ケン太とのprecious days

3度の不登校を経験し、どうにか高校を卒業しました。はたしてこの先は?自立を願う母のブログです。

高校時代を語ったケン太。

2017-05-27 23:59:43 | 高校生活
先日、ケン太のお休みの日のことです。

雑談をしていて、どんな話からその話になったのかは忘れましたが、
高校の時の先生の話になりました。

40代くらいの女性の先生が2人いたのですが、
皆に人気があって、アイドル的な存在で、
友達同士で、「俺はT派」「俺はM]というような会話もしていたようです。

ケン太はM派だったらしいです。

T先生もM先生も、いつも親身に接して下さったという印象です。

休みがちだったケン太が、勉強不足のため、申し込みしていた資格試験を断念しようとしていたら、
それを察したのか「明日、対策やるから来れたらおいで~」とT先生が電話をくださり、
「じゃあ行こうかな」と翌日、登校。試験も無事受けることができました。
おかげさまで合格することも。

ケン太が提出すべき課題を締め切りギリギリに私が学校に届けた時、
担任は不在だったのですが、私を窓口で見つけ、T先生とM先生が来てくださり、
ケン太の周りにいた子のことや、クラスでのケン太の様子など、いろいろお話してくださいました。
こんなに見ていてくださり、気にかけてくださっていたこと感謝したのを思い出します。

優しくて温かくて・・・生徒達から信頼があるのもうなずけます。

ケン太は1~2年の時の担任が大好きで
「K先生、好きだわ~」と何度となく言っていたのですが、

今回「俺、M先生、好きだったよ」という言葉も聞けました。

そうだったんだねぇ~


あとはこんな話も・・・

ケン太は当時、ノートを丁寧に書くことに拘りを持っていたのですが、
M先生の授業の時には、ノートを取らなかったそうなのです。

それは、先生の黒板のまとめ方が下手(失礼)で、
あとで文章を追加したり、綺麗にまとまらないので、ノートを取るのを止めたそうな。
そこはケン太の拘りの強さですね。

ある時「どうしてノートを取らないの?」と先生が聞くので、

まとめ方が下手と、思っていることをそのまんま伝え
こうやったらいいと意見もしたらしい

すると、なんと、M先生は次の授業から、ケン太のやり方にしてくれたらしい。

「俺のおかげで先生も黒板の書き方が上手になってよかったよ」とか言っているし


そういえば、1年の時の担任にボランティア活動の誘いを受けた時に
「おごってくれるなら行ってもいい」とか言ったこともあったっけ。

先生も「いいよ!」とおごってくれたんですよね。(申し訳ない
でも、それがキッカケとなり、その後、何回かボランティアに参加することができました。


小学校の時も中学校の時も、クラスの人数も結構いたし、先生は遠い存在で、
自分から近くに寄って行ったことはないと思います。

先生は緊張する存在だったはずです。


だから、高校に入ってからの先生のやりとりを聞くと、びっくりというか
今までのケン太とは、別人のように感じました。

高校は、先生と生徒の距離が近かったです。

通信で、メンタルが弱っている子もいますから。
先生方も生徒との距離を縮めることを意識されていたと思います。
生徒の言葉というものを尊重してくれていたなと感じます。

絶対に否定はしない。

否定されないとわかっているから自分の思っていること、素直に言えたのですね。

不登校の後の、リハビリ中だったケン太に
この環境はとてもありがたかったです。



今回、最もびっくりしたのは、高校3年の時の担任も好きだったということ。

進路を決める3者面談で、かなり手厳しくやられていたからね。
それも全面否定で・・・

生徒の間ではあまり評判がよくなかった先生らしいです。
私も三者面談での先生の表情が怖すぎて、あまりいい印象はなかったのですが

ケン太は好きだったとは・・・

「見た目もなんか、かわいいじゃない。嫌いっていう奴が多かったけど、俺は、結構、好きだったよ」って

(ちなみに男性です


ケン太もあまりいい印象を持っていないだろうなと思っていたのですが、
勝手な思い込みはいけませんね

好きって言えるケン太は凄いなって思いました。


ケン太は最初は順調だったのに、そのうち行けなくなり、
単位制にコース変更してどうにか卒業できたんだけど、
それはケン太自身の課題提出の問題であって、
学校に何か問題があったわけじゃないからね。

通えた日数は少ないけど、
ケン太は高校生活の中で、いろんな刺激を受け、学び、
間違いなく成長できていたと思います。

いい高校だったんですね。

改めて感じました。




ランキングに参加しています!
ポチしていだだけたら嬉しいです
     ↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ




この記事をはてなブックマークに追加

卒業しました!

2016-03-13 23:44:43 | 高校生活
今日はケン太の卒業式でした。

午後3時からの卒業式。
じゃあ、起きれるな・・・と、まず先に思ってしまう相変わらずな私ですが

なんと昨晩、友達が遊びに来て徹夜。

寝たら起きれないから起きていると言う。
(じゃあ、午前中の方がよかったね

リビングでずっとピアノを弾いていましたね・・・

そのうち、睡魔が襲ってくるわ、疲れが出てくるわで、
お昼ご飯を一口しか食べられず

それでも出て行く2時間前には制服に着替えました。

「ネクタイの結び方、忘れてなかったわ」と笑顔でした。

何か月振りだろう~
5月法事で着たのが最後で、約10か月振り。
学校に着て行くのは・・・1年3か月振り?

ケン太の今のコースは制服はないので、
全日コースから移った後は、学校で制服を着ることはなかったです。

でも、最後は着ることにしたそうです。

制服が大好きなケン太でした。

今日が本当に最後になりました。

その姿をぱっちりカメラに収めましたよ。


そして、時間になり・・・

「じゃあ、行くわ」と出て行きました。



卒業式に向かったのはケン太だけ。

私も主人も行きませんでした。


卒業式に行くかどうか少しは悩んだのですが、
やっぱり、どうしても行く気になれず・・・

乗り気がしないのに無理することないなと
最後は自分の気持ちに素直になろうと、
行かないことを決めました。

なんでしょうね。この感覚・・・

普通高校なら迷いなく行っていたと思います。
今の通信制でも、全日制に残っていたなら行っていたでしょう。

今のコースは行事など一切ないし、
懇談会のようなものもない。

高卒認定のためだけにあるようなコースです。
案内や書類は全て郵便物で受け取るのみ。

学校で学生らしい生活を送っていないからか、
もう最後なんだ・・・という感慨深いものが沸き上がってこない。

進学希望であれば、もっと先生と接する機会もあったかもしれないけど、
先生とは2回、お話しただけ。

それもフリーター希望を最後まで受け入れて下さらなかったし・・・
正直、先生に会って、どんなお話をすればいいのかと思うと・・・

なんか行きづらいです

ケン太も「別に来なくてもいいよ」と最初から言ってたしね。


だから家で待機することにしました。

「今、始まったな」・・・と、ふと思ったりしていました。



卒業式を終え、友達と時間を過ごし、
ケン太は帰ってきました。

眠気も覚めたようで、元気そうでした。

親がどれくらい来ていたのか、その前に、親がいたのかどうかさえも、
後ろを見なかったのでわからなかったそうです

ただ、一番仲がいい友達の親はこなかったそうです。
やはり、そんなものなんだなと思いました。

卒業式の前に「3年生ってどれくらいいるの?」と聞いたのですが、
「20人くらいかな~よくわかんない」と言っていたのですが、

実際は、30人ほどいたそうで・・・
ケン太は式に出て初めて、こんなにいたことを知ったそうです。

スクーリングの回数は少ないし、皆が毎回、出席するとは限らないので、
そんなものかもしれませんね。

そんな30人ほどの卒業式でした。

校歌斉唱があったけど、
ケン太も友達もしばらく歌っていないし、
そもそも、転入生は校歌など知らないし、
生徒は誰も歌わず、先生だけが歌っていたそうな。

でも、その話をしてくれた後に、
さながらテノール歌手のように、感情たっぷりに歌ってくれましたよ
今日、聞いたCDのマネだそうです


中学の時は、校長室でひとりだけの卒業式でした。
家に帰ってくると放心状態。
卒業式のことは一切、語ることはなかったです。

卒業おめでとう!いっぱい、いっぱい、おめでとう!


卒業式に参列して・・・
高校時代の3年間のいろんな思い出が駆け巡り・・・
その中で成長できた我が子の姿に感動し・・・

そうであったらもっとよかったかもしれないけれど、

なんの不安もなく式に向かえて
帰ってきて、卒業式の話をいろいろとしてくれて・・

ケン太が笑顔で今日を過ごせたこと・・・


それだけでいいのです。
それだけで十分です。


今日でケン太の学生生活は終わりました。

長かった学生生活。
ケン太にとって学生生活とはどんなものだったのだろう。。。

上手くいかない時期もあったけど、
いつもいつも友達には恵まれていたね。

今日も、寝ていないのに友達から連絡があって遊びに行ってしまった。
やはり学生最後の日もケン太らしく終わったね。


ケン太、卒業、おめでとう!

そして、お疲れさま。


今度、お父さんと美味しいもの食べに行こうね!

家族で卒業をお祝いしようね!!







ランキングに参加しています。
ポチよろしくお願いします
     ↓
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へにほんブログ村

この記事をはてなブックマークに追加

卒業記念のディズニーシー

2016-03-04 23:51:06 | 高校生活
もう10日ほど前のことになりますが・・・

ケン太は友達6人とディズニーシーへ行きました。

卒業記念というところかな?


そんな輝かしい?場所に出向くのは、高校入学以来初めてかも。

ディズニーそのものが、小学校3、4年以来だしね。

小学校6年生の卒業記念に、皆、友達同士でディズニーランドに行くのが恒例だったけど、
一番、仲の良かった友達が別グループに誘われ、一緒に行けなくなったから、もういいと
涙したケン太

ちょっとかわいそうに思った当時の記憶が蘇ったね。

学生、最後にリベンジできてよかったね。

ケン太の中にそんな感慨深いものはなさそうだけど



その数日前、ケン太が・・・

「みぃみ。今度、ディズニー行くから、よろしく」

「・・・何をよろしく?」

「まあ、とにかく、よろしく・・・ということで」


とその場から去っていった。


まあ、察しはついているけどね。
チケット代とお小遣いでしょ


ケン太がその後、何も言わないので、私も何も言わなかったけど、

前日に、チケットを購入してから行くことになったようで、
お願いにきましたよ。

ここは、卒業祝いということで、気持ちよく出してあげました。
(ネット購入)


そして、

「みぃみ。5千円、めぐんで。お釣り返すから」とも。

高校に入って一度も臨時にお小遣いをあげたことはないのですが、
これも、卒業祝いということで、お釣りはいらないからと5千円渡しました。

「余ったらお土産よろしくね」と添えて。

「あざーす!」と両手で5千円札を受けとりましたよ。


そして、翌早朝、自分で起きて出て行きました。(私が爆睡中に


開園前に並び、閉園の10時までたっぷり楽しんだようです



帰ってきて

「俺、ディズニーを舐めてたわ。なんでも高いの。お土産なんて何も買えなかったよ」

まあ、5千円じゃ、お土産は厳しいと思ってたけどね


お友達のお小遣いの最高額は、2万5千円だったとか。あとは、1万5千円とか。
3人くらいは、お金にいとめを付けず、ボンボンなんでも買っていたそうで・・・

でも、もちろん、ケン太と同類もいたそうで、それでも、6千円は持っていたらしい。
ケン太が一番、少なかったらしいよ。

「いや~金持ちはいいよな~貧乏人の俺は、ポップコーン人から奪って食べてたわ」と笑ってた。

よかったね。めぐんでくれる友達がいて

その友達、そのまま我が家に泊まりにきたけどね


今回の友達はケン太の他は全員、全日制の子で、
今もよく遊んでいる子もいるけど、久々に遊ぶ子も。

もうこんなに大人数で遊ぶこともないだろうね。

いい思い出ができたね





ケン太の方は昨日の夜から食欲が出てきて、やっと普通に食べれるようになりました。

昨日までフラフラしていたけど、これで快方に向かえるかな





ランキングに参加しています。
ポチよろしくお願いします
     ↓
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へにほんブログ村

この記事をはてなブックマークに追加

卒業が決まりました!

2016-02-28 23:47:56 | 高校生活
昨日、ポストに学校からの封書が・・・

もしや?

その、もしや、でした!





無事、卒業が確定しました!



最後の登校日。

ケン太は先生に、テストの結果がどうだったか聞きに行ったそうです。
やっぱり気になっていたんですね

まだ結果がでていなかったそうで、
もうすぐ卒業認定会議があるからその時にわかると言われ、帰ってきました。

もし補講が必要なら、その後に連絡がくるんだろうねと話していましたが、

1週間、なんの連絡もなく。

そして、この封書が・・・



ケン太は前日、友達が泊まりにきていて、友達が帰ってから爆睡。

夕方、起きてきた、ケン太に伝えると

「やった。OK!」と右親指を突き出しました。

「まあ、大丈夫だと思っていたけどね」とニンマリ


ケン太もほっとしたでしょう。

私もだけどね

むしろ私の方が?


これで一区切りできました。

ひと息ついて、これからは次のステージです。





泊まりにきていた友達、帰ったその日にインフル発症だって

いつも午後帰るのに、朝方帰ったと思ったら、体調が悪かったようで・・・


ケン太、今日起きてきたら、38度あるとかで

これはもう決まりでしょ。

でも、お風呂に二日間入ってないケン太は、明日、病院に行くため、シャワーしたら
なぜか、37度に下がる。

その後もその程度で推移。
元気にピアノ弾いたり、ゲームしたり、いつも通り過ごしています。

「俺の力でインフルを撃退してみせる」と言ってますが・・・どうなるでしょうね

とりあえず、移されたくない私は、家の中でマスク生活です




またまた応援のコメントが
どれだけ皆さんにパワーをいただけていることか・・・
私は幸せものですね。

本当にどうもありがとうございます




ランキングに参加しています。
ポチよろしくお願いします
     ↓
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へにほんブログ村

この記事をはてなブックマークに追加

どうにか卒業できそうです。

2016-02-21 22:36:49 | 高校生活
あとは課題ができるかどうかだったケン太ですが、
全て終わり提出できました。

どうにか卒業できそうです。

提出期限、4日前にやっと課題に手を付けました。
ギリギリのスタートと予想していたとはいえ、やはりハラハラするものです。

「いつ、やるの?」「まだ、やらないの?」「やりなさい!」とは言いませんでしたよ。

課題さえ終わればほぼ卒業は確定なので、やるだろうとは思っていましたからね。
ただ、確信があるわけじゃないので、待っているのって、とっても心臓に悪かったですが

言う方がずっと楽ですからね。


課題やり始めたとはいえ、そこはケン太。
そこから、また波乱万丈ドキドキの日々、第二章の幕開けです。

1日やったと思ったら、次の日はアキバへ。
これがまた中学校卒業して以来会っていない友達も一緒とのことで外せない?
(いつもの友でも外さないと思われますが

アキバから帰ってきた日の夜、課題をやる予定だったようですが、夜の10時に「○○がこれから来る」と。
近所の中学時代の友達です。
「遊びながら、地理やっちゃうわ」なんて言っていたけど、できるわけもなく。オールで遊ぶ

友達は翌日の午前中に帰ったのですが、その後、爆睡。
夜起きて、今度はずっと友達と話している声が深夜までしていました。
結局、その日もやらず。

でも、さすがに、まずいと思ったのでしょう。
翌日、乗り鉄の友達と早朝から夜10時までかけて関東大回り乗車の予定でしたが、それはキャンセルしました。
提出期限の前日ですからね

それまで、夜にならないとやる気が起きないと言っていたけど、その日は午前中から頑張っていました。
提出期限の日は登校日なので、なんとしても終わらせてから登校したいと思ったようです。
しかし、残り1日でこなすには、結構、厳しい量。

そこで友達にヘルプを出したようです。
一部、答えを送ってもらえることに。

ありがたい友達がいるものです

「あと物理だけで終わり。今、友達やっていると思うから終わったら送ってくれる」と。

その友達とは、その日に大回り乗車の約束をしていた友達でした。
その子も終わってなかったようで・・・

友達が問題をやっている最中なら、あなたもやればいいんじゃない?と思いましたけどね。
友達の解答を待っている間にゲームをしているケン太でした。(なんという


そして、無事、課題を提出することができました。

なんとかなりました!

なんとかすることが大事!!
(こういう書き方をすると、細かいことを言ってくる方がいるのですが、あの~受け付けませんので

わたしゃ、生きた心地がしなかったけどね



翌日の登校日。最後のスクーリングでしたが、
1回の声掛けで起き、朝ごはんもしっかり食べて、すんなり出て行きました。

全てが終了し、あとは卒業が確定するのを待つのみです。

出席の日数が足りるかどうかは微妙ですが、万が一の場合、出席補講でクリアできます。
なので大丈夫でしょう。


卒業式に無事、参列できますように・・・




ランキングに参加しています。
ポチよろしくお願いします
     ↓
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へにほんブログ村

コメントにはお名前をお願いします。
お名前がない方へのお返事は遠慮させていただきます。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加