箕面三中 校長室からのメッセージ

おもに保護者のみなさまに向けたメッセージです。生徒の近況を伝えるとともに、教育と子育てについての情報をお伝えします。

なんのために働きたい?

2017年11月21日 13時42分55秒 | 校長からのメッセージ


11月14日に引き続き、3年の進路学習で、今日4限には、講師の方をお招きして、講演をしてもらいました。

今の時期、当然ながら進路懇談では、どこの高校を受験するか、その高校の現時点での合格可能性の話に終始しがちになります。

その懇談等を通して、生徒の希望、保護者のご意向を踏まえて、話を進めていきます。

そんななかで、高校進学を見つめながらも、自分がどんな生き方をするかを考え、自分を見つめていくことは、たいへん大切なことです。

ということで、今日は、NPO法人ソルト・パヤタス福岡事務局長の井上広之さんにお越しいただき、お話をしてもらいました。

話のテーマは、「なんのために働きたい?」でした。

まず、のっけからアイスブレーキングでした。

①朝から晩までシュレッダーをかける仕事
28万円/月

②みんながとてもやりたい仕事
15万円/月


①をやりたいと、手をあげた生徒が約40人弱
②をやりたいと、手をあげた生徒が20人ほど
でした。

今、世界で、字を読み書きできるひとは100人中86人、きれいな水を使える人は87人、大学へいく人は7人。

この世界を見てみたいと思い、井上さんは、大学生のときフィリピンへスタディツアーで行きました。

今のNPO活動のねらいは、「生まれや環境にかかわらず、子どもたちに未来の選択肢がある社会を実現する」ことです。

そして現在、井上さんは、フィリピンの子ども支援にかかわっています。



井上さんは語りました。
NPOと企業も共通するのは、誰かのために働く、社会のために働くこと。

そして、生徒たちに問いかけました。

「みなさんはどんな社会をつくりたいですか?」

答えは、それぞれの生徒のなかにあります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 生徒を信頼するとは | トップ | 図書館を使った授業 »

コメントを投稿