部長職のお仕事
管理職としての日々と趣味についてです
 



先週はずっと仕事がバタバタした状態で、とにかく気分的に忙しかった・追い込まれていた事のみ覚えているだけで、あとはあっという間に一週間経ったことしか記憶にございません...
12月も中旬にならないと落ち着かないでしょうね-

さて06Rですが、ようやく脚部を弄り始めました。
上半身の修正ばかりに目が行って、なかなか脚部へ手を付けられなかったのですが、脚部とのバランスを見ないとこれ以上上半身をいじる事が出来ないところまできたので、渋々(?)、恐々(こっちかも)、いじってみました。

以前に旧MSVキットの脚部をパーツごとに分解していたのが下記写真です。
この状態から少し手を入れた状態で、各パーツをマスキングテープで仮止めしながらいままで色々検討していました。






この以前の作業でパーツ分割してある程度小型化していましたが、本体バランスと比べるとまだまだ大きい様で、これをさらに各パーツに分解、穴ぼこが開く部分を埋めて、それの幅詰め・長さ詰めを再度行いました。




元にキットに比べてかなり小型になりました。



足とあわせると下記写真のような感じです。
八の字立ちすることを想定して、内側の角度をかなり無理やりですが調整しました。
全体に斜めになるようにしています。




上半身も胸のブロックを再度見直して、エポパテを盛って整形し直しました。




今日と来週でもう少し脚部をいじってみます。
でも脚って2本あるんですよねー 右を弄り倒して、左脚に移った時に、右と同じように作れるかが冷や汗。

コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )




昨日の土曜日は休日出勤でした。
一週間、結構バタバタしていたので気分的に長かったです- 世間では3連休のため今日明日の2日間は休めるので、とりあえず助かりました。


さてSD06Rの作製ですが、先週末の作業を写真でみるとどう見てザッパ-ザクにしか見えず、これはどうかなぁーと言う感じ...

今日はそこを解消すべく、わりと時間を取って作業しました。

作業は頭部から(また頭部をいじり直しました)

頭部のモノアイスリットに1mm強のプラパンを貼ってスリットの間隔を狭くしていましたが、そこにさらに0.5mを追加して、スリットをさらに狭くしました。
また支柱の位置を以前より前面側に寄せ、さらに後ろ側の開口部分をプラパンで埋めて、スリット全体の開口範囲を狭めることで精悍なイメージのUPをはかりました。



また頭頂部分から庇までの頭部のカーブを更に削り込み、リアル系ザクに近い形にしています。



これらの作業で以前よりリアル系イメージに近くなったかと。


続いて胴体の改修。

胴体下部に動力パイプの基部がありますが、これのBB戦士のパーツ状態からHGのパーツへの置換えをはかりました。
BB戦士キットのイメージの払拭とボリューム感UPが狙いです。

ベースキットの状態。




作業は、適当な位置でBB戦士キットのパイプ基部のディテールカットから。
HGパーツの厚みを考慮してカットしました。




HGの腰動力パイプ基部のパーツを胸部形状および腰形状にあわせて加工。




さらに腰のスカートパーツを上記基部変更にあわせてプラパンで形状変更しています。
フンドシパーツも短縮加工しました。




合体させると。腰部として次の写真のようになりました。
まぁまぁ上手く馴染んだかなと感じています。



改修した頭部も含め、上半身はこんな感じになりました。






脚部を置いてみると次のような感じです。
多少はザッパーザク度合いは下がったかな...




なかなか脚部の作業に入れませんが、そろそろ取り組まないと全体バランス確認できません。明日は脚部をいじろうかなぁ-


コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )




昨日も06R-1Aを進めました。

脚部になかなか行けません。難易度がめっちゃ高そうなので、少しその手前でグダグダしています。
脚部は多分来週の作業になると思います。

昨日は脚部に取り掛かる前に腰部分の辺りだけでも付けておこうと、少し作業を進めました。

腰をBB戦士ザクの腰パーツにするか、フリーダムの腰を芯にした新規作製にするかまだ悩んではいますが、とりあえずフルーダム芯方式での検討を行っています。

フリーダムの腰パーツから芯にする部分を切り出す作業は終わっているので、HGUCザクのスカート部分の加工から始めました。


HGUCザクのスカートパーツに大体の当りをつけて分断。長さを幅詰めします。
フンドシに少し溝を掘って、フロントスカートの中央の軸を引っ掛けることが出来るようにしています。
サイドスカートはこの後プラパンで適当に横に幅増ししています。




取り付けると次の写真のようになります。
フロントとサイドスカートの間隔がスカスカ。
(なお、雰囲気みるためにBB戦士ザクの肩部分をつないでいます)




とりあえず大体の大きさでフロントを幅増ししました。
腰部は次の写真のような感じです。
サイドスカートの後方部分のパーツはまだ未接続です。今後幅増ししたプラパンを調整してつなぎます。




胴体とつなぐとこんな感じ。



う~ん...これはなんとも微妙ですなぁ-


ちなみに脚部を置いてみると...



さらに微妙~   (これってどこかで見たような...ガンダムフォースのザッパーザク?)


実物はもう少しマシなのですが、写真でこんな風にしか見えないということは、これはやり直し決定かもしれません(汗)

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




SD06Rですが、脚部に行く予定でしたが少し予定を変えて、頭部のあとハメ加工、胸部の腕の接続機構などの作製を行っていました。


まずは頭部です。
ノーズをエイヤァと切り離しました。
目的は、モノアイスリットとノーズパイプの間にある凹みの継ぎ目を消すのが難しそうだったので、この部分をプラパンへ置換えするのと、ノーズパイプの整形を簡単にするためです(そのあと後はめ加工に移行しましたのであまり関係なかったかも)。

ノーズを延長+うすうす加工するために1mm強プラパンを貼り付けて、その後にくり抜き作業、縁を薄する加工をしました。




ヘッド内部をごっそりと削り取り、あとハメが出来るようにしました。
BB戦士の元の構造である、頭部ハッチ+左右パーツ分割のままでもあとハメとしては良いのですが、頭部はやはりつるっとしたゆで卵にしたかったので、あとハメにすることにしました。

頭部の内部保持機能をごっそりと削り取りました。
頭部ハッチとヘッド内部機構を接続する凹凸はそのままにして、あとハメ後の位置決め、保持に使っています。




首の取り付け部分をプロサポなどを使用して作製。




切り離したノーズを整形後に再度ヘルメットを接着。内部のノーズダクト部分を切り取って、別パーツ化しています。

これらの作業により、MGのあとハメ加工と同じ構造になり、ヘルメットをかぶる形となります。





現状の頭部です。
動力パイプは市販品に置き換えてみました。
ノーズパイプ基部から出る一個目のパイプは少し斜めに加工して、パイプ基部にもっと馴染む形にしたいです。
あと頭部ハッチの継ぎ目消しと同時に頭頂のカーブを少し変えました。





胴体の追加工もしました。
腕との接続部分を作製。プロサポを使用してボールジョイントでの接続としました(軸が少し細いので考えどころですが...)




胸部肩側のパーツをつけるとこんな感じです。




腰部分は悩ましいところです。BB戦士の腰部パーツを加工して使うか、別パーツを作製していくか。
とりあえずBB戦士フリーダムの腰パーツを芯用に加工。




方向性は下の写真のようになるでしょうか...




問題は脚部と頭身のバランス関係ですね。
スカートの長さ、位置もそれでおのずと決まってくるかと思います。

次はいよいよ問題の要である脚部の再検討に入る必要があります。
今回の作業と並行して、現状はさらに1/144キットの脚部を切り刻んでいます。
これらの切り刻んだパーツをどのように使っていくのか、今後、頭の痛いところです。



コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




昨日は課の飲み会でした。
会社の飲み会ってなんだかんだ言って結構気を使うので、最近少しお疲れ気味です。
友人や同期と気楽に飲む飲み会がやっぱ良いかなぁ-

ちょっと二日酔い。

午前中に少し06Rを弄って、用事があって午後外出。途中でやたら頭が痛くなってきて困りました(二日酔い克服のために迎え酒したことは内緒)。
風邪をもらったかなぁと早めに帰宅し、夕方布団に入って少し眠ったら頭痛もすっかり消えていました(ようするに二日酔い+迎え酒酔い、だった?)



先ほどまで少し06Rを弄っていたので、先週末の残り作業とあわせてブログに載せます。

まずは胸部の加工。

脚部に太いヤツがくるので、BB戦士キットのままだと胴体が勢い負けするのが見えています。このため胸部のボリュームアップでバランスを取ります。



まずは幅増しのため、胸部肩側の辺りで切り目を入れて、各部をバラバラに。




肩側の内側と外側にそれぞれ1.2mm~1.5mm程度プラパンで幅増し。
胸のパーツもそれにあわせて真ん中で幅増ししています。




胸部肩側の形状が06Rとは異なるので、エポパテで面出ししました。




頭部も追加で弄っています。
モノアイを、Hアイズ2+ベースの丸ノズル、という定番の組み合わせに置換え。
Hアイズの赤(ピンク)が無かったので、とりあえずクリアで様子見。
また頭部をさらに削り込みました。




胴体とあわせるとこんな感じです。





う~ん、まだまだ先は長いですなぁ-

コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )




脚部のざっくりとした当りがついて(ホント??-汗)、昨日は気分を変えるために頭部にトライ。

気分転換の筈だったのですが、これがまた...
なんたってBB戦士のなかでは完璧な完成度を誇るザクⅡ。頭部だって弄る余地は無い???
そこを無理に差別化しようと弄るもんだからさらに訳わからん状態になりそう...

以下が昨日の作業内容。いかがでしょう???-滝汗


右が素ザク、左が弄りザクです。





モノアイ開口部分が広すぎるような気がしたので(気のせいかもしれませんが)、庇にプラパンを貼り付けて、少しモノアイが隠れる程度にしてみました。
ちょっとばかり凶悪な感じになるかなと。

それと支柱が太いので、これを削り取り、プラパンで1mm程度の厚みの支柱に変更(まだ仮付けレベルです)。

頭部形状は卵型ラインのイメージだったのですが、BB戦士の頭部は変わったRが付いているので、これを少しづつ削りながらカーブを調整中。
この部分、まだ悩んでいますが...




BB戦士ザクⅡです。
やっぱ、これはこれでカッコいいよなぁー これをデザイン・設計したバンダイの担当者さんって、SD化の天才だと思っています。是非コツをお聞きしたい!




弄りザクヲです。改悪にならないように気を使います(汗)





このあとはノーズの修正とアンテナを弄ります。
動力パイプは別途市販パーツへ置換え予定です。またモノアイはザク定番のHアイズと丸バーニアの組み合わせへの置換えをします。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )