撮れたて箕面ブログ

箕面市公式ブログ!北大阪から全国へ発信中!箕面広報室職員などが取材した市内の出来事、イベント情報などを紹介

箕面は宝くじ発祥の地!昔は福を授かるお守りが当たった!!

2009年02月18日 | 箕面のここ!

 今では、宝くじと言えば、高額の賞金が当たる一獲千金のチャンス!

ですが…もともとは、お金ではなくお守りが当たったとのこと。

江戸時代に使用された当選者を選ぶための木箱です。

箕面大滝に通じる滝道の途中にある箕面山瀧安寺は、日本の宝くじ発祥の地として有名です。山本照覺住職にお話を伺いました。

起源は、天正年間(安土桃山時代)以前までさかのぼり、江戸時代には、「侍に、今で言うガードマンを依頼したほど」大阪の商人が大勢訪れたとのこと。
「富突(とみつき)」などと呼ばれ、1月7日に行われました。参拝者の名前を書いた木札を木箱(1枚目の写真)に入れ、僧が長い柄のキリで突いて当選者を3人選び、大福を呼ぶと評判のお守りを授けたと言います。


『摂津名所図会』に描かれた富突

「富突」は、他の寺院などでは金銭が当たるものとなって次第に各地に広がり、後に江戸幕府によって禁止されました。しかし、瀧安寺は他の寺社より起源が古く、営利を目的としていなかったので幕府から許可され永続したそうです。

今でも瀧安寺では、正月三が日に、参拝者が円筒型の木箱から景品が当たる木札を選ぶ「富くじ」が行われています。

「実は、地域のみなさんとまちおこしの一環として、昔の方法による富くじを復活させようという話があがっています」とご住職。

<昔と同じ道具、服装で行うんだって。そのときは、取材にいくよ!

瀧安寺の地図

『大阪府』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中学生が高齢者疑似体験を行... | トップ | 第1回箕面森町妙見山麓マラソ... »
最近の画像もっと見る

箕面のここ!」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事