部長職のお仕事
管理職としての日々と趣味についてです
 



朝の地震で起きました。

昨日は緊急の飛び込み仕事が入って、昼前から結局19時ごろまで半日対応。明日からの仕事、頭痛いw
昨日の予定が全部飛んだので、さて今日はどう時間配分を組み立てようかというところ。


で、ブロックヘッドの進捗ですが、とりあえず昨日の午前中のうちに吹いたサフの状態が比較的良かったので、部分的に手直しをして最終としました。

結局、二の腕の延長、前腕の幅増し&延長という定番工作と、お座り加工のみのシンプル仕上げです。

今回のジオラマ(というか、主題が一つと言う定義に基づけば正しくはビネットかな)の主役はハンク軍曹とアーロンン曹長、さらに言うとホントの主役は焚火とその明かりなので、超脇役のブロックヘッドには目立たないように大人しく座っておいてもらいますw





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




久しぶりの更新です(大汗)
モデラー全体に言えることですが、Twitterの手軽さに慣れてブログ記事の更新が減少したり、更新そのものを止めてしまう傾向にどうしても陥りがちですね(汗)
即時性や手軽さは圧倒的にTwitterに軍配ですが、作製資料としてあとから見返したい時、ブログやHPの検索性と安定感は捨てがたいと思います。
仕事が休日に食い込んでバタバタすることが今後多くなるので、更新頻度が多少落ちるかもしれませんが、以降も継続更新していきますので今後ともよろしくお願いしますw
(画像はTwitter投稿画像の使いまわしが多いことにお気づきの貴兄、お許しをwww)


で、ブロックヘッドの進捗です。

以前に作ったT10Bタイプでは実施しなかった、鼻の20mmマシンガンの穴あけを今回は実施。

ピンバイスでちまちまと穴開け。

ブロックヘッドは腕無の胸像が一番カッケーと思うのでは私だけでしょうか?


あとは全体バランスを見直して再度調整し確定。

股はもう少し開けた状態で最終固定します。



本体はこのあとパーツ洗浄に入っています。

今日辺り、捨てサフで状態をみます。


で、次のステップのジオラマ(ビネット)の検討。

森の中のシーンですので、木々の作製と配置が肝。
何度も検討を繰り返し、おおよそこんな配置で。




検討には昔懐かしいDUAL MAGAZINE No.3(1983年!)の、この記事を参考にしています。

子供の頃にあこがれたこのジオラマ。形は違えどトライできる喜び。MAXファクトリーさん、ダグラムシリーズを出してくれて本当にありがとう。

で、肝心の森ですが、木々を自前で作る力はまだないので鉄道ジオラマ素材を流用。
KATOの24-307樹木キット広葉樹(中)を使用しています。
ブロックヘッドの体高は11.78m、木々はそれより高いところを狙いたいので、何個か木をつぶして幹だけ切り出しし、接ぎ木。

Titterでは16mと書いたけど、正確には12mでした(滝汗)

上から木の配置を見るとこんな感じです。


今後は木に葉をつけていく作業とブロックヘッド本体の表面処理仕上げが進捗の中心になります。







コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




ブロックヘッド作業の続きです。

なんとかそれなりに体育座りポーズがまとまってきましたが、細かいところ(?)ではまだまだ矛盾というか気になる点があります。
腰の軸を延長して上半身と下半身が結構くの字になるようにしているため、必然的に腰回りがスカスカになります。
特に腰軸延長していることもあり、リアスカートと股間ブロックに隙間が生じ、ここが覗き込むと目立つ状態。
簡単対応でプラ板での延長でカバーしました。


リアルカートをつけるとこのような位置関係です。


太ももとの関係はこんな感じ。


今回の体育座り、出来るだけ太ももを前に持ってきた方が膝立てに有利なので、V字になっている股間軸をキット設定とは前後逆にして使用しています。


このため、太ももとリアスカートの間に空間が大きく出来てスカスカ感が。
これをどうこうするのは難しいと判断し、サイドスカートの長さ延長で多少なりともカバーする方向で作業を進めています。
リアスカートの関係もあるため、サイドスカートを3mm程度長さ延長して取り付けました。


昨日の作業はここまで。

今日は夕方から鹿児島へ前泊出張。
出発まで用事の合間見て少し進めておきます。






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




週末です。
昨夜は送別会で飲みすぎの二日酔い。

先週は中国出張帰着と疲れが取れずにブログ更新パスでした(汗)
2週ぶりですがプラの作製もあまり進んでないのでネタ不足です。

まずはこちらから。

ハンク軍曹とアローン曹長のフィギュアを置いてみました。
今回のTC10はこのフィギュアが付いているのでバリュー高い。顔でハンクとアローンと識別可能な、良くできたフィギュアです。
ただ、劇中でアローンは胡坐をかいてるので修正が必要。

また、テッシュで焚火もどきを作って雰囲気と配置を確認。
劇中の二人の位置だとブロックヘッドの股の奥に入り込みすぎるので、少し手前に配置アレンジが必要。

つづいて右手の改修のお話。
劇中では右手の状態が写らないため、右手が握りこぶしなのか平手なのかはっきりしませんが、体育座りで後ろにやや重心がかかった時に、握りこぶしで身体を支えるのはやや不自然に感じたため、平手を作ることにしました。

もとはマグランチャーを握る手のパーツがベース。

指を関節ごとにバラバラにして、プラ板を介しながら再度接続。
こんな感じにしました。


腕に手を取り付けるとこんな感じです。

親指が逆向きに曲がってて不自然なので、このあと修正しています。

右サイドからみた状況。

親指は逆のまま。

腰のサイドスカートも取り付けて、今はこんな感じです。

だいぶ雰囲気はそれっぽくなってきました。










コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )