部長職のお仕事
管理職としての日々と趣味についてです
 



HGUCスタークジェガン、完成です。
私としてはガンダム系のリアル完成品は2012年のゴッグ以来実に2年半ぶり。しかもUC系では2体目(汗)
全然作ってませんね...

このスタージェガン、今年の静岡ホビーショー合同作品展、倶楽部ディフォルメ屋のジェガンコンペに参加する作品として作製しました。

ずらりと並んだジェガン、壮観でした。クラブ間を超えた超絶モデラーさんの飛び入り参加もあり、非常に充実した展示になって楽しかったですねー
皆、ジェガンが好きなんだなぁ。

本企画の発案、推進のペリカンさん、ありがとうございました!
このコンペが無かったら多分作る機会はなかったと思います。とても楽しい企画でした。

このジェガン、作製改修はほとんどなく、基本は塗装のみ。
平行作業してたキャンディ塗装のSDシナンジュとの場所取り問題があり、エアーブラシが使えなかったので、筆塗りでトライしました。
この作品が筆塗り2体目となります。

■RGM-89S スタークジェガン















■作製記

今回、工作加工はしていません。
完全素組です(汗) 継ぎ目消しもしてないところが多数(大汗)

塗装のみ勝負作品ですw
と言いながら塗装の入れレシピも適当です...w
 
ガイアのニュートラルグレー1とクレオスの暗緑色を適当にその場その場で混ぜて塗っていくのをベースに、タンやオリーブドラブや(クレオスの)ニュートラルグレーを上から置いていきました。

胸部とかスラスターの黄色はタンを採用。クレオスです。

色を重ねていくので結構表面がガタガタになったりしましたが、あまり酷いところはスポンジヤスリで軽く剥いてやって塗り直しました。
結果、筆塗だけど結構平滑な面になったりして、面白い感じになったと思います。

汚しはエナメルの茶系でウオッシングした後で軽く半光沢をクリアを吹いて、上からMr.ウエザリングカラーのサンディウオッシュや同グランドブラウン
を使いました。


■あとがき

状況に迫られて筆塗を採用した作品となりましたが、MSにも筆塗りが合うんだなぁーと再認識出来ました。
陸戦系MSで一度きちんとやってみようかなーって思ってます。

ジェガン祭り、楽しかったー



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




SNS「模型大好き」のジャブロー企画に参加し、作製したゴッグです。
ブログを見ていただいている皆様にはすでにご承知の通り、普段はSD作製がメインで、めったにリアル系は作りません。
リアル系ガンプラ作製実績は、ガンプラ再開後、ブログにUPされていない分を含めてもたったの3体、しかも全部00関連で、U.C.系の完成はナシ!
実はゴッグがU.C.系で初めての完成品だったりします。

このゴッグ、HGUCでも最初期のキットだけあり、今の水準から見るとかなり厳しい内容。しかもデザインが単純なので、ディテールや複雑さで誤魔化せないキット。
実はかなり難しいキットなんだと作ってて思いました。メリハリ出すのが難しいー

ゴッグは1st放映の初登場時、あのヌッと出てくるシーンが衝撃的で、いまだに水陸両用MSというとズゴックより先にゴッグが浮かびます。
なので、ジャブロー企画の機体選定の時もゴッグが残っていたので、躊躇せず”総監督”にお願いしてこれを担当させてもらいました。


簡素過ぎるキット構成、仮組してみるとなんかイメージからかなりかけ離れていることから、地味ながらあれこれ手を加えてみましたが、やっぱり”地味”(汗)
一応初品記念という事で、あまり中身が無くて申し訳ないのですが、UPさせてもらいます~


■MSM-03 ゴッグ



沢山写真を撮りましたが、これが一番いいかな。
いかに写真写りが悪いか、お察しください(滝汗)






ゴッグお約束のポーズですが、映像の再現は絶対無理。自由自在に曲がる装甲が必要。
手に持っているのはHGUCガンダム30thの付属のガンダムハンマーです。
これじゃまるでお手玉かソフトボール??? MG付属のハンマークラスでないとゴッグの手の大きさには合わないかー


迫力ないなぁー

何の変哲もない作品ですみません(滝汗)
リアル系はこういう機会が無いとなかなか作れないので、無理やりUP。
半ツヤ仕上げになっていますが、これは企画の都合上。 ”総監督”が汚しを入れて、100倍カッコ良くしてくれることを期待してます~


■作製記

作製記も何もあったもんじゃないのですが、うちのブログの完成品のお約束ですので、お付き合いください。

まずは素体から。

非常に微妙な出来です。良くも悪くもない。でも全然物足りない。昔見た1stのゴッグとは明らかに違う。何をどうして良いか良くわからない所が難しいー そんな印象のキットでした。
とりあえずインストにあるカトキさんのゴッグ設定画(こいつはカッコいい)と見比べて、改修ポイントを整理。

①頭部形状の変更:モノアイカバーの形状変更、モノアイレールの幅変更、口(?)もとの尖がり加減変更、モノアイレールと頭部装甲の距離感変更、などなど

②胴体の変更:厚みが圧倒的に足りない。胸部ラインも素直すぎ。

③肩アーマーの変更:キットは長さが短い?

④爪:定番工作の尖らせ加工

⑤あとは何をいじったらゴッグになるのかわからん...(汗)


1.頭部

 頭部ですが、まずはモノアイカバーを前方向に延長し、角度を変えました。
 またモノアイレール上部には0.5mmプラ板を貼って、モノアイレールの幅を細めにして、目つきが悪くなるようにしています。
 さらにモノアイレールの下部正面、左右からの接合点をいったん切り離し、少し尖るようにプラ板を足して、小細工しています。
  
 
 横から見た画像です。
 
 モノアイをキットのシール構成から市販丸バーニア+Hアイズに置き換えるため、頭部内部パーツと外装の間に隙間が必要なこと、後述のように胴体を前後延長するため、頭部も幅増ししておく必要があることから、1.2mmほど後頭部を延長しています。

 比較のために元のキット頭部画像を。
 

 ゴッグはモノアイレールが広く、中が良く見えます。そこに何もないと流石に寂しい&厳しいため、プラ板を張り付けて、モノアイ可動レールぽく見えるようなディテール(?)を入れました。
 

 画像はありませんが、モノアイは、ベースに市販丸バーニア、レンズにはHアイズを使用し、出来るだけ薄く削り込んでいます。
 

2.胴体

 元キットは前後幅が薄く、ゴッグの丸々としたイメージが出ていません。スマートすぎのため、貼り合わせ面にプラ板をはり、前後に3mmほど厚み増ししています。胸部、腹部、腰ともに同じ量の幅増しを実施。
 
 また胸部のボリュームはさらに不足している(のっぺりしている)ように見えたので、エポパテを盛りつけて、かなり強調しました。


3.肩部

 カトキさんの設定画はかなり肩が張り出しているのですが、水中巡航状態(手を肩口に引っ込める形体)再現のためもあるのか、キットの肩はかなり小ぶりです。
 また、胴体を3mm程幅増ししていることから、キットのままでは使用できないので、長さと厚みの両方を増す加工をしています。

 くさび状に厚み増し。肩口で2mm程長さ増ししています。


 さらに途中の切り返しのところで、プラス長さを約2mm増し。
 

 ここの作業、適当にやり過ぎたので、キットの元の形状が崩れ、ガタガタになりました。
 結局エポパテでつじつま合わせしましたが、正直、左右のシンメトリーは出ていません。
 見る人が見れば、なんじゃこれは~ という出来です。もうちょっときちんとラインを決めて、左右正確に分割して作業すれば良かったと後悔&反省。


4.爪

 定番の尖らせる作業。10本もやると飽きます。
 向かって右が加工後。これ以上尖らせるのは飽きっぽい私には無理ー



5.その他
 腰のフンドシも少し薄く感じたので、プラ板1枚を貼って厚み増ししています。
 また腕が若干短く感じたので、捨て値で売っていたゴッグをもう一体買って、フレキシブルジョイントを1関節分追加しています。
 

6.工作完了



7.サフ

一度サフを吹いてから、加工痕がめちゃめちゃあることが発覚。肩なんかは思いっきり凹んでるし...結局5回くらい、サフ→修正(エポパテ盛り含む)→サフを繰り返しました。
基本技術が出来てないと、ホント苦労しますね。もっと修行しよう。


8.塗装

ゴッグは表面積が広いので、本来は多少なりともグラデーションを入れてメリハリを出すのが正解なのでしょうが、企画の趣旨から、ベタ塗+半ツヤで仕上げています。
また”総監督”のところで手を入れ易い様に、瓶直塗りになっています。
(なんて、グラデーション、調色無しの言い訳に使わせてもらっていますー すみません)

本体茶色 :クレオス マホガニー
本体黄土色:クレオス ダークイエロー
濃いグレー:クレオス ジャーマングレー
薄いグレー:クレオス MSグレージオン系



■あとがき
9月半ばから始めたゴッグ、本当は10月半ばで終わる予定でした。途中、レプラカーンやったり、レプラカーンやったり、レプラカーンやったり...(汗)で、なかなか進まず、11月半ばの完成となりました。
それでも年内に締切に対して、早めに終わったので、”総監督”にダメだしされても修正する時間はあるぞっと...そうならない事を切に願いますー

今回の反省はあまりにも加工が適当過ぎたところ。SDであれば大きさも小さく、かつ密度もあるため、ある程度のところで誤魔化せる(!)のですが、リアル系は表面積が広いのでそうもいかず、表面状態が凄く目立ち、結局サフを吹いてから何度も表面処理をやり直しました。やはりリアル系をやれる一定レベルでの基本技術は大事なんだと痛感。
こういう機会が無いとなかなか食指が動きませんが、今後もリアル系に積極的にトライしてみたいと思います。

これで一応、肩の荷が下りましたので、SDバスターを進めて行こうと思います。








コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




SNS「模型大好き」中部連合の新年会用に作製したティエレン宇宙型です。

新年会に中部連合の皆がこれを持ち寄るという企画に向けた作製でした。
作製そのものは新年会以前にちゃんと完成していましたが、新年会の数日前からかなり大きいクレームが発生し、その対応のために肝心の新年会には参加できませんでした(涙)

ただし中部連合のメンバー+別地区連合メンバーの作品をあわせて別途集合撮影が実施される予定で、昨日、当機体を発送いたしました。


震災の復興作業がまだまだこれからの状況、また、あちこちで救助、救援活動がそれこそ命がけで行われている現在、このような記事UPはいかがなものかという意見もあろうかとは思いますが、少しでも明るい話題を提供するという観点から公開させていただくことにしました。


さて、このティエレンですが、実はリアル系ガンプラをキチンと作製、全塗装で仕上げしたのはこれが最初の作品となります。
SD系は沢山作製していますが、リアル系はFSSやオーラバトラーの作品が数品UPしているだけ。いわゆるガンプラのリアル系においては正規UPはひとつもありません。というか、リアル系ガンプラをそもそも作っていないので...
SDモデラーがリアル系を作るとこうなる、という実例です(汗)
リアル系モデラーさんがSDを本気で作るととんでもないハイレベルの作品が生まれるというのは周知の事実ですが、逆もまた真なり、とは行かないようで...(滝汗)




■ティエレン宇宙型

























■作製記

下の写真はキットのパチ組状態です。
キットはプロポ、バランスとも良好な好キットのようですね。




作製に当たってはティエレンの定番工作を行いました。

まずはタンクの後ハメ工作。
脚のパーツをぶった切っただけです。




続いて太もものつなぎ目の段落ち処理。
これをやっていおいたので、ひざ関節の塗装がばらした状態で行えるので楽でした。




背中のランドセルのディテールをヒケ消し処理の際に落としてしまったので、それをプラパンで適当にアレンジして復活。
筋彫りと簡単なディテール追加もしています。




モデグラのバックナンバーからティエレン宇宙型の作例を引っ張り出し、作例を参考に同じようにピンバスによる穴ディテールの追加を行いました。
あと適当にプラパンでディテール追加。

参考にしたモデグラのティエレン宇宙型の作例担当は誰でもご存知の超大御所様。穴あけひとつ取っても、とても同じようにいきません。
POOH熊谷さんのあのティエレン宇宙型はほんとカッコいいなぁー






サフ画像です。




■塗装&デカール

塗装も同じくモデグラ作例を参考にトライしましたが、似ても似つかない色合いとなりました。

本体ブルー:紫色に青と大量の白を投入。青紫パステルという感じです(写真ではうまく再現されていません 汗)

関節、バーニアグレー:ニュートラルグレー

本体オレンジ:オレンジ

タンクグレー:ライトグレー

火器グレー:ニュートラルグレーに適当に黒追加

TOPコート:つや消し


完成品画像は水色の青に振ったような色合になっていますが、実際はパステル調の青紫です。いやぁ写真で青系を写すのは難しいですね。


デカールのうち一番目立つのは”鉄人”の部分ですが、「模型大好き」のメンバーであるしまさん手作りのデカールで、今回のイベント用に作製・配布いただいたものを使用しています。
”中部人革連”デカールも同様です。機体に違和感なくマッチしていて、そのセンスがスゴイ。




■あとがき

リアル系ガンプラを初めてちゃんと作った感想ですが、リアル系も面白い、ですね!
ティエレンは優秀キットのようで、何のストレスもなく気持ち良く作ることが出来ました。
SDを作るときは、切った貼ったがてんこ盛りの、ある意味でキット全否定とも受け取られかねない作製になるのですが、リアル系の優秀なキットをそのキットの良さを楽しみながら作製すると言う、本来のガンプラの楽しみ方の王道を今回経験出来たと思います。
また機会があれば作製してみたいです。

なお新年会の機体集合の状況はこちらから(「模型大好き」のとと。。。さんのブログ記事です)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )