風音土香

21世紀初頭、地球の片隅の
ありをりはべり いまそかり

日本人の生活

2018-01-24 | 社会・世界・平和
私が子どもだった頃、NHKテレビといえば
戦後すぐからの超長寿番組「NHKのど自慢」のほか、
「新日本紀行」「明るい農村」「ふるさとの歌まつり」あたりが
まず真っ先に思い浮かべる番組だった。
「新日本紀行」の冨田勲作曲のテーマ曲や
「ふるさとの歌まつり」の宮田輝司会者の笑顔が印象的だ。
これらはすべてローカル主体の番組。
これはおそらくNHKに限ったことではなく
民放においてもそういう路線の番組が多かったと思う。
なぜなら、当時の日本の生活はローカルが中心だったから。
一般の視聴者がローカルに住んでいることを前提として
その人たち向けに番組は作られていた。
まだそういう人たちが「民衆」「大衆」と呼ばれていた時代だ。

確かに当時から見れば、都会に住む人の割合は増えたろう。
しかし、その割合が逆転するほど違うだろうか。
いま都会に住む若い人たちのテレビ離れが当たり前になっている。
テレビを持たないひとり暮らしの人たちも珍しくないのだとか。
ローカルは高齢化している。
高年齢の人たちにとって一番のメディアはテレビだから
そう考えると、視聴者の割合は、
ヘタすりゃ昔以上にローカル視聴率の割合が高いのではあるまいか。
にも関わらず、今日もテレビに映るのは
あるいはテレビで話題になるのは首都圏を中心とする都市のネタ。
テレビ番組の作り手が本当に視聴率を考えるなら
ターゲットを考え直すべきときに来ているのではないか?

テレビ番組をひとつの例として挙げたが
どうも情報そのものの立ち位置というか視点というかが
「日本全国」あるいは「民衆」「大衆」ベースになっていない気がする。
どこかクールな他人事で、何に対しても批評や揚げ足取りばかり。
お笑いをはじめとするバラエティーもその通りだ。
地に足をつけ、何気ない日常にフォーカスするものが少ない。
ささやかで恙無い日常の小さな幸せをすくい取ることなく
単なる刺激ばかりが大手を振っている。

日本人はどこにいる?
8割以上の日本人たちは首都圏以外のところで
自分たちの生活を大切にしながら日々の暮らしを営んでいる。
いまそこにこそスポットを当てるべきじゃなかろうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

欲しかったもの

2018-01-23 | 文化
ここで何度か書いているけど
私が卒業した高校は旧制中学から続くバンカラ校。
今も続くこんな→儀式 が残る、こんな→学校 だ。
今でこそ弊衣破帽は応援団幹部だけだけれど
(入学と同時に全員が応援団入団。それを指揮する幹部は選挙で選ばれる)
私たちが現役の頃は一般生徒も弊衣破帽に下駄履きで登校していた。



かくいう私も先輩から譲られたこんな帽子をかぶり、



こんな足駄(高下駄)を履いて登校していた。

そのころ欲しくて欲しくてたまらなかったものにマントがある。



下駄を鳴らし、マントをなびかせて歩くのに憧れていたから。
今はネット通販で買おうと思えば買えるけれど
当時はどこで売っているのか見当もつかず
どこからかの古いお下がりマントを着ていた先輩たちを
羨ましく眺めていたものだった。
今でも欲しいぐらい(笑)

ところで私は今、地元の神楽に参加し、
また少々お茶をかじっている関係もあって着物を着る。
いやそれだけでなく、着物そのものが好きなのだ。
北国である当地ではいかな裏地つきの袷を着ていても、
11月なかばから3月ぐらいまでは着物の上に羽織るものが欲しい。
雨の日用に完全防水の着物コートを以前買い、
それもそれなりに防寒にはなるけれど
真冬はそれだけではちとつらい。



東京時代に浅草の中古着物屋でインバネス↑ を発見し、
買おうかどうしようか、ためつすがめつ迷ってみたものの、
よく着物散歩していた東京では、冬でも防水コートで間に合うし
花巻に帰ってから着物を着る機会があるかどうか分からなかったので
結局断念したのだった。
今になって「買っておけばよかった」と後悔している。
昭和初期頃の、仕立で作られたとてもしっかりしたものだった。

そんな中、つい先日とあるところから
これまたしっかりした作りの古いインバネスを頂戴した。
さすが昔のものは素材も柔らかく暖かく、とても良い。
フードもついているし、探してもなかなか手に入らない代物。
ありがたくいただき、冬のうちにどこかで着たいと思っている。
楽しみ(^^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「みやこじん」

2018-01-22 | 読書


岩手県宮古市で有志団体により発行されたミニコミ誌。
クラウドファンディングを使って作られたもののようで、
内容も面白いし、デザインも秀逸。
ラフレイアウトは発行人ご自身が手がけられ、
デザイン仕上げはマチココでもお世話になっている
花巻の田舎laboさんが担当されたらしい。

「みやこじん」とは「宮古人」と
「宮古(の)ZINE(手作り小冊子)」の掛け言葉。
サブタイトルの「まちと人をつなぐ冊子」というコンセプトが
まさにマチココとつながる。
内容的にも大変参考になるところがあるし、
丁寧に、そしてゆっくりおしゃれに作っている感じで
とても好感が持てる冊子だ。

同じようなコンセプトを持つ
同じ県内の市民参加型の小冊子同士。
これから何らかの形でコラボできるといいなぁ。

不定期発行? A5判 4C 20ページ
販売価格 1,000円+消費税
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

またまた「ふじくに」

2018-01-21 | 食べ物・お店




あかん。
ハマりつつあるようだ(笑)





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

子どもの頃印象深く読んだ本

2018-01-20 | 読書
ふと耳に入った懐かしいメルモの歌から「いしぶみ」を思い出し
そのついでというわけじゃないけど、
子どもの頃好きだった、今も印象深く記憶に残っている本を
何冊か思い出してみた。



「ゆかいなどろぼうたち」(トールビョールン・ エグネール著 学習研究社)
ノルウエーの作家が書いた、カルデモンメという架空の街の物語。
ロバが曳く荷車。お菓子が切符の路面電車。
どろぼうたちにすら気を使う呑気なおまわりさん。
歌や音楽に包まれた街。
カスペル、イェスペル、ヨーナタンという3人のどろぼうの名前ですら
今もはっきり覚えているほど大好きな本だった。
北欧で書かれたにもかかわらず、陽気で明るい物語。
3人のどろぼうたちの家政婦として盗まれてきたおばさんが
結果として3人に指示を出し、いつしか更生させているという面白さ。
何度も何度も読み返したものだ。



「たのしいムーミン一家」(トーベ・ヤンソン著 講談社)

おなじみのムーミンだが、よく知られるアニメのムーミンとは違い
原作のムーミントロールたちの不思議な物語。
どこか静謐でおどろおどろしく、秘密めいたムーミン谷で
ムーミントロールの一家やスナフキン、スニフたちが
子ども向けの本にもかかわらず人生を語る。
知らない世界に引き込まれるようなこの雰囲気にハマり
シリーズはほとんど読んだ気がする。



「誰も知らない小さな国」(佐藤さとる著 講談社)
これまた不思議な世界を描いた本。
大人たちが暮らす日常の生活の片隅、裏側に存在するコロボックルの世界が
妙にリアルに感じられ、それ以来カエルをじっくり観察したものだ。
コロボックルとはアイヌの伝説に出てくる小人の名だが
もしかすると、だからこそのリアリティだったのかもしれない。
このシリーズもほとんど読んだはず。
当時父から
「そういえば、10cmぐらいの小さい人が走っていくのを
 花巻の街で見たって話を聞いたことがあるぞ」
と(笑いながら)言われたこともリアルに感じた理由のひとつ。
この本が初めて世に出たのは1959年とのことだが、
当時はまだ家の中にも社会にも「闇」が存在したと思うので
私が読んだ1970年ごろよりもっとリアリティがあったのだろうと思う。



「ノンちゃん雲に乗る」(石井桃子著 福音館書店)
この本も繰り返し繰り返し読んだ。
「『いい子』ってみんなから言われる」というノンちゃんに対して
「そりゃちょっと危ない」という白いヒゲの雲の上の爺さん。
今考えてみるとなかなかのセリフだが
当時まだ10歳ぐらいだった私にもぼんやりそれが理解できた。
お母さんとお兄さんに置いて行かれたノンちゃんの悲しみもよくわかったし
ノンちゃんの生活の環境も身近に感じられた。
今になって、このお話が戦前に書かれたと知ってびっくり。
昭和40年代までは、戦前からの価値観や生活が残ってたんだねぇ。
考えてみれば、日本人の価値観や生活、まちの形が大きく変化したのは
やっぱりバブル期だった気がするよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「いしぶみ」

2018-01-19 | 読書
音楽には、それを聴いた時の記憶まで合わせて
脳内に記録されるものだと思う。
だから年代によって「名曲」と言われる曲が違う。
自分の青春時代の記憶と一緒に頭の中にしない込まれている曲は
その年代の人にとっての「名曲」になるのだから。
その音楽を聴くと様々なシーンが目の前に浮かんでくる。
時にはその時の感情や気持ち、匂いさえも。

例えばそれは「荒井由実」時代のユーミンの歌。
あるいはフォークグループ「風」の歌。
1977年頃流行った渡辺真知子やサーカスの歌を聴けば
今は亡き本屋さんの店内風景が思い出されるし
1978年頃のポプコン入賞曲を聴けば
受験期の重苦しい気持ちが蘇ってくる。

小学校の頃、アニメの「ふしぎメルモ」という番組があった。
手塚治虫さん原作のアニメで、
女の子がキャンディを舐めると大人になったり子どもに戻ったりして
悪と戦う風なストーリーだったのだが、
どことなく物悲しい主題歌がいつも耳に残っていた。
その曲がどういうわけか記憶の中で「いしぶみ」という本に結びつく。
先日ラジオからその曲が流れてきた途端、それが頭に蘇ってきた。



旧制広島二中の1年生たちが勤労動員の最中に
原爆の直撃を受け、ほぼ全員亡くなった記録の本だ。
広島テレビが丹念にひとりひとりの亡くなるまでの様子を追跡し
記録した番組の書籍化で、ちょうど「ふしぎなメルモ」の放送時期に
私が手にし、読んでいた。
とはいえ、アニメを見ながら本を読んでいたわけではないし
いくら何度も読み返したといっても何ヶ月も読み続けたわけじゃない。
それでも「ふしぎなメルモ」の主題歌とこの本が
私の記憶の中でしっかりと結びついている。
だからこそ余計に物悲しいメロディという記憶になっているのだ。

当時は1971年。
彼らが生きていれば40歳近くになっていたであろう中学生たちは
本の中では当時の私の2〜3歳上の少年たちだった。
「この人たちが生きていたら・・・」と何度も思った。
歳が近い分、他人事とは思えなかった。

彼らはほぼウチの母と同じぐらいの歳。
生きていたらもう80代半ばを超えている。
13歳で途切れた人生。
それぞれ、どんな人生を夢見ていたのだろうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「マエストロ!」

2018-01-18 | 映画・芝居・TV


先日書いた「恋妻家 宮本」と一緒に借りていた映画のDVDを
昨夜ようやく観ることができた。
どちらを先に見るか、いつ観るか・・・など、全く他意はなく、
先に「恋妻家・・・」を観たのもさ木に手に取ったことによるし、
この映画を昨夜観たのもたまたま時間があったからだった。

昨日は1月17日。
映画の中の阪神・淡路大震災のシーンに、思わず
「え?今日だよね」と家人と顔を合わせた。
何かに導かれたのかもしれない。
そのシーンに、雷に打たれたような気がした。
その日のことは今も鮮明に覚えている

映画の出来はまぁまぁ。
コンサート本番のシーンの団員が練習の時の倍ぐらいいて笑った(^^;
マンガが原作みたいだけど、映画にするには時間が足りなかった印象だ。
東欧人物たちのもっと細かい心理描写や
周辺のエピソードなどを盛り込みたかったんじゃないかな。
でも演奏シーンや西田敏行さんの演技はさすが。
今までクラシックは聴くけどオーケストラは興味なかったのだが
(ピアノ曲や四重奏などの小編成ものが多かった)
「なるほどこう聴けばいいのか」が理解できた。
今度意識して聴いてみようかな。

ところで松坂桃李くんはいつも同じような役柄だねぇ。
もう少し殻割ってみてもいいんじゃないかな。
内容と関係ないけど、主人公が乗る車miniがかっこいい(^^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Machicoco便り vol.20

2018-01-17 | マチココ
FM花巻で月に1度の「Machicoco Style」放送は明日。
1月18日(木)13:20ごろからとなります。
今回の放送では初登場の出演者が。
ラジオでも、アプリでも、要チェック!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

育成

2018-01-16 | スポーツ
一昨日は、
かつてうちの息子たちもお世話になった
若葉野球クラブ20周年スタッフのご苦労さん会に出席。
一方次男は金曜日から昨日まで、
東京で行われた野球指導者講習会に出席。
形は違えど、子どもたちを育成しようという気持ちは同じ。
どんな育て方をすれば野球人口の底辺拡大につながるのか、
より良いプレーヤーを育てることができるのか、
どちらも大くくりではそれが目的だ。

ワタシ自身は専門家でもないし、
特別知識を持っているわけではないので
良い悪いは言えないが、確かに筒香が言うように
勝利至上主義が育成の阻害要因になる場合もあるだろうし
目の前のことにこだわりすぎて将来を潰すこともあるだろう。
それは指導方法云々という小さいことではなく
野球会全体のマクロな考え方が必要だ。

地域の少年野球チームはどうあるべきか。
勝つことが喜びやモチベーションにはなろうが
果たしてそれだけでいいのか。
小学生時代に野球を経験した後で
中学以降は別の競技で頭角を表す選手もいるだろう。
そのフィジカルやメンタルをどう育てるのか。
小学校では、中学校では芽が出なくても
高校や大学で頭角を表す選手たちもいるのを見てきたが
その選手の力をどのように引き出し、伸ばしていけるのか
それも「勝つ」こと以上に指導者の大事な仕事だろう。

ところで、とある少年野球のコーチの
「地域チームはダメだ。ちゃんと野球を教えられない」
という言葉がとても気になった。
確かに野球という競技で自己実現を図りたい子ならそうだろうが
それ以前に地域というコミュニティで子どもを育てるという
地域チームには別の目的がある。
それを一緒くたにしてはいけない。


(スポニチ記事より)
筒香 野球人口減に危機感
 未来思い苦言『指導者の顔色を見ながらプレーしている』
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「恋妻家 宮本」

2018-01-15 | 映画・芝居・TV


阿部さんは好きな俳優でもあるし
ふと目に止まったこのタイトルにも惹かれ、
レンタルでDVDを借りてきて家で鑑賞。

元々はドラマの脚本家の方の初監督作品とのことで
やっぱりどこかコメディータッチのTVドラマのようだけど
作りに反して内容は結構リアルでシリアス。
子どもが巣立った後の50代夫婦の実態がそこにあった。
ラストがちょいとお気楽極楽だけどね(^^;

調べてみると、原作は重松清さんとのこと。
なるほど、リアルでシリアスな内容は重松さんでしたか。
「ファイレス」という、3組の夫婦が描かれた小説のうち
1組の夫婦の話を脚本にして映画化したようだ。
小ネタ満載でかなり笑えるけれど
果たして笑って済ませていい内容なのかと
鑑賞後考えたしまった。
夫はともかく、この作品中の妻の感じ方は
コメディにしてもいいのかもしれないけれど。

おそらく原作にあったと思われる、心に止まるセリフがいくつか。

「いま私たちがこだわるべきなのは
 正しいことではなく優しさなのではないでしょうか。
 戦争のように、正しいことと正しいことはぶつかるけど
 優しいことと優しいことはぶつからない」

「夫婦で決めてきたことは
 いま思い出してみて正しかったかどうかわからない。
 でも、もし間違っていても
 あいつ(妻)なら笑い飛ばしてくれる。
 (そういう相手をオレは選んだんだ)」

特に前者は夫婦や家族だけの話じゃない。
社会全般や、政治、外交、人間関係にも言えること。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

基本的なこと

2018-01-14 | 社会・世界・平和
まず、暴力はどんな理由があろうと許せない。
論ずるに値しない野蛮な行為だ。

その他のことについては、
本質がどこにあるのかわからない。
だからどちらが正しいとは私は言えない。
相撲が興行なのか、スポーツなのかについても。

ただひとつ言えることは
組織の一員として、ましてその役員として
組織への報告や事情説明を求められて
それも礼を尽くして正式に訪問まで受けた上で
完全無視は組織人として、いやそれ以前に人として
礼を失しているし、責任を放棄していると言わざるを得ない。
その点を考えると処分も致し方ないと思う。
心情的なことや、是非はともかく
それが基本。
そうでなければ組織や規則なんてものが機能しなくなる。

今回、一番気になっているのはその部分だ。
組織としての基本と、見ている者の心情がごっちゃになり、
世論があらぬ方向に迷走してる感じ。
これは大相撲に限ったことじゃないと思う。
政治も、外交も、経済すらも
感情論と基本が一緒くたとなって諸説紛々。
これは誰しも匿名で自説を発信できる現代の悪い点だろう。
意地やメンツなどの前に
基本線をまず押さえないと結論は出ない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新春講演会

2018-01-13 | 文化


引き合いをいただき、
昨日ちょいとお話をさせていただく機会を得た。
マルカン大食堂をめぐるたくさんの人々の物語や
そこを核とするまちの活性化について。
そして花巻まち散歩マガジンMachicocoをなぜ創刊し、
どのように運営していきたいか。
自分の立ち位置はどこにあり、どういう役目を担うのか。
市民ひとりひとりがまちの主役であること・・・などなど。

果たしてあんな話で良かったのかわからないけど
これでお集まりいただいた約250人の方々の
10%でも、5%でも、まちを歩き、
マルカンビル大食堂やMachicocoを応援してくれたら
花巻の魅力を再発見してくれたらと願いつつ。

講演後、ひとりの方から面白いご提案もいただき
それだけでも意味があったなと嬉しかった。
少しずつでも、ひとつずつでも
昨日より今日、今日より明日の花巻が活性化し
いいまちだと思ってもらえるよう願う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ちょろりんのすてきなセーター」

2018-01-12 | 読書


学生時代から童話や絵本が好きだったこともあり、
また家人の仕事の関係もあって、
我が家にはたくさんの絵本があり、
自分もこれまでたくさん読んできた。
その中でもお気に入りは
斉藤隆介さんや浜田広介さんのいわば古典だが、
福音館書店の「こどものとも」シリーズも
新作が中心ながらいつも楽しみだった。
息子たちが小さい頃もよく読み聞かせした思い出がある。

その中で、私がもっとも好きだったのがこれ。
春のはらっぱ色のセーターが欲しくて欲しくて
とかげのちょろりんは一生懸命おじいさんのお手伝いをし、
お金を貯めてびきびきおばさんのところに買いに行く。
ところが・・・。
そのときのちょろりんの心情を思うと
今思い出してみてもじんわり泣けてくるのだ。
あるある、こういうこと。
そのときの悲しさもよくわかる。
ちょろりんにランプ磨きの仕事をさせてくれたおじいさんや
びきびきおばさんの優しさにもウルウルきてしまう。

そして何と言ってもちょろりん。
欲しいのはおもちゃでもお菓子でもなく
春のはらっぱ色のセーターってのがかわいいじゃない。

先日、家人が黄緑色のセーターを買ってきた。
「あ、ちょろりんのセーター」と言ったら
「ホントだねぇ」と笑顔になった。

「ちょろりんのすてきなセーター」降矢なな:著 福音館書店
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花月

2018-01-11 | 食べ物・お店




東和町晴山の食堂「花月」のファンだ。
安く、美味しく、地域に密着した食堂が
どんどん少なくなっているいま、貴重な存在。
この日も出初式帰りの消防団の方々が
跡待って懇親会を開いていた。
いつも結構混んでるんだよねぇ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TIME'S UP

2018-01-10 | 社会・世界・平和


ハリウッドの大物プロデューサーによるセクハラ告発に端を発し
たくさんの女性たちによる「ME TOO」のムーブメント。
そして今回のゴールデングローブ表彰式における黒ドレス抗議と
もともとは醜聞から始まった動きが、
奇しくもアメリカ社会の健全性を世界に知らしめることになっている。
男性の俳優たちも「TIME'S UP(もうこういうことは終わらせよう)」と
胸にバッジをつけて立ち上がった。

一方日本はどうか。
勇気を振り絞って顔や名前まで公表した女性を逆にディスる世相。
彼女の人権は二重に踏みにじられているだろう。
公表することで彼女にとってメリットは何もない。
にもかかわらずの罵詈雑言。
沖縄における米兵たちの女性蹂躙はどうだ?
他国籍人や障がい者、アイヌなどに対する差別も。
年末のテレビ番組でも問題になった場面があったようだが、
いま日本の人権意識が試されている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加