ケン太とのprecious days

3度の不登校を経験し、どうにか高校を卒業しました。はたしてこの先は?自立を願う母のブログです。

ちょっと寂しい誕生日

2013-01-31 17:54:29 | 家庭生活
昨日、私の誕生日でした。

う~ん・・・我が家のお二人さん、忘れてないかい??


ちょっと寂し~く過ごしていたら・・・


夕方、ケン太が

「そういえば今日ってみぃみの誕生日?」

「うん。そうだよ

「・・・・」

「・・・・あ、あの~それだけ?」

「え?誕生日って何か?だって、もう嬉しい年じゃないでしょ?」

「え~いくつになったって、おめでとうって言われれば嬉しいよ」

「じゃあ、おめでとう」

全然嬉しくないわい



主人はいつも忘れていて、2~3日経ってから

「そういえば、誕生日だった?でもさ、もう嬉しい年じゃないからいいよな」
って笑い飛ばしてくれるもんで・・・

親の背中を見て育つもんだね

私もよく忘れるから人のこと言えないけど




昨日のくまモンの記事読んで・・・


「こんなんもおまっせ・・・」と送ってくれた方が・・・



やっぱ、かわいすぎ


誕生日プレゼントに注文して酔い潰れてやろうかしら




ランキングに参加しています。
ポチよろしくお願いします


にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へにほんブログ村


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

くまモンPC

2013-01-30 12:35:55 | 家庭生活
こんなPCを見つけました。



今、人気絶頂のくまモンのPCだよ~
かわいいよね~
ひと目見て、胸きゅん

ケン太ご愛顧のサイト「パソコン工房」
そこで見つけたケン太が教えてくれました。

「いいな~いいな~欲しいな~」と連発していると
「買っちゃえ、買っちゃえ~

そう言われると、かえって買えなくなるのよね

ケン太に使われそうだもの

「俺はこの緑のがいいな」って言ってるし


このPCにはくまモンの壁紙も入っているようで、
それもいいな~ってますます惹かれていたのだけど、

待てよ・・・と思って、探してみると、ありました

それも無料・・・そりゃそうよね。
宣伝になるし、どんどん使ってくださいってところでしょうね。

これだよ。どお?



なんて、かわいいんでしょ

私はこれで我慢します。

っていうか、かなり満足

いろんな種類あったよ~


マウスポインターもくまモンにしてみました。
(これはケン太が設定してくれた)



これ、3つのお花がパッパッと次々に開いてかわいい


癒されるね~
癒されたい私。(何度もしつこいよね





ランキングに参加しています。
ポチよろしくお願いします


にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へにほんブログ村

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お小遣いのあげ方を変更

2013-01-29 13:01:05 | 家庭生活
先月ですが、ケン太からお小遣いの貰い方の変更を申し出てきました。

今は月3000円のお小遣いをあげています。

その他に・・・

月に雑誌1冊までは購入。
小説類の文庫本は制限なし。
友達と外出した際の食事代や、コンビニなどで買う食料などはレシート清算。
アキバに行く交通費は月に一度限り負担。その他は制限なし。

その都度の交渉で、条件が付け加えられてきました。

あとは小学生6年の時にできたルールですが、
毎日スナック菓子を1日100円相当まで食べていいという決まりを作りました。

主人もスナック菓子が好きなので家にストックしてあるのですが、すぐ無くなってしまいます。
友達も毎日遊びに来ていたので、気前よく友達にも食べさせていました。
すると友達も当てにして「なんかない?」と言う子も(汗)
夕食が入らなくなることもあるので制限をつけました。

その条件は素直に従ったのはいいのだけれど、
お小遣いが足りなくなった時にお菓子を我慢するからその分のお金をちょうだいと
当時、その要求を呑んでしまったのですよね

なので、最大月6000円のお小遣いを手にできるわけです。
ま、お菓子をそう我慢できるわけもなく
実際は、3分の1お小遣いにできればいいところでしょうか。


それをケン太から「月8000円にしてほしい」と言ってきました。

「そのかわり、雑誌、文庫本、外食代、交通費、お菓子代も一切請求しない
全部、8000円の中から出す」と。

月に雑誌1冊と言う条件は、当初、ケン太が欲しがっていた500円の雑誌の
ことがきっかけで決めたことですが、種類が変わってもせいぜいその程度の金額かなと、
その時に金額の制限を設けませんでした。

その後、カラーページがたくさんの2000円の雑誌代を請求されて、
どひゃ~と思いましたが、買ってあげるって言ってしまっていますからね。
そこは私の詰めの甘さとして反省し、最近は毎月のように買ってあげていました。

2000円の雑誌は必ずしも毎月欲しかったわけではないようで、
どうせ買ってくれるのだからということで要求していたようでした。

文庫本はたまにしか買わないけれど、買う時は大人買い。
ギターの本や楽譜なども買ってあげていたので、月に一万円を超えたことも

同じく友達との外食やコンビニでの買い物。
親が負担するのだからと、この時とばかり、食べたいものを買っていました。
マックも800円くらい?
生ハム買ってきて、おやつに食べていたこともあるし

条件をつくると、そこをうまく利用しようとする方に思考が働くのですね。

私が「贅沢じゃない?」と言うと、「自分のお金じゃないからだよ」と



ケン太が「そういうお金の使い方っておかしいと思ってたんだ。
月に1万、本をまとめ買いするとか、お菓子代がお小遣いになるとか
変だと思わない?結局、月に1万円前後、使っているようなものだよね。
8000円になると苦しくなるけれど、その中で自分でやりくりしてみたいんだ」と。

私もお小遣いの付属の条件がかえって使い方をおかしくしていることや、
ケン太の「親の金だから」という言葉も気になっていました。

変なやり方だとケン太も認識していたんだね

主人とも相談して、ケン太の条件を受け入れました。


自分のお小遣いに関しては、ちゃんと計画性を持って使っていたケン太。
親に一切請求できなくなったことで、さらに考えて使ってくれると思います。

節約して、ケン太の自由になるお金が増えたとしても、
それは節約の結果だしね。
それが出来る方がいいかなと思う。


実施は2月から。


今朝、ケン太が「あと3日だな」と。

何かと思ったら、8000円を貰える日のことだそうで・・・

そういうことは絶対に忘れないね





ランキングに参加しています。
ポチよろしくお願いします


にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へにほんブログ村


この記事をはてなブックマークに追加

「卒業文集は書かない!」

2013-01-27 11:24:58 | 家庭生活
担任から、卒業文集の下書きの原稿用紙をいただいていました。

締め切りは先週末。


その時のケン太の返事は「わかった」


その後、用紙は放置のまま。
私が持っていかなければなりませんからね。
その状態は気になるわけです。

少しして声をかけると

「忘れてた」(←これ演技の場合も

「何、書けばいい?」

「何でもいいって言ってたよ」

「じゃあ、脱原発についてでもいいの?」(バカもん
  ↑
(これ、K高の入試の作文のタイトル)



その後、1行ほど書きだしましたが、その後が続かず・・・

「中学校に入って印象に残ったことや、よかったなと思えること。
自分が成長できたなって思えることとかない?」と聞くと、

「よかったなと思うのは、小学校の時は周りの皆がバカに見えたけど、
今はそう思わなくなったこと。あとは剣道部に入ったことかな」

そのことを文章にすることができず、(確かに書きにくいかもね
しばし原稿用紙の前で固まる。

そして「俺、書かないから!」と。



次の日に念のため、もう一度、聞いてみたら

「書かないって言っただろ

確かに
昨日だけの気の迷いではなかったことを確認しました



金曜日に担任の先生に電話を入れ、そのやりとりを報告すると、


「そうですか・・・わかりました。
僕が話してあげればよかったのですけれど・・・どうも、すみませんでした」

いや、いや、謝ってくれなくても



私が同じ立場だったら、卒業文集を書けたどうか・・・
学校に行っていない子が書くのは、結構キツイですものね。

先生も用紙を渡さないわけにはいかないので渡しただけです。
書けないことも理解してくださっています。



文集のことは、話が終わったのですが・・・


「ところで、卒業式って出れるでしょうかね?」と聞かれた。

多分、出れないと思うけどね

これもケン太に確認しなきゃね




ランキングに参加しています。
ポチよろしくお願いします


にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へにほんブログ村


コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

初、スケート生観戦

2013-01-26 21:45:02 | 私(みぃみ)
一度は観てみたかったスケート。
生観戦が今日、実現しました!


国体(スケート競技・アイスホッケー競技)の開会式で、
「歓迎アトラクション」があり、

荒川静香さん、ステファン・ランビエールさん、本田武史さん、
そして「家政婦のミタ」に出ていた、本田望結ちゃんが出演するというので。

券が余っているからと誘ってもらいお友達と一緒に

アドバイスに従って、お尻の下用と膝の上用のブランケット2枚もって
背中とお腹にカイロ貼って完全防備で出かけました


場所はここ。



国立代々木競技場




国体のマスコット「ゆりーと君」のふわふわ?もいたよ。


まずはチケット交換をすまして、時間潰しに原宿の街を散策。

原宿は、多分、20年振りだわ~

洗練された街だよね~




写真がよくないけど、並木道がキレイ。葉があれば




ラフォーレ。
これバルーンアート。
ちょっとラメが入ってキラキラしていたよ




斬新なエントランスよね。
原宿らしいな~




ラルフローレンのお店。




表参道ヒルズ。
横切っただけ




ランチ。
ビーフシチュー。お肉がとろけました
パン、食べ放題であります



お腹も満たされて、開場時間に戻る。

席確保して、今度はお茶

どら焼き屋さんだったので、どら焼きとアメリカンコーヒーを注文。
「明日から痩せようね」とどら焼きを頬張る



前置きが長くなりましたが・・・・

荒川静香さん、まさかの「トゥーランドット」なんて美しい~
ランビエルも、オリンピックのショートプログラム。
会場がものすごく沸いてたよ~

本田武史さんも軽々とジャンプが決まって、ベテランの安定感。
みゆちゃんはかわいくて、とっても上手。
4人兄弟で皆がスケートやっているなんて凄いね。

ゆりーと君もおちゃめに滑ってたよ。
リンクから上がって、スッテンコロリンと転び、皆に起こされていたところが
なんともかわいかった


衣裳ってもの凄く、キラキラするんだね
豪華で贅沢な時間だった~


また機会があったら観たいな




ランキングに参加しています。
ポチよろしくお願いします


にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へにほんブログ村



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加