部長職のお仕事
管理職としての日々と趣味についてです
 



昨日の記事で次のネタを公開しましたが、さっそく少しですが検討を始めました。

もとのBB戦士です。
なかなか良くできたキットです。



このまま仕上げても結構カッコ良く出来上がると感じてます。
が、やはり手を入れたくなるもの...どうやって行こうか、検討開始です。
作製の方向性をあれこれ練る段階、実はここが作製過程で一番楽しいのかもしれません。


今回の作製で障害になりそうな点が、FA78-1は現時点では手元にあるベースキットがBB戦士だけということ。
FA-78-1はHG系では出ていませんし、MSV1/144も手元にありません。
HGUCのFA78-3は一応は買ってあるのですが、多分使えないかな-
BB戦士をベースにプラパンの本格的切り貼りと言う、また私にとっては新しい工法へのトライとなりそうです。


さて、実際の検討ですが、モチベーションをあげるため、まずは頭部の検討から入りました。
BB戦士の、通称”中の人”(=RX-78-2)はよく出来ていて一般の評価も高いのですが、個人的にはフェイスが可愛い過ぎで、少し物足りません。

どうやって手を入れようかと思案していましたが、とりあえず手元のRX78系の頭部を比較する事にしました。



フリーダムはおまけです(かなり好きなフェイスなので、比較のため)


”中の人”のUP


ヘルメットのひさしのラインが丸く、隈取の範囲が狭く、目の部分が広いので、かなり可愛い感じになっています。


NT-1アレックスのUP



”中の人”に比べると隈取が深く、精悍な感じがします。
従来であればアレックスと”中の人”のミキシング、またはどちらかを好みで改修というのが正解かなと。


ふと、そう言えばと思い出して、急遽購入したOガンダム。
正確に言うとRX78系ではないですが、ファーストのオマージュであることから、使えるかも、検討に入れました。



個人的にはメチャメチャ良い!
隈取も深く、目も精悍。ヘルメットのひさしもシャープ。

バルカン砲が無いのと(今まで知りませんでした)、左右ダクトの形状が若干RX78-2と異なるのが難点ですが、改修して使用するだけの価値があります。


急遽、Oガンダムの頭部を利用して仮組み開始。

向かって左がフルアーマの”中の人”状態
右が、頭部が0ガンダム、胸部がアレックス、腰部が”中の人”のミキシング。





個人的にはこの組み合わせ、めっちゃ良い感じなのですが...


さらに勢いで、HGUCガンダム30thの腰を付けてみました



フンドシ、スカートの幅増しをしてやれば、リアルSD系でもだいぶいけそうな感じ...この方向でGO!

ここでふと思い出した事。

これから作るのはフルアーマーガンダムであって、”中の人”では無いと言う事(汗)
アーマーを着脱できるようにするなんて恐れ多い事はしません。アーマースタイル固定です。
よってあまり”中の人”に拘っても仕方なし...(汗)

だって参加するコンペは、





コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )




静岡ホビーショーの合同作品展から2週間- 時間が過ぎるのが早いですね-
出展したSDキュベレイの作製記も先週UPしましたが、多数の暖かいコメントをいただき、本当にありがとうございました。



さて、次のネタですが、現在、二つ予定しています。
うち一つは...


(急に取り囲まれる) 「おめでとうございます~ 貴殿が次のネタに選ばれました! パチパチ」 




「えっ?!」 ズン~ズン~ (さらに取り囲まれる)




「さぁ、改造手術の開始だ!」





と言うわけで、次のネタは「フルアーマーガンダム FA-78-1」です。



BB戦士としては、なかなかにカッコ良かったりします。
かなりの良作キットかと。
アーマーを被せた状態でも破綻させずに上手くまとめてありますし、通称「中の人」(RX-78)もそれなりの出来です。

ボリューム的にはBB戦士ZZと同じくらいあります。



と言う事は、改修完成時にはこのZZクラスのボリュームになるかも。
かなり手を入れる事になりそうです(手を入れ甲斐があるとも言う)




なぜフルアーマーなのか...それは大砲を積んでいるから...
大砲と言えば、あのキャノンコンペ...せっかくの機会なので参加しようと思います(汗)


もの凄い豪華な面子。参加表明だけでも冷や汗モノです。

コメント ( 11 ) | Trackback ( 0 )




SDキュベレイ、完成しました。

5月15日、16日に開催された、静岡ホビーショー「第21回モデラーズクラブ合同作品展」に出品するために、大突貫で作製しました。
なんとか開催に間に合い、無事(?)「倶楽部デフォルメ屋」から出品する事が出来ました。

作製開始は3月末、途中ザク06Rとの並行作業だった事もあり、実質1.5ヶ月での作製でした。いままでの最短です。
工作そのものは比較的順調でしたが、塗装段階に入ってからトラブルの連続。
本当に静岡に間に合うか冷や汗ものでした。
今期のGWもすべてこのキュベレイのためにつぶし、かなり胃が痛くなる思いもしましたが、作製前後ならびに合同作品展では皆様から暖かいコメントを沢山いただき、突貫で作製下した甲斐があったと感じています。
ありがとうございました。


■ AMX-004 QUBELEY































塗装後の最終組付け中に頭部を落してしまうという大トラブルにより、鼻先が折れて、再接着しています(見苦しくてすみません)。
名誉の負傷と言う事で大目に見てください(汗)



■作製記

1.スタート

 SDキュベレイのベースとなるGジェネ-キュベレイです。



 これはちょっとここままでは使えませんでした(汗)

 Gジェネからは頭部のみ部材として流用させていただく事にして、胴体などのベースはHGUCを使用しました。
 また脚部は1/220旧キットを使用しています。

 以下が作製に使用したキットです。




 組み付けるとこんな感じ。



 先は長いです...



2.頭部
 
 顔が命のSDですから、頭部は重要です。
 個人的にはSDの印象を決めるのは、極端に言うと顔が70%、八の字立ちバランスが30%、以上終了...と思っています。
 SDは1/144~1/220程度の胴体に、1/60相当の頭部がのっています。 1/144や1/100でも凝れない頭部に存分に手を入れられるのはSDならでは、かと。
 

 さて、Gジェネ頭部を少し加工が進んだ胸部(胸部の工作については後述)にのせてみました。

 Gジェネ頭部はかなりデフォルメされています。
 このままでは自分のSDのイメージ合わず、使えないので加工します。
 ・顔幅が広すぎ
 ・ノーズのデフォルメが行き過ぎ
 ・ツインアイ部分が広すぎ
 という印象。
 さらに正面から見ると新幹線(?)なので、上記部分を中心に改修しました。




 まずは顔幅を狭めるために、頭部左右を適当な位置で切断。




 幅詰め作業を行うとともに、ツインアイのレール(?)部分を削除しました。




 貼り付けた左右ブロックを適当に削り込み、さらに頭部前部を切り離して作業性を向上させるとともに、内部にツインアイ固定機構を入れられるようにしました。
 



 ノーズをエポパテで延長。2度修正しています。また後頭部もGジェネのままでは短すぎるので、プラパンで適当に延長しています。
 頭頂部分もパテで裏打ちして、イメージに合うまでかなり削り込みました。



 内部にツインアイを仕込むとともに、ノーズつけ根~先端までをシャープに加工...これが後に悲劇を生みます(汗)

 

 塗装後、最終組付け中に頭部が落下。ノーズ先端が折れました(涙)。
 完成品UP画像で先端が変なのはそのせいです...静岡ホビーショーの合同作品展に間に合わなかったので、そのまま再接着しています..(滝汗)

 結論:エポパテは折れる   当たり前ですが...


 内部のツインアイ固定機構は下の写真の通りです。
 適当なジャンクのBB戦士ガンダム系のフェイスを加工して前頭部に固定。Hアイズの上部をぶった切って半眼にしたものをそれに固定しています。





3.胴体

 胴体はHGUCキットを流用しています。
 
 キットのままの仮組みです。
 


 ちょっと上下がSDに使用するには厚いのと、左右にある動力パイプ受け口のブロックがGジェネの頭部と干渉して頭部が持ち上がり、全体に頭身を上げてしまうので、この辺りを中心に短縮加工を行いました。


 短縮加工は左右ブロックを中心に行うため、ブロックを3つに分割しました。




 分割して切り出した左右ブロックをさらに3分割し、各部分で短縮加工。




 それを再組み付け。



 このあと2度ほどさらに左右ブロックの上下を削り込み、厚みを減らしています。

 また写真にはありませんが、中央ブロックには腹部を固定する機構があり、ここを加工することで、腹部の胸部へのもぐりこみ度合いを調整しています(腹部短縮と同等効果あり)。

 腹部は上下に切断し、内部のPCが許す限り切断面で上下を幅詰め。また上部下部も削り込んでさらに短縮化しています。




 胸部の肩(腕)の受け部分は、HGUCキットのままだと肩を上下に動かせないので、ボールジョントの受けに変更しています。
 作業内容が汚いので写真はありません(汗)
 
 またキットのエネルギパイプは軟樹脂で出来ているため、加工すると毛羽立ちがひどく使い物にならないので、平たいエネルギパイプはプラパンで生成、丸いエネルギーパイプはスプリングで表現する事に変更しました。
 さらに胸部前面のシールドはプラパン+エポパテで大型化しました。





4.腰部

 作製中の胴体と腰部を接続。


 
 フロントスカートの位置が下過ぎるのと、左右スカートの位置もいまひとつなので、取り付け位置を変更しています。


 フロントスカートは上部のUの字のカーブを変えるとともに、取り付け位置を上へ。




 左右スカートは、キットの取り付け軸を切り飛ばし、上目に付くように軸位置を変えました。



 
 また写真にはありませんが、脚部の固定のために股間の接続軸は切り飛ばし、市販のボールジョイント受けを腰部裏側に取り付けています。



5.腕部

HGUCのままではさすがに長いので、上腕、前腕ともに適当に短縮しています。


 
 前腕はこのあと、もう一息短縮しました。

 また、胴体の胸部の部分で触れたとおり、肩を上下に稼動させるため、胴体にボールジョント受けを仕込んでいます。写真はありませんが、これに対応する形で、肩の胴体への取り付け軸をボールジョント軸に変更しました。



6.脚部

 脚部は1/220旧キットの膝下を使用しています。
 大きさのバランスがSDにぴったりだったので、今回はずいぶんと楽が出来ました。

 旧キットが主体ですが、膝アーマーだけはHGUCのパーツと変更しています。
 


 脚部内部にボールジョイントの軸を通して、腰と足を接続しています。
 この軸と脚部の固定機構を内部に取り付けています(加工が汚いので写真はありません-汗)


7.足

 旧キットをベースにしましたが、つま先がぼんやりした印象だったのでこれを切り離し、HGUCパーツへ変更しています。  



 
 足軸との取り付けのため、旧キットの足の固定用PCをBB戦士の脚部ボールジョント受けのためのPCへ変更しました。
 分かり難い写真ですが、左が旧キットの受けの機構。右がボールジョイント受けへ変更した後です。




 さらに接地性を高めるために、踵とつま先のパーツをボールジョイントでつなぎました(これはやり過ぎかもしれません...不要だったかな)




8.手

 HGUCパーツを使用していますが、キットのままだと左右同じ形で指にポーズがつけて有り、そのまま素立ちに使うと違和感があるので、パーツに切れ目を入れて指の形を変えました。
また指先をナイフで削りこんで細くしています(軟樹脂のためペーパかけが出来ませんでした)





9.全身

 頭部はかなり加工しましたが、胴体と脚部、足のパーツは、HGUCと旧キットの相性が良く、それほどの変更なしに使用できたため、ずいぶんと楽が出来ました。



 上記写真は手の加工の前の写真です。



10.塗装

 キュベレイといえばパール塗装!なので、最初は何も考えず、クレオスのホワイトパールを使用して、パール塗装に挑戦しました。
 いざ塗ってみると、色は黄味かかっていてあまり綺麗では無いわ、厚塗りしすぎてあちこち塗装割れをおこすわと散々な目にあいました。
 
 最終的にはパール塗装は諦めて、塗装割れした部分をペーパがけで再処理し、グロス塗装に切り替え。
 ホワイトによる初めてのグロス塗装を行いました。

 色決めはHGUC塗装指示を参考に適当に行いました。

 ホワイト:ガンダムカラーホワイトNo.5
 胸部、脚部の赤紫部分:クレオス パープル+レッド+キャラクタブルー 比率適当
 胸部、腕部のピンク :クレオス 蛍光ピンク+レッド+パープル+ホワイト 比率適当
 各部スリットのピンク   :タミヤエナメル ピンク+赤 比率適当
 肩ダクトのブルー :ガンダムカラーブルーNo.11
 関節、バインダ内部機構 :クレオス ニュートラルグレー

 トップコート :クレオス スーパーコート光沢 Ⅲ
 
 仕上げはコンパウンドの粗め+細目です。

 グロスの磨き処理もよく知らないまま適当でした(汗)



■あとがき
 
 冒頭にも書きましたが、かなりの突貫作製で、まだまだ粗も多い作品です。
 それでも静岡の合同作品展では「倶楽部デフォルメ屋」のブースへお越しいただいた皆様に多数の写真撮影をしていただいたり、ご感想をいただいたりと非常に嬉しい結果となりました。 本当にありがとうございました。
 今年も「倶楽部デフォルメ屋」での出展を誘っていただいたaspさん、デフォルメ屋の皆さん、ありがとうございました。
 また突貫作製中に暖かいコメントをいただいた皆様方、ずいぶんと勇気付けられました。
 お礼申し上げます。

 
 次回ネタは現在部材仕込み中です。近日公開できると思います。


 最後までご覧いただき、ありがとうございました。
 

コメント ( 22 ) | Trackback ( 0 )




静岡ホビーショー「第21回モデラーズクラブ合同作品展」が終了しました~
キュベレイを間に合わせるために突貫工作を行いましたが、何とか間に合い、ブースに並べる事が出来ました。
今回もaspさん主催の「倶楽部デフォルメ屋」から出品させていただきました。




今回の参加で一番感じたのは、SDの認知が進んでいる事 - 三国伝効果も大きいですね - 普通にSDが受入れられる雰囲気になってきています。嬉しい事です。
今後、こういう展示会にもSDカテゴリの作品が増えて、同好の志が広がる事を願っています。

「倶楽部デフォルメ屋」はデフォルメを前面にうち出した、ある意味特異な集まりですので、展示内容も主義主張がハッキリしていてわかりやすいブースだと改めて思いました。
来年は参加モデラーがもっと増えると良いですね。

最後に参加メンバーの作品を順不同でUPしておきます(ピンボケ写真ばかりで使える写真が殆ど無い- 泣)
皆さん、ありがとうございました!

















コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )




いよいよ明日(今日?)、静岡ホビーショー「第21回モデラーズクラブ合同作品展」です。
会社の飲み会から帰宅し、ちょっとふらふらしながら最終準備が先ほど終わりました。
明日は5時起きです。

昨夜も作品の梱包を進めてましたが、梱包途中に、先般折れたノーズの先端が折れて、夜中に再修復していました。
ここまでくると涙も出ません。とにかく無事に開幕、撤収を迎えられるかが最大の関心事です。

静岡ホビーショーお越しの際には、是非「第21回モデラーズクラブ合同作品展」にもお立ち寄りいただき、「倶楽部ディフォルメ屋」のブースをのぞいて頂ける様、お願いいたします-




コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




5月15日からの静岡ホビーショー「第21回モデラーズクラブ合同作品展」に向けたSDキュベレイの作製ですが、ようやく間に合わせる事ができました。

完成したてホヤホヤです。
作製記含めた完成写真のUPは、合同展示会の次の週末になる予定です。




当初パール塗装を狙っていましたが塗装中にひび割れが入ったり(気を取り直してグロス塗装に切り替え)、塗装が終了し最終組み付けに入ったら、組み付け中に頭部が落下してノーズが折れたりとか、まぁ後半はトラブルだらけでしたが、なんとか完成できてホッとしました。


追い込み作業でだいぶまくりましたが、それでも準備の予定がずいぶんと押しています。

展示用のPOPや作製冊子なども準備する事になっており、これらの作成を行わないといけないのですが、残り時間は今日、明日と明後日のみ。
しかも明後日は外せない会社の飲み会。さらには15日は朝一番の新幹線のため、実質、今日これからと明日しか時間がありません。
当然梱包もやらないと行けないので、ちょっと時間が足らないかなぁ-
展示ベースに機体紹介のシールを入れたりしたかったけど、今回はパスかもしれません。

とりあえずこの後に風呂に入って、そのあとビールを飲んで考えます。


静岡ホビーショー「第21回モデラーズクラブ合同作品展」
日時:2010年5月15日・16日 9時~17時(18日は16時まで)
会場:ツインメッセ静岡 (静岡市駿河区曲金3丁目1-10 TEL:054-285-3111(代))
展示:倶楽部ディフォルメ屋

ZZ,06R、キュベレイの新作展示予定です。合同作品展にお立ち寄りの際はブースを覗いていただければ幸いです。
aspさんのAOZ TRナンバーコンプリートも楽しみです。

コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )




静岡ホビーショー「第21回モデラーズクラブ合同作品展」まであと1週間になりました。
今年もaspさんにお誘いいただき、「倶楽部ディフォルメ屋」から出品展示させていただきます。

今年は静岡展示会への新作として、

・昨年秋のモデサミに出した、ZZガンダム

     

 
・最新完成作品の高機動型ザクⅡ06R-1A

     


・現在突貫作製中のキュベレイ(一応、展示会に間に合う見込みです 汗)

     


を持ち込むつもりです。

その他、昨年も出品したSEED系、UC系ガンダムチームも展示させていただきます。



下の写真は昨年の様子です。

     


「倶楽部ディフォルメ屋」でご一緒する皆様の作品も素晴らしい作品ばかりですので、静岡ホビーショーお越しの際は、是非合同作品展のブースにお立ち寄りいただけると幸いです。

静岡ホビーショー「第21回モデラーズクラブ合同作品展」
日時:2010年5月15日・16日 9時~17時(18日は16時まで)
会場:ツインメッセ静岡 (静岡市駿河区曲金3丁目1-10 TEL:054-285-3111(代))
展示:倶楽部ディフォルメ屋




コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




今期のGW、最後のUPです。

キュベレイ、なんとかサフまで終了。現状、静岡に向けてオンスケです。




朝から、捨てサフ→再度整面実施→サフ→修正→サフ→修正→サフ→完了でこの時間になりました(汗)
一気にやったのでさすがに疲れました。

今、サフを吹いたキュベレイを見てビールを飲んでいます。
今日はここまでかなぁ-さすがにベースのホワイトを吹く気力がもうありません。
とりあえず静岡は見えたかな。今週末の天気がポイントですが。(→一気に塗装の予定)

さて、GW中、終始頭がキュベレイだったので、そろそろ頭を通常モード→仕事モードに切り替えないと。

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




GW最終日になりました。5日間もあっという間ですね。木金と会社に出るとまた土日で休みなのですが。
今回のGW、キュベレイの追い込みであまり休んだ気がしてないのは贅沢でしょうか...結構、プレッシャだったりして。

さて昨日のキュベレイの作業ですが、午前中は持帰り仕事、午後は外出と時間を取られ、作業開始は夕方から。ただ夜中までぶっ通しで頑張りました。

まずは改修作業の残りとして手の形状変更を実施。

手はHGUCキットのパーツを使用しますが、キットには握り拳と指を開いたタイプとの2通りがついています。
キュベレイはその細い指先が特徴ですので、指を開いたタイプの使用を前提にしています。
ただキットのそのパーツは指がポーズをつけた形状となっており、しかも左右同じ形。
素立ちに使用するには違和感があります。
また指も太く、丸い(これはバンダイ安全設計基準から来ているとは思います)。

まぁそのまま使いにはいまひとつという事で、指先を削って細くして、形状変更しました。
左が形状変更後。



PCに似た軟素材なので、ヤスリかけが出来ません。指先をエンピツ削りし、切込みを入れて指先を強引に曲げました。


改修はここまで。あとはひたすらペーパかけ。

180番→240番→400番→600番(部分的)→800番

指先がプルプル震えました。指が痛い(泣)
ここまで一気にペーパをかけたのは初めてです。

パーツ洗浄を終えたときには既に深夜。




GW初日に立てた計画と現状です。

5/1(休) :改修工作        済み 
5/2(休) :改修完了        済み
5/3(休) :表面処理完了      済み
5/4(休) :工作完了、捨てサフ ← 現状ここの、捨てサフ前
5/5(休) :サフ完了


この先の計画です。

5/5(休) :サフ完了
5/6,7  :マスキング、塗装準備
5/8(休) :塗装完了
5/9(休) :デカール貼り、トップコート
5/15,16:静岡ホビーショー 第21回モデラーズクラブ合同作品展 当日

5/8,9は曇りと曇時々晴の週間予報。ギリギリ何とかなるか-

今日、これから捨てサフ吹いて、表面状態を調べて追加表面処理、今日中にサフ吹きが終わればとりあえずオンスケジュール。

完成まで一気にもって行く事で静岡に臨みます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




GWも後半戦に入りました。
このGWは終始良い天気に恵まれてますね-昨日も静岡の展示用の部材買い出しかねて午前中から外出したのですが、歩いててホント気持ち良い天気でした。

展示用のベースとPOP用のスチロールボードを買いに画材店へ。
ベースにはフォトフレームを使う予定で、ガンダムチーム用に少し大型のキャビネサイズをチョイスしましたが、ちょっと大きかったかも...
(ガンダムチームだけで130mm×180mmを2枚ですが、aspさん、OKでしょうか??)

そのあと久しぶりに大型書店へ。書店をじっくり見てまわるのはホント久しぶり。
新書棚中心に見てまわり、購入は新書から2冊。

中公新書「アローン収容所」(会田雄次著)、岩波新書「日本の歴史 上」(井上靖著)

ともに古い著作ですが、新書は古いほうが良書が多い気がするのは気のせいでしょうか...

外出に時間をかけすぎて帰宅したのは夕方。
進まないキュベレイ...(汗)



そんなキュベレイですが、昨日で基本工作は殆ど終了しました。
残り作業のツインアイの仕込みと胸部ディテール作製を行っています。

ツインアイは、頭部内部にジャンクで転がっていたBB戦士のフェイスパーツ(多分ストライクのかな)を仕込み、そこにHアイズの上部をぶった切って半眼にして中央に筋彫りを入れたものを取り付けました(まだ仮止め)。
あまりに適当な作りなので、内部写真は無しです。

胸部はパイプ類を取り付け。
左右の平たいダクト風のパイプは、最初キットのパーツを使用する予定で加工していましたが、PCと同じ素材でヤスルと毛羽立ちするは、スジ彫りを深めに入れると途中で切れて、しかも片割れがどこかに飛んでいって見つからないわで、モチベーションがダダ下がり。
結局プラパンでそれらしく作り直すことになりました。
ここだけでなんだかんだと1時間半位かかっています(だから進まないんだよなぁ)。

中央パイプはPC素材が嫌だったので、スプリングに変えました。

で、上半身はこんな感じです。




あと残ってた部分の180番での整面処理を行い、一応全身に手を入れ終わりました。



写真をパチパチと撮って、粗探しをしていますが、指先がイマイチかなと。
キュベレイって、指先にファンネルの制御システムが有ることを今回初めて知りました。
それもあって指先が反った形で造形されているのでしょうが、どうも見ていて落ち着かない。
かと言って、握り拳ではキュベレイらしくないと言うことで、指先の改修を合間見て行います。



予定では今日は捨てサフまで終了のはず。

とても行き着けないような気がします(滝汗)
今日は持帰りの仕事が少しと、また外出の予定があるので....





5/4は、The Point of No Return...回帰不能点。 それはここを越えると一気に完成させなくてはならない点。

今ならSD作成例と言うことで、解説付きで展示すれば何とか格好がつきますが...サフ吹くともう駄目。マテリアルの違いが分からなくなる...



コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ