ケン太とのprecious days

3度の不登校を経験し、どうにか高校を卒業しました。はたしてこの先は?自立を願う母のブログです。

草食系男子の恋愛事情

2014-07-30 14:50:23 | 思うこと
今朝、途中から見た情報番組。

まずは、草食系男子を持つ、お母さんからの悩み相談から・・・

うちの子は、恋愛に興味がないのではないか?
アニメが好きだったり、フィギュアを持っていたり、
バーチャルな世界が好きなので、
リアルな女子に興味がないのではないか・・・というお悩み。

気になる行動のひとつに、中学校卒業する時に数名の女子からお手紙を
もらったのに、捨ててしまった。

というのもあるようです。

それ、全部、ケン太に当てはまりますよ!

ケン太も手紙もらったけど、読んだ後、その辺に放置してたし、
しばらくしたら捨ててた。
別に好きな子じゃなかったら、そんなもんよね。

それに好きな子がいたとしても、男の子なら、
母に言わないのが普通だと思うし、
あえて気づかれないように、そっけなく振る舞うかもね。

興味がないようにみえても、実のところは、わからない。
まあ、心配してもしょうがないってことよね。

番組でも、専門家の結論は「放っておく」と。

ほら、ほら~って感じでした。


ただ、この後がびっくり。

実際にあった専門家への恋愛相談で、
リアルな恋愛ではなく、バーチャルな恋愛の相談というのもあったそうな。

まさか?
本当なの?

最近の傾向として
失敗を恐れて、恋愛への興味に蓋をしてしまう子もいるのだとか。

失恋のよるダメージを受けたくない?
いかに、これまで失敗をしてきていないってことなのでしょうね。

親がつねに先回りして転ばぬ先の杖となり、
子どもの失敗の経験を奪ってしまってしまったからなのでしょうか・・・

恋愛にまで影響を及ぼしているとは・・・


ケン太が、恋愛に興味がなさそうに見えるのも、
案外、そんな理由だったりして・・・と思ってしまいました。


あまりにも女っ気がないケン太にもしや?と思い

「もし、男性が好きでも、お母さんいいからね」
なんて言ってしまったことがあり

「それはない!!」と

力強く返ってきました

なんと中2の時ですが・・

なんちゅう母でしょうね






ランキングに参加しています。
ポチよろしくお願いします
     ↓
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へにほんブログ村

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

追試、補講・・・盛りだくさん(>_<)

2014-07-30 12:57:19 | 勉強
無事、夏休みに入りました。

すぐ補講があるのかと思ったら、8月半ば過ぎからのようです。
それまで、たっぷり出された課題を仕上げていかなければなりません。

追試が11科目中、8科目。
欠席分の課題提出が、11科目中10科目。

その補講がダブルであります。

確か、前回はその3分の一程度だったと思います。
それでも大変だったのに

夏休みの宿題だってあると思います。

夏休みに入って、朝、起こさなくてもいいのは楽ですが、
精神的には全然、スッキリしません。


課題がいくら多くても、なんとかしなきゃというような意気込み?が
見られればいいのだけど、

昨日は、数か月振りに中学時代の友達と遊び、
今日は、高校の友達の家へ。

目の前のケン太は幸せそうに遊んでる

意気込みが見られるのはいつの日か・・・
ずっと先だろうな

こんなに空は青いのに~
心は曇り空

はぁ~

と、この記事は溜息ついて終わりたいと思います。





ランキングに参加しています。
ポチよろしくお願いします
     ↓
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へにほんブログ村

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お祭りの後、友達がお泊まり

2014-07-28 11:37:39 | 家庭生活
土曜日にお祭りがあったようです。

そういえは、昔は家族で行ったなぁ~(遠い目)
今は、お祭りの日程などをチェックする必要ないもんね

ケン太は、友達に誘われたようで、
去年に引き続き、高校の友達と約束して出かけていきました。

しっかり、お祭り代、請求されましたが
「千円ちょうだい」と。
2千くらいを言われるのかなと思いましたが、案外、かわいいもんです


さて、12時過ぎに出かけたケン太、
夜11時を回っても帰って来ません。

お祭りだから、いつもよりは遅くなるとは思っていたけど、
遅すぎないかい?

「何時に帰る?」のLINE、既読にならず・・・

すると、その10分後、友達お二人様を連れて帰って来ました。

「今日、友達泊まるから」
「え?!」って今さら、驚きませんが・・・

ケン太は友達を玄関の外で待機させ、部屋に残っていた食器類を
台所に持ってきたり、掃除機などかけていました。

ちゃんとこういう時は片付けるのよね


翌朝、ケン太の部屋から話し声がするので(多分、徹夜
フレンチトーストを作って部屋に持っていってあげました。

「差し入れ?あざーす!!」

というケン太の嬉しそうな声。

部屋をちらっと覗くと、お辞儀をするひとりの子の横で
ひとりは爆睡してた

そして、私は「帰ってくるの夜だから~」とケン太に告げ、
自分の楽しみのために外出。

夜、10時過ぎに戻ると、なんと玄関にまだ友達の靴が・・・

まだ、いたんかい!?
一足だったけど。

そして、間もなく友達は帰っていきました。
遠くに住んでいる子らしいけど・・・お疲れさんです。

お昼は、おにぎりとか、炒飯とか、
それぞれ好きな物を買って食べ、

夜はケン太お得意の野菜なし、チーズ投入のホットプレート焼きそばを
作って食べたそうな。


いよいよ今日が終業式。
(遅いでしょ?)

散々、遊んで休むなよ~と思いつつ、朝を迎える

反応悪し・・・
起きる時間過ぎた・・・

それはないだろ

と思っていたら、
電車の発車時刻5分前に起きてくる。

2分で家を出て、車を飛ばし(仕方ないわよね
駅に着くと、電車がちょうどホームに入ってきた

ケン太は車を降りると、フェンスを華麗に飛び越え、
これまた華麗な猛ダッシュで駅の構内に消えて行った。

間に合ったかね

まったく~と思いつつ、元気に学校へ向かっていく姿を見ると
やはり嬉しいのでした。

こんなレベルで喜んでもらえるケン太は幸せものです


明日から夏休み。

でも、ケン太は夏休中、たくさんの課題を課せられるので、
あまり夏休み気分を味わえないと思います。
(味わえちゃうほうが問題

夏休み全ての課題が終われば、9月に皆と同じラインで
スタートを切れます。

自分に課せられたことから逃げることなく、
乗り越えていくんだよ~






ランキングに参加しています。
ポチよろしくお願いします
     ↓
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村


この記事をはてなブックマークに追加

本当は学校に行きたいのに・・・

2014-07-26 23:10:47 | 思うこと
暑いです!

灼熱地獄のよう。

昨日、目的地までの5分、歩いただけでクラクラしてきました。(弱っ)

今日は昨日よりもさらに気温が上がり暑かったです。
午後、少し風が出てきたから、少しはマシだったかもですが。

この暑さが、これから1か月以上続くと思うとうんざりですね。

いくら暑くても、食欲が落ちたことがない私です
(無くなってもいいのに


昨日は徒歩5分のお店でランチしたのですが、
初めて会う方と二人でした。

ケン太と同じ中学校に通う女の子のお母さんです。
娘さんは今、2年生ですが、学校に行けてないとのこと。

私の友達から、そのお話を聞いたのですが、
是非、お会いしてみたくてその旨伝えてもらうと
相手の方も、是非、お話を聞いてみたいと言ってくれたようです。


最初はいじめを受けたようですが、
その後、問題が解決して、今は友達も先生も何も問題ない。

でも、学校に行こうとすると頭痛、吐き気、動悸などの
身体症状がでてしまう。

学校の先生に、「少し休ませてはどうか?病院へ行ってみて下さい」と言われ
近くの思春期外来を探して受診したそうな。

すると「学校なんか行かなくたっていいんです。
家で好きなことをさせてください。お母さんは笑顔で。
いつか動く時がきます」と。

その通り、学校に行かせようとせず、何も言わないでいると、
身体症状が軽くなってきたそうです。

やっぱり、言われたとおりだ。
もう少しよくなったら、学校に行けるようになるかも。

でも担任に「期末テストだけは受けてほしい」と言われ
別室で受けることにしたのですが、その日の朝、また身体症状が・・・
その日は無理して行ったけど、次の日はお休みしてしまったそうです。

やっぱり学校に行こうとすると、身体症状が出てしまうんだと思い、
これ以上、ストレスをかけてはならないと、
林間学校や部活の顧問からの連絡に、

「体調が悪いのでお休みさせてください」と

娘さんに予定は伝えるものの、
母の判断で学校からのお伺いに全てお断りの連絡を入れたそうな。

そして「無理して学校に行くことはないから」
と娘さんに言い続けたそうな。

でも、娘さん、林間学校に行きたいと言い、
「楽しかった」と帰ってきたそうな。
部活も大会の見学だけ出かけたんだって。

ただ、それだけでクラスには戻れないんだけど・・・

本当は学校に行きたいんだよね。

「学校なんて行かなくてもいい」なんて
どうして、思春期外来で言うんだろう。

私は無責任な言葉だと思う。

だって、ここは日本だし・・

学校に行かない子を、学校に行けない子という目でみるよね。
あ、そういう選択をしたんだねなんて受け取る人はいない。

学校も親も友達も・・・

その中で、そういう選択ができる子は強い子。
できるのならいいと思う。

でも、学校に行けなくなる子はそんなに強くない。
身体症状に出ちゃうんだから。

だから、家にいても学校が気になって仕方がない。
精神的な症状がでてくる子もいる。

お母さんの「学校に行かなくてもいいんだよ」の言葉に
救われたりもしないんだ。

もちろん、「行きなさい!」と言われるよりはいいけれどね。

「学校なんて・・」っていう子も
行けない自分を必死に正当化しているだけだったりする。

「うちの子は学校なんて行かなくてもいい」って言ってます。

本当にそうなのかな?

不登校中に発する言葉は、そのまま受け取ってはいけないと思う。
学校へ行く、行かないも親の判断で決めてはいけないよね。


私がお会したお母さんは
「本当にこのまま待っていて行くようになるのだろうか」と
不安になっていました。

私も不安になったから、ただ待っているようなことはしませんでした。


自分で動こうとしている娘さん。
学校に行きたい気持ちを持っている娘さん。

なんとか頑張ってほしいな。





ランキングに参加しています。
ポチよろしくお願いします
     ↓
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へにほんブログ村


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

朝の記憶がありません!

2014-07-23 23:39:19 | 家庭生活
昨日と今日とお休みしたケン太です

昨日の夜

「明日はちゃんと行くように」と話すると

「うるさい」と

今までだったら、たいがい「わかった」「わかってる」って返ってきたのにね。
少し反応が変わってきています。

行く気がなくなっているのか、
行こうと思っているのに言われたからか・・・

「わかった」と返ってきても、行くとは限らないんだけどね。
そう言っておけば、その場を逃れらえると思っている節があります。

親が何かを言っても響きにくい。

もう、高校生となると本人次第なんですけどね。


今朝・・・

最初、起こしに行って目を覚ましました。

次に行った時、目を開けていて、時間を告げる私に頷きました。

次に行った時も、同じく目を開けていて、頷く。
部屋の時計もチラッと確認しました。

それでも起きてこない。
時間切れ。

ケン太の部屋に行くと、布団を被って寝ていました。

起きられなかったわけじゃない。
起きていたのに、また寝たんだから。

それがケン太の答えか・・・


昼過ぎ・・・

ケン太がリビングに現れました。

「おはようございます」

珍しく謙虚に、声をかけてきます。

「あのさ、俺のこと起こしてくれた?」
「起こしたよ」
「全然、覚えていないんですけど」
「え?目を開けて、頷いてたよ」
「ほんとに?まったく記憶にない。俺、きっと寝ぼけてた」

そうなの?
信じられん!

でも、嘘はついていないと思う。
行くつもりがなかったら、バツが悪くて、話かけてこないから。

それに、普段着のまま寝たはずなのに、
朝、制服で寝てた。

朝方、シャワーして、制服に着替えたらしい。
行くつもりだったということだね。
そのまま、また寝てしまったようだけど・・・

なにせ、徹夜したらしいから

徹夜して起きれなくて学校を休むのはなしだよ。
今は大切な時なんだから、ちゃんと調整して行けるようにしなさい。

って言っておきましたが。
今度は黙って話を聞いてました。

今日も、ポットとコーヒーを持って、部屋に行きました。

また、話し声が・・・


明日はどうだろう。




ランキングに参加しています。
ポチよろしくお願いします
     ↓
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へにほんブログ村

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加