輸入盤 最新新譜情報  【BUYER'S EYES】

※本文の複写、他サイト等への転載は固くお断り致します。(発売日/JAN/規格番号/商品内容等は変更の可能性あり)

BOOTSY COLLINS / WORLD WIDE FUNK

2017年09月22日 | R&B,SOUL
<発売日> 2017/10/27予定

<JAN(規格番号)> 0819873014751

<内 容>
ファンクは世界の合言葉!ファンクが世界を1つにする! Pファンクの大魔神、またの名をギラギラ・ラインストーン・ロック・モンスター、その名もブーツィ・コリンズが高らかに説く爆裂ファンク道の最新章が今明かされる――。

■ 「ブーツィ・コリンズは遥か遠い昔に、オハイオの河の深くにあるピカピカ光る恐竜が大勢集う地下洞窟で生まれた」(イギー・ポップによる『WORLD WIDE FUNK』のイントロダクション)

■ 独特のグルーヴを駆使し、Pファンクのアイコン的存在となった天才ベーシスト、ブーツィー・コリンズ。 その彼が2011年以来となる約6年振りのスタジオ・アルバム『WORLD WIDE FUNK』をリリース!!

■ アメリカ、シンシナティにあるブーツィのホーム・スタジオ“ブーツィラ・リ=ハブ・スタジオ”で新旧の友人や仲間たちを集めてレコーディングされた本作には、豊かで濃密なファンクが、おはようからおやすみまで、ずずずいーっと貫徹している。アルバムには、Doug E. Fresh、Big Daddy Kane、DJ Quick、Dru Down、Chuck Dといった一流ラッパーたちに加え、覆面速弾きギタリスト、Buckethead、さらにはMusiq Soulchild、Eric Gales、Dennis Chambersなどなどが参加!ブーツィが切り拓いてきたPファンクの王道サウンドから、泣く子も黙るベースに独自のヘヴィ・ビート、そして洗練されたグルーヴ感が溢れる、怒涛のPファンク級音楽的冒険が繰り広げられている。

■ 先行トラックとして公開された「Worth My While (feat. Kali Uchis)」(https://youtu.be/xgqPq3MKbcI)は、官能的なスローナンバーであるが、タイトル・トラックは叩き付けるようなMAXレベル全開のファンク・ナンバーであり、またナッシュヴィルのスライドギターの名手、ジャスティン・ジョンソンをフィーチャーした「Boomerang」では、ファンクとブルーグラスが異文化交流する”グルーヴグラス”が展開されているほか、「Candy Coated Lover」ではミックス・マスターChew FuがDJスキルを披露している。つまり本作『WORLD WIDE FUNK』は、ブーツィが説く爆裂ファンク道の最新章なのだ!!

■ ジェームス・ブラウンのバック・バンドを経て(あの「セックス・マシーン」でベースを弾いているのは18歳のブーツィー)Pファンク主要メンバーの一人として活躍し、最も重要なファンク・ベーシストの一人といて人気を博してきたブーツィ・コリンズ。R&B/ファンク界で唯一無比の存在の彼が放つ最新作『WORLD WIDE FUNK』は、またブーツィなりの“行動主義宣言”なのである。ブーツィの言葉を借りるなら、アルバムのコンセプトはこのようなものであるらしい:「音楽を演奏し、現役であることをただ示すだけでなく、自らファンク出来るように、ファンクすることを人々に教えるのだ。ファンクの戦士たちの息が詰まらないよう、ヤバいぐらいの希望をもたらそう。コミュニティにおける団結こそ、この計画の肝であり、マザーシップが着艦した時、そこには手を差し伸べる人しかいないのがその目的だ。WWFドライヴ(ワールド・ワイド・ファンク・ドライヴ)は、己と我々の世代をフラッシュライトなみの光速で未来へと進める推進力なのだから」

■ ファンクこそがコミュニティに団結をもたらすパワーだと語るブーツィ。その彼が高らかに説く爆裂ファンク道の最新章が今明かされる――。

https://www.facebook.com/BootsyCollins/


この記事をはてなブックマークに追加

CURTIS HARDING / FACE YOUR FEAR

2017年09月22日 | R&B,SOUL
<発売日> 2017/10/27予定

<JAN(規格番号)> 8714092753721

<内 容>
新しきソウルの光と道が辿り着いた先に立つ、ソウル・ミュージックの過去・現在・未来を体現する一人のシンガー・ソングライター、その名はカーティス・ハーディング。 大絶賛のデビュー・アルバム『SOUL POWER』に続く、あらゆる世代も時代も超えて魂を揺さぶり、奮い立たす、待望の2ndアルバム『FACE YOUR FEAR』、遂にリリース!!

■ 2014年、アルバム『SOUL POWER』で鮮烈なデビューを果たした、ソウル・シンガーソングライター/ ギタリスト、カーティス・ハーディング。 マリリン・マンソンやダフトパンク、BECKなどが起用された「SAINT LAURENT MUSIC PROJECT」にフィーチャーされ、話題を集めた彼だが、そのガレージロックとサザン・ソウルを融合させたガレージ・ソウルとも呼べそうなサウンドでも、数々の早耳音楽リスナーのアンテナをキャッチしたのだった。

■ その彼の待望のセカンド・アルバムが完成!既に先行シングルとして、デンジャーマウスがプロデュースを手掛けた、深みのあるカーティスのヴォーカルにサイケデリックなグルーヴが絡みつく、ブルージーなサイケ・ソウル・ナンバー、「Wednesday Morning Atonement」が公開中 [https://youtu.be/krtNYv0-oCs]!その前に公開されたアルバムの3曲目「On and On」(https://youtu.be/9o1W4IXH0wc)は往年のモータウン・サウンドを彷彿とさせるアップテンポなナンバーであり、最近公開された「Need Your Love」(https://youtu.be/cIHPzx49lik)も、オーティスやサム・クックの影がチラチラする、パワフルなソウル・ナンバーに仕上がっている。

■ この他にも、カーティス・メイフィールドを思わせるファンキーなニュー・ソウルや、90年以降のネオ・ソウルを感じさせる楽曲、そして彼自身のルーツとも呼べるゴスペルの要素もアルバムには散りばめられている。レコーディングが行われたのは、ニューヨークにあるデンジャー・マウスのスタジオ、30thセンチュリー・スタジオ。本作のプロデューサーには、先述のデンジャー・マウスの他、サム・コーエン、そしてカーティス・ハーディング自身も名を連ねる。

■ミシガンで生まれたカーティスは、ゴスペル・シンガーだった母のツアーに同行しながら音楽を吸収し、やがてアトランタに落ち着くと、そこでシーロー・グリーンのバック・シンガーを務めたり、ブラック・リップスのコール・アレクサンダーとともにガレージ・バンド、NIGHT SUNで活動NMEから”したりしていたという。2014年にリリースしたデビュー・アルバム『SOUL POWER』は、「ソウル・ミーツ・ガレージから生まれた完璧なポップ」(NME)、「来るべきニュー・レトロ・ソウル・マン」(ジ・イヴニング・スタンダード)、「知っておくべきアーティスト」(ローリング・ストーン)と数々の高い評価を集めた。

■ ソウルの伝統をただ模倣したり、転訛することなく、その魂を己の中で呼び覚まし、現代のリアリティと織りあわせていくカーティス・ハーディング。本作『FACE YOUR FEAR』には、若き一人のアーティストによって体現されたソウル・ミュージックの過去・現在・未来が詰まった作品なのだ。

www.curtisharding.com/

この記事をはてなブックマークに追加

TANK / SAVAGE

2017年09月01日 | R&B,SOUL
<発売日> 2017/9/29

<JAN> 0075678660245

<内容>
TANKの野生が官能を目覚めさせる――。 官能的なラヴ・ソングと鍛え抜かれた肉体から滲みでるセックス・アピールで、全米のレイディースを酔わせてきた彼が最新作『SAVAGE』で貴女を堕としにかかる・・・。キャンディス・ボイド、リュダクリス、トレイ・ソングス等豪華ゲストも参加!

■ アルバムが3作連続で全米R&Bチャートの1位に輝き、幾度もグラミー賞にノミネートされているR&Bシンガー/ソングライター/プロデューサー、TANK(タンク)。その官能的なラヴ・ソングと鍛え抜かれた肉体から滲みでるセックス・アピールで、全米のレイディースを酔わせてきた彼が、新たなアルバムをドロップする!
■ R&Bチャート1位、全米アルバム・チャートのTOP20にも入った前作『SEX LOVE & PAIN LOVE II』に続く通算8作目となるニュー・アルバムのタイトルは『SAVAGE』。アルバムからのリード・シングル「When We」は、全米のアーバン・アダルト・コンテンポラリー系ラジオ局を中心に現在ヒット中!TANKお馴染みの官能的なミュージック・ビデオも公開中である。(https://youtu.be/QRF9TgkBCjc) この他、ファンに向けて、タイトル・トラックの「SAVAGE」も自身のYouTubeチャンネルで公開している。
■ 毎回登場するゲスト陣にも注目が集まるが、今作では、キャンディス・ボイドとのデュエット「Good Thing」を始め、リュダクリス、TANKのプロダクション・チーム、Song Dynastyの一員でもあるJヴァレンタイン、そしてアトランティックのレーベル・メイトでもあるトレイ・ソングスが彼とコラボレーションをしている他、プロデューサー陣にも、ダ・インターンズ、ハーモニー・サミュエルズ、カーディアックなどが名を連ねている。アルバムの発売に合わせ、TANKは全米ツアーを行うことも発表!そこで彼は「Please Don't Go」、「I Can't Make You Love Me」、「You Don't Know」、「Maybe I Deserve」などファンからの人気の高い曲とともに新曲も披露する予定だ。
■ しとやかな淑女も艶やかなレイディーズも、その官能をTANKの野生が目覚めさせる――男汁滴るいい男の最新作、『SAVAGE』発売である。


www.youtube.com/user/TheRealTank

この記事をはてなブックマークに追加

Boyz II Men / Under the Streetlight

2017年08月29日 | R&B,SOUL
<発売日> 2017/10/20予定

<JAN(規格番号)> 0889853989720

<内 容>
ボーイズⅡメン、ソニー移籍第一弾!世紀のハーモニーが送る極上カバー・アルバム

グラミー受賞の世紀のヴォーカル・ハーモニー=ボーイズⅡメン。91年に名門ソウル・レーベル=モータウンと契約、以降「エンド・オブ・ザ・ロード」(全米13週1位)、「ワン・スウィート・デイ」(全米16週1位)などヒット曲を多数連発しグラミー賞を3度受賞、90年代のR&B黄金期を築いた。R&Bファンはもちろん、国内外のアーティストにも多大な影響を与えてきた彼らが、自分達自身に影響を与えたソウルの名曲をカバーした究極の1枚が完成した。楽曲はハートビートの「ア・サウザント・マイルズ・アウェイ」やフラミンゴスの「アイ・オンリー・ハブ・アイズ・フォー・ユー」、その他サム・クックやエタ・ジェイムス、フランキー・ライモン&ザ・ティーンエイジャーズなど往年のヒット曲ばかり。クリスマスやバレンタインなどにもぴったりな甘くソウルフルなメロディーが極上ハーモニーとともに今、再び蘇る。

この記事をはてなブックマークに追加

Leroy Hutson / Anthology 1972 - 1984

2017年08月29日 | R&B,SOUL
<発売日> 2017/10/20

<JAN(規格番号)> 5414939963698

<内 容>
★70年代のニューソウル・ムーブメントの一翼を担った伝説的ソウル・シンガー、リロイ・ハトソンのベスト盤『アンソロジー 1972-1984』がリリース!
★<Curtom>時代の厳選された名曲集に加えて2曲の未発表音源が追加収録!

ニューソウル・ファンの間では知らぬ者はいない伝説的シンガー/プロデューサー、リロイ・ハトソンのベスト盤『アンソロジー 1972-1984』が<ACID JAZZ>より10月に発売決定!本作には彼の<Curtom>でのキャリアを総集し、さらに2曲の未発表音源が追加収録されている。

リロイ・ハトソンは米ニュージャージー州のニューアーク、つまりは史上最高のソウルのグループ、なかでもパーラメンツとマンハッタンズを生んだ世界の一角で生まれ育った。ソウル・ミュージックの虜となったリロイは地元のカルテット、The Nu-Tonesに加入し、そこで歌手としての才能を目覚めさせた。その後ハトソンはワシントンDCでの大学に進学、そこで才能に溢れる女性ソウル/R&Bシンガー、カーラ・トーマスや将来のコラボレーターとなるダニー・ハサウェイとの交流を深めてゆく。ハトソンはハサウェイとともに、カーティス・メイフィールドの後見のもと、彼のレーベル<Curtom>にて小さな成功を積み重ねていった。やがて多くのシンガーやソングライター、プレイヤーたちの中心人物となってゆき、ミリオンセラーとなりハサウェイのキャリアを決定づけた名作「The Ghetto」を共作することとなる。

1971年、自身のソロのキャリアに専念するためにメイフィールドがインプレッションズから脱退すると、ハトソンはその代理をつとめた。彼が実際にグループに在籍した期間は比較的短かったが、その変移はとても自然なものであった。その後ハトソンは初のソロ作品となる『ラブ・オー・ラブ』を発表し、ビルボード・チャート入りを果たす。ニュー・ソウル・ムーブメントの後押しもあり、多くの刺激的なシングルが発表された。ハトソンは1973年から1979年の間に合計7枚のアルバムを<Curtom>より発表。すべての作品はその素晴らしい遺産として、今なおソウル愛好家の間で親しまれ、敬意を表されており、80年代すべてのミュージシャンに語られずとも多くの影響をあたえてきた。

今回<ACID JAZZ>より発売される本作はハトソンの<Curtom>時代の厳選された名曲集に2曲の未発表曲を加え、すべての収録曲をより良い音質で楽しめるようあらゆる工夫がなされている。新世代のソウル・ミュージック・ファンがより彼を深く知ることができるように、また、往年のファンたちが彼の音楽に何度でも恋におちることができるように。

■アルバムのティーザー映像はこちら:
https://youtu.be/y-0zf2emwF8

■バイオグラフィー
米ニュージャージー州のニューアーク出身のソウルシンガー/プロデューサー。10代のころより音楽活動を開始。後にドゥーワップ、ゴスペル、ソウル、R&Bを歌う音楽グループ、インプレッションに加入し2枚のアルバムをリリースした後ソロとして活動を開始。70年代のカーティス・メイフィールド黄金期を飾ったシカゴのレーベル<Curtom>より、ビルボード・チャート入りを果たした『ラブ・オー・ラブ』を皮切りに数々のヒット曲を世に送りだした。09年、リー・ハトソン名義で『スーズ・ユー・グルーブ・ユー』をリリース。17年10月、未発表曲2曲を収録したコンピレーション・アルバム『アンソロジー 1972-1984』をリリースする。

この記事をはてなブックマークに追加

VA / Soulsville U.S.A.: A Celebration of Stax

2017年08月21日 | R&B,SOUL
<発売日> 2017/9/22

<JAN(規格番号)> 0888072029392

<内 容>
★メンフィス発祥のアメリカを代表するソウル・レーベル、STAXの設立60周年記念となる最新ベスト・コンピ3枚組の登場。■全60曲収録、全曲誰もが一度は聴いたことのあるヒット曲ばかり!スタックス・サウンドの代表格Otis Redding, Isaac Hayes, The Staple Singers, Booker T & The MGs, William Bell, Sam & Dave, Carla Thomas
, The Dramaticsから一発ヒットまでソウル・ファンには楽しい3枚組!

(CD1) 1. Fool In Love / The Veltones 2. Gee Whiz (Look At His Eyes)/Carla Thomas 3. Last Night - Album Version/The Mar-Keys 4. You Don't Miss Your Water /William Bell 5. Green Onions - Single Version / Booker T And The MG's 6. Walking The Dog / Rufus Thomas 7. After Laughter (Comes Tears) / Wendy Rene 8. I've Been Loving You Too Long (To Stop Now) / Otis Redding 9. Candy / The Astors 10. You Don't Know Like I Know / Sam & Dave 11. Don't Have To Shop Around / The Mad Lads 12. Let Me Be Good To You / Carla Thomas 13. Your Good Thing (Is About To End)/Mable John 14. Knock On Wood /Eddie Floyd 15. Hold On I'm Coming / Sam & Dave 16. Try A Little Tenderness / Otis Redding 17. B-A-B-Y /Carla Thomas 18. Hip Hug Her / Booker T And The MG's 19. Soul Finger/ Bar-Kays 20. Tramp / Otis Redding (CD2) 1. Born Under A Bad Sign - Album Version /Albert King 2. Soul Man/ Sam & Dave 3. (Sittin' On) The Dock Of The Bay / Otis Redding 4. Big Bird / Eddie Floyd 5. I Got A Sure Thing / Ollie & The Nightingales 6. Soul Limbo / Booker T And The MG's 7. What A Man / Linda Lyndell 8. Private Number / William Bell Featuring Judy Clay 9. I've Never Found A Girl (To Love Me Like You Do) /Eddie Floyd 10. The Weight / The Staple Singers 11. Who's Making Love - Album Version /Johnnie Taylor 12. I Like What You're Doing (To Me) / Carla Thomas 13. I Forgot To Be Your Lover / William Bell 14. Time Is Tight / Booker T & The MG's 15. Do The Funky Chicken - Album Version / Rufus Thomas 16. So I Can Love You - Album Version /The Emotions 17. Walk On By - Album Version / Isaac Hayes 18. Just Keep On Lovin' Me - Album Version / Johnnie Taylor, Carla Thomas 19. Heavy Makes You Happy (Sha-Na-Boom Boom) - Single Version / The Staple Singers 20. (Do the) Push and Pull (Part 1)/Rufus Thomas (CD3) 1. Mr. Big Stuff / Jean Knight 2. Jody's Got Your Girl And Gone - Album Version/ Johnnie Taylor 3. Never Can Say Goodbye / Isaac Hayes 4. Whatcha See Is Whatcha Get / The Dramatics 5. Respect Yourself - Single Edit / The Staple Singers 6. Theme From Shaft / Isaac Hayes 7. Son Of Shaft - Album Version /The Bar-Kays 8. That's What Love Will Make You Do - Album Version/ Little Milton 9. Hearsay - Album Version / The Soul Children 10. In The Rain /The Dramatics 11. Do Your Thing / Isaac Hayes 12. I've Been Lonely For So Long / Frederick Knight 13. I'll Take You There /The Staple Singers 14. Starting All Over Again / Mel & Tim 15. Dedicated To The One I Love - 45 Version / Temprees 16. Hey You! Get Off My Mountain / The Dramatics 17. Cheaper To Keep Her - Album Version/ Johnnie Taylor 18. If You're Ready (Come Go With Me) / The Staple Singers 19. I'll Be The Other Woman - Album Version / The Soul Children 20. Woman To Woman / Shirley Brown


この記事をはてなブックマークに追加

Ledisi / Let Love Rule

2017年08月16日 | R&B,SOUL
<発売日> 2017/9/22

<JAN(規格番号)> 0602557847543

<内 容>
★2000年にデビューのR&Bシンガー、Ledisiの3年ぶりのニュー・アルバムがVERVEから登場。■コンテンポリーとトラディショナルのR&Bの両方が楽しめるスタイルは本作でも変わらず健在。■プロデューサーを務めるのはLedisi本人と長くコラボレートしてきている Rex Rideout。インタールードにはスピリチュアアル・スピーカー/作家のイヤンラ・ヴァンザントやジャーナリストのソルダッド・オブライエンの言葉が入っていたり、フィーチャリングで BJ the Chicago Kid, John Legendなども参加。■コンテンポラリーR&Bファンの期待を裏切ることのない安定の歌とサウンド!

この記事をはてなブックマークに追加

ARTHUR ALEXANDER /ARTHUR ALEXANDER

2017年07月21日 | R&B,SOUL
<発売日>2017/8/4

<JAN(規格番号)>0816651012053

<内 容>
ザ・ビートルズ、ローリング・ストーンズ、ボブ・ディラン、ダスティ・スプリングフィールドなど錚々たる面々に楽曲をカヴァーされながらも、その存在がひっそりと埋もれていったアーティストがいた――その名は、アーサー・アレキサンダー。アメリカより英国で注目されたR&B/ソウル・アーティストの長年入手困難となっていた隠れた傑作が、ボーナストラック6曲を追加して遂に復刻!

■ ザ・ビートルズ、ローリング・ストーンズ、ボブ・ディラン、ダスティ・スプリングフィールドなど錚々たるアーティスト達に楽曲をカヴァーされながらも、音楽の歴史にひっそりと埋もれていったアーティストがいた。その名は、アーサー・アレキサンダー。本国アメリカよりも海を渡ったイギリスのミュージシャンたちに大きな影響を与えた、稀有なソウル・シンガーソングライターである。 ■ そのアーサー・アレキサンダーが1972年にワーナーブラザース・レコードからリリースしたいわば”幻の”セルフ・タイトル・アルバムが45年の時を経て、復刻された。しかも2曲の未発表曲を含む6曲のボーナス・トラック入りで! ■ 1940年、アラバマで生まれたアーサーは、ラジオから流れるクライド・マクファターやパーシー・メイフィールドといったR&Bシンガーや、ジーン・オートリーやジョージ・ジョーンズといったカントリー・シンガーを聴きながら育ち、R&Bとカントリー双方からの影響が伺える独自のスタイルを確立した。ティーンエイジャーのドゥーワップ・グループに所属した後、ジューン・アレクサンダー名義で「Sally Sue Brown」をレコーディング。1960年代の始めからは、DOT RECORDSに所属。「You Better Move On」や「Anna (Go To Him)」が全米でヒットとなった。これらの楽曲は、アラバマの歴史的スタジオ、フェイム・スタジオで、後にR&B/ソウル・シーンで有名となるマッスル・ショールズのリズム・セクションを使用した初期の楽曲である。また「You Better Move On」はローリング・ストーンズやホリーズなどにカヴァーされ、「Anna (Go To Him)」は、ビートルズやハンブル・パイなどにカヴァーされた。その後も、ビートルズが再び「Soldier of Love」をカヴァーしたほか、「Set Me Free」がエスター・フィリップスやジョー・テックスに、「I Only Want to Be With You」がダスティ・スプリングフィールドに、そして「Every Day I Have to Cry Some」がアイク&ティナ・ターナー、ザ・マッコイズなどに取り上げられるなど、ソングライターとして注目を集める。特徴的なのは、ローリング・ストーンズ、ビートルズ、ホリーズ、ハンブル・パイ、ダスティ・スプリングフィールドなど、多くの英国のロック/ポップス・アーティストが彼の楽曲を取り上げていること。1960年代後半にブリティッシュ・インヴェイジョンの波に乗ってアメリカの音楽シーンへと切り込んでいったアーティスト達の多くが、アーサー・アレキサンダーを含むアメリカのR&B/ソウル/ブルース・アーティストに影響を受け、またカヴァーしていたのも興味深い事実である。 ■ 生涯3枚のアルバムしかリリースしなかったアーサー・アレキサンダー。その彼にとっての通算2作目となるのが、ワーナー・ブラザ1993年ーズから唯一の作品となる1972年発表のセルフ・タイトル・アルバムの本作である。オリジナル・アルバムに収録されていた12曲はいずれもマッスル・ショールズのベーシスト、トミー・ゴグビルのプロデュースによるもの。ナッシュビルでレコーディングされたという本作には、しかし、メンフィスのアーティストが数多く起用されている。例えば、エディ・ヒントン、ジョニー・クリストファー、レギー・ヤングがギターで、トーマス・ケインやボビー・ウッドがピアノで、シェーン・カイスターやボビー・エモーンズがキーボードで、そしてジーン・クリスマン、ケニー・マローン、ヘイワード・ビショップがドラムスで、アーサー・アレキサンダーのバックを固めているのだ。ソングライティングの面でも、ドニー・フリッツやデニス・リンデといった面々が参加、アーサーとの共作なども行っている。ちなみに、アルバムの5曲に収録されている「Burning Love」(ちなみにこちらの曲は、アーサーとデニス・リンデとの共作となる)は、アルバムのリリース後まもなくエルビス・プレスリーにカヴァーされている。 ■ 今回発売となるリイシュー盤には、オリジナル・アルバムに収録されていた12曲の他、アルバムの発売前後にリリースされた2枚のシングル「Mr John / You Got Me Knockin'」、「Lover Please / They'll Do It Every Time」、さらに2曲の未発表曲が追加収録されている。 ■ 1993年に53歳でこの世を去ってしまったアーサー・アレキサンダー。アメリカのミュージック・シーンでは華やかな存在ではなかったかも知れないが、彼の歌はアメリカだけでなく海を渡った英国のアーティストやミュージック・シーンに影響を与えていった。長年入手困難となっていた、ワーナーブラザーズからの隠れた傑作が、遂に日の目を見る! ※アルバム・トレイラー映像:https://youtu.be/IpyqLmjVZ9w

この記事をはてなブックマークに追加

Sweet Pea Atkinson / Get What You Deserve

2017年07月21日 | R&B,SOUL
<発売日> 2017/9/22

<JAN(規格番号)> 0602557810196

<内 容>
★80年代に活躍したR&Bバンド、WAS NOT WASの初代ヴォーカリストの一人、 Sweet Pea AtkinsonがBlue Noteからデビュー。
■旧友ドン・ウォズのプロデュースの下、ブルース、デトロイト・ソウル、ファンクを繰り広げる。Bobby Blandの “Ain’t No Love In The Heart of the City”、James Brownの “You Can Have Watergate"のカヴァーなど、Keb' Mo作品などをKeb'Mo, Don Was, Marcus Millerなどの豪華ゲストも迎えて大いに歌う!

この記事をはてなブックマークに追加

Dee Dee Bridgewater / Memphis ...Yes, I'm Ready

2017年07月20日 | R&B,SOUL
<発売日> 2017/9/15予定

<JAN(規格番号)> 0889854061128

<内 容>
ディー・ディー・ブリッジウォーター、クラシックR&B/ブルースを唄う。故郷メンフィスへのオマージュ

ジャズ、ソウル、ミュージカルなど、幅広いジャンルを又にかけ、米ミュージック・シーンにおけるレガシーの一人として人気を集めるディー・ディー・ブリッジウォーター。Okehレーベルから第2弾、前作『Dee Dee's Feathers』(2015年)から2年ぶりにリリースされる今作は、彼女の故郷であり、アメリカの音楽/カルチャー、公民権運動の中心地として重要な役割を果たす街、メンフィスへのオマージュ。幼少期を過ごしたメンフィスでは、父親は“マット・ザ・プラッター・キャット”の名前で地元の老舗ラジオ局WDAIでDJとしてレコードをかけていた。その後ミシガン州フリントに引っ越すことになってもWDAIを聴きながら一家で夜を過ごし、そこで流れていたR&Bやブルースは、彼女のシンガーとしての人生を決定づけることになった。共同プロデュースとして、長年の友人であるカーク・ウェイラムが参加。ザ・ステイプル・シンガーズ「Why (Am I Treated So Bad)」、マディ・ウォーターズやエリック・クラプトンでおなじみ「GoingDown Slow」、B.B.キングも歌った「Thrill is Gone」、カーラ・トーマス「B.A.B.Y.」など、往年の名曲を、ディー・ディー・ブリッジウォーターの新しい解釈で披露している。自身のルーツに対する矜持を込めて、艶やかで自在な歌声が、いっそう冴えわたる。

この記事をはてなブックマークに追加

D'Angelo / BROWN SUGAR (2CD DELUXE)

2017年07月20日 | R&B,SOUL
<発売日> 2017/8/25

<JAN(規格番号)> 0602557393002

<内 容>
☆ディアンジェロ、不朽の名作『ブラウン・シュガー』のデラックス・エディション!☆21曲のレアなリミックス、インストゥルメンタル、アカペラ等を追加収録した、2枚組CDが8月25日に発売!

●1990年代のニュー・クラシック・ソウル/ネオ・ソウル・ムーヴメントはここから始まったといえる。作詞、作曲、編曲はもちろんマルチ・インストゥルメンタリストでもある天才が生み出した衝撃のデビュー作『ブラウン・シュガー』。リリースからわずか2か月で30万枚の売り上げを記録し、全米チャート22位にランク・イン。トップR&Bアルバムのチャートでは最高位4位に達したほか表題曲を始め4曲のヒット・シングルも輩出。現在では世界で200万枚以上のセールスを誇るモンスター・アルバムが2CDデラックス・エディション化。リマスターはグラミー賞を受賞したラッセル・エレヴァド。

この記事をはてなブックマークに追加

Diana Ross / Playlist: The Very Best of Diana Ross

2017年06月28日 | R&B,SOUL
<発売日> 2017/7/21予定

<JAN(規格番号)> 0888751662629

<内 容>
代表曲から隠れた名曲まで網羅した、お買い得価格のベスト盤シリーズPlaylistシリーズにダイアナ・ロス登場

【収録予定曲】1. Love Hangover2. Upside Down3. I'm Coming Out4. Endless Love5. Why Do Fools Fall In Love6. Mirror, Mirror7. Work That Body8. Muscles9. Pieces of Ice10. All of You (Julio Iglesias feat. Diana Ross)11. Swept Away12. Missing You13. Chain Reaction14. Eaten Alive

この記事をはてなブックマークに追加

Cody ChesnuTT/My Love Divine Degree

2017年06月06日 | R&B,SOUL
<発売日>2017/6/2

<JAN(規格番号)>5016958995577

<内 容>
★唯一無二の極上ソウル!コディ・チェスナットが4年ぶりとなる待望のニュー・アルバムをリリース!
★カニエ・ウェストやコモン等を手掛けるザ・トワイライト・トーンがプロデュース!


作曲、アレンジから録音、ミックスまで全てをこなすマルチな才能をもつR&B/ソウル・ミュージシャン、コディ・チェスナットが4年ぶりとなる待望のニュー・アルバム『マイ・ラヴ・ディヴァイン・ディグリー』を6月にリリース!
2002年に発表されたデビュー・アルバム『ヘッドフォン・マスターピース』は、ロック、ブルース、フォーク、ファンクのジャンルをブレンドしたヴィンテージ風のサウンドで話題となり、MTVミュージック・アワードで2部門にノミネートされ幅広い層から支持を獲得した。後に、収録曲「The Seed」をアメリカのヒップ・ホップ・グループ、ザ・ルーツがアルバム『フリノロジー』収録の“The Seed (2.0)”でチェスナット本人をフィーチャーしてリメイクし、話題を呼んだ。今回届けられたサード・アルバムをプロデュースしたのは、コモン、カニエ・ウェスト、ジョン・レジェンド等の作品を手掛け、グラミー賞にもノミネートされた経験のある敏腕、ザ・トワイライト・トーン。ネオ・ソウル風の「Bullets in the Street and Blood」にはラファエル・サディークがベースで参加している。今までよりも、R&Bとゴスペルの要素が色濃くでた作品に仕上がっている。

■バイオグラフィー:
米アトランタ出身のR&B/ソウルのシンガー・ソングライター。2002年、曲作り、アレンジ、ヴォーカル、演奏、録音、ミキシングをすべてこなした2枚組みのデビュー・アルバム『ヘッドフォン・マスターピース』をリリース。ロック、ブルース、フォーク、ファンク等のスパイスの効いたローファイなサウンドで話題となり、幅広い層から支持を獲得。後に、収録曲「The Seed」をアメリカのヒップ・ホップ・グループ、ザ・ルーツがアルバム『フリノロジー』収録の“The Seed (2.0)”でチェスナット本人をフィーチャーしてリメイク。2012年には10年ぶりとなるセカンド・アルバム『ランディング・オン・ア・ハンドレッド』をリリース。マーヴィン・ゲイやカーティス・メイフィールドの伝統を受け継ぐコンシャス・ソウル・アルバムと評された。2013年、BLUE NOTE TOKYOにて来日公演を実施。2017年6月、4年ぶりとなる待望のサード・アルバム『マイ・ラヴ・ディヴァイン・ディグリー』をリリースする。

■最新シングル「Bullets In The Streets And Blood」の試聴オはこちら:
https://youtu.be/M8dQrwenZpk

この記事をはてなブックマークに追加

Bryson Tiller/True to Self

2017年05月24日 | R&B,SOUL
<発売日>2017/6/23

<JAN(規格番号)>0889854208028

<内 容>
90sスロウ・ジャムとトラップ・サウンドを見事に融合させ、新時代のR&Bの形”トラップ・ソウル”を世に広めた第一人者ブライソン・ティラー、待望の2ndアルバム!

米ケンタッキー州ルイヴィル出身、オマリオンやR・ケリーなど90年代のR&Bに影響を受けてきたと語る、現在24才のシンガー・ソングライター/ラッパー。自身の音楽スタイルを “トラップ・ソウル”=(トラップ、ヒップ・ホップに感化されたR&B)と語り、2015年自身のSoundCloudにファーストシ
ングルにもなった「Don’t」を発表。名プロデューサー、ティンバランドやドレイクなどが相次いでSNSに投稿し、“トラップ・ソウル”という新しいスタイルと共に一躍注目の的となった。その後「Don’t」は正式リリースされ、全米ではロングヒットを記録。全米R&Bチャート2位まで上昇し、満を持してリリースされたデビュー・アルバム『T R A P S O U L』はいきなり、プラチナ・ディスク(100万枚以上のセールス記録)を達成。ビルボード・ミュージック・アワードやBETアワード、そして第59回グラミーアワードでは<Best R&B Song>でノミネートされるなど、R&B界にも多大な影響を与えた作品となった。そんな前作から約2年ぶりとなる今作のリード曲「Somethin Tells Me」は、前作同様に彼の個性が十二分に発揮された楽曲となっており、オルタナティブでいてメロウ、そして甘くてどこか切ない1曲に仕上がった。もう一曲先行公開された「Get Mine ft. Young Thug」は、人気ラッパー/プロデューサーのヤング・サグをフィーチャリングに迎えた、フロアライクでバウンシーな一曲だ。前作ではアリーヤ、ジョデシー、キース・スウェットなど90年代R&Bへの憧憬が込められたサウンドと語りかけるような美しいボーカルが大きな注目を集めたが、今作でも自身が提唱する良質な”トラップ・ソウル”と新たな進化を見せつけることは間違いない。

◆Something That Tells Me
https://youtu.be/Vd9fWE2IyYU

この記事をはてなブックマークに追加

OTIS REDDING /STAX CLASSICS

2017年05月22日 | R&B,SOUL
<発売日>2017/6/9

<JAN(規格番号)>0081227940584

<内 容>
祝★60周年! ソウル/R&Bの名門レーベルSTAXの設立60周年を記念し、レーベルを代表するアーティスト達の“決定盤”が登場!!ヒット曲・代表曲に新規ライナーノーツとディスコグラフィーを1つにまとめたコンパクトな“ソウル辞典”がここに!第1弾としてRHINOから登場するのは、オーティス・レディング、ブッカーT&ザ・MGs、カーラ・トーマスにサム&デイヴ!!!

■ 1957年にメンフィスで、銀行員でありフィドル奏者でもあるジム・スチュワートによって設立されて以来、数多くのアーティストを輩出してきたアメリカを代表する名門ソウル/R&Bレーベル、STAX。 その設立60周年を記念して、STAXを代表するアーティストの作品が一挙に登場!ユニバーサル ミュージックが受託を受けているコンコード・ミュージック・グループとワーナー・ミュージック・グループのカタログ部門、ライノ・エンターテイメントがタッグを組み、この記念すべきアニバーサリー・イヤーを盛り上げていきます!

■ まず登場するのは、STAXレーベルを代表するアーティスト達の”決定盤”とも呼べる”STAX CLASSICS”シリーズ。それぞれのアーティストのヒット曲、代表曲を11~12曲を集めた本シリーズには、新規ライナーノーツとディスコグラフィーがブックレットに掲載されており、レジェンドのレガシーを手軽に知ることの出来る1枚となっている。今回RHINOから発売となるのは、オーティス・レディング、ブッカーT&ザ・MGs、カーラ・トーマス、サム&デイヴの『STAX CLASSICS』4タイトル!またSTAXを代表するソウルの名盤もアナログ・レコードで復活する!!! 【オーティス・レディング】  不滅のキング・オブ・ソウル、オーティス・レディング。だが、彼がSTAXに最初に現れたのは、1962年、ジョニー・ジェンキンス&ザ・パイントッパーズのマネージャー兼運転手としてだった。そして空き時間を利用して数曲をレコーディングさせてもらうことに成功した彼は、そのヴォーカルが評価され、スタックスの傍系レーベルであるヴォルトと契約したのだった。本作『STAX CLASSICS』には、その空き時間にレコーディングし、STAXのオーナー、ジム・スチュワートに衝撃を与えた「These Arms of Mine」を始め、オーティス本人が作り、歌い、後にアレサ・フランクリンが大ヒットに導いた「Respect」、さらにぐいぐいと聴き手を魅了する「セキュリティ」、ギタリストのスティーヴ・クロッパーとの共作によるアップ・ナンバー「ミスター・ピティフル」、そして彼の最期にして最大のヒット・シングルとなった「ドック・オブ・ベイ」まで、オーティスを知るには必要不可欠の12曲が収録されている。1967年12月、飛行機事故によってあえなく世を去ってしまったオーティスの活動期間はわずか5年で、享年26歳。あまりにも早く人生の幕を下ろしてしまった彼だが、死後50年を今年迎える現在でも「キング・オブ・ソウル」としてゆるぎない地位を誇り、往年のファンだけでなく若い、新しいファンを魅了し続けている。

STAX RECORDS 公式サイト:https://www.staxrecords.com/


同時発売情報
●ソウル/R&Bの名門レーベルSTAXの設立60周年を記念し、レーベルを代表するアーティスト達の“決定盤”が登場!!
●BOOKER T. & THE MGS (0081227940614)
●CARLA THOMAS (0081227940607)
●SAM & DAVE (0081227940591)



この記事をはてなブックマークに追加