輸入盤 最新新譜情報  【BUYER'S EYES】

※本文の複写、他サイト等への転載は固くお断り致します。(発売日/JAN/規格番号/商品内容等は変更の可能性あり)

John Carpenter / Anthology: Movie Themes 1974-1998

2017年09月19日 | Sound Track
<発売日> 2017/10/20

<JAN(規格番号)> 0616892521846

<内 容>
★日本でもカルト的人気を誇るB級ホラー映画界の巨匠ジョン・カーペンターがこれまでに手がけた代表的な映画音楽が詰まったアンソロジー!
★1974年のデビュー作「ダーク・スター」から1998年の「ヴァンパイア」まで、ジョン・カーペンターが手がけた代表的な映画音楽を再録しコンパイル!

B級ホラー映画界の巨匠ジョン・カーペンターの1974年のデビュー作「ダーク・スター」から1998年の「ヴァンパイア」まで、映画史に残る代表的な作品のサウンドトラックをコンパイルしたアルバム!

これまでに30近く映画を制作/監督/脚本/俳優など幅広く活動をしているジョン・カーペンター。それだけでなく自身の映画で使用する楽曲も自ら手掛けることでも有名。特にその中でも『ハロウィン』の「HALLOWEEN THEME」や『ニューヨーク1997』のメイン・トラックはSF・ホラー映画音楽の名作として親しまれている。

今回彼の1974年のデビュー作「ダーク・スター」から1998年の「ヴァンパイア」までの映画音楽を『ロスト・シームズ』『ロスト・シームズ2』にも参加していた息子コーディと彼の教え子ダニエルとともに全ての楽曲を再レコーディング。彼のキャリアを総括するアンソロジー・アルバム!

■バイオグラフィー
米ニューヨーク州にて音楽家の父の下に生まれる。ヒッチコックやホークス、ジョン・フォードなどの映画作家に影響を受け育ち、高校時代にはロックバンドに加わっていたこともあるなど、映画だけでなく音楽にも情熱をそそぐ。僅か30ド万ルで制作されたホラー映画『ハロウィーン』の大ヒットがきっかけとなり一躍有名監督となり、これまでに30近い作品を発表し、ここ日本でもカルト的人気を誇っている。過去にはアカデミー賞で短編実写賞の受賞経験をもつ。2015年2月、キャリア初となるソロ・アルバム『ロスト・シームズ』をNYブルックリンのブティック・レーベル<Sacred Bones>からリリース。まるでホラー映画のサントラのような薄暗い独特なアルバムを発表した。映画監督の突然のミュージシャンデビューに音楽界、映画界に激震が走り、ローリング・ストーン誌やNPR、ニュースウィーク、ピッチフォークなどのさまざまな有名音楽メディアがこぞって特集。一躍話題の人となった。


この記事をはてなブックマークに追加

CLINT MANSELL / LOVING VINCENT (ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK)

2017年09月08日 | Sound Track
<発売日> 2017/10/13予定

<JAN(規格番号)> 3299039994122

<内 容>
世界初、全編が動く油絵で構成される珠玉の体験型アートサスペンス映画『ゴッホ~最期の手紙』。 ファン・ゴッホの名画の数々が彼自身を語らせる鮮烈な映像に音楽という新たな色彩を加えるのは、クリント・マンセルのサウンドトラック・スコア!切なく美しい、リアン・ラ・ハヴァスの「Starry Starry Night」も収録。

■ 世界初、全編が動く油絵で構成される珠玉の体験型アートサスペンス映画『ゴッホ~最期の手紙』。ゴッホの最期を描いたこの映画は、彼の絵画をモチーフに、まず実際の俳優が演じる実写映画として撮影されると、その後、世界各国から集められた総勢125名の絵描きによって約65,000枚の油絵に描き起こされ、”動く油絵”によるアニメーション映像が作り上げられていった。

■ かつで自身の手紙の中で「われわれは自分たちの絵に語らせることしかできないのだ」と書いたと言われるゴッホ。その彼の言葉通り、彼の絵画によって彼自身を語らせる、世界初の試みでもあるこの画期的な映像作品は、フランスのアヌシー国際アニメーション映画祭にてワールドプレミア上映され、観客賞を受賞。そして10月からいよいよここ日本でも公開される。

■ キャスト陣には、『高慢と偏見とゾンビ』のダグラス・ブース、『ハリー・ポッター』シリーズのナルシッサ・マルフォイ役で知られるヘレン・マックロリー、『ブルックリン』のシアーシャ・ローナン、『ホビット』シリーズのエイダン・ターナーなどの豪華俳優・女優陣が名を連ね、また監督・脚本を務めたのはドロタ・コビエラ&ヒュー・ウェルチマン。そしてその芸術作品のような映像に”音楽”という新たな色彩を加えるのは、『ブラック・スワン』や、『ノア 約束の舟』の他、『ファウンテン 永遠につづく愛』を始めとするダーレン・アロノフスキー監督作品の音楽を手掛けているクリント・マンセル。

■ この映画について聞いたのはいつ頃だったかは覚えていないと語るクリント・マンセル。しかし、監督のドロタ・コビエラに声を掛けられたとき、断る選択肢はなかったという。そんな彼にとってゴッホは、このように映っているという:「ファン・ゴッホの”技術よりも表現”という格言は、少なくとも私の中では、彼を最初のパンクスの1人、またアウトサイダーとして位置づけた。どこかに”ハマろう”とする社会的慣習に束縛されることがなかったからこそ、フィンセントはファン・ゴッホになれたのだ」 

■ またサウンドトラックの最後には、英国の女性シンガー・ソングライター、リアン・ラハヴァスの歌う「Starry, Starry, Night」が収録されている。ドン・マクリーンによるこの曲は、「Vincent」という曲名でも知られているが、観る者に深い余韻を残す1曲となっている。「Starry, Starry, Night」というタイトルは、ゴッホの代表作の一つでもある「星月夜 (The Starry Night)」を思い起こさせるだけでなく、”Vincent"という曲名がゴッホのファースト・ネームと同じなのも、また心憎い選曲だ。

■ 狂人、天才、怠け者、様々なレッテルを貼られた印象派の巨匠ファン・ゴッホの最期に迫る『ゴッホ~最期の手紙』は、芸術の秋公開に相応しい、映像的にも、そして音楽的にも圧巻のアート映画である。

【映画公開情報】
『ゴッホ 最期の手紙』
配給:パルコ
2017年10月よりTOHOシネマズ六本木ほか全国順次ロードショー
トレイラー映像:https://youtu.be/bRDSTw6mNwY
http://www.gogh-movie.jp/

この記事をはてなブックマークに追加

VARIOUS ARTISTS / AUDREY HEPBURN - A TOUCH OF MUSIC

2017年09月08日 | Sound Track
<発売日> 2017/9/29

<JAN> 3299039983423

<内容>
銀幕の妖精、オードリー・ヘップバーン。彼女の出演した名画の数々は今なお輝きを放ち続ける。その名画たちは、同時に偉大なる音楽家たちによる映画音楽のマスターピースとしても、変わらぬ輝きをまとっている。彼女の代表的作品の名曲ばかりを一枚のディスクにまとめた、魅力あふれる映画音楽の世界をあなたに…。

◆映画『ティファニーで朝食を(原題: BREAKFAST AT TIFFANY'S』での、ギターを片手に彼女自身が歌い上げる「Moon River」、そして映画『パリの恋人(原題: FUNNY FACE)』でのフレッド・アステアとのデュエット…。銀幕の妖精として今なお美しく光り輝くオードリー・ヘップバーンがその映画の中で披露した数々の歌声は、まさに映画音楽の華やかな世界を代表するものだ。 ◆しかし、彼女の歌声だけではなく、彼女のフィルモグラフィそのものが、映画音楽界の偉大なる巨匠たちの作品集とも言えるほどの豪華な顔ぶれがそろっている。ヘンリー・マンシーニやジョージ・ガーシュウィン、ジョルジュ・オーリック、ニーノ・ロータ、フランツ・ワックスマン、エイトル・ヴォラ=ロボス、アレックス・ノース…、その錚々たる顔ぶれは、映画音楽を代表するアーティストばかりなのだ。 ◆今回、オードリー・ヘップバーンが出演した代表作の中から厳選した名曲ばかりをコンパイルした作品集『AUDREY HEPBURN - A TOUCH OF MUSIC』がMilan Recordsより発売されることとなった。 ◆『昼下がりの情事(原題: LIVE IN THE AFTERNOON)』での、「Hot Paprika」のグルーヴィなリズムや、「Fascination」の物憂げなアクセント、『戦争と平和(原題: WAR AND PEACE)』のあのロマンティックなメロディ、『緑の館(原題: GREEN MANSIONS)』のうっとりするようなサウンド、そして『ローマの休日(原題: ROMAN HOLIDAY)』のシンコペーション、『噂の二人(原題: THE CHILDREN'S HOUR)』のドラマティックなヴァイヴ…、素晴らしい女優の作品を彩る壮麗なる映画音楽の世界を凝縮した、オードリー・ファン、映画音楽ファンにとってはたまらない作品集の登場だ。もちろん彼女自身が歌う「Moon River」も収録。 ◆印象的な今作のジャケットには、著名なフランス人アーティスト、レネ・グリュオー(Rene Gruau)が手掛けたファッション用ポスターのデザインを起用。オードリー・ヘップバーンが映画で着用したファッションが常に世界中で大流行するという、ファッション・リーダーとしても知られる彼女の映画音楽作品集には、なんともぴったりなジャケットに仕上がっている。

この記事をはてなブックマークに追加

Various Artists / Finding Neverland [Original Broadway Cast Recording]

2017年09月04日 | Sound Track
<発売日> 2017/9/8

<JAN(規格番号)> 0602547430908

<内 容>
★観客が選ぶベストミュージカル賞受賞!-Broadway.com ★ジョニー・デップ主演映画を基にしたブロードウェイ新作ミュージカルのオリジナル・キャストによるサウンドトラック盤                                                                                              
★2017/9/8(金)~24(日)東急シアターオーブ(渋谷ヒカリエ11階)で初来日公演!

■Finding Neverland:少年の心を持つ劇作家バリと大人になろうとする少年ピーターの出逢いが生んだ「ピーターパン」誕生の感動実話 ジョニー・デップ主演映画「ネバーランド」を基にしたブロードウェイ新作ミュージカル。 作詞・作曲:ゲイリー・バーロウ(テイク・ザット)/ エリオット・ケネディ、脚本:ジェームズ・グラハム、演出:ダイアン・パウルス(『ヘアー』『ピピン』『ポギー&ベス』)、振付:ミア・マイケルズ(シルク・ド・ソレイユ『デリリアム』、エミー賞3度受賞)。    
■本作:ミュージカルの楽曲をブロードウェイのオリジナル・キャストがレコーディングしたサウンドトラック盤。                                                            
■2017/9/8(金)~24(日)東急シアターオーブ(渋谷ヒカリエ11階)で初来日公演! / 公式サイト:http://findingneverland.jp/index.php

この記事をはてなブックマークに追加

Pearl Jam / Let's Play Two

2017年09月04日 | Sound Track
<発売日> 2017/9/29

<JAN(規格番号)> 0602557695793

<内 容>
★2016年、パール・ジャムはリグレー・フィールドで8月20&22日に伝説的なライブを開催した。そのライヴの模様を中心に制作された最新ドキュメンタリー映画『Let's Play Two』のサウンドトラック・アルバム。                                        
                                                                                                   ■Pearl Jam: 1991年パール・ジャムのデビュー・アルバム『Ten』はこのシアトル・ベースのあまり知られてないバンドを一気にスターダムの座に押し上げた。これまでにリリースした9枚のスタジオ・アルバム、数えきれない程の彼らならではのライヴ・パフォーマンスにそれを収録したブートレッグ・リリースなどで、バンドはずっと高い評価とトータル・アルバム・セールス6,000万枚という成功をおさめてきた。この20年にわたり、ロック・ラジオに欠かせない曲や高い売り上げを誇るアルバムを提供し続けたということや、社会的そして政治的な信念への高い忠誠心などにより、バンドはロックンロールの世界において大きな原動力であり続けてきた。2011年パール・ジャムはその20周年を記念して「デスティネイション・ウィークエンド」というフェスティヴァルを行い、カナダ、中南米をツアーした。またバンドはその20周年記念の一環として「PJ20」という映画を公開、関連本とサウンドトラックも発表した。2013年、パール・ジャムはグラミー賞に輝いた10枚目のスタジオ・アルバム『Lightning Bolt』をリリースした。『Lightning Bolt』はビルボードのTop 200チャートで1位を獲得し、iTunesでも50カ国以上で1位に輝いている。2017年4月7日にはロックンロールの殿堂入りを果たした。
■本作:シカゴ・カブスがワールド・シリーズを制した2016年、パール・ジャムはリグレー・フィールドで8月20 &22日に伝説的なソールドアウト・ライブを開催した。それを祝して、制作されたドキュメンタリー映画『Let's Play Two』のサウンドトラック・アルバム。監督をつとめたのは著名なディレクター/フォトグラファーのダニー・クリンチ。映画は今年9/29よりアメリカ公開、10/2より全世界公開予定(但し日本公開未定)。ダニー・クランチによる写真、ディレクターズ・ノートをフィーチャーした32Pブックレット付予定。
■『Let's Play Two』のオフィシャル・トレーラー:https://www.youtube.com/watch?v=B85SIjDZ_Jw

この記事をはてなブックマークに追加

Various Artists / Detroit [Original Motion Picture Soundtrack]

2017年09月04日 | Sound Track
<発売日> 2017/9/15

<JAN(規格番号)> 0602557898163

<内 容>
★映画「ハート・ロッカー」(09年)でアカデミー賞初の女性監督賞に輝いたキャスリン・ビグローが1967年のデトロイト暴動を描いた最新作「DETROIT」(2017年8月全米公開)のサウンドトラックCD                                       ★MOTOWNからのリリースで、 Martha Reeves & The VandellasやMarvin Gaye & Tammi Terrellの1967年当時のヒット曲からThe Rootsの新曲「It Ain't Fair [feat. Bilal] 」まで収録

■Detroit :アカデミー6部門を受賞した『ハート・ロッカー』や『ゼロ・ダーク・サーティ』を手掛けたキャスリン・ビグロー監督と脚本家マーク・ボールが、1967年のデトロイト暴動を描いた最新映画。主演は「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」フィン役のジョン・ボイエガ。アメリカでは今年8月公開(日本公開未定)。
■本作:Motownからリリースされるサウンドトラック
■収録曲「It Ain't Fair [feat. Bilal] / The Roots」 のMV :https://www.youtube.com/watch?v=vFMfMGYW8kc

この記事をはてなブックマークに追加

VA / Funny Face OST- 60th Anniversary Edition

2017年09月04日 | Sound Track
<発売日> 2017/9/29

<JAN(規格番号)> 0602557915709

<内 容>
★1928年のミュージカルを基に映画となった1957年公開のスタンリー・ドーネン監督、オードリー・へプバーン&フレッド・アステア主演のアメリカン・ミュージカル映画『パリの恋人』のサウンドトラックが60周年記念リマスター盤で登場!■ジョージ・ガーシュウィンの楽曲をアドルフ・ドイッチが音楽監督を手掛けている。ファッション・カメラマンのフレッド・アステアがオードリー・ヘプバーン演じる普通の女の子に恋をして、その娘をハイ・クラスなモデルに仕立て上げるという名作!■今回初めてハイレゾに音がアップグレードされ、映画に出てくる順番に曲を並び替え、+最も人気のある曲のみ発表テイクを8トラック収録!サウンドトラック名盤中の名盤!

この記事をはてなブックマークに追加

Elmer Bernstein, Chico Hamilton / Sweet Smell Of Success OST- 60th Anniversary Edition

2017年09月04日 | Sound Track
<発売日> 2017/9/22

<JAN(規格番号)> 0602557746778

<内 容>
★トニー・カーティス、バート・ランカスター主演、アレクサンダー・マッケンドリック監督による1957年のアメリカ映画『成功の甘き香り』のサウンドトラックの60周年記念リマスター盤。
■バーンスタインによるスコアと映画にも出演するチコ・ハミルトン・クインテットによるジャズの2枚がCD1枚にカップリング。なんと本作でピアノを弾いている中には映画音楽界の巨匠ジョン・ウィリアムスの名も!他にもシェリー・マン、ポール・ホーン、テッド・ナッシュなどが参加。

この記事をはてなブックマークに追加

Original London Cast / Girl From The North Country (Original London Cast Recording)

2017年09月04日 | Sound Track
<発売日> 2017/9/29予定

<JAN(規格番号)> 0889854821623

<内 容>
英国で称賛を浴びる舞ミュージカル『北国の少女~ボブ・ディランを歌う』サウンドトラック

コナー・マクファーソン脚本・監督によるミュージカル『北国の少女~ボブ・ディランを歌う』は、ボブ・ディランの故郷であるミネソタ州ダルースを舞台に展開する。時は1934年、不安にさいなまれながら生活する人々が、田舎の小さなホテルに身を寄せ合うように集う。ホテルのオーナー、ニックは支払能力を超える金額を返済しなければならず、妻のエリザベスは正気を失い、彼等の娘マリアンヌは素性の知れない赤ん坊を連れていた。そして、牧師が聖書を売り、ボクサーがカムバック戦を夢見る真夜中頃、後には引けない状況におちいって物事はめまぐるしく動き始める。この希望と悲嘆とソウルに満ち溢れる舞台を彩るのはボブ・ディランの歌の数々。ディランの名曲の数々が新たな生命を宿って、観る者の心を打つ。出演者による歌はアビー・ロード・スタジオにて録音され、インストゥルメンタルを含め19トラックを収録し、サイモン・ヘイルの見事な編曲も魅力の作品となった。

この記事をはてなブックマークに追加

Philip Selway / Let Me Go OST

2017年08月29日 | Sound Track
<発売日> 2017/10/27

<JAN(規格番号)> 5414940002263

<内 容>
★レディオヘッドのドラマー、フィリップ・セルウェイが、実話を元に製作された映画『Let Me Go』のサウンドトラックを担当!

レディオヘッドのフィリップ・セルウェイが、自身が楽曲を手掛けた映画『Let Me Go』のサウンドトラック『レット・ミー・ゴー - オリジナル・サウンドトラック』を10月にリリースすることがわかった。同作はインストゥルメンタルのほか、フィリップが歌うヴォーカル・ソング「Wide Open」「Let Me Go」の2曲も収録している。
映画『Let Me Go』は、ポリー・スティール監督作。 第二次世界大戦中に経験した衝撃的な出来事を抱える4世代の家族の物語で、その経験が暗い影を落とす母と娘の姿を実話を元に描いている。
映画が持つそのダークで親密な雰囲気を反映したサントラは、ストリングス、ピアノ、ギター、エレクトロニクス、ミュージカルソー、グロッケンシュピール、ビブラホンを主に用いており、たまに美しさや不安感を生み出す際にはベース、ドラムが取り入れられている。

レディオヘッドのドラマーとして活躍する傍ら、2010年のデビュー・アルバム『ファミリアル』の発表以来、ソロ・アーティストとしても着実に評価を高めているフィリップ・セルウェイ。2014年10月には4年振り、2枚目となるアルバム『ウェザーハウス』をリリースし、翌年開催された第10回Hostess Club Weekenderに出演した。また、2014年にはダンス・カンパニーに楽曲提供をした経験から、いつかは映画のサウンドトラックを手掛けてみたいという思いを抱いていたというフィリップ。知人だった映画監督のポリー・スティールから今回の話を持ちかけられ、脚本を読んだ彼はすっかり作品の虜になったという。「楽曲の仕上がりには満足しているし、初めてのサウンドトラック制作という経験から学んだことにも幸福感でいっぱいだ」とフィリップは今回のリリースについて語っている。

「Let Me Go」の試聴はこちら:
https://soundcloud.com/bella-union/philip-selway-let-me-go/s-FEDLi映画のトレイラー映像はこちら:
https://youtu.be/5E5TLd4a7zA

■バイオグラフィー
イギリスが誇る超大物バンド、レディオヘッドのドラマー。レディオヘッドは92年のメジャーデビュー以来、現在までに8枚のスタジオ・アルバムをリリース。また、2007年には自由価格制でアルバムをリリースするなど、革新的な活動を続けている。ソロとしては、2009年、クラウデッド・ ハウスのニール・フィンが主宰するチャリティ・バンド、7ワールズ・コライドでソロ・パフォーマンスを披露したことで大きな話題になった。翌 2010年、初のソロ・アルバム『ファミリアル』をリリースし、同時にソロとしては初となるジャパン・ツアーを行なった。2014年、約4年振りとなるセカンド・ソロ・アルバム『ウェザーハウス』をリリースした。翌年2月、第10回目Hostess Club Weekender出演のため来日。2017年10月、『レット・ミー・ゴー - オリジナル・サウンドトラック』をリリース。

●フィリップ・セルウェイ日本公式サイト
http://hostess.co.jp/philipselway/

この記事をはてなブックマークに追加

Philip Glass / Jane (Original Motion Picture Soundtrack)

2017年08月29日 | Sound Track
<発売日> 2017/10/6予定

<JAN(規格番号)> 0889854824624

<内 容>
フィリップ・グラスによるスコア映画『Jane』 サウンドトラック

ドキュメンタリー映画で定評のあるブレッド・モーゲン監督作品。ナショナル・ジオグラフィックが長年に渡って録りためてきたイギリスの霊長類学者/人類学者、ジェーン・グドールの美しい映像を多用した伝記映画『Jane』のサウンドトラック。スコアを手掛けるのは、現代音楽の巨匠、フィリップ・グラス。映画の日本公開は未定。

この記事をはてなブックマークに追加

Various Artists / The Vietnam War - The Soundtrack

2017年08月23日 | Sound Track
<発売日> 2017/9/15

<JAN(規格番号)> 0600753783030

<内 容>
☆アメリカPBC Stationで9月から放送の『The Vietnam War』のサウンドトラック。ベトナム戦争時代のアイコンの楽曲38曲を2枚のCDに収めた過去に類をみない最強のサウンドトラック!
★The Beatles, Rolling Stones, Bob Dylan, Jimi Hendrix, Janis Joplin, Cream, CCR, The Byrds, Santana, Marvin Gaye,Simon & Garfunkel他 最強アーティストがレーベルを越えて一堂に会した最高のサウンドトラック・アルバム!.

★ザ・ビートルズの「レット・イット・ビー」、ローリング・ストーンズの「ギミー・シェルター」、ボブ・ディランの「はげしい雨が降る」、クリームの「ストレンジ・ブルー」、ジミ・ヘンドリックスの「アー・ユー・エクスペリエンスト」他、この時代の代表曲がレーベルを越えて一堂に会した奇跡のサウンドトラック・アルバム!

THE VIETNAM WAR – THE SOUNDTRACK
CD 1
1. A HARD RAIN’S A-GONNA FALL – Bob Dylan
2. HELLO VIETNAM – Johnnie Wright
3. IT’S MY LIFE – The Animals
4. EVE OF DESTRUCTION – Barry McGuire
5. TURN! TURN! TURN! (TO EVERYTHING THERE IS A SEASON) – The Byrds
6. MASTERS OF WAR – The Staple Singers
7. MUSTANG SALLY – Wilson Pickett
8. SMOKESTACK LIGHTNIN’ – Howlin’ Wolf
9. BACKLASH BLUES – Nina Simone
10. THE SOUND OF SILENCE – Simon & Garfunkel
11. ONE TOO MANY MORNINGS – Bob Dylan
12. AIN’T TOO PROUD TO BEG – The Temptations
13. ARE YOU EXPERIENCED? – The Jimi Hendrix Experience
14. I’M A MAN – The Spencer Davis Group
15. GREEN ONIONS – Booker T and The MG’s
16. STRANGE BREW – Cream
17. WAIST DEEP IN THE BIG MUDDY (Live) – Pete Seeger
18. A WHITER SHADE OF PALE – Procol Harum
19. THE LORD IS IN THIS PLACE – Fairport Convention
20. FOR WHAT IT’S WORTH – Buffalo Springfield

CD 2
1. DON’T THINK TWICE, IT’S ALL RIGHT – Bob Dylan
2. PIECE OF MY HEART – Big Brother & The Holding Company
3. MAGIC CARPET RIDE – Steppenwolf
4. THE LETTER – The Box Tops
5. BAD MOON RISING – Creedence Clearwater Revival
6. SOUL SACRIFICE – Santana
7. TELL THE TRUTH – Otis Redding
8. OKIE FROM MUSKOGEE – Merle Haggard
9. THE THRILL IS GONE – B.B. King
10. PSYCHEDELIC SHACK – The Temptations
11. OHIO – Crosby, Stills, Nash & Young
12. GET TOGETHER – The Youngbloods
13. GIMME SHELTER – The Rolling Stones
14. TAIL DRAGGER – Link Wray
15. AMERICA THE BEAUTIFUL – Ray Charles
16. WHAT’S GOING ON – Marvin Gaye
17. BRIDGE OVER TROUBLED WATER – Simon & Garfunkel
18. LET IT BE – The Beatles

この記事をはてなブックマークに追加

VARIOUS ARTISTS / THIS IS US (Music From The Series)

2017年08月21日 | Sound Track
<発売日> 2017/9/15

<JAN(規格番号)> 0600753791660

<内 容>
★大ヒットTVシリーズ THIS IS US のオリジナル・サウンドトラック!
アメリカの超人気番組 『THIS IS US』のサウンドトラックにはRingo Starr、Stevie Wonder、Paul Simon、Blind Faith、Badfinger, Cat Stevens、Wilco, Gene Clark等の著名アーティストの名曲が目白押し! レーベルを超えた最高のサントラ!                                                                        
●THIS IS US 36歳、これから NHK総合 2017年10月1日(日)放送スタート 日曜 午後11時
恋愛、家族、仕事…。人生の岐路に立つ36歳の男女のせつなく心温まる物語。生きているって大変だけど、すばらしい! 国を超えて誰もが共感でき、勇気づけられる! 涙と笑いと感動のヒューマンドラマ。アメリカで大ヒットした話題作が日本初登場!
日本語版でケヴィンの声を演じるのは、海外ドラマ吹き替え初挑戦の高橋一生。
原題:This Is Us  制作:2016年 アメリカ

この記事をはてなブックマークに追加

Kyle Dixon & Michael Stein/Stranger Things Season 1 <Cassette>

2017年08月15日 | Sound Track
<発売日> 2017/9/1

<JAN(規格番号)> 5051083122641

<内 容>
★祝!<シーズン2>配信決定!
★世界中で人気が大爆発!ウィノナ・ライダー主演Netflixオリジナル作品『ストレンジャー・シングス 未知の世界 <シーズン1>』のオリジナル・サウンドトラックが“レトロVHSテープ”デザイン仕様の超限定カセットテープで登場!
★第59回グラミー賞「最優秀スコア・サウンドトラック・アルバム(映像作品」部門)ノミネート作品!
★2017年度MTVムービー&TVアワード2部門受賞!
★第74回ゴールデングローブ賞「作品賞(ドラマ部門)」ノミネート!

『ストレンジャー・シングス 未知の世界 <シーズン1>』は、米オンライン映像ストリーミング・サービス、Netflixのテレビドラマ・シリーズとして2016年7月15日に公開され、ウィノナ・ライダーのドラマ初主演作品でザ・ダファー・ブラザーズ(監督/制作/脚本)、そして製作総指揮/監督はショーン・レヴィ(映画ナイト・ミュージアム他)としても話題となった。1980年を舞台にしたSFホラー的内容が全米を始め、ここ日本も含む全世界中で大ヒットを記録。ホラーの巨匠スティーヴン・キングなど著名人も熱烈なファンであることを公言している。

本サウンドトラックを手掛けるのは米テキサス州オースティンを拠点に活動するシンセバンド、S U R V I V Eのカイル・ディクソンとマイケル・スタイン。
本作は<シーズン1>公式サウンドトラックVol.1と2として発表され、第59回グラミー賞において「最優秀スコア・サウンドトラック・アルバム(映像作品」部門)にノミネートされた。

■バイオグラフィー:
カイル・ディクソンとマイケル・スタインは米テキサス州オースティンを拠点に活動する4人組シンセバンド、S U R V I V Eのメンバーとして活動中。2016年公開のウィノナ・ライダー主演Netflixオリジナル作品『ストレンジャー・シングス 未知の世界 <シーズン1>』で音楽を担当し、第59回グラミー賞において「最優秀スコア・サウンドトラック・アルバム(映像作品」部門)にノミネートされ一躍時代の寵児となった。同年9月、バンド最新作『RR7349』を発表。

■本作のダイジェスト試聴はこちら:
https://soundcloud.com/lakeshore-records/sets/stranger-things-official

同時発売情報
●Stranger Things Season 1, Vol. 2 (A Netflix Original Series Soundtrack) <Cassette>(5051083122658)
★こちらはヴォリューム2!
★メインテーマ曲「Stranger Things」の別ヴァージョン他、劇中で使用された
美しくも妖しいシンセ・インストゥルメンタル曲を全39曲を収録!

この記事をはてなブックマークに追加

Various Artists / La La Land - The Complete Musical Experience [Box Set]

2017年08月10日 | Sound Track
<発売日> 2017/9/8

<JAN(規格番号)> 0602557581263

<内 容>
★第89回アカデミー賞作曲賞、主題歌賞を含む最多6部門制覇!全世界が恋に落ちたミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』                                                                     
★限定盤だったサントラLPのブルー・ヴァイナル、スコア盤の2枚組LP、折込映画ポスター入りThe Complete Musical Experience(完全ミュージカル体験盤)のデラックス2CD、36ページ・ハードカヴァー・フォト&リリック・ブック、アカデミー受賞曲「City Of Stars」楽譜、フィルム・アート・プリントを収録。パッケージも豪華なシリアルナンバー入り限定BOX

●「ラ・ラ・ランド in コンサート/LA LA LAND - IN CONCERT」
♪横浜公演(3公演)
・日時:2017年9月29日(金) 18:00開場/19:00開演
2017年9月30日(土) 13:00開場/14:00開演
2017年9月30日(土) 17:30開場/18:30開演
・会場:パシフィコ横浜 国立大ホール
♪名古屋公演:
・日時:2017年10月3日(火) 18:00開場/19:00開演
・会場:名古屋国際会議場 センチュリーホール
♪大阪公演;
・日時:2017年10月4日(水) 18:00開場/19:00開演
・会場:フェスティバルホール
チケット情報などの詳細は公式サイトをご確認ください。
<コンサート公式サイト> http://www.promax.co.jp/lalalandinconcert/

この記事をはてなブックマークに追加