部長職のお仕事
管理職としての日々と趣味についてです
 



朝の地震で起きました。

昨日は緊急の飛び込み仕事が入って、昼前から結局19時ごろまで半日対応。明日からの仕事、頭痛いw
昨日の予定が全部飛んだので、さて今日はどう時間配分を組み立てようかというところ。


で、ブロックヘッドの進捗ですが、とりあえず昨日の午前中のうちに吹いたサフの状態が比較的良かったので、部分的に手直しをして最終としました。

結局、二の腕の延長、前腕の幅増し&延長という定番工作と、お座り加工のみのシンプル仕上げです。

今回のジオラマ(というか、主題が一つと言う定義に基づけば正しくはビネットかな)の主役はハンク軍曹とアーロンン曹長、さらに言うとホントの主役は焚火とその明かりなので、超脇役のブロックヘッドには目立たないように大人しく座っておいてもらいますw





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




久しぶりの更新です(大汗)
モデラー全体に言えることですが、Twitterの手軽さに慣れてブログ記事の更新が減少したり、更新そのものを止めてしまう傾向にどうしても陥りがちですね(汗)
即時性や手軽さは圧倒的にTwitterに軍配ですが、作製資料としてあとから見返したい時、ブログやHPの検索性と安定感は捨てがたいと思います。
仕事が休日に食い込んでバタバタすることが今後多くなるので、更新頻度が多少落ちるかもしれませんが、以降も継続更新していきますので今後ともよろしくお願いしますw
(画像はTwitter投稿画像の使いまわしが多いことにお気づきの貴兄、お許しをwww)


で、ブロックヘッドの進捗です。

以前に作ったT10Bタイプでは実施しなかった、鼻の20mmマシンガンの穴あけを今回は実施。

ピンバイスでちまちまと穴開け。

ブロックヘッドは腕無の胸像が一番カッケーと思うのでは私だけでしょうか?


あとは全体バランスを見直して再度調整し確定。

股はもう少し開けた状態で最終固定します。



本体はこのあとパーツ洗浄に入っています。

今日辺り、捨てサフで状態をみます。


で、次のステップのジオラマ(ビネット)の検討。

森の中のシーンですので、木々の作製と配置が肝。
何度も検討を繰り返し、おおよそこんな配置で。




検討には昔懐かしいDUAL MAGAZINE No.3(1983年!)の、この記事を参考にしています。

子供の頃にあこがれたこのジオラマ。形は違えどトライできる喜び。MAXファクトリーさん、ダグラムシリーズを出してくれて本当にありがとう。

で、肝心の森ですが、木々を自前で作る力はまだないので鉄道ジオラマ素材を流用。
KATOの24-307樹木キット広葉樹(中)を使用しています。
ブロックヘッドの体高は11.78m、木々はそれより高いところを狙いたいので、何個か木をつぶして幹だけ切り出しし、接ぎ木。

Titterでは16mと書いたけど、正確には12mでした(滝汗)

上から木の配置を見るとこんな感じです。


今後は木に葉をつけていく作業とブロックヘッド本体の表面処理仕上げが進捗の中心になります。







コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




ブロックヘッド作業の続きです。

なんとかそれなりに体育座りポーズがまとまってきましたが、細かいところ(?)ではまだまだ矛盾というか気になる点があります。
腰の軸を延長して上半身と下半身が結構くの字になるようにしているため、必然的に腰回りがスカスカになります。
特に腰軸延長していることもあり、リアスカートと股間ブロックに隙間が生じ、ここが覗き込むと目立つ状態。
簡単対応でプラ板での延長でカバーしました。


リアルカートをつけるとこのような位置関係です。


太ももとの関係はこんな感じ。


今回の体育座り、出来るだけ太ももを前に持ってきた方が膝立てに有利なので、V字になっている股間軸をキット設定とは前後逆にして使用しています。


このため、太ももとリアスカートの間に空間が大きく出来てスカスカ感が。
これをどうこうするのは難しいと判断し、サイドスカートの長さ延長で多少なりともカバーする方向で作業を進めています。
リアスカートの関係もあるため、サイドスカートを3mm程度長さ延長して取り付けました。


昨日の作業はここまで。

今日は夕方から鹿児島へ前泊出張。
出発まで用事の合間見て少し進めておきます。






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




週末です。
昨夜は送別会で飲みすぎの二日酔い。

先週は中国出張帰着と疲れが取れずにブログ更新パスでした(汗)
2週ぶりですがプラの作製もあまり進んでないのでネタ不足です。

まずはこちらから。

ハンク軍曹とアローン曹長のフィギュアを置いてみました。
今回のTC10はこのフィギュアが付いているのでバリュー高い。顔でハンクとアローンと識別可能な、良くできたフィギュアです。
ただ、劇中でアローンは胡坐をかいてるので修正が必要。

また、テッシュで焚火もどきを作って雰囲気と配置を確認。
劇中の二人の位置だとブロックヘッドの股の奥に入り込みすぎるので、少し手前に配置アレンジが必要。

つづいて右手の改修のお話。
劇中では右手の状態が写らないため、右手が握りこぶしなのか平手なのかはっきりしませんが、体育座りで後ろにやや重心がかかった時に、握りこぶしで身体を支えるのはやや不自然に感じたため、平手を作ることにしました。

もとはマグランチャーを握る手のパーツがベース。

指を関節ごとにバラバラにして、プラ板を介しながら再度接続。
こんな感じにしました。


腕に手を取り付けるとこんな感じです。

親指が逆向きに曲がってて不自然なので、このあと修正しています。

右サイドからみた状況。

親指は逆のまま。

腰のサイドスカートも取り付けて、今はこんな感じです。

だいぶ雰囲気はそれっぽくなってきました。










コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




お座りブロッグヘッドの続きです。

マスキングテープで仮止めをしていた脚部。ちょっと不細工なのでマステに頼らなくても成立するように、関節接続部などを見直しました。

まずはひざ関節の太もも側。
そのままだと脚を曲げた時に高さが出過ぎるので、高さを減らしました。


ひざ関節は上下を逆にして使用します。
凸モールド側が下ですが、それを削り落として太もも側で使います。
また膝裏は削り落として膝曲げ時に干渉を少なくしています。


足首側も高さを減らすために簡単対応。

足首のPC接続のボスを適当にカット、足首PCをパスして、その中の凹みに直接差し込みます。
(キットが手元にないとわからない説明なのですが)

これでマステ無しでそれなりの形状を保てます。

太ももと干渉するふくらはぎパーツは干渉部をカットして適当処理。


で、これでいったん様子見。





これでほぼOKと思いますが、尻に10mmの台座を敷いてます。
土地の隆起でこの辺りはまぁOKだと思いますが、ジオラマ作製するときの障害になりそうなのと、ちょっと気分的にイマイチ。

このあと関節をさらに追い込んで、地べた座り出来るようにしてみました。
こんな感じ。




うん、やっぱり尻台座が無いほうがベター。これで行きます。

1/72フィギュアを置いてみて感じをみました(付属のハンク軍曹とアーロン曹長ではありません)

焚火シーンが目立つようにできるかどうかはかなり検討が要りますね。

お座り改修はこの辺りで良いかな。
あと頭部の後ハメ加工は済みです。

以降、各部の整面作業に入ります。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




週末です。気持ちの良い快晴。

静岡HSが終わっても、来客だ、出張だでバタバタしいて、ようやく落ち着いた久しぶりの休みという今週末。
とにかくのんびりしたい。

と言いながら、秋の2大展示会に向けた作製の本格稼働です。

その一つが先般も記事にした千葉しぼり展示会「シネマ選手権」に向けた作製。
ブロックヘッドのあの有名なシーンをベースに作製します。


基本キットはMAXファクトリー最新キットのこれ。

ハンク軍曹とアーロン曹長がおまけフィギュアーでついているので都合良し。


と、思ってたら、電撃ホビーウェブでこの「戦士の休息」シーンの作例が!!!
キットの内容からすると当然と言えば当然なのですが、やっぱりやられた!!って焦る(笑)
でもまぁ逆にタイムリーだと思い、独自の作製を頑張ります。

で、仮組状態。

やっぱりMAXファクトリーブロックヘッド、カッケー

でもお座りはこんな感じ。これが精いっぱいです(汗)


作製ですが、これをガッツリ改修して、劇中の体育座りを行わせるのがまずは第一段階。
第二段階は森のジオラマ作製。
そして第三段階は夜の焚火の再現。これもシャドーBOX+LEDに依らずに何とか塗装で再現したいとの野望。
で、この時の先生が前回の静岡HSの記事に書いたピエールさんのNIGHT。

色々とお話を聞かせていただいた内容や、撮りまくった写真を分析、塗装練習含めてじっくり取り組みます。

まずは第一段階の改造。
現在はこんな感じです。

なんとかそれらしい座り方が出来るポイントは抑えたつもりです。
腰の間接変更と太ももの延長がメインの改修になります。

では、今までの改修点を簡単に。

まずはふとももの改造。
最新キットにいきなりのこぎりを入れる心苦しさはありますが、エイヤァで太ももをバッサリ。

ここを15mmほど延長します。何度も座らせては増量してのテストを繰り返して決めてます。


つづいて足首の干渉部の解消。
このあたりはもう力技です。
足の甲の後ろ(?)は大幅カット。


膝裏も太ももと干渉するので大幅カット。

ふくらはぎのパーツ干渉をどうするかはこれからの課題。

ここまでで、このくらいのポーズは取れました。




上半身がまだ棒立ちなので、少し前かがみに出来るように、腰のジョイントをいったん切り離し、後ろに数mm下げるとともに基部を斜めに増量。


あとブロックヘッドの基本改修として、上腕を3mmほど、前腕を1.5mmほど延長。また前腕は合わせ目で1mmほど幅増し。




ここまでやって、とりあえず前出のお座り画像となります。
まずは脚部の固定方法の確立とふくらはぎの干渉処理を行っていきます。





コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




GWも最終日。静岡HSの準備に費やしたGWでしたが、ようやく目鼻がたちました。

SDフリーダムは前回の記事の通り。一応完成しています。
作製はつづいて前回、前々回記事に書いている、一般展示にもちこむガリアンワールドの台座の推進。
台座ベースは作製済み。銘板作製が次の段階です。

楕円に切り出したプラ板を表面処理。銅板に見えるように仕立てていきます。
エッジが残らないように丁寧に処理しました。本当の銅銘板のエッジは綺麗に落としてあるはずなので。

プラ板を光沢の黒で下色塗装したあで、赤金の金色で下地の黒が周辺に残るようにまだらに塗装。
文字はデカールで。
インクジェットで印刷できるデカールシートを探しましたが、一種類しか見つかりませんでした。
(株)ケイトレーディング社のミラクルデカール。


これにGaiientとPromaxisの文字を印刷し、上からひたすらクリアコート。6回吹きました。


十分にクリアを吹いたので、貼り付け時の安定性は問題なかったのですが、貼り付けあとでデカールエッジが目立つ目立つ。
エッジの研ぎ出しが必要。
クリア回数をもっと少なくできれば楽になるのでしょうけど....

銘板ベースにデカールを貼り付け後、全体にクリアを吹きまくり。これも6回ほど吹いた後で一旦粗研ぎ。それでもデカール段差は大きくて消えてくれません。
追加で3回ほどかなり濃いめに吹いて、本研ぎ。

上が研いだ後、下が研ぐ前。まぁまぁ見られるレベルまでには持って行けました。

台座と合わせるとこんな感じです。


Mr.ウエザリングカラーのグランドブラウンとマルチブラックで、それでもデカールエッジが目立つ部分を適当に汚して誤魔化し。

銘板の完成後、装飾用の銅ピンで台座ベースに固定。
これで台座の出来上がり。


ガリアンとプロマキスを置いてみると...




昨年の旧キット王選手権の時に本当はこれがやりたかったのですが、とても間に合わないので、既存の透明プラ板展示にしてました。
今回、静岡HSには内2体を持ち込ませてもらう予定。これをきっかけに、作ってみたかった台座を作製してみました。
ちょっとインテリアぽぃ雰囲気で、なかなか良くできたのではと自画自賛です。

来週の静岡HSのモデラーズクラブ合同展示会、倶楽部ディフォルメ屋のブースに置かせてもらう予定ですので、ご覧いただければ幸いです。







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




静岡HSまであと3週間(滝汗)
SDフリーダムは、充てられる休日を考えるとギリギリ終わる予定(...終わるような気がするw)

今朝、下地のダークグレーを塗り終わりました。
グラデ用の下地は別塗り予定。
今回は黒立ち上げの部分は少し工夫したいところ。ガンダム系SDにはちょっときつ過ぎるかなーって前回のストライクを見て反省。
単にグラデーション塗装が下手だということかもしれませんが...
青部分は下地ベースに紫とか面白いかも、とか思っています。

一応、静岡HSの完了日程感が現実味を帯びてきたので、少し秋に向けた検討を。
予定展示会としてはNaGoMoと千葉しぼり展示会のシネマ選手権。

NaGoMoは今回テーマ参加したいので、テーマ発表待ち。
で、当面の課題はシネマ選手権のテーマ確定。

シネマ選手権は映画シーンというレギュレーション枠。
作りたいシーンのイメージはあって、その作品の映画版を確認したところ、肝心のシーンがカットされていることがわかり愕然。
TV版ではかなり扱いが大きい内容だったのに何故、なぜ、ナゼ???

昨夜がっくり来てツイートでつぶやいたところ、千葉しぼりのマーベリックさんから救いのリプが(喜)
結果、レギュには入るということで、いけいけどんどんw
とりあえずテーマ(候補)は確定です。

で、それは何かというと、アイテムとしてはこれ。

ブロックヘッドT10C

T10Cには名シーンが多いですが(このキットのパケ絵もそう)、このキットにはこれが付いていますー、と言うと、もうダグラムファンにはすぐに回答がでるはず。


ハンク軍曹とアーロン曹長が主役の、そう、このシーンです。

戦士の休息(前篇)

実力の10段ぐらい上の構想ですが、頑張ってみます。
きっと誰かがやるだろうネタだと思いますが、言われる前に先に早々とやります宣言、です(笑)

冷静に考えると、静岡HSが終わってから5ヶ月しかない...(汗)
その前に静岡HS向けSDフリーダムを仕上げるのが最優先課題です(滝汗)





コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




11月ももう終盤。

昨日は完全に時差ボケでぼーっとしててブログはパスでした(汗)
ドイツ10日間の出張だったので、かなり体内時計が狂ってます。

そうはいっても来週末は静岡でのSCM2016!


倶楽部ディフォルメ屋メンバーとしての参加は既存作品のみなのですが、他テーマ参加で前回記事通り、担当車両のドイツ駆逐戦車ヘッツアー中期生産型を作製しています。
しかもガルパン仕様! といってもエセ仕様ですが(汗)







前回記事でマホガニーの下地塗装まで紹介しましたが、その後、上からダークイエローをグラデ塗装。
さらにアーマーモデリング2016年12月号のガルパン・ティーガーⅡの記事を参考に、クリアレッドで少し色合いを変えてます。追加でMr.ウエザリングカラーで軽くフィルタリング。
ボルト部分等には同じくMr.ウエザリングカラーでポイントつけて、上記画像の状況となっています。

このあと足回りを軽く汚して終わりかな。

ガルパン戦車ってホント難しいですね。汚しで粗をごまかしたいところですが、ガルパンではそんなにがっつり汚せないし、素人の私には難易度めちゃ高いです。

今回、あちこち失敗があって、車両担当作製+持ち込むこと自体にホント申し訳ない気分でいっぱい。
責任をもって作るということの意味を改めて考えちゃいました。
十分時間のある時以外は(失敗してもリカバー余裕がある時以外は特に、という点で)、作製を軽く考えてはダメだなと反省です。
次回に活かします。


今日も眠くて仕方ない...明日の仕事が心配。

と言いながら、今日はこれから「機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜」を見に行ってきます。
(そんな時間があるならヘッツアー作製しろよーって言うのはナシでw)



■お知らせ

静岡キャラクターモデラーズ展示会 SCM2016
開催:2016年12月3日(土)10:00~17:00
会場:静岡市民文化会館 4階 C展示室
倶楽部ディフォルメ屋メンバーとして参加します!




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




旧キット王選手権も終わり、展示会納期にギリギリと追われる日々もひと段落して、ちょっとだけホッと一息ついてる週末です。
とはいっても、12月3日は静岡で開催される静岡キャラクターモデラーズ展示会 SCM2016!


倶楽部ディフォルメ屋メンバーとして参加する作品は、昨日の記事にも書いたように秋の展示会参加作品を想定してますので、SCMに向けた新作はなしですが、別の卓での戦車展示に参加することになり、そのための車両を急きょ作製しています。

担当車両はドイツ駆逐戦車ヘッツアー中期生産型

タミヤキットを使ってガルパンVer.(エセですが...)へ変更予定です。

ガルパンVer.での仕上げですが、足回りの穴やリベットの数違いはすみませんが無視です(汗)

既にチマチマ作業はしてまして....

適当(いや、適切...)に組み上げ。

サフ後、下地色としてマホガニーを塗り、その上から履帯中心に適当に作った履帯色を塗りたくっています。
先ほど朝日の中で撮影したので光って見難いですが...



今日はこれから外出ですが、帰宅後、塗装色であるダークイエローを吹きたいと思っています。
休みの作業時間は今週と月末の週しか取れないので、手が遅い私としてはちょっと危うい(汗)

来週水曜日から再来週金曜日まで10日間、ちょっと長丁場でドイツへの出張です。
週末が一コマ分と祝日がつぶれるため、実作業時間があまり取れないのでちょっと焦り気味。
せっかくなので戦車博物館に行きたいけどミュンヘンからは無理だな。ヘタレ+いろんな意味もあって-単独行動できないし。

ということで、来週のブログ更新はありません。


SCMではNaGoMo5で入賞したABディフォルメビネット「バイストンウェル物語 ~小さき妖精の章~」と旧キット王選手権参加の「ザ・ガリアンワールド」を持っていく予定をしています(あくまで予定ですが)
SCMに参加されるモデラーの皆様、よろしくお願いします。


■お知らせ

静岡キャラクターモデラーズ展示会 SCM2016
開催:2016年12月3日(土)10:00~17:00
会場:静岡市民文化会館 4階 C展示室
倶楽部ディフォルメ屋メンバーとして参加します!




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ