ケン太とのprecious days

3度の不登校を経験し、どうにか高校を卒業しました。はたしてこの先は?自立を願う母のブログです。

地震保険がおりました

2012-07-31 14:55:08 | つれづれ

去年3月11日の未曾有の大震災。

千葉の我が家にも爪後を残していました。

震度5強だったかな。

 

地震がきたら、建物は大丈夫そうだけど、怖いのは地震による火災。

地震による火災は、火災保険の対象にはならない。

地震保険じゃないとおりないんですよね。

これ、案外知らない人が多いとのこと。知ってました?

実は知らなかった私

そんな理由で地震保険に入ったそうです。(主人が) 

 

地震で全壊、半壊になれば、すぐ地震保険請求していたと思いますが、

ぱっと見、なんともないので、保険対象になるかどうかなんて考えてもいませんでした。

 

しかし、最近・・・

壁に入った何本かの筋が一部損壊の対象となり保険金がおりたという

ご家庭から情報を入手。

「亀裂が入っていないか、じっくり調べてみるといいよ」と言われ、

早速、見てみたら、ありました。ありました。

今更ながら、結構、被害があったんだ~とびっくり。

 

 

早速、保険会社に電話を入れると、調査に来てくれました。

 

これはお隣さんとの境界線。これだけの段差ができたんですよ。

でも、これは庭なので保険対象にはならず。

ただ、これだけの被害があるので、当然、建物にも・・・

という判断材料にはなるみたいです。

 

これもお隣さんとの境界。

亀裂が入ってますね~

 

外壁に使われている石の亀裂。

 

 ほら、これもね。

こんなのが無数。数えきれないくらい。

 

コンクリートの基礎の亀裂。他にも2本。

躯体の被害が重要視されます。

これがかなり、決め手になったようです。

 

これは雨戸の下の亀裂。

 

これは家の中。

台所の壁紙。

これは調査員がみつけてくれました。

亀裂が入っていたんですね~冷蔵庫の上なので気付かなかった  

 

これも同じドアの右上。

 

 

「一部損壊」の対象になりました。

 

そして、5パーセントの保険金がおりました。

今まで払い込んできた10年以上の保険金を充分にカバーできました

 

と、喜んだのはいいのですが、

これらの亀裂は、関東に大震災がきたらどうなんでしょうね~

かえって、心配になっちゃいました

 

 

 

ランキングに参加しています。

ここをクリックお願いします♪

     ↓

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

「仲が悪いのは俺のせい?」

2012-07-30 17:11:16 | 家庭生活

少し前の話ですが・・・

夜、ケン太とふたりで自転車で出かけたことがありました。

その時、ウォーキングしているご夫婦とすれ違ったんです。

 

「みぃみも、ああやってウォーキングするといいんじゃない?

将来、パピィと仲良くウォーキングできるといいね」って言われた。

 

 

そのちょっと前に・・・

「パピィとみぃみって、出かけることがあっても、いつも別々で一緒にでかけることないよね?

最近、あんまり仲良くないし・・・。それって、俺のせい?」とも。

  

私たち夫婦は近所でも評判の仲良しだったんです。ほんとですよ。

雲行きが怪しくなったきっかけは、ケン太の不登校。

子どもの危機的状況に、意見が衝突した。

お互いに真剣になればなるほど、おかしくなっていく家庭。

負のスパイラルに陥ってしまった。

 

これじゃ、よくなるものもよくならないね。

ケン太のためにと真剣になっているのに、ケン太のためになっていない。

 

自分のせいで親の仲が悪くなる。

子どもにとっては耐えがたいことだ。

取り繕うと思っても、敏感な子どもにはわかるのだ。

 

主人なんて、取り繕うどころか、ケン太のせいでお父さんとお母さんがおかしくなって

家を出て行きたい気分だって、ケン太に向かって言ったのだから・・・

どれほど傷つけたかと思う。

 

 

その後、主人とケン太と私の3人で居酒屋へ行っていろんな話をしていた時のこと。

「パピィとみぃみでもっと出かけてよ」って。

また、来た~

 

その前のケン太の言葉も伝えていたし、

主人は、一生懸命、弁解していた。

 

ケン太が小さい頃は3人でよく出かけていたけれど、高学年になると

ケンタは友達と遊ぶ方がいいだろうし、しだいに家族で出かけることが少なくなってきた。

それまでは、ケン太を中心に行動していたけれど、それを機会にそれぞれが自分の趣味など

自分の時間も大切にするようになってきた。

出かけなくなったのは自然の流れ。

趣味が全然、違うので、別々に出かけるけれど、仲が悪い訳じゃない。

確かにケン太のことで意見がわかれて、いつもぶつかっていたけれど、

それだけお互いに真剣にケン太のことを考えていたからこそのこと。

今もまだ考えが違うところはあるけれど、お互いに歩みよってきているし、

これからはいい方向に向かっていくと思う。

 

ケン太は「ふ~ん」と聞いていた。

どう思ったかな。

 

それから主人は少し私に優しくなったような気がする。

 

家族はいい感じになってきたかも。

これから少し上向きになってくれればいいな。

 

 

 

ランキングに参加しています。

ここをクリックお願いします♪

     ↓

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

ケン太の留守番

2012-07-29 17:36:36 | 家庭生活

昨日は午前中から出かけて、帰宅は午前様だったわたくし

お喋りに華が咲き、楽しいひとときを過ごしてまいりました

 

主人は前日から1泊ゴルフで不在。

何時に帰るのかは不明とのことで、昼食と、もしかしたら夕食もケン太ひとり。

「適当に作るから」と、言ってくれたので、私は何も準備せずに出かけることができました。

その点はとっても楽

 

干していた洗濯物。

遅くなることがわかっていたので、取り込んでいこうかどうしようか悩んだのだけど、

ケン太に頼んでみたら、最初「考えておく」との返事

「考えておくじゃ、困るの~入れてくれたら嬉しいな~」と猫になる

「わかった。入れておくよ。何時に入れればいい?」

「乾いていたら何時でもいいよ」

「何時に乾くの?」 (←面倒なやっちゃ)

「1時か2時には乾いていると思う」

「わかった

 

なのに、なのに・・・・

帰ってきて

「洗濯物、入れてくれた?」と聞くと、

「あ、忘れた~

「・・・

 

ベランダは主人の部屋からじゃないと出れないの。

もう寝てるし・・・

ま、いいかということで、そのまま朝まで翻しておくことにしました

 

食事は結局、朝ごはんの後、主人が帰ってくるまでずっと食べなかったみたい

夜8時半に帰ってきた主人と、「焼き肉屋」さんに行ったらしいよ。

なんだ~

 

ま、何も文句を言わず、いつも快く出してくれることに感謝しなきゃね。

 

 

 

ランキングに参加しています。

ここをクリックお願いします♪

     ↓

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

三者面談に行かず

2012-07-27 23:58:33 | 訪問・面談

25日に三者面談でしたが、ケン太は行きませんでした。

 

夏休み前に、三者面談のことをケン太に伝えると

「何、着て行くの?制服?」と聞かれた。

行くつもりあるのかな?・・・ってちょっと期待した。

 

面談の3日ぐらい前に

「あれ、25日って面談があったっけ?ヤバ・・・」って顔をしかめる。

用事が重なってしまったかのような言い方。

ということは、行く気になっている?・・・大丈夫そうかな?

 

面談の前日に「明日、何時だっけ?」って。

お~ちゃんと気にしてるな。

 

面談の日。

友達は遊びに来なくてずっとリビングにいたケン太。

でも、面談時間の3時間前くらいに自分の部屋に行ってしまった。

そして、寝てしまった。

時間になって声かけても反応なし。

本当は目覚めているのに、聞こえないふりしていた。

 

始業式、担任の先生と会っていないから、

面談の日に会えれば、次へのステップになるかなと期待したのけど・・・

もう少しの勇気をだすことは難しいことだね。

 

先生が夏休み中に、もう一度、面談の日を設けてくれるそうな。

その日も行けなかったら、二者面談をお願いしますとのこと。

 

ケン太は「ちょっと待って~」って。

行くとも行かないともも言わず・・・・

 

二者面談になりそうかな。

でも、淡々と受け止めます。

 

 

ランキングに参加しています。

ここをクリックお願いします♪

     ↓

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

徹夜続き・・・

2012-07-27 00:42:06 | 家庭生活

日曜日に3週間振りくらいに、お友達が遊びに来ました。

それから、毎日誰かしら来ています。

ケン太の嬉しそうな表情をみると、私も嬉しくなります。

やはり友達に助けられているんだなと思います。

 

夏休みに入り、徹夜に突入。

このまま昼夜逆転と思いきや、

日曜日に友達が来たその夜。

「今日は早く寝よう。T(友達)効果だな」と。

明日も来るかもしれないから寝る・・・ということらしいです。

やはり、友達が来てくれると、気持ちに張りが出てきますね。

 

翌日は、T君がS君を連れてくる。

S君が来るのは小学校以来かも・・・

 

で、その日も早く寝るのかと思えば、徹夜

T効果は早くも消えた

次の朝、そろそろ寝ようとしたら、K君が来る。

朝の8時半。

 

引っ越ししてしまって連絡先がわからなくなっていたK君。

これまで毎日遊んでいた友達だからね。

ケン太「来た~」って感じで玄関に飛んで行った

 

K君がお昼に一旦帰った時に、1時間ほどの昼寝

そして、K君が再び来ると、ムクッと起き上がる

1時から7時までぶっ通しで遊んでた。

 

K君が帰ったら、バタンキューかなって思っていたら、

 「頭がすっきりしている。全然、眠たくない」って。

なんか通り越しちゃった??

 

その夜、12時半過ぎにシャワーして、そのあと、何時に寝たのやら・・・

よく起きていられるね。

 

「俺は限界に挑戦するのが好きなんだよね。持久走も好きだし、エアコンなしでも大丈夫になったし、

多分、2~3日食べなくなって平気だよ」って

 

限界に挑戦するのはいいのだけど・・・

リビングに来るのが早すぎ

 

この間、5時に私の部屋に 入って来た日に、

「お母さん、寝不足になるから7時まで入ってこないで」って言ったの。

そうしたらそれは守ってくれているのだけど、

3時~5時の間に隣のリビングに来て、私が起きるのを待ってる。

ゲーム音とか、椅子がガタッと動く音とか、クスッって笑う声とか・・・

 

さっぱり寝れませ~ん

 

 

 

ランキングに参加しています。

ここをクリックお願いします♪

     ↓

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

 


この記事をはてなブックマークに追加