ブラックファイブ

あのDr.ブラックジャックの半分以下なので、ファイブとします。命燃え尽きるまで、経験と知識からブログをやろう。

靖国

2005-09-30 23:10:33 | Weblog
 靖国神社は2回行ったことがある。九段横の立派な桜のきれいなところだった。
 大阪高裁で“純ちゃん”の参拝は違憲、この前は合憲と分かれてしまった。
 この線の引き方は微妙、北半球と南半球は渦が反対向きという境界の赤道みたいなものか。
 行きたい人は行くし、行きたくない人は行かない。そこに大上段に構えると難しいね。でも、大上段に構えられる程の人は、一人もいないんじゃないのかとも思う。
 神社も寺院も個人の感覚で行くものだと思っていたけど。
 記帳?したけりゃ勝手にしたら。するもしないも自由なのがこの国のいいとこ。
 まあ、自分の行くことを自分以外に利してはマズイネ、それだけかな。

 野口さんがスペースシャトルでは、顔が浮腫んでくるようで、筋肉が落ちるという。これは、地球の重力が血液を下半身に引き寄せ、重力に抗して動くことが筋力を付ける。
 重力が無ければ、血液循環に上下はないから、全身均等に巡る。すると、地球上で流れていた以上の量の血液が上半身に来て、むくみっぽくなる。
 重力に抗する必要が無くなれば、それだけの筋力はいらない。
 久しぶりに、重力の存在を思い出させてくれた。
 やはり“ニュートンさん”は偉いね。

 来週からは、新卒研修医がくるけど、指導医の思惑はみんな違うね。指導医はもっと営業を学ぶ必要がありそうに思うけど、どうかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

toto赤字

2005-09-29 22:56:08 | Weblog
 予想より段々と売れずに赤字になっていくという。
 人にやらせた賭博の寺銭でもうけを出そうという、発想がチンケだったのだろうね。
 それに、宝くじほど単純でなく、このような試合予想くじというのが、まだ浸透する段階では無かったのでしょう。やり方は、自分で各チームの勝ち負けを決めていくなんて、やってると結構疲れてくる。予想対象が多すぎて、いい加減嫌になると、もうどうでもよくなってしまう。
 このどうでもよくなるっていうのも、ユートピア的だけど、行き着く先は損するだけだからね。
損に気づくと止めるしかない。

 9月末で研修医の交代になるのだけど、今日は外来を一緒にやろうと思っていたのに一人来なかった。
 好意的にみれば忙しかったのか、そうでないなら疲れてしまったのか。
 それほど負担に感じずに、出来ればいいのだけれど。
 それほど攻めてるつもりもないのだけれど、調和を取るのは難しい。
 今は、迷って考えて、忍耐・辛抱しかないけどね。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

首都直下地震対策

2005-09-28 21:14:40 | Weblog
 想定では、約600万人の帰宅困難者という。
 私の勤務するところでも、“地震予知注意報に対する訓練”と称するものをちょっとだけやった。
 早朝の“電話連絡網による連絡”と“勤務地集合”。
 電話連絡は最後の方が、受けた時間を報告するだけ、勤務地集合は連絡を受けたら一部の人だけが直ちに、徒歩・自転車あるいはバイクを使って家を出た時間と到着時間を記す。
 まあ、言うと悪いけど、殆ど形式的な格好だけ。
 電話連絡なら、普通最後の方が最初の方に到着確認の連絡を入れないと何処まで行ったのか、どのルートが途中で停まったのかが判別出来ない。何処の連絡網の組み方に問題が有るのかなどの不備がチェックできない。
 勤務地集合は時間の記載だけなら直ちに行く必要は全くない。
 時間をみるだけなら、交通手段を限定して所用時間だけを測らせれば十分なはずだ。 
 着いた後、「やあ、ごくろうさん」だけなんてやる気をそぐって分からないのかな。着いたら、早く着いた方から、緊急の体制を組んで、来る人々を適切に配置し、いつでも受ける準備をしていく位のことはしないと、“あほくささ”が残る。
 こんな訓練が役にたつかってのは考えるだけ無駄だ。
 あれで学んだはずだ、“この訓練で、イメージできる?”って。
 これを考えた方達は見てなかったかも知れませんね。

 それから、最も肝心なこと。“地震予知注意報”というのはホントに役に立つのかというのも極めて疑問だ。行って地震をいつまで待つの?予知って正しいのかって教えて欲しい。根拠があるなら、それから訓練を考えてくれ。

 今夕、症例カンファレンス(病気の患者の顛末を紹介し、考えなどを話し合って互いの未知を補い共に考える)があった。研修医には“今夜の宿題、質問一つしろ”と言ったのに何も言わなかった。
 私なんて、彼等が発言しやすいように、ちょっと軽いのから普通のまで3回も質問したの、この気持ち通じなかったね。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

所信表明演説

2005-09-27 21:13:23 | Weblog
 野党は色々言ってるけど、所信表明演説はお披露目の“ご挨拶”、襲名披露演説みたいなもんだから、まあ、残念ながら負けた方々は暫く見守ってあげたらかな。
 その“所信=初心”が何処まで忘れずに行けるかを。
 ただ突っ走り過ぎそうになった時の、歯止め役、忠臣はいるかなってのも、ちょっと心配。
 楽天の田尾監督がクビで、来年は野村監督を予定とか。
 田尾さんには、もう少しやらせてあげればと思う。野村さんにはアドバイザー的役割にでもなってもらって。でも、アドバイザーでは辛抱出来ないかも知れない。
 もう一つ、でもって言うと、野村監督は在任中に阪神タイガースは優勝出来なかった。
 それなら、なおさら田尾監督がもう一年やっても良いはずだけど。
 これは楽天三○○オーナーの意見だろうか。

 今日は研修医と先日具合の悪くなった方について話し合ってみた。
 結構率直に考えや考察を言ってくれるかと、期待していたのだけど、遠慮していたのか、今ひとつ淡い回答だった。
 話させるのは難しいね。つい待てなくてこっちから言ってしまいそうになるし。

 この点は、“啼くまでまとう ホトトギス”、しかし、“啼くまで待つと 御愁傷”の事もある。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ベルリンマラソン

2005-09-26 21:12:52 | Weblog
 昨日のマラソンは“N”選手の勝利。TVは18時半から、はじめ少しみて、NHKニュースを見るとスポーツ部門でもう優勝と放送。じゃあ、マラソン放送は生=ライブではなく録画だったのですね、がっかり。
 さらに、“N”選手の周囲はペースメーカー兼ガードマンかもの男子選手達が固めている。体調を整えて、彼等に着いていけば、まず優勝と記録更新も望めそう。
 何か変なマラソン、まるでやらせに近い感じ。これでも日本新記録なら、空調完備の部屋でランニングマシンに乗って42.195km、これでも記録出せそうって思える。
 ドッグレースで、機械のラビット(ウサギ)を追いかけるようなもの。トレーニングの場合はこれでもいいけど、本番はやはりちょっと違うんじゃないの。
 簡単に言うと、面白くない! 

 今日は外来診療を研修医とやった。前にも書いたかもだけど、研修医は「何かあったら、もし、見落としていたら」とつい検査をたくさん、胸や腹のレントゲンも安全確認目的でやろうとする。
 若い方へのレントゲンは極力減らそう。
 話で対象疾患を推測し、身体を診て更に絞り、検査で除外と裏付けを取る。
 みんなの為の安全運転は大事だけど、保身の為が主だとちょっと寂しい。
 学んで頭の中に自分用ペースメーカーを作り、実際の患者さんを追いかけていく。
 目の前の患者さんはペースメーカー(教科書)通りには動かないから、そこで実力を付けていく。
 こんなイメージかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

食道疾患

2005-09-25 21:58:45 | Weblog
 本当は食道悪性腫瘍のことなんだけど、先日タレントの岡○真○さんが長時間の手術を終えて、退院報告を行っていました。
 私は外科医では有りませんけど食道の手術、特に悪性腫瘍は、勿論様々だけど、胸を・肋骨を開くのはかなり大変と考えます。。
 外科医でないのに、知らんことに口をはさむなという声が聞こえてきそうだけど。
 ここはなかなか症状が出てこないし、食べ物の通り道で、無事通り過ぎれば気にしないことも多く、早期発見ってのは難しい。
 年齢を含めて、ちょっと変がやや長いとチェックするしかなさそう。
 岡○さんも出来るなら、あの“財前”教授に手術して欲しかっただろうね。
 折角だから、久しぶりに彼等に研修医教育を考えてもらおう。
 「財前教授、如何ですか?」
 「研修医は、手と頭を繰り返し使う。手術前後には必ず予習復讐。これを繰り返すこと。そして、イメージできる経験症例を増やし、積み重ね、使える引き出しを増やすこと。」
 「里見先生、如何ですか?」
 「書物等で学習し、予備知識を整理して蓄え、患者さんと頭の中のチャートを照らし合わせて追求しよう。決して、あきらめないように。」

 今日はホントに仕事なしの一日だった。夏のイタリア旅行の写真整理、デジカメはメモのように、気楽にやたらに取れるので後の整理はメチャ大変。
 かろうじて順番はOKだけど、場所の確認、不要なのを削除。コメント書き込みなんて、記憶を思い出して時間はかかれど進まず。
 数日以上旅行のデジカメでは、充電器と海外なら変換プラグをもって行けば役に立つ。充電器の裏をみると100-240Vとあるので、変圧器はいらない。
 後はメモリーだけ。でも、気軽に摂りすぎると写真が多すぎてホントに後が困る。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リタ

2005-09-24 21:30:06 | Weblog
 アメリカに二つ目の大型ハリケーン上陸。ここまでは自然の流れ、しようがないよ。
 でも、このニュースを聞いて何か変!100万人以上が避難で、ハイウェイが渋滞、ガス欠。
 突然の地震なら不意打ちだけど、毎年ハリケーンはゆっくり来る。
 日本でも、毎年台風が来る。その度に避難していたら、今頃、沖縄は無人島になってしまっているに違いない。
 日本でも避難勧告はあるけど、古くからの町が無人になるほどのことはない。
 それなら、もっと前から誰も住んでないはずだ。 
 それなのに、どうしてこんなものすごい人数の避難が必要なのかって。一つの街ごと避難し、あとはゴーストタウン。
 毎年のことに備え、準備対策をしてないなんて、やはりおかしい。
 まあ、日本政府が口出しをすると、内政干渉的だし、相手は自称超先進国だしね。
 前にも書いたけど、二回も天からのチャンスがあったのだから、反省し、改善させるか見ておこう。

 今日も朝のうちに出勤、行ったのが早かったためか、研修医はまだ一人だけだった。
 患者さんは昨日より軽快していたので、明日は漸く休みにしよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ソニー赤字

2005-09-23 23:00:37 | Weblog
 先日、ダイエーの礎、中内氏の死去の際、ソニー創業者は自ら退いたと書いたが、そのソニーも大赤字にもがいている。現代では、一時のもうけも長続きせず、常に進化と利潤を調和させないと先端を進んでいけないらしい。
 ダイエーと同じく多角化のつけ、生産業が寂しくなってしまった。
 昔はソニーのテレビは他社のと見ただけで色が違った。
 しかし、携帯音楽プレーヤーでは、見ただけでアップルに負け。iPod に対抗した最初のHDウォークマンなんて、見ただけでダサイ、これがソニー製品?っ、売れないと感じたけど、ソニーの方々は感じなかったのかな。二代目も同様。ソニー柳の下には。ミミズしかいない。PSXはそこそこいけると感じたのに。
 日本の戦後象徴企業の一つがあえぐのは、後押ししてあげたいけど、初代・二代目のHDウォークマンは買う気には全くなれなかった。子供にも勧められない。

 私たちも適度の進歩と赤字減らしを常に考えないとね。
 今日、研修医は2人も来ていたよ。ついでに御家族へのムンテラ(病状や経過、見通しの説明)をし、同席させて聞かせておく。
 明日はどうかな?私は出勤確定。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デイトレーダー

2005-09-22 22:56:07 | Weblog
 株の売買を一日に何回もして利ざやで日銭を稼ぐ、株取引。
朝刊に日に出来高36億株とか、凄い数。確かにその日の内に売買してしまえば、それ程の自己資金はなくても、売買出来るでしょう。
 激しい方は日に10回以上の取引をして、まあ、マネーゲームに興じているように。一日中、パソコン画面を見つめ、瞬間に売り、買いをする。
 まさに、画面内バブルだけど、当然全員が儲かるわけではない。儲かる人がいれば、反対に損する人もいるのは当たり前だろう。
 あぶく銭の追求、働く意欲が落ちるかも。一度でも儲かった人は抜けられないでしょうね。暇も十分あるのでしょうに、妖しい生活。
 私は精々年にほんの数回がいいとこ、それ以上は時間的に付いて行けない。

 今日は中心静脈カテーテルの入れ替えをした。教科書には絶対載らないし書けない、口述伝承の裏技で、研修医に教えてあげようとしたのだけど、時間の都合で来れず出来なかった。勿論、私が自分でやりました。
 この週末3連休は今度こそ休めるかとも思ったけど、昨日の方の元気が今ひとつで明日も出勤確定です。
 研修医には「来い」とは言ってないけど、来るかな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

民主覚醒

2005-09-21 21:45:50 | Weblog
 これは今回の選挙結果に対する“天の声”にも聞こえる。
 余りにもタイミングピッタリで、「民主党よ、覚醒せよ!目覚めよ!」という、まるでシグナルのようだ
 選挙期間中も覚醒剤をもちいて、テンションを高めるなんて最高だよ。
 しかも、秘書もろとも“日本&イラン”の友好通商につくすなんて。
 彼がいつも戦闘的だったのはこのためだったのですね。
 それでも“純ちゃん”には勝てなかった。
 これからの選挙には、ドーピング検査も必要だったのかな。

 今日は目一杯外来で研修医の面倒は殆ど見れなかった。
 でも、研修医と一緒に診ている方が不調でだったのですが、胆嚢が腫れていたのですね。研修医は前から色々と言ってたのですが、私が少し押さえすぎました。
 今回は、結果的には早めに種々チェックを入れるのが良かったのです。
 私のように年期が入ると、つい間引きをしてしまうのです。
 きっと、素直じゃないんですね。

※ 民主と共に私も覚醒出来るでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加