴も辛さの緩衝材になりますね。

サービスで自家製シソジュースを頂きましたが、口がさっぱりして冷たくて美味しい。色合いも綺麗です。

割り箸ケースのデコレーションが手作り感満載です(写真右→)

卓上のメニュー表には載っていない裏メニュー(?)「気付いた方だけへのメニュー」がなぜか柱に貼られていました。見つけてしまった…。

そして何故かラジコンヘリが!?(笑)8800円って、売ってるのか(^^;

 

さて今回ラーメンチケット対象の「辛しネギみそラーメン」1080円が4ケタの値段という事で若干値段高めに感じてしまいますが、実はこのメニューが「麺処翁竹」における最高値メニューの模様。

逆に最高値のメニューをワンコインで提供して下さった心意気が有り難いですね(^^

メニュー表を見ると「こく醤油」650円や「野菜みそ」830円などお手頃なメニューもたくさんありました。「焦がしにんにく黒ラーメン」750円や「おきなたけ濃厚みそ」880円も気になります。ごちそうさまでした。

(15/08/17)
麺処翁竹/宮城県名取市飯野坂字南沖34-1

ジャンル:
ラーメン
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラーメン天狗山 名取店 | トップ | まると 能代分店(秋田県能代... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL