ブラックファイブ

あのDr.ブラックジャックの半分以下なので、ファイブとします。命燃え尽きるまで、経験と知識からブログをやろう。

年度末荒天

2012-03-31 22:23:27 | Weblog
 年度末は天気予報の通りの荒れ模様。
 朝から風が強く、午前中から雨が降り出す見込みというのに、外でテニスをしてしまった。
 幹事の方が、やろうというので、強風の中10名も来て開始したが、予想通りの強風、逆風ではボールは飛ばず、押し返され、順風に乗ればバックアウト、まあ、当ったり前。
 暫くすると、雨が少しずつ降り出してきて、限界近くなり、開始約1時間で全員退去、終わり。悪コンディションで、よくやったよ。
 帰宅後は、週明けの新人研修会の原稿修正。スライド上の文章はかなり短くしたが、ついつい内容をてんこ盛りにしたくなったりの葛藤。今日の分はここまでとし、明日、もう一度見直しで完了予定。

 夕方から、久しぶりの同窓会。
 見てると、折角の飲み放題コースだったのに、みんな飲まなくなった。
 もう、飲み放題はヤメタ方が良さそう。
 電車内、その気で見ると、ぱっと見た方向に五人はスマホ模様がいる。

※ NPB、やはり緊張感って感覚はぬるい、テンポが遅いからかも。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三月末は送別の頃

2012-03-30 23:02:28 | Weblog
 明日が土曜休日なので、自分のいる病院では今日が年度末の送別の日。
 若い頃は、まさに『あっ、そう。また、宜しく・・・』って感じだっけど、年齢を加うるに、なんとなく別れの寂しさを感じるようになってしまった、“年のせい”。
 別の病院に行く若手の医師にとっては、まあ『また、宜しく。』だけだろうけど、退職する方々にとっては、極まる思いがありそう。
 “十年一日”の様でも、その中は個々様々で言い難きモノ。
 でも、昼間から、送別の花束を抱えて、出て行くのは、中身は全く恥ずかしくなくても、一見は恥ずかしそう。
 某師長さんに聞くと、「女性は平気ですよ。」と言われてしまった。

 夕方、某医師から自分の診ている患者さんに連絡が取れないと言われる。
 何とか電話がつながると、別の病院に行きたいと言う。
 どうも、某医師との相性が些か難だったようで、患者さんの心は固かった。
 患者さんの不安の心理を“支えるよ”っという感触が足りなかったかも、残念。

※ 首都圏震度7の想定も良いけれど、今更“何処でも、何でもあり”のハズ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

30代肺炎

2012-03-29 23:10:08 | Weblog
 今日来た30代の患者さん、1週間位熱が下がらないという。
 その年でその熱は、38度前後。普通の風邪なら、4~5日でピークを過ぎて軽くなってくる頃のはずで、そうでないのは,それなり問題があるはず。
 よくよく聞くと、睡眠は3~4時間と仕事が厳しく、肉体的に無理の積み重ねがこの結果。
 「はっきり言ってもイイ?“肺炎”です。無理したら倒れてしまうよ。」
 「・・・」
 「倒れたら、『ご苦労様でした』と言われるだけですよ。」っとカマス。
 言ってる意味はきっと十二分に分かっている様だけど、仕事のノルマの現実は厳しそうで、そこは何とも言えない部分。
 「無理しなくて良いところは、目一杯、手を抜けよ!」と言うのが精々。
 昼前に約束があるというので、それを終えて、午後に抗生剤の点滴に来るように話す。
 午後の点滴中、グ~ッと深い眠りの中、それだけ疲れてる身体。
 それ以上は、何もしてあげられない。

※ ちらっとTV、東京ドームのMLBの緊張感、NPBには感じられない、なんで?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

議論のあげくは会長“一任”

2012-03-28 22:40:11 | Weblog
 国会の方向でも、消費税アップにかけて政党内での会議。
 最後は“議長に一任”、一任とは“お任せします”のハズ。
 だったら、それまでの議論はどうなるのか。一任後の味付け、調味料?
 もしかして、“一任”の言葉の基に御自由にという風にもとれる危うい言葉。
 議論で“するか、しないか。するならどうする。”と、総論からある程度の各論までを決めないと、議論の意義は虚しい。
 ここで多数決を取ろうとすると、「多数決はまずい」という輩が出てくる。
 「だったら、何を持って決めるのか?」「決められない。」
 「どうしたいの?オタクの意見は?」って、ツッコミを入れたくなるけれど、ここまで言うと摩擦が燃えあがりそう。
 でもでも、せめてどうしたいのか位を決めないと、議論の有用性は僅少で消え去るかも。結論はお任せなんてのは、やはり変だ。
 ここで必要なのは、あの“ディベート”じゃないのって思うけど、持つ語彙が少ないと言い負かされそう。
 まあ、対立意見の結末を他に委ねるのは楽だけれど、それまでがちょっと無駄になってしまう。

 今日の予約外来、やや少なめで流れは順調。いつも悪い方はそれなりで、本気を出さないとマズイヨといつも言うけれど、結果はいつも殆ど変わらず、その後はヤッパリと言いたくない。 

※ 米国前副大統領71才が心臓移植、年齢限界はある?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

外の会議も“ん?”

2012-03-27 22:30:06 | Weblog
 連日の愚痴の様な、悪あがきの様な題目になってしまった。
 今日は比較的時間があり、宿題ももがいて少しは進んだ。
 午後、出張先での会議。議長=委員長代理が仕切るんだけれど、冒頭の開会のことばは誰かが書いてくれた文章を読むスタイル。
 こんな格好ってのは誰も“変”と感じないのかよく分からん。
 なんで、“オンザフライ”の活きたままの言葉で言わないのか、古くからの習慣?
 “オンザフライ”でないと、当然、オモローない。
 ・・・と感じたけど、自分も老成し、黙って時間の過ぎるのを待ってしまって、ド○○。この一連は会議ではなく、どちらかというと“儀式”に近い。
 中身に対して、質問はたった1個だけで、「それでは、終了。」とおしまい。
 偉そうには言えんけど、『王様の耳はロバの耳』に近づければイイ。

 入院患者さんは順調に軽快しているが、一抹不安な部分も有り、それは明日の検査で決まる。

※ “AIJ”社長、「最初からだます気は全くありません。」だったら、「いつからだます気になったのですか?」とツッコミをいれたら・・・!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自覚症状はなくても、しっかり“病気”

2012-03-26 23:16:04 | Weblog
 今日はドック健診だったが受診者は少なめで、脳天気後でも余裕。
 しかし、自覚症状はなくても、中身に問題のある方がいて、気は抜けなかった。
 本人さんは、何ともないので、病態を理解してくれるかな? 
 少なめなので、空いた時間に宿題の続き。

 夕方の会議、自分が仕切っている会議の報告があったから出席したけれど、ずっとずっと報告会、今日は質問たった1個だけで議論ゼロ、ホントにみんなはこれでいいと考えている“?”
 自分が仕切っている会議は年に3回だから、今年のノルマはあと2回、“もう、これでいいかな?”

※ 某国国歌に代わって、“パロディ”が流れるのは、どう受けとめる?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

研修会あと1週間

2012-03-25 21:52:07 | Weblog
 4月2日の新人研修会の原稿修正。
 持ち時間は約15分、朝現在スライドは40数枚と多すぎ。
 1枚を30秒から1分とすると、しゃべりまくって30枚。でも、これならまくし立てる展開で、互いにあわただしい感じになり、まあ、20枚辺りがイイトコ。
 整理して、題名の見出しだけのが8枚込みの30枚になった。今日はここまで。

 相撲の春場所千秋楽、関脇鶴竜、優勝の掛かった一番。豪栄道に一気に寄り切られ、優勝決定戦になり、負け。 
 優勝して大関昇進と想ったけど、そこまで優しくはしてくれなかったみたい。

 日中は日差しもあって、屋内では寒さも感じず、春は近そう。
 つい、ふゎぁーっと緩んだままの脳天気、昼の焼きそば、夕のカレーと食べ過ぎてしまった、反省。

※ 近隣“北”のミサイル一発でコメが買えるって、我が国にも当てはまるはず。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夢想反省

2012-03-24 22:48:31 | Weblog
 昨夜の送別会から帰って、未明の脳内。『昨日の送別会で、そんなに飲んだつもりでもないのに、何か些かまずいことを言ったような記憶が蘇ってきた。』
 『マズイ』っと、深層に残ったから、夢に出てきたハズ。
 週明けに確認するのも一つの方法だけど、ぶり返す恐れも有り、知らん顔をしておこう。
 これがアルコール効果で、普段なら『言ったらマズイかな。』っと感じることは口に出さない。だけど、アルコールで抑制の閾値が低くなり、『まあ、いいか!』のレベルが下がった結果のドジ。
 ついでにもう一つ、昨夜の会のパスタ(スパゲッティ)はウドンのような柔らかさで、ゆですぎじゃないの。これは言うの忘れちゃった。

 午後、屋外でテニス少々。雨がちらつきそうだったがなんとかもった。
 しかし、勝率は悪く、鈍くささの結果。

※ 奄美大島沖の漁船転覆、近海に“ジョーズ”もどき?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨の送別会

2012-03-23 23:21:02 | Weblog
 朝のうちは、まだ降らず、通勤はなんとか濡れずに着く。
 いつごろからか雨になり、夕方はしっかりと普通の雨。
 今日の午後は、約70分間しゃべりまくり、なんとなくけだるい疲れ。
 夕方に、入院の方にムンテラ。明日からは土日と連休なので、土日に悶々としても気の毒とやや軽めに話したが、もしかしたら、かえって憶測で悩むかもしれない。
 今日の送別会は送られる方が多くて覚えきれない位。
 送られる方が多すぎて、送る言葉が僅少になってしまったのが、唯一残念。
 でも、送る方も一杯来てくれて、感じたかな。
 一つだけ、食事のパスタ、そんなものと言われたらそれまでだけれど、陸に上がったウドンのようで、フニュフニュの柔らかさ、“えっ”て感覚。
 終わっても、雨が止んでなく帰宅はタクシー相乗りになってしまった。
 
 明日は、雨が止んでたら、夕方テニス予定の脳天気かな。

※ “C”県警、北海道旅行、隠すから更にドジの上塗り。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

CT匙加減

2012-03-22 22:51:04 | Weblog
 今日は新患外来、研修医が来てからも、しっかり病気の人が来るようにと思ってたら二人も来て、それぞれ手間取り時間が掛かってしまった。
 慣れてない研修医、当然丁寧に診察し、時間が掛かるのは承知の上。丁寧な割にあちこち抜けるのは、丁寧さが均等な為。診察しながらの緩急、軽重を入れていかないと搾っていけず、これが練度の差。
 強く訴える患者さんに寄り切られ過ぎないように、後ろから後押し。
 結局、二人とも入院必要で、一人は他科に依頼、一人は自分と研修医で診る事に決定。
 胸部レントゲン写真は撮ったが、折角だからと胸部CTも撮ったら、もっと追求が必要になってしまった。
 ここで研修医の為に、もしかしたら検査しすぎかもと思いながらの胸部CTだったが、結果は撮ってOK。でも、全例にCTはやり過ぎだし、この辺りの“?”っと、感じるか否かが微妙の匙加減。
 研修医が来る前に来た方、インフルエンザBで下火にはなってきているが、ちらちら混在。

 明日は送別会、雨予報。

※ 円高なのに、どうしてガソリン高騰に少しの反映も見えてこない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加