ブラックファイブ

あのDr.ブラックジャックの半分以下なので、ファイブとします。命燃え尽きるまで、経験と知識からブログをやろう。

沖縄基地

2005-10-31 22:08:39 | Weblog
 簡単に言うと、沖縄の基地のある程度を本州の何処かにまず移転してみたらいい。
 そうすれば沖縄の苦しさも、分かち合える。
 米国に言えないのなら、沖縄に負担ばかり押しつけて、自分をごまかして逃げない。極端に言えば、東京のど真ん中に“嘉手納基地”を移転する位の分かち合いの心を示してみたら。
 その昔、“東京に原発を”っていう本もあった。
 ついでに、○森県は“日本のゴミ箱”という見方もあったね。
 沖縄の為なら、基地が私の家の近くに移転してきてもいいよ。現実には困ってしまうだろうけど、でもそれ位のことを示さないと沖縄は日本の仲間ではなくなってしまう。
 そんな気がしませんか。
沖縄・稲嶺知事が“拒否”する心はそうなんだろうネ。
 さらについでに、基地反対を唱える各首長は選挙の折り、はっきり言ってたっけ?
 基地容認の自民党の支持を受けながらも、反対って言ったっけ。“説明がなかった”なんて言葉だけでごまかす奴を見逃さないようにしよう。
 
 研修医の試練、私に遠慮が有るのだろうネ。
 結果から先に言うと“並”だった。
 朝の外来中に電話がかかってきて、昨日の予定のように縫い直しを指示。
 今度は空気が漏れ混んでしまって、胸水と空気を抜く羽目になってしまった。
監視・指導に甘さがあったと反省。

※ 外来の某患者はずっと待たせると苦情を言った。しかし、自分の勝手の不在や飯を食いに行って不在だったことについては何にも言わない。“いい加減にしろよ”とは言わなかったけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歯科治療の苦しさ

2005-10-30 21:54:16 | Weblog
 昨日、その後歯医者に行ったのです。臼歯の詰め物が取れてしまい、入れてもらいに行きました。
 医療を仕事でやってるけど、歯科治療を受けるのは結構辛いね。
 何がって、口を開けたままで唾液が出てきて、これが仰向けだから、喉の奥に溜まってくると苦しい。
 口を開いたままツバは飲み込みにくい、試すと分かるよ。
 口を開けたまま食物は楽に飲み込めるかどうかを。
 鼻で息をするとましなのだけど、口を大きく開いて、最初は鼻で息をしていても、治療を受け緊張してくると、口呼吸になってきて、苦しさが増すのです。
 口を開けているから、「ちょっとタイム」っていえない。
 歯医者さんや歯科技工士さんに、弱みを握られてしまったのが残念な結論。

 今朝も患者さんを診に行ったのです。体調はまずまずかな。昨日は私の後に研修医は来ていて、カルテに記載が有りました。
 「朝でも午後でもいいから、一回必ず見に来たってよ」と行っておいたのです。
 ガーゼは湿っているから、明日のでも切ったところを縫い直し予定。
 もし、今日私の後に来て、縫い直しをやっていたら、Very Good !
 明日の私の指示まで待っていたら、並。

 後は、明後日に研修医への勉強会をするのでその準備でおしまい。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

巨人“原”監督

2005-10-29 23:07:10 | Weblog
 夜のスポーツニュースを見ていたら、巨人は秋季キャンプでは、早朝散歩から夜間練習までもと報道していた。見て感じたのは、原監督はロッテ・バレンタインから何も学ばなかったのかと思ったことです。
 野球漬けもいいけど、もうこんなのでは、効率が悪すぎることを学習しなかったのかと言うことです。
 これで、来期の巨人優勝はなし。原監督も人はとっても良さそうなので気の毒。
 もし優勝したりしたら、私はまた“国境なき医師団”に寄付をしよう。

 今日は朝のうちに見に行ってきた。研修医はまだ来ていなかったが、患者さんの状態を確認し、カルテにちょっと書いておく。
 ある看○○が、“指示にある朝とは、何時のことですか?”と質問してきた。
 “朝と書いたのは、時間的に融通が出来るように曖昧にかいたのです”と言うと、“時間を指定して下さい”と言う。“時間を決めても、実際にその時間にやるのは無理なんだから適当な幅が有る方がやりやすいんじゃないの”と答えた。
 “それでも”と言うので、“朝とは、朝の8時半から10時位まで”と書いておいた。何か違うんじゃないのと思ったけど、ここまで書かないとかえって動き難くなっているのでしょうか。
 もうこんな時代になってしまっているのかと思ったけど、実際は“(そんな考え)○○とちゃうか”と言いたかった。勿論、言わない。

※ 適当というのは、まずいマイナスの表現に近づいてきたようだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

胸腔穿刺70点

2005-10-28 22:35:37 | Weblog
 新研修医は70点、それは患者さんが痛みを言わなかったから。
 痛くないと、患者さんはとにかく安心、痛みを強く感じさせたら、後の如何に関わらず49点以下。
 70点となったのは、直後までは良かったのだが、後になって胸水が浸みてきて残念。最後の縫い締めが甘かったのです。入れた管の周囲を、胸水が浸みてこないように糸で縫って締め付けるのです。
 でもまあ、初めての実践で患者さんに「痛い!」と言わせなかったのだからOKです。私は勿論、患者さんには「この医師にとって初めての処置です」とは言ってません。「若い医師がやります」と言っただけ。

 その後、講演会があった。講師は脂肪乳剤の点滴の大事さを語ってくれた。
 言われると、私はもう5年以上脂肪乳剤の点滴を処方したことはなかった。
 自然の摂理に反していたことを思い出させてくれた。自分が思いこんでしまっていたのですね、反省。長く使ってなかった脂肪乳剤は、私の想定外に出てしまっていたのです。
 平生はでんぷん、タンパク質と脂肪を摂取しているのが自然。
 当院の脂肪乳剤使用は微々たるものだった。ほぼ全員同罪。
 これが当院のレベルだったのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明るく楽しく野球をする

2005-10-27 21:51:45 | Weblog
 ロッテ・バレンタインの言葉、何処かで聞いたような言葉だと思っていたら思い出した。
 あのジャイアント馬場が「明るく楽しく激しいプロレス」と言ってたのです。
 馬場さんには、スポーツへの先見があったのかなとも感じる、記憶の交差点。
 私も「明るく楽しく仕事しようぜ」と言いたいネ。『暗く寂しく仕事をしようぜ』なんてやってられないヨ。

 明日は新卒研修医が胸腔穿刺をする。きれいに見せる糸の締め方、麻酔の手順これらを「イメージしといてよ」と言って帰ったんだけど、イメージ出来てるかな。
 明日は相手は動かないから、自分のイメージ通りに展開出来るはず何だけど。
 バレンタインの相手は動いて、彼のイメージは上手くつながったかな。
 そう、唯一バレンタインで“×”と思ったのは、TV中継でロッテのベンチの彼を写すと、写す度に必ずというほど、しょっちゅうツバを吐いている。
 ベンチの床はコンクリートだろ、「バレンタインさん、汚いよ」、「行儀悪いよ」と言うべきかな。
 誰か教えてあげてよネ。「監督、そんなところにツバ吐かないでください。全国のファンが見てるよ」って。
 この次のベンチでもツバ吐いてたら、ガッカリ。誰も言ってあげなかったことにも、もう一つガッカリだ。 

※ ジャイアント馬場は“紳士”だった。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロッテ優勝

2005-10-26 22:20:00 | Weblog
 昨日の続きでどうしても見たくて見てしまった。
 飲酒でゴロンとTV、見た人は感じただろうけど阪神には流れが無かった。一塁に出ても続かずダブルプレーが目立つ。
 ロッテは後半の投手の立ち上がりが不安定なのに、阪神がドジで、やはりラッキー。ロッテのゆとりの勝利だろうね。
 10/17に期待したようにロッテ・オブ・バレンタインが勝ってくれて良かった。阪神には気の毒だけど、ロッテのような感じのチームが出てくることが大事だと思った。
 明るく楽しく野球をする。根性一本の高校野球はもう少し進歩してくれ。
 それから、TV中継はケチだね。CMが長く、間のCM終了時には次の回がもう始まっているなんてことが、何回もあったよ。

 今日も昨日ムンテラをした方の御家族に再度ムンテラをしたけど、研修医は立ち会えなくて私が一人でやった。
 家族の方には研修医のことをも話し、必ず後ろについていますから、新卒の医師にも診させて下さいと話した。御家族はどれ位わかってくれたかな。
 研修医には明日入院する方をも受け持ってもらおう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロッテ3勝

2005-10-25 22:21:27 | Weblog
 今日は比較的時間があって、半分以上見ることが出来た。その分、ぼーっとしてたけど、転がって、ちょっと酒を飲みながらTVを見るのは、やっぱりオヤジ・リラックスの最高の一場面だ。
 試合ぶりはバレンタインと岡田との監督の差かな。阪神の選手は力みが入って硬い。ロッテは監督の期待通りに楽しんでるようにも見える。
 ゆるみすぎがなかったら、明日で決まってしまいそうな雰囲気。
 阪神は酒をガバッと飲んで全てを忘れ、ぐーっと寝ろ。

 今夕は研修医と一緒に入院患者さんに、診療説明をした(俗に“ムンテラ”という)。
 私が見本的に話し、研修医は隣にて聞く。上級医の側について聞いて学ぶのだけど、みんなそれぞれの個性で話すから、それらの中から自分のスタイルを作っていってくれるかな。
 10余年前までは、上から下を見下ろすようなムンテラをするエライ先生も結構いた。私も今度どなたかの近くでそっと聞いてみよう。ある程度年期の入ってしまった医師は、他の医師のムンテラなどは聞いたことがなく、聞こうともしない、唯我独尊の世界にいるのが多い。
 研修医にはみんな平等であることが分かってくれることを期待しよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

抗血小板薬

2005-10-24 22:29:33 | Weblog
 今日は研修医にふさわしい患者さんが見えた。といっても、新来患者約30人来て漸く一人と言った程度だけど、重症がもっときたら多すぎて手に負えない。
 胸水(肋骨と肺の隙間に体液などが溜まり、肺を内側へ圧迫する。外側は肋骨があって押せない)の方で、研修医でも胸を刺せるほど目標は大きい。
 しかし、別の疾患があって、抗血小板薬を毎日飲んでいたのです。
 これは血栓予防薬で、脳血管や心臓の周りの動脈が詰まるのを防ぐ目的で毎日飲むのです。これにより、いわゆる“血液サラサラ”にして、血が固まりにくくなるのです。
 しかし、この為にこの治療を受けている方は、歯科治療などの出血を伴う治療は、血が止まりにくくなって少しヤバイのです。
 通常は一週間程、この薬を休んでから出血を伴う治療や処置をするのです。
 したがって、今日は注射の針で試験穿刺といって、少量の胸水を取るにとどめたのです。太い管を入れるのは、もし、出血が多くとまらないとマズイので数日後です。
 このように血栓を防ぐようにすると、出血を伴うことに危険と矛盾の生じる治療です。
 それで、明日から抗血小板薬をやすんで、血栓防止は無視して、胸水の治療に入ります。この間に血栓が出来たら、もう堪忍です。
 分かるように、その時の患者さんの持っている疾患の優先度によってしまいます。

 抗血小板薬を飲んでいる方は、こんな事をどの程度認識してるのだろうかと、ちょっと心配。

 研修医には検査治療に期待している雰囲気を感じ、楽しみだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロッテ2勝

2005-10-23 21:47:18 | Weblog
 昼間、ホワイトソックス vs アストロスを少し見て、井口選手は元気だったけどいいとこなかった。
 夜、8時前頃からロッテ vs 阪神を見ると、ロッテのホームラン連発、しかも完封勝利と阪神はいいとこ無し。
 見比べるとやはり、メジャーリーグはスマート。でも、ロッテもバレンタインになって、みんな他球団とはちょっと感じが違うって見える。
 今までの千本ノックの根性野球ではなく、彼が言うように“楽しく”スマートになってきたよう、特にファンでもないけど、ひいき目かもだけど、そう見える。
 阪神は超対照的球団だからネ。
 サッカーだけでなく、日ハム、来年からは広島も外国人監督で感じが変わりそう。
 本当はなんと言っても、巨人に外国人監督を迎えて欲しいネ。
 〈○○○ネがいる間は無理そう〉

 今日半日は書物整理、ちらっと見て大半はくくって今度の資源ゴミ行き。
毎月来る学会雑誌というのは、うっかりするとどんどんたまって場所取りになる。
一年経っても、読まなかった物を3年後に読むなんて事は想定外だ。
 以前に読んで、意味があったのだけ残して、後は未練があっても、もったいなくても捨てるしかない。誰も買わない。まあ、良くて2年位おいて、その気になるか様子を見る。
 後は、勉強会の中身の確認で一日が終わってしまった。
 電話はなくて勤務先とは休憩。
 明日の会議は案内に30分間とある、ホントに30分で終えられるかどうかな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

霧の中

2005-10-22 23:05:15 | Weblog
 千葉の海霧に“ロッテ”の勝ち。後半しか見ることはできなかったけど、外野はもう打球が霧の中で見えない。コールドゲームでロッテの勝ち。
 10対1だったから、阪神の岡田監督はタオル投入でも良かった。「今日は負けや。霧でもうボールも見えんでだめやから、帰って寝る。」とでも言って明日に備えても許す。
 ロッテの勢いが勝ったのかな。
 楽天、三木谷社長は“2球団所有”で責められてやばい。野球協約に照らすとヤバイ、TBSへの切り込みは厳しくなり、下手をうつと“楽天”本体も厳しくなりそう。
 三木谷さんはホリエモンほどのキャラは出来そうもないし、楽天はライブドアほどの面白さもないしネ。
 これらIT企業は、借金をして回す自転車操業のようだから、三木谷さんのまじめそうな感じだけで乗り切れるかな。
 今年の前半はライブドア、後半は楽天とIT闘争の一年だ。

 今日も午後は勉強会に行って来ました。2日も続けていくと、復習整理が出来なくて、頭の中は“霧の中”って感じ。不整脈の話だったけど、行き着く先は“心室細動(心臓が凄く早く空回りして、血液を身体に少ししか送れなくなる。この為、頭の血流も少なくなり、めまい、意識喪失、ついには心停止に至る)”、微妙な判断は難しいけど。心臓は無症状で血を送ることが出来ればまずはOK。
 午前中に休日出勤、研修医の姿は2人見えた。
 一人、難しくて困っている患者さんがいて、これ以上は書けないけど本当に方向性が決められない。
 他の方々はまあ、なんとか落ち着くでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加