ケン太とのprecious days

3度の不登校を経験し、どうにか高校を卒業しました。はたしてこの先は?自立を願う母のブログです。

お風呂入る?入らない?

2011-10-31 17:58:18 | 家庭生活
昨日、主人は午前中、スーパー銭湯へ行ったので、お風呂は入らないという。

ケン太はお風呂に入ったり、入らなかったり・・・

入るつもりでいたのに寝ちゃったりもあるし、
気がつけば、3日くらい入ってないんじゃ??って時もあり・・・
汚いヤツです。

サバイバルな訓練でもしているのか?って聞いてみたい


我が家は時にシャワーで済ます時もあるので、お風呂の時は
「お風呂わいてるよ」って教えてあげたりする。

「入らない」って言ったら、それまで。

「入れば」「昨日も入ってないんじゃない?」なんて入らせようと
したこともあったけど、「くそ!」「黙れ!」「死ね!」って
言葉が返ってきたから、それ以降、言うのはやめた。

思春期真っただ中。

いちいち親の指図は受けたくないのよね。
そんなの俺の勝手だろってことか?

確かに、お風呂に入らなくたって死にやしないものね。
入るか入らないは本人の問題。

親はそう思うしかない。
お風呂ごときで、親子がイヤな思いをするよりずっといい。

それに、好きな人ができたら「入るな」って言っても「入る」でしょ。
どうかな?

その時を待ちましょう






それで、話は戻るけど・・・

主人は入らないっていって、ケン太も入らなかったら、
私ひとりのために、お風呂入れるのもったいないかな~
でも、なんだかとっても湯船につかりたい気分だった昨日。

それでケン太に・・・

「ねぇ。ケン太今日、お風呂入る?」

「う~ん。どうしよ。あとで入りたくなったら入る」

「パピィさ、今日、お風呂やさん行ったからお風呂はいいんだって。
お母さんは入りたいんだけど、ケン太が入らないとお湯沸かすの
もったいないじゃない?だから、ケン太が入ってくれると嬉しいんだけどな」

「そういう言い方されるとさ~入らなきゃいけない気分になるじゃない」

お~アイメッセージ、成功??

・・・と思いきや

「まあ、入りたくなったら入るよ」って

「そう・・・じゃあ、沸かしちゃおうかな」

「うん。そうしなよ。考え方を変えればいいじゃない。
もったいないなって思うんじゃなくて、いつも私最後なのに、今日は、一番風呂で
気持ちいい~ラッキーって得した気分を味わえばいいんだよ」

なんか1本とられたね



ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします

    ↓
にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へにほんブログ村



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

缶詰もビジュアル?

2011-10-30 22:31:49 | 家庭生活
昨夜、お腹がすいたケン太はパントリーの中を物色。

『さんまのかば焼き』の缶詰を見つけて夜食として食べていた。
ご飯がなかったので、それ単品で

多分、初めて食べたと思うけど、美味しかったみたい。

「毎晩、食べるからたくさん買ってきて」・・・って。


それで今日、買ってきてあげた。

さんまのかば焼きの他にも、いわしのかば焼き。ツナ缶。

缶詰を見て「昨日の缶詰と違う。昨日のがよかった」って

「味、一緒じゃないの?」って言うと、

「俺は味よりもビジュアルが大事なの。この缶詰、横側が白色なのが気に入らない。
昨日のは赤だったから美味しそうだった。それに文字多すぎ。絵が多いほうがいい。
それに、ここちょっと擦れて色がはげているでしょ。はげているかどうか確認して
買ってきて。綺麗な方がいいから。俺ってそういうことにこだわるの」

あ~そうですか~

結局、食べたけどね
今度は夕食の残りのご飯つき。

いろいろ言うわりには、さんまを食べるつもりで、いわしを食べていたけどね。

食べ終わって、いわしだったって気づいたケン太


「味付け一緒だからな」ってさ。

なんだかね~




ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします

    ↓
にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へにほんブログ村




この記事をはてなブックマークに追加

痩せれば美しい?

2011-10-28 19:51:06 | 家庭生活
ケン太は今日も行きました。

昨晩、「明日は3時間授業だから行くよ!」って。

6時間ならどうなのよ!!って突っ込みたくなりましたが・・・

先が思いやられます



気分を変えて・・・


昨日、一緒に遊んだお友達からもらったお土産。



エッセンシャルマスク2種類。



ハングル語。見えにくいかな?



韓流なお友達に誘われて新大久保へ行ってきたんだって。
韓流ショップを見学し,韓国料理を堪能し、とっても楽しかったそうな。

新大久保は有名なコリアンタウンですものね。
韓流ブームがおきてから、かなり街が充実してきたみたいです。

今度連れて行ってくれるって。わ~い
楽しみだな




テーブルの上のエッセンシャルマスクを見て、

「何、これ?」ってケン太。

「パックね。これで綺麗にならなきゃ」

「あのさ、みぃみ。その前にまずはダイエットだろ。そんなブヨブヨな身体で
顔だけツルツルでも意味ないじゃん。あ~キモ。キモ」

が~ん

「痩せたらさ、みぃみは美しくなると思うよ。だから頑張んなよ」

あら、ほんと?持ち上げ上手

「とにかくその脂肪とることだよ。今のままじゃ、ほんとダサいわ。
○○だわ。××だわ。(放送禁止用語)」

結局は、けちょんけちょん

やはり母は美しくあってほしいのかな。



これを読んだ方、どんな私の姿を想像していらっしゃることか・・・

あの~最近、11号が増えましたが、物によってはまだ9号行けます。

目標、オール9号!!




ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします

    ↓
にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へにほんブログ村

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今日は復活

2011-10-27 23:36:04 | 家庭生活
3日間お休みしてしまったケン太は、今日学校へ向かいました。
やれやれです。

ここ数日、ずっしりと気が重く、何をする気にもなれなかったのですが、
行ってくれると急に気持ちが楽になります。

この差はなんだ!っていうくらい違うのです。

多分、子どもが休むって普通の子であれば、それほどのことではないと思う。
1日~2日休んでも、次には行くだろうと思えるのだから。

ただ一度、不登校を経験していると、またあの時代に戻ってしまうかも・・・
という恐怖が常にあるのです。

実際にお休みすることを覚えてしまっている子は、休むことを選択しがちなので・・・

その日のお休みのことだけでなく、先の不安がよぎってしまう。
悲しい宿命ですね。



実は昨日、ランチの約束が入っていたのです。
ケン太のクラスメイトのお母さんも一緒です。

ケン太が休んで何を思っているやら・・・と思うと、気が重い。
ケン太のことを喋るとケン太がイヤがるので、話しませんでした。

その他の話題で盛り上がり、ガッツリ食べました。

私って何があっても食べれてしまう。
幸せなのか不幸なのか・・・




ガレット。
生ハム、モッツァレラ、アボカドとか入っていたな~



そして今日は別のお友達とお出かけ。

ケン太が家にいないと思うと、ほんと心置きなく楽しめますね。

それで心置きなく食べ放題



ケン太、これからもよろしくたのむよ




ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします

    ↓
にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へにほんブログ村
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

機嫌を損ねた?

2011-10-25 23:35:13 | バトル

またお休みしたケン太。

朝、とっても落ち込んでいた私。
今も立ち直ったわけじゃないけど・・・

お休みした理由はよくわからない。

何か機嫌を損ねていたようにみえた。

昨日を引きずっていたのかな・・・



3日間、PC,PSP禁止ってなっていて、朝、預かった。
ずっと自分の部屋にこもっていたケン太。

昨晩、ケン太を呼んでも返事がなかったので行ってみると
PSPにイヤホンつけて寝ていた。

なんでここにPSP?って思ったら、以前、友だちから預かっていたPSP。
それを隠し持っていたんだね。

ケン太は自分のPSPは没収されても、それは友達のだから渡せないという。
そして、開き直ったのか、PSPをやっていけないとは言われたけど、
プレステ3のことは言われていないから、やっていいんだとまで主張してきた。

私はPSPだけじゃなく、ゲーム機全般という意味合いで言ったと思う。
少し押し問答になる。

タダならぬ気配に?主人がやっている。

言った言わないは、決めた時にちゃんと紙に書き留めていないのが悪い。
決め方に問題があった。
それに、そんな罰を与えるようなやり方して学校に行けるようになるのか?
その制限は親が決めたんだろう?
親が、強制的に守らせているだけだ。押さえつけてやらせていたら、
何時までたっても自分から守ることができない。
PC、PSPを目の前に置いて、それでも誘惑に負けないでやらないと
いうのなら意味がある。没収することに何の意味もないだろ。
寝不足が原因なら、どうしたらいいのかケン太に考えさればいいだけだ。

主人が言っていることは間違っていないのだろう。
でも、制限はケン太が受け入れている。
受け入れた以上、守ってくれなければ困る。
今回、PSPをやっていたことをまずは注意してほしかった。
約束するということの重要性を示してほしかった。

それに制限をかけることは主人も承知していること。
今さら、それもケン太の前でどうして覆すんだろう。

主人は自分の言いたいことだけ言い、「もう遅いから今日は寝ろ」と言って
寝室に行ってしまった。


今日の朝・・・

「まず、約束を破ったことは叱ってほしかった。中学生になると、母親が
言うことをきかせられないことがある。その時には父親が止めてほしい」

とお願いした。すると・・・

「今まであなたのやり方でやってきたんだろ。俺は俺のやり方があるけど、
あなたとは違うから、言いたいことがあっても、90%ぐらい言わないよう
に我慢してきたんだ。自分で手に余したからといって、最後に俺に振って
くるのはやめてくれ。あなたが自分で言うことをきかせられるように
努力すればいいだろ」

夫婦が別の方向をむくと、いろんなことの解決が難しくなる。
我が家は機能不全をおこしているみたい。



ケン太には、

制限は好きでかけているわけではない。ない方がいいに決まっている。

友達のPSPなら使っていいの?プレステ3なら使っていいの?
なぜ制限をかけることになったのか考えてほしい。
抜け道を探すことに何の意味があるのか・・・

昨日、ずっと学校に行けたら宣言を少し緩めてほしいというような要求をしてきた。
制限を緩めるのは考えてあげる。
でも、それは学校に休まず行けるようになって要求すべきこと。
今、学校へ行っていない状況で、言える立場ではないことを伝えた。

ケン太は泣きだした。
納得していなかった。

制限かけられても俺は変われない・・・って言いだした。
制限がキツクなると守る気もしなくなる・・・と。
主人の発言の影響だろうな。


「週に3日も休むつもりはないから」とも言った。

まずは、その言葉を信じよう。






ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします

    ↓
にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へにほんブログ村


コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加