ブラックファイブ

あのDr.ブラックジャックの半分以下なので、ファイブとします。命燃え尽きるまで、経験と知識からブログをやろう。

今日も、ドキッ!

2007-07-05 22:11:54 | Weblog
 骨髄穿刺を頼まれて、折角だから研修医にやらせた。
 見学もしたし、前に一回やってると言うので『それでは、やってよ。』
 用意をして、実行前に簡単におさらい。
「ていねいにやったらいいよ。」と言い添えて開始。
 皮膚から骨膜までを十分に麻酔。
 細かい不十分は色々あったけど今は省略。
 胸骨に骨髄穿刺針を刺していく。骨は結構固いので体重をかけながら押し込み刺し込む。
 次の瞬間、“ドスッ”と聞こえた。
 穿刺針はストッパー(深く刺さりすぎないように刀の鍔の様に付いている金具)の根元まで刺さっていた。
 “ドキッ”と感じて素早く患者さんを見たが、平然としておりホッ。
 後で研修医に聞くと、自分でもゾッと冷や汗が出そうになったと言う。
 一通りの反省と評価、改良点を話しておく。
 丁寧にやったらと言った開始の言葉は、やっているうちに忘れてしまったのだろう。
 こんな事を繰り返して成長するのだけど、丁寧にする部分はそうしてよ。
 胸骨の裏まで突き抜けていたら、“ヤバイ領域”に侵入するぞ。
 研修医のミステークは付き添っていた私のミステーク。

 外来は小休止状態で多くはない。でも、胃腸炎は多いよ。
 動脈からの採血を予定して、動脈をみたらこっちも難しそう。
 一日休んだら、静脈も回復していて、採血OK。際どい動脈を刺さなくて良かった。

※ 新K防衛大臣は斬新さと格好良さが売り。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加