部長職のお仕事
管理職としての日々と趣味についてです
 



年間最大イベント、静岡ホビーショー モデラーズクラブ合同作品展からはや1週間。
ようやく写真を整理しながら、振り返り、余韻に浸っていますw

まずは倶楽部ディフォルメ屋の企画展示、オール ガンダム ディフォルメ プロジェクト AGDP。



総勢約40体の主役ガンダムのディフォルメ大集合。
たぶん、この瞬間だけしか見られなかったスゴイ集まりです。この先ももうないだろうと思われる大企画展示。


企画進行、展示設計をされた倶楽部主催者aspさん、台座作製を一手に引き受け、統一感の実現をされた立役者のダイさんのお二人、また機体落ちすることなく全機種を揃えられた倶楽部メンバーとゲスト参加のモデラーさんに対して、倶楽部メンバーとして感謝と敬意を。

今回の展示の特長は、一体一体のディフォルメ作品としての凄さはもちろんのこと、企画展示自体が倶楽部ディフォルメ屋としての大作品になっていたということだと思っています。
モデラーズクラブ合同展示会で数多あるクラブ展示ですが、ここまで一つの作品としてまとまった展示をされているブースはそうは無いのではと思います。なんか凄いことをやってのけたなと倶楽部メンバーとして感無量。

一体一体の作品画像は倶楽部メンバーのブログを見てください(...大汗)
ダイさんが綺麗にまとめられているので、コチラでご紹介。

   一つ目 
   二つ目 
   三つ目 
   四つ目 

私はストライクとフリーダムで参加。レベルが他のメンバーの皆さんの作品に追いついてなくて....ひたすら冷や汗状態。


一般展示分はガリアンとプロマキス、そしてディフォルメ・ズワァースで参加。



記事の後半は特に惹かれた作品をご紹介。すみませんがガンダムネタはありませんw

まずはキャラものから。

いつも楽しみにしているアサヒ倶楽部のYちゃんのダグラムシリーズ。今年は超絶のブリザードガンナー!

その完成度に腰抜かしました。凄いというコメントしかない状態。

続いて、学屋さんのダッガー!

ダッガーのすばらしい廃棄状態とそれを上手くシナリオを乗せるフィギュアとレッグ。もう堪えられません!

タカモーさんのサーバイン!!!

MGダンバインからの改造! オーラバトラー熱が一気にあがる凄い作品です。完成が楽しみ!

アナベル・サトーさんのライネック胸像。塗りの素晴らしさに驚嘆。

ガレキはこういう胸像が良いなぁー

もう一つダンバインの胸像!asaiさんの作品。

渋い塗りが素晴らしいです。

そしてみやっちさんのヴィルビンのビルバイン塗装!!! 
あのウェーブのヴィルビンをビルバイン塗装で魅せてもらいました。素晴らしいです。


つづいてキャラもの以外の作品

今回の静岡HSで一番の収穫というと、これを拝見出来て、懇切丁寧に塗り方を教えていただけたこと。

ピエールさんのNIGHT。アーマーモデリング2017年2月号の作例です。
闇夜の森の焚火を塗りだけで表現されている超絶技巧。
秋のシネマ選手権参加予定しているブロックヘッドの焚火ジオラマ題材。この塗り方を参考にさせていただきたく根掘り葉掘り(?)お聞きしましたが、懇切丁寧に説明していただけて、ホント感謝感激いたしました。キャラクタものへのトライの仕方など、参考になるお話ばかりで、必ず秋には実現するぞと心に誓った次第です。

森の雰囲気が素晴らしい吉成さんの静寂の山村。

作製説明用の雑誌記事(?)も写真撮りまくりましたw
木々の表現がホント素晴らしかった。先の記事も役に立つ内容ばかりで、これもブロックヘッドジオラマに役立てたく。

飛行機の作品そのものも素晴らしいですが、展示の仕方に意表を突かれたのがこの作品。

功労者の紹介記事を額縁に入れて、そのうえに関連の飛行機を置く展示発想がGOODと思いました。
額縁に飛行機を固定して、壁掛けにしたらインテリアとしても素晴らしいだろうなぁーって。
とくにホワイトヘッド氏については、ライト兄弟との動力飛行機初飛行の一番乗りの是非を問いかけるTV番組を見た直後だったこともあり、タイムリーな出会いでした。

展示表現つながりでもう一つ。

機械的シャープさとアナログな組み合わせの展示に心惹かれました。


帆船系でいくつか。
大迫力のジオラマ。雰囲気が素晴らしい!


見てるだけで楽しい帆船群。
そういえば子供のころに切手を集める趣味が流行って、帆船シリーズの切手をあつめてたなぁーって懐かしく思い出しました。


盤上ゲーム用の駒としてのミニチュア帆船模型。

凄く心を惹かれました。こういうゲーム用の駒ってインテリア小物として置いておくのに最適ですね。
解説用の作製記事も写真に撮らせてもらいました。いつかは挑戦したいなー

大阪城落城。

夕日の情景が大迫力。魅せ方って本当に重要なんだと感嘆。


IFの世界を他の解説なしに作品だけで表現。

いつかは私も解説文に頼らずにストーリーを語れるようになりたい。


今年の静岡ホビーショー モデラーズクラブ合同作品展は、倶楽部ディフォルメ屋メンバーとしての参加とともに、特に表現やアイデア探しの場として目的を設定し、見てまわりました。
得るものも多く、またディフォルメ屋の企画展示も大変好評でしたので、本当に満足のいく二日間でした。
また来年も参加できるように頑張ります。

あれ?、そういえば毎回撮っている正面看板を撮り忘れてた(大汗)








コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )


« 静岡HS展示準備3 秋のシネマ選... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (とと。。。)
2017-05-21 20:15:59
レポおつかれさまです。

ボクも正面の看板の写真を撮り忘れたことに、今、気がつきましたww
 
 
 
お疲れ様でした! (みやっち)
2017-05-23 15:36:06
写真ありがとうございます!
ツイッター始めましたよ〜。
宜しくお願いしまーす!
 
 
 
ありがとうございます (ti0719)
2017-05-27 08:35:33
とと。。。さん

静岡HS、お疲れ様でした!
今年は人が多すぎたためか、ついつい撮り忘れましたね。
来年も頑張りましょう!


みやっちさん

静岡HSではありがとうございました。
ツイッターでもよろしくお願いします。
SCMではまた凄いのを見せてください!!!
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。