箕面三中 校長室からのメッセージ

おもに保護者のみなさまに向けたメッセージです。生徒の近況を伝えるとともに、教育と子育てについての情報をお伝えします。

期待しすぎは重荷になる

2017年10月21日 19時07分52秒 | 校長からのメッセージ



今回の話題は、10月16日のブログの続きです。

教師や親が子どもの成長する力を信じることは、子どもの心のエネルギーにはなります。

ただし、信じることは、こちら側のスタンスであって、「こうなってくればいいな」と希望する程度にとどめておきます。

希望するのならいいのですが、期待しすぎは好ましい効果をもたらさない場合が多いようです。

期待しすぎは、子どもにとって重荷となることがあります。

励ましたり、希望したりするのはいいのですが、期待しすぎは、子どもがそれに応えられない自分に気づきます。

「自分はここにいていいのだろうか」と疑問や不安を抱く子どもがいます。

そうではなくて、「どんな子であろうと、あなたがいてくれることだけでうれしいの」というおとなの思いを伝えたいし、おとながそう思っていることを感じさせたいのです。

子どもがこのおとなの思いを知ったとき、外へ向けた一歩を踏み出せるのです。

このような心のエネルギーをもった子は、中学生ともなると、学校でもたくましく生活を送っていきます。
コメント

文科省というところ

2017年10月20日 17時22分06秒 | 校長からのメッセージ



文部科学省(文科省)は、以前、文部省という名称でした。

この省は、もちろん日本の教育はどうあるべきかな方針を出すところです。

文科省の出す教育育政策は、都道府県教育委員会→市町村教育委員会→各学校へと伝わってきます。

文科省→大阪府教育委員会→箕面市教育委員会→箕面三中という流れで、文科省の教育政策は全国の津々浦々の学校に浸透するというしくみです。

例えば英語学習を、国が東京オリンピックの年度に小学校で拡充するとなれば、全国の小学校でまんべんなく実施することになります。

もっとも、箕面市の場合は、この政策を前倒ししています。

小学校5・6年の英語学習は、すでに小学校3年から週1時間の学習を開始しています。また15分間の英語活動を小1から行っています。

中学校では、箕面市は独自に週4時間の英語授業に加え、教育課程特例制度を使い、英語コミュニケーション科の週1時間の計5時間を実施しており、三中でもやっています。

それはともかく、今回は文科省についての感想です。

全般話題になった文科省幹部の天下り問題。これだけでおさまらず、「文書がなかった」と弁明したかと思えば、翻って「やはり、ありました」と言う始末。

また、文科省はもうすぐ週1時間の道徳の時間を、一つの教科として位置づけるほど重要視しています。

いみじくも、子どもの教育を担うところが、ウソを言っていいのか、道徳を語れるのか。

文科省のこの右往左往ぶりにがっかりしたのは、私だけでなく、国民・市民のみなさんも同じでないでしょうか。



コメント

笑顔を見たい

2017年10月19日 13時04分32秒 | 校長からのメッセージ



歌手のAIさんは、アメリカのロスアンゼルスで産まれました。

彼女の曲の中でも、「story」は私の好きなナンバーです。

この曲は、三中の文化祭で、いま高1になっている学年が全体合唱しました。

また、昨年度の合唱祭でうたったクラスもありました。


AIさんは、幼い頃から異文化のなかで育まれました。

その後、鹿児島に移り住みましたが、母親のバーバラ植村さんは、夏休みを使いAIさんを毎年アメリカへ連れて行ったそうです。

「異なる文化に触れて、さまさまな経験をしてほしかったそうです。

母自身は、アメリカで産まれ、アメリカで育ちました。

でも、ハーフ(ダブル)だからと、日本語学校に入学できませんでした。

そこで、現地校に通いましたが、父親をみて「日本人だから」と誰もあいさつを交わしてくれなくなりました。

差別を受けた経験があるので、AIさんには、誰にでもあいさつができ、仲良くする人になってほしいと思ってきたそうです。

家庭の中では、お互いに必ず目をあわせて、笑顔で「ありがとう」と発するよう、AIさんに言ってきかせました。

こうして、AIさんは、中学卒業後、アメリカに渡り、ロスアンゼルスの芸術校に進学しました。

バーバラさんが、娘を学校に迎えに行くと、AIさんは「そのメイクいいね。かわいいね」と笑顔で同級生とハグしていたそうです。

人のいい点を見つけて、誰とでも仲良しになれるAIさんは、このように育てられてきたのでした。

この背景を考えたとき、「story」に出てくる歌詞「一人じゃないから 私が君を守るから あなたの笑う顔が見たいと思うから」に、彼女の生き方が表れていると思うのです。
コメント

焦点を定めて学習する

2017年10月18日 16時46分11秒 | 校長からのメッセージ



今日で中間テストが終わりました。

中学校以上の勉強は学習は、定期テストになると、その密度が濃くなります。

平素は、家庭で一定程度の学習に時間を割きます。

それを支えているのは、学習習慣です。

そして、定期テスト前やテスト中は、学習時間を長くとり、学習する内容も濃くなります。

中川一政さんは、人の人生について次のように言いました。

「人の一生には 焦点がある。

学問も経験も才能も そこに集まって 燃える時がある。

その時を標準にしなければ その一生はつまらない。」


つまり、彼の言葉を借りれば、中学時代には燃えるように、学習に励む。

そのような学習体験は、その人が生涯にわたって学習する軸になり、一生が豊かなものになる。

私は、このように、この言葉の教えを読み解きます。

勉強が好きな生徒も、嫌いな生徒もいますが、その子なりに精を出して取り組むことは、大切だと思います。

コメント

久しぶりに晴れてきた

2017年10月17日 15時44分49秒 | 校長からのメッセージ



本日は、中間テストの1日めでした。

真剣に答案に向かう生徒の姿が印象的でした。





このところ、ずっと雨が降り続いていましたが、ようやく昼前から雨があがりました。

そのときを見計らって、昼過ぎに卒業アルバム用の職員写真と3年学年団の写真を撮影しました。

くっきりと写った写真は、卒業アルバムにのります。
コメント