ブラックファイブ

あのDr.ブラックジャックの半分以下なので、ファイブとします。命燃え尽きるまで、経験と知識からブログをやろう。

ヒューザー自治体提訴

2006-01-31 21:56:05 | Weblog
 横浜市が本末転倒とコメントしていたが、さすがヒューザー、転びそうになっても、そのままでは転ばない。
 建築確認をした自治体の責任を問う、そして被った損害賠償請求。
 確かに、本末転倒のイメージは十分あるが、実体不十分の建築確認を今まで当たり前の流れにしてしまっていた自治体側と、それ以外への警鐘にはなろう。
 全部見るのは不可能と、ごくちらっと見て“OK”を出す。
 確か自治体側は、専門家が作った物だからなんて言い訳をしていた。
 それなら、建築確認はいらない、民営化のみで良くなる。
 ヒューザーの言葉を、いい方にとると、そえぞれが自分の分担責任を果たせとなる。
 設計は図面、材料は物品、建築は作ること、建築確認は整合性をとなろうか。
 この後も自治体は全部は見られないと、言い訳をしながら建築確認を出しているのだろうかと、聞いてみたい。
 先ほどの理由なら自己否定だし、そうでないなら確認書の認可は大遅れだ。
 今まで言われなかった自治体の認可責任、裁判所の判決を聞いてみたい。
 もちろん、ヒューザーは確信犯だろうが。

 今日は別の方の鎖骨下静脈穿刺を行った。若いのが、突然言ってきた。
 もちろん、私の前でその人にやらせる。苦渋していたので、2回ほど私が見本の穿刺を見せたが、どうも後に付いてこない。
 長くなったので、後10分だけと制限してようやく入って完了。
 最後は自分の力で入れることが出来たけど、分かったかな、勘の一部が。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インフルエンザ治癒証明書

2006-01-30 22:19:24 | Weblog
 昨日書いた、血管が糸のような方は少し改善。鎖骨下静脈穿刺は回避出来そう。
 その代わり、土曜にわざわざ見に行った方が悪化。一人軽快、一人悪化、こんなもんだね。今夜は寝る前に電話を入れて状態確認、頭元に携帯を置いて寝るしかない。もう夜半過ぎたら、タクシーで行く。自分で運転したくない。
 夕方に入れた、薬が効くことを祈る気持ちが出てしまった。

 インフルエンザは学校によれば、“治癒証明書”を出すようにというようだ。
 昼間、先週24日にここでインフルエンザと診断された方が、治ったという証明がほしいという。もう7日目で元気だからどうでもいいじゃんと感じるけども、それではその方の学校が許可してくれないから書きました。
 インフルエンザで休んだ、全国の小学生から中学生までの全員に“治癒証明書”書いたらすごい数。
 印刷した“治癒証明書”に認印を押すだけでぼろもうけ。
 現実には、学校様々、なんにもいらないところが圧倒的に多い。
 そう、高校以上は殆どない。インフルエンザに罹ったという書類も、治癒の書類もない。精々、その日が試験日で追試を受けるために、インフルエンザで治療を受けたという証明書を頼まれる位。
 この認印を押せというのは、未だに官公庁、学校、大手会社。それ以外は余りうるさくない。もう認印なんて朱色の格好付けだけですね。
 互いがいらないと同意すればいらないはずだ。院内の書類でも押せというのもいっぱいあるし、正直○○○られないド○○だ。
 死亡診断書でも、ずっと前から自署なら、認印不要と決まっている。
 未だに押してくれという、知らない葬儀社もあるけど、説明し、私は押さない。
 でないと、いつまで経っても浸透しないし、変わらない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やはり連日出勤

2006-01-29 21:22:14 | Weblog
 今日は7時に起きて準備して、昨日行けなかったデパートへ。来月、甥の結婚式に行くのでネクタイを買ったのです。古いのはこの前出してみたら、色が変色してたのです。保存が悪かったのでしょう。折角なので、ちょっとタイプの異なったのを選んでみた。
 車でも早く出ると道も空いて、予定よりもうんと早く到着。自動車専用道、半数以上は結構飛ばすね。数回後ろに付かれた。パッシングはないけど、圧迫を感じさせられる。それを狙ってるんでしょう。
 車間距離ってのは、自分で作る物理的自賠責保険みたいなもんですね。
 短いと万一の時に損害が大きく、長いと損害を少なくし得る。しかし、割り込みを食うかも。

 午後は出勤、昨夕別の方が不調と電話、今朝もデパートの駐車場で携帯に状況報告があり、やはり行った方がよいだろうと、午後から行く。
 行ったら比較的落ち着いていたが、点滴。この方は血管が糸のように細く、このまま食べられなかったら、鎖骨下静脈穿刺をせねばならない。
 明日は新患外来で時間がとれない。そうすればあさってしかない。
 もし、明日緊急でやることになったら、どうしたら良いんでしょうか。
 誰かに外来を頼むか、誰かに鎖骨下静脈穿刺を頼むかどちらかしかない。
 きっと、後者は嫌がられそう。この方、前回やった時、きわどかったから。
 この方、研修医にやらせてみるべき ???

 昨日ちょっと書いたけど、全豪テニスの女子決勝戦、エナン選手は肩が痛くて夜も寝られず、痛み止めを多く飲んで今度は腹部障害なんてミジメ。
 これも前に書いたように、こんなときだけ“モルヒネ”を飲めば良い。
 モルヒネは便秘はするけど、胃にはこない。
 練習や試合に常に鎮痛薬としてモルヒネを飲むのは違う。
 決勝戦だから飲んで、その後は当然ながら静養と治療に専念する。
 相手のモレスモ選手曰く、「・・・体調を整えたかどうか。テニスに必要な技術、体力、精神力。・・・」
 残念ながら、ここでエナン選手は負けてしまっていたのでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寒中、忘念って感じ。

2006-01-28 23:01:14 | Weblog
 一昨日に入院された患者さんを診に行ってきました。
 肺炎、ただの肺炎なら行くのはよしていましたが、元に別の病気があり、そういう方が肺炎を起こすと、マイナスからのスタートでしばらくは要注意です。
 休日でやや余裕があったので、患者さんと色々話しこんできた。
 やはり、患者さんは自分のハンデを改善の遅さに加えて気にしていました。当たり前ですけど、人より体力的ハンデがあるとより注意が必要。
 それでインフルエンザワクチンを勧めるのですけど、精々50~80%が良いとこ。
 治りが遅いことは、上昇カーブが緩やかなだけとそっと励ましの言葉をかけて終了。
 ほんとは、今日はデパートに行こうと考えてたのですが、起きるのが遅くて道がこんで、途中で断念し、先に患者さんのところへ行ったのです。
 それで、早めに帰宅し、昼食時にTVで全豪テニスを観ることができました。
 女子決勝戦、エナンvs モレスモ、1セット後半でエナンが負けそう。よく見ると、今ひとつさえなく、ミスが多い。そして、とうとう第二セットで棄権、まあ、TKO負けです。
 そういえば、何年か前にもセレナ・ウィリアムスという、ごついアメリカのテニスプレーヤーも途中で具合が悪くなってよたっていた。
 豪州は南半球のために北半球の方は体調を崩しやすいのでしょうか。
 それ以外の要因もあるかも。日本の選手はそんなことはないから。
 あんな、元気の固まりのスポーツ選手も本番で体調を落としてしまうのですね。
 試合は期待していたので結果はがっかり。TKOではやむを得ないかな。
 あとは雑務整理ばかりの単調な日になってしまった。

※ 曙に勝った、オロゴンさんは日本人にはよく分からない人ですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東横イン・チキ

2006-01-27 22:35:35 | Weblog
 東横は“確信犯”、建築確認後に壊して、別のものを作る。建築確認後に付け加えることもあるけど、これより上、やってはいけない一線を越えるやり方じゃないの。
 ここの方針は、確信犯的犯行のなりたちから、残念ながらあのライブドアの延長線上にある精神と同列ですね。
 ここの社長は、ホリエモンよりもうんと年上でも‘しゃあしゃあ’とテレビに出ていた。この顔は反省なんて全くないね、この精神で今までやって来ましたとしっかりにじみ出ている。
 若い人に、良い見本を見せてくれました。年をとってもズルはやります。

 今夜は抗ガン剤副作用の勉強会があったのです。
早速、あのことを聞いてみました。(1/14)リアップは副作用の脱毛に効くか?
 まあ、予想通り、よく分かりません。発売元に聞いてみますと。
 一般に、リアップは大衆向けで、抗ガン剤はそうでない分、リアップを一段低めにみてるかも。
 でも、効けばそんなことはどうでもいいでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インフルエンザ診断

2006-01-26 22:34:44 | Weblog
 この冬のインフルエンザ診断は結構難しい。
 通常通りの、がっくりと消耗を見せる典型患者はもちろんいますが、熱が37度台と高くならず、咳・痰が出る、鼻水が出るなど、教科書の教えからずれている方がいつもより目立つ。
 これでは臨床診断(患者さんから、話を聞いて、のどを診たりして、検査なしで診断をつける)は、対象が幅広くなりすぎて、ふつうの風邪などと分けられにくく、結局はのどや鼻から粘液をとって、インフルエンザ迅速診断をしないと区別不能な患者さんばかりになる。
 今日も、24日にある若い医師が診察し、インフルエンザ迅速診断で陰性となり、インフルエンザではないと考え、上咽頭・気道の炎症と判断し、抗生剤を出されたが治らないという若い方がきた。
 この若い方は、鼻水がぐしゅぐしゅして、一見、鼻風邪のひどい方に見える。
 しかし、今日は研修医が心配して、迅速診断再検と血液検査の二股の検査を実施し、結果はインフルエンザ迅速診断陽性で、確定診断がなされた。
 24日の診察医は、粘液の迅速診断が陰性で鼻風邪症状が強く、違うと考えたのだろう。今日の研修医は再度疑い検査を下のだろう。
 お久しぶり、里見先生教えて下さい。
「24日にきちんと病歴をとれば、例え迅速検査が陰性でも、インフルエンザを疑うものがあるだろう。それは、年齢の若い方の風邪症状の起こり方と、患者周囲の状況あら、やはりインフルエンザを第一に考えるべきだろう。さらに、今日の場合でも、2日前に出した抗生剤の効果が認められない。若い方に初めから普通の抗生剤の効かない細菌感染が起こる可能性は極めて少ない。それならば、今日の時点で2日前のインフルエンザ診断の誤りを考え、検査なしで臨床経過からインフルエンザを考えてしかるべきだろう。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホリエモン面接試験判定

2006-01-25 22:42:42 | Weblog
 ホリエモンを自民党候補にしたことを攻めるような書き方が目立つ。民主党も前岡田代表が候補にと彼と面談していたのに。
 現実に面接だけで、背景まで知ることは不可能だ。
 人の採用を面接だけでみると、面接演技派は見破られない。
 大学入試でも、色々いわれても、筆記試験を主体に判定すると極めて客観的な結果がでるだろう。100点から零点まではっきりする。
 学校の学習成績だけならテストの平均点でつけると簡単。
 それ以外は評価をすればいい。
 もちろん、国語の文解などでは、採点方法に微妙な差が出てくるが、それでも現実的には、やはり客観的といえよう。
 ホリエモンさんに対しても、一般にはマスコミが書いたり、TVで話したりことしか分からない。
 これを大多数の人が見て考え、判断する。
 マスコミも売れるように書くから、つい乗せられてしまう。
 自分の近くにマスコミが来たことを思い出してみよう。
 記者って、確かに誘導尋問的質問をする傾向もよくあったね。
新聞や雑誌が売れて、視聴率が上がることが結果になっているからだろう。

 研修医の実力、一緒に患者さんを診療すれば分かる。一緒にお茶を飲んで話しただけでは分からないのは当たり前だ。

※ 確かに、前候補者から逮捕者を出したのはまずいが、自民党幹部が粉飾までを疑うのは無理だろう。自分達も粉飾まがいはいつものことだし。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

センター試験リスニング

2006-01-24 22:30:31 | Weblog
 ICプレーヤー不具合で、よく聞こえなかった。
 更に、ICプレーヤーは受験生が持って帰ってよい。即ち、受験生が試験のためだけに、この他に使い道のない機械を結果的に買い取るなんて、何か変、おかしいんじゃない。すごい無駄。
 まあ、IC電子機械産業の振興位にはなるだろうけど。
 こんな試験方法がどうして、お偉い文化科学省の認可を通ったんだろう。
 今までにも、色んなリスニング試験が周囲にあるはずだ。どうして見習わないのかって、こんなやり方は信じられない。
 不幸にも不具合の機械に当たった受験生はホントに不幸だ。

 土曜からずっと寒く、とうとう学級閉鎖が目立ってきた。
 昨日も書いたけど、私の勤務先でもワクチンをうったのに、インフルエンザにかかった人が少なくとも3人いた。

 ライブドアは何があっても、名前は全国区。よく書かれてるけども、買収を狙ってるところもいっぱいありそう。IT産業自体はこれからもっと成長する分野。
 このまま消えてしまったら、名前が寂しい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

05/インフルエンザワクチン

2006-01-23 22:47:41 | Weblog
 今日の新患外来は50人弱と、多くなってきた。この頃の特徴としては、出足は悪い。少なくてラッキーと思っていると、10時過ぎから少しずつ増えてくる。
 そう、朝の寒いうちにはあまり来ないのです。
 日が昇り、少し暖かそうになってからぼちぼちとやってくるのです。
 はじめラッキー、後がっかりです。きっと寒いうちは、家を出たくないのでしょう。
 更に、今日来たインフルエンザ患者さんの中の、二人は確実にワクチンをやっていて、それにもかかわらずインフルエンザに感染し、しっかり発病してしまっていました。
 せっかく、2~3000円余りの代金を払って、発病してしまっては顧客満足度は下がっているだろう。
 ワクチンうって、発病を2回も3回も繰り返した方はワクチンを信用しなくなるかもしれない。
 話は細かくなるけど、ポリオのように生ワクチンでなんとかできないかな。そうすれば発病率はうんとさがる。
 研修医と一緒に外来をやって、年度末にもなれば結構慣れてきているけど、時々何をイメージしてるのか分からなくなる。もっともっと模索してくれ。

 残念、“ホリエモン逮捕”。違法と態度のでかさを検察に睨まれてしまったのか。
 楽天、ソフトバンクは、そっと笑って“棚からぼた餅”を待っていそう。

※ “牛肉・マンション・ライブドア”の3点セット、ぴったりの合わせ言葉になってしまった。早口でいっても、イメージがピシッと決まる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

走れメロス

2006-01-22 21:53:48 | Weblog
 日陰の道ばたはアイスバーン、日中に日差しでやや溶けた。でも、明日も寒い。
 米国農務省某氏曰く、「背骨が付いていても米国内はもちろん、他の輸出先でも問題にはならない」。
 これは違うぜ、日米輸出再開条件で背骨なんかはなしと安全確認を約束したはずだ。
 この条件に“背骨あり”なら、米国農務省がいってもいいよ、「条件は満たしてます」。
 これで、米国の検査機関なんて、日本の大多数の方が秘かに思っていたレベルだった。写真でみると、もろに背骨の縦切りそのままで誰がみてもわかる、一目瞭然。
 検査のいい加減さと肉屋さんのいい加減さがばれてしまった。
 まあ、米・公的機関も偽装に手を貸していたみたいなもんだね。
 “純ちゃん”は国内に向けて『米百俵』の話、ジョージ君に『走れメロス』の話をして約束の大切さを教えてあげてみたら。
 約束にも絶対的なのとやや軽めのもあるけど、今回の国と国とのは前者に近いはず。
 “ポチ”のままか、かなり古いけど“こがねまる”に少し近づけるか、現在の我が国のレベルが理解できる問題だろう。
 米国が日本をどの程度の相手とみているかがわかる。期待しすぎない方が現実だろうけども。
 日本人が米国に行くときは(書き方を向こうの順番に合わせた)英語の紹介状を持ってくるようにいい、米国人が日本に来るときは(米国流の)英語の紹介状を持ってくるのを当たり前としている。
 この感覚の差、そのまんまだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加