輸入盤 最新新譜情報  【BUYER'S EYES】

※本文の複写、他サイト等への転載は固くお断り致します。(発売日/JAN/規格番号/商品内容等は変更の可能性あり)

Van Morrison/Keep Me Singing

2016年07月29日 | Rock (NEW)
<発売日>2016/9/30

<JAN(規格番号)>0602557035742

<内 容>
★来年にソロ・デビュー50周年を迎える、ロックの殿堂入りを果たしているアイルランドが生んだ孤高のシンガー・ソングライター、ヴァン・モリソンが36作目となる最新アルバムをリリース!
★御年70歳、大英帝国勲章受章の伝説的アーティストであり、様々な媒体が歴史上の偉大なシンガー/アーティスト・リストを発表する時にはヴァン・モリソンは常に高順位を獲得している。
★2008年にリリースしたオリジナル・アルバム『キープ・イット・シンプル』は、ソロ・デビューから41年目にして自身初の全米トップ10入りを果たすなど、近年においてもその人気は上昇している。

ロックの殿堂入りを果たしているアイルランドが生んだ孤高の伝説的シンガー・ソングライター、ヴァン・モリソンが36作目となる最新アルバム『キープ・ミー・シンギン』をリリースします。今作はヴァン・モリソンによって書かれた12曲のオリジナル・トラックと1曲のカヴァーが収録された合計13曲56分の大作となっています。アレサ・フランクリンやケニー・ロジャース等にもカヴァーされているブルースの名曲「Share Your Love With Me」(作詞作曲 : アルフレッド・バックス、ドン・ロービー)も収録されている。有名作詞家、ドン・ブラックとの共作曲も収録されており、アルバムの最後を飾る「Caledonia Swing」はヴァンがピアノとサックスを演奏したインストルメンタル・トラックです。今作アルバムはヴァン・モリソン自らが全曲のプロデュースを手掛けています。

2008年にリリースしたオリジナル・アルバム『キープ・イット・シンプル』は、ソロ・デビューから41年目にして自身初の全米トップ10入りを果たし、2012年リリースの最新オリジナル・アルバム『ボーン・トゥ・シング:ノー・プラン・B』は全世界で32万枚のセールスを達成。昨年リリースされた前作『デュエッツ:リワーキング・ザ・カタログ』は全世界で50万枚のセールスを達成するなど、近年においてもその人気は上昇している。

アーティスト・オフィシャル・ウェブ:http://vanmorrison.com

■バイオグラフィー:
北アイルランド出身、70歳を迎える大英帝国勲章受章の伝説的ミュージシャン。1993年にロックの殿堂入りを果たしている。様々な媒体が歴史上の偉大なシンガー/アーティストリストを発表する時にはヴァン・モリソンは常に高順位を獲得している。1964年にゼムを結成し「グロリア」などのヒットを飛ばし、当時イギリスで隆盛したブルー・アイド・ソウルのシンガーとして人気を博す。1966年にゼムを脱退し、アメリカに渡りソロに転向する。1967年にバング・レコードから発売されたシングル「ブラウン・アイド・ガール」が全米10位のヒットを記録。1968年に発売されたワーナー・ブラザーズ・レコード移籍第1弾アルバム『アストラル・ウィークス』は現在もポップ・ミュージック史を代表する名盤として評価を受けている。3rdアルバム『ムーンダンス』は全米チャート29位、4th『テュペロ・ハニー』は全米チャート27位を獲得している。1995年にはチーフタンズをフィーチャーした楽曲「ハヴ・アイ・トールド・ユー・レイトリー」がグラミー賞最優秀ポップ・コラボレーション・ウィズ・ボーカル賞を受賞した。2008年のアルバム『キープ・イット・シンプル』は、ソロ・デビューから41年目にして自身初の全米トップ10アルバムとなった。

この記事をはてなブックマークに追加

David Brent/Life On The Road

2016年07月29日 | Sound Track
<発売日>2016/8/19

<JAN(規格番号)>0602547998705

<内 容>
★英コメディアン、リッキー・ジャーベイスによる人気テレビシリーズ「The Office」のスピンオフ映画「David Brent: Life on the Road」のサントラがリリース!

『The Office』は、2001年と2003年にBBCで放送されたジャーベイス監督・脚本・主演のイギリスのテレビドラマ。 イギリスでは社会現象を巻き起こしたドラマであり、放送終了から約13年を経ての映画化となり英国を中心に話題沸騰となっている映画。今作のプロデューサーにはリッキー・ジャーベイス自身と元レイザーライトのアンディ・バロウズを起用、ミックスはニック・テイラーがロンドンのエアー・エデル・スタジオにて行った。

■「Life On The Road」の試聴音源はこちら:
https://youtu.be/-Tgl-CwnK2g

この記事をはてなブックマークに追加

Syd Arthur/Apricity

2016年07月29日 | Rock (NEW)
<発売日>2016/10/21

<JAN(規格番号)>0602547768902

<内 容>
★UKサイケロック・バンド、シド・アーサーが4枚目となる新アルバム『Apricity』をリリース!!

4作目となる新アルバム『Apricity』は21世紀のサイケデリックロックとコズミック・ジャズ、そしてソウルやファンクのグルーブ感を即興的な演奏と掛け合わせて楽曲制作を行っていったという。英国カンタベリー出身のバンドという事でソフト・マシーン、ゴングそしてハットフィールド・アンド・ザ・ノース等のレジェンド・バンドを聞いて育ったという彼等。今作のレコーディングの為にUSロサンゼルスに飛びジェイソン・フォークナーと共にジョナサン・ウィルソンのスタジオにて制作された。2インチ・アナログ・テープを使用して録音された楽曲はUKカンタベリーにあるスタジオにてミキシングされた。

バンドはリアム・マギルとジョエル・マギル(ベース、ボーカル)、ジョッシュ・マギル(ドラム)の3兄弟とレイヴェン・ブッシュ(ヴァイオリン・キーボード、マンダリン)の4人でイギリスのカンタベリーにて2003年に結成された。バンドは今までに3枚のアルバムをリリースしており、今までザ・ストロークスやザ・ピクシーズ、ショーン・レノンそしてポール・ウェラー等の前座を務めている。更には今後、ジェイク・バグのUS公演の前座を務めるとこ決定している。

■「Sun Rays」のミュージック・ビデオはこちら:
https://youtu.be/dP2rdPitZnc

この記事をはてなブックマークに追加

The Beatles/Live At The Hollywood Bowl

2016年07月27日 | Rock(RE-ISSUES)
<発売日>2016/9/9

<JAN(規格番号)>0602557054972

<内 容>
時代を変えた「伝説」の記録(レコード)
史上最高のロック・バンドが残した唯一のライヴ・アルバム!

・24P英文ブックレット
・ザ・ビートルズ唯一の公式ライヴ・アルバム
・未発表音源4曲収録
・ジャイルズ・マーティンによる最新リミックス&リマスター 
・ライヴ・バンドとしての実力とファンの驚異的な熱狂ぶりを臨場感たっぷりに伝える貴重な作品
・ロン・ハワード監督の新作ドキュメンタリー映画に合わせてのリリース

■ザ・ビートルズがライヴ・バンドとして最も輝いていた1964年と1965年にロサンジェルスのハリウッド・ボウルで行い、いずれもソールド・アウトになった3回の公演の歓びに満ちたエネルギーをとらえたニュー・アルバム!

■1977年に発売となった13曲入りのアナログ盤(邦題:ザ・ビートルズ・スーパー・ライヴ!)はすでに廃盤となっているが、今作はそのアルバムの単なるリイシューではなく、コンサートのオリジナル3トラックのテープを直接のソースにして作られた全く新しいアルバム。コンサート会場の熱気と興奮を保持しつつ、現在望みうる最高の鮮明さと音質でバンドのパフォーマンスを再現するために、グラミーを受賞したプロデューサーのジャイルズ・マーティンと、やはりグラミーを受賞したエンジニアのサム・オーケルは、ジャイルズの父、ジョージ・マーティンがプロデュースしたオリジナル・アルバムに収録の13曲に加え、これらの歴史的なコンサートから、4曲の未発表レコーディングに、アビイ・ロード・スタジオで念入りなリミックスとリマスターを施した。

■高名なジャーナリスト、デヴィッド・フリッケのエッセイを収めた24ページのブックレット付

■アルバム・ジャケットには1964年8月22日に、当時全米ツアーのマネージャーを務めていたボブ・ボニスが撮影したカナダでの初公演のために、シアトルのタコマ空からブリティッシュコロンビア州のヴァンクーヴァーに向かうチャーター機に搭乗するジョン、ポール、ジョージ、リンゴの姿を収めた写真を使用

■アカデミー受賞監督のロン・ハワードによる、彼らの初期のキャリアを追った、高い期待を集めるバンド公認の長編ドキュメンタリー映画『ザ・ビートルズ: Eight Days A Week - The Touring Years』に合わせてリリース。映画は9月15日にロンドンで開かれるワールド・プレミア・イヴェントをへて、全世界で劇場公開され、日本では9月22日に封切られる予定

<曲目>
1.ツイスト・アンド・シャウト. Twist and Shout(1965年8月30日)
2.シーズ・ア・ウーマンShe’s A Woman(1965年8月30日) 
3.ディジー・ミス・リジーDizzy Miss Lizzy(1965年8月30日/1965年8月29日——1曲にエディット)
4.涙の乗車券Ticket To Ride(1965年8月29日)
5.キャント・バイ・ミー・ラヴCan’t Buy Me Love(1965年8月30日) 
6.今日の誓いThings We Said Today(1964年8月23日)
7.ロール・オーバー・ベートーヴェンRoll Over Beethoven (1964年8月23日)
8.ボーイズBoys(1964年8月23日)
9.ア・ハード・デイズ・ナイトA Hard Day’s Night(1965年8月30日)
10.ヘルプ!Help!(1965年8月29日)
11.オール・マイ・ラヴィングAll My Loving(1964年8月23日)
12.シー・ラヴス・ユーShe Loves You(1964年8月23日)
13.ロング・トール・サリーLong Tall Sally(1964年8月23日)
14.ユー・キャント・ドゥ・ザットYou Can’t Do That(1964年8月23日——未発表)
15.抱きしめたいI Want To Hold Your Hand(1964年8月23日——未発表)
16.みんないい娘Everybody’s Trying To Be My Baby(1965年8月30日——未発表)
17.ベイビーズ・イン・ブラックBaby’s In Black(1965年8月30日——未発表)
Approx. running time 44:30

この記事をはてなブックマークに追加

Adam Torres/Pearls to Swine

2016年07月27日 | Rock (NEW)
<発売日>2016/9/9

<JAN(規格番号)>0767981156729

<内 容>
★米フォーク/ロック・バンド、サウスイースト・エンジンのメンバー、アダム・トーレスが<Fat Possum>とサイン!ニュー・アルバム『パールズ・トゥ・スワイン』をリリース!

米アセンズやコロンバスを拠点に活動するアダム・トーレスが、ニューアルバムをリリース!
彼はフォーク/ロック・バンド、サウスイースト・エンジンのメンバーとしても活動する。ソロ・デビュー作『ノストラ・ノヴァ』(2006年)、そして<DZ Tapes>からリリースされたデモ作に続く作品となり、<Fat Possum>契約後、初のリリースとなる。
ファーストアルバムをリリースし約10年経ち、彼のソングライティングもかなり成熟してきた。長いキャリアを経て自分自身に自信を持ち、彼の楽曲は寛大さも脆弱性も持ち合わせ、『パールズ・トゥ・スワイン』と題されるこのアルバムは、そんな彼のソングライター/ミュージシャンとしての歴史を複雑なマップにしたような作品となった。
収録曲の「High Lonesome」 は、夕暮れ時に川に向かって石を蹴って波がたち、ゆらゆら光る月明かりの下での瞑想の曲。アコースティックギターやヴァイオリンに綺麗な歌声が重なる心休まるフォーク・サウンドが響くアルバムとなった。

■バイオグラフィー:
米アセンズやコロンバスを拠点に活動するフォーク/ロック・バンド、サウスイースト・エンジンのメンバー。バンドとしても<Misra Records>からアルバムをいくつかリリース、2006年20歳の時にアルバム『ノストラ・ノヴァ』でソロ・デビュー。これまでに100曲以上を作曲し、そして2012年にカセットレーベル<DZ Tapes>からエクアドルにいる間に録音したデモ作品をリリース。2015年にデビューアルバムはリイシューされ、The A.V. Club、Stereogum、VICE等から高評価を獲得した。

■収録曲「High Lonesome」の試聴はこちら:
https://soundcloud.com/fatpossum/adam-torres-high-lonesome

この記事をはてなブックマークに追加

Motion Graphics/Motion Graphics

2016年07月27日 | Rock (NEW)
<発売日>216/8/26

<JAN(規格番号)>0887828023226

<内 容>
★NYを拠点に活動するエレクトロニック・アーティスト、ジョー・ウィリアムズのソロ・プロジェクト、モーション・グラフィックスが名門<Domino>よりデビュー!

NYを拠点に活動するエレクトロニック・アーティスト、ジョー・ウィリアムズのソロ・プロジェクト、モーション・グラフィックスがデビュー!セルフタイトルのアルバムを<Domino>よりリリースする。
モーショングラフィックスはデジタル・メニュー・システムのアンビエントサウンドにも影響を受け、日常に潜在するサウンドとデジタルツールを巧みに操作することに精通し、コンピュータの超人的な能力を使い楽曲を制作。エレクトロニカにテクノ・ポップやジャズの要素もとりいれたようなサウンドが特徴だ。そんな彼のソロデビュー作はNY、LA,、ボルチモアで2年以上をかけて制作された。
ウィリアムズはマクミリオン・ダンバーが主宰のレーベル<Future Times>のメンバーとしても活動、ボルチモアのアヴァン・ロック・デュオ、Ecstatic Sunshineの片割れマシュー・パピッチことCo La(コ・ラ)のアルバム「ムーディー・クープ」に参加、ロットフィー・ネイサンのドキュメンタリーフィルム「12 O'Clock Boys」の音楽も手掛けて幅広く活動をしている。

ー彼の楽曲は晴れやかさもほろ苦さも持ち合わせ、そして明朗で美しいー Pitchfork

■バイオグラフィー:
NYを拠点に活動するエレクトロニック・アーティスト、ジョー・ウィリアムズのソロ・プロジェクト。元はホワイト・ウィリアムズ名義で2007年にアルバム『スモーク』をリリース、新しいプロジェクトとしてモーション・グラフィックス名義で活動を始める。マクミリオン・ダンバーが主宰のレーベル<Future Times>のメンバー、ボルチモアのアヴァン・ロック・デュオ、Ecstatic Sunshineの片割れマシュー・パピッチことCo La(コ・ラ)のアルバム「ムーディー・クープ」に参加、ロットフィー・ネイサンのドキュメンタリーフィルム「12 O'Clock Boys」の音楽も手掛けた経歴を持つ。そしてこの度、新名義でのデビューアルバムをリリースする。

■収録曲1stシングル「Lense」の映像はこちら:
https://youtu.be/QtssjJk7ZbE

この記事をはてなブックマークに追加

Preoccupations/Preoccupations

2016年07月27日 | Punk~pop punk
<発売日>2016/9/16

<JAN(規格番号)>0656605229027

<内 容>
★ヴェト・コン(Viet Cong)から改名した、カナダ・カルガリーのポスト・パンク・バンド、プリオキュペイションズ(Preoccupations)がセルフタイトルとなるニューアルバムをリリース!

ヴェト・コンから改名した、カナダ・カルガリーのポスト・パンク・バンド、プリオキュペイションズが2ndとなるセルフ・タイトル・アルバム『プリオキュペイションズ』をリリースする。今作も前作に引き続き、ボン・イヴェールやダイナソーJrを擁するインディー・レーベル<Jagjaguwar>からのリリース。

収録曲「Monotony」は先の見えない仕事、「Anxiety」はバンドとしての変化、「Fever」は誰かを励ましている、といったようにすべての曲が特定の物事から作られている。前作に続き、ザ・キュアーやエコー・アンド・ザ・バニーメンなどニューウェーブの雰囲気や、ザ・ゾンビーズなど、60年代のサイケポップの香りもするサウンドからは、メンバーがそれぞれに10年以上に亘ってダークなゴシック調のポップ・ミュージックを作っていたという背景も感じられる。
今作のプロデュースはトロントのエレクトロニカ・バンドでキーボードを担当し、メッツ等のポスト・パンク・バンドも手掛けたグラハム・ウォルシュが行った。

■バイオグラフィー:
ヴェト・コンはウーマンの元メンバー2人が2012年にカナダのカルガリーで新たに結成した4人組のバンド。2013年にシングル「スロー・イット・アウェイ」をセルフ・リリース、同年に7曲入りのEPを<Mexican Summer>からリリース。翌年2014年には<Jagjaguwar>よりデジタル配信でシングル「Continental Shelf」をリリースした。このシングル曲も収録されたデビュー・アルバム『ヴェト・コン』を15年に発表。カナダ版マーキュリー・プライズとも喩えられるポラリス・ミュージック・プライズにノミネート、NME、Stereogum、Pitchfork等で高評価を獲得し称賛を浴びた。この度バンド名をプリオキュペイションズに改名、2作目のリリースとなる。

■収録曲「Anxiety」の映像はこちら:
https://youtu.be/csMbqrFT1dM

この記事をはてなブックマークに追加

J Churcher/Borderland State

2016年07月27日 | Rock (NEW)
<発売日>2016/9/9

<JAN(規格番号)>5414939942037

<内 容>
★ロンドン出身のJ・チャーチャーがデビューアルバム『ボーダーランド・ステイト』を9月にリリース!

ロンドン出身のJ・チャーチャーがデビューアルバム『ボーダーランド・ステイト』を9月にリリース!今作は2年間をかけて制作され、プロデュースを手掛けたのは 同じくロンドンを拠点に活動する、ドリームトラック。バック・コーラスとして女性SSWのアンナ・B・サヴェージが参加している。本作は、ドリーミーでリヴァ―ヴが効いたメロディーが特徴的なアート・ポップがぎゅっと詰まった作品。最新シングル「Riding On Your Love」は、シンプルなギターラインとやわらかなシンセサイザーの音が心地よく、愛の言葉が並べられたロマンティックな一曲だ。

■バイオグラフィー:
イギリスはロンドン出身のシンガー。ドリーミーでやわらかなシンセサイザーが特徴的なアート・ポップ。2016年9月にデビュー・アルバム『ボーダーランド・ステイト』を<37 Adventures>からリリースする。

■最新シングル「Riding On Your Love」の試聴はこちら:
https://soundcloud.com/jchurcher/riding-on-your-love/

この記事をはてなブックマークに追加

The Wytches/All Your Happy Life

2016年07月27日 | Rock (NEW)
<発売日>2016/9/30

<JAN(規格番号)>5414939942952

<内 容>
★英ブライトン出身のサイケ・ロックバンド、ザ・ウィッチーズが、セカンド・アルバム『オール・ユア・ハッピー・ライフ』をリリース!
★レコーディングを担当したのは、ジム・スクラビュノス(ニック・ケイヴ&ザ・バッド・シーズ)!

英ブライトン出身のサイケ・ロックバンド、ザ・ウィッチーズが、待望のセカンド・アルバム『オール・ユア・ハッピー・ライフ』を9月にリリース決定!ザ・ホワイト・ストライプスのグラミー受賞アルバム『エレファント』を手がけたリアム・ワトソンを起用したシングル「ビーハイヴ・クイーン」で一気にブレイクした彼ら。ブラッド・レッド・シューズやクラウド・ナッシングズらがサポート・アクトに抜擢し、2014年に元コーラルのビル・ライダー・ジョーンズと共作したアルバム『アナベル・ドリーム・リーダー』で鮮烈デビューを果たした。60年代のサイケデリック・ガレージを現代風にアレンジしダークな世界観をブレンドした独特のサウンドで、ここ日本でもインディー・キッズを中心に高い支持を得た。2年ぶりとなる今作『オール・ユア・ハッピー・ライフ』はジム・スクラビュノス(ニック・ケイヴ・アンド・ザ・バッド・シーズ)がレコーディングを担当。制作にあたり、ツアーバスの中で読んだトルストイの物語や数多くのメタルバンドとの出会いなど、思いもしなかった出来事からインスピレーションを得たそう。前作に引き続きヘヴィーなサイケデリアと激しいロックが融合した、期待を裏切らない彼らしいサウンドだ。

■バイオグラフィー:
11年に英ブライトンでクリスチャン・ベル(Vo,G,オルガン)、ダン・ラムジー(B)、ジャンニ・ハニー(Dr)の3人で結成したサイケ・ロックバンド。13年、ザ・ホワイト・ストライプス『エレファント』を手掛けたリアム・ワトソンをプロデューサーに起用したシングル「ビーハイヴ・クイーン」がクチコミで注目を集める。14年、元コーラルのビル・ライダー・ジョーンズと共作したアルバム『アナベル・ドリーム・リーダー』で鮮烈なデビューを飾る。16年9月、セカンドアルバム『オール・ユア・ハッピー・ライフ』をリリースする。

■アルバム・ティーザー映像はこちら:
https://www.facebook.com/thewytches/videos/970758246375023/

この記事をはてなブックマークに追加

Pixies/Head Carrier

2016年07月27日 | Rock (NEW)
<発売日>2016/9/30

<JAN(規格番号)>5414939941115

<内 容>
★90年代のオルタナ・シーンを牽引し、ニルヴァーナのカート・コバーン、ボノ(U2)、レディオヘッドが彼らのファンを公言する伝説的バンド、ピクシーズが2年半振りの新作『ヘッド・キャリア』を9月にリリース決定!
★ベーシストのパズ・レンチャンティンが正式メンバーに加入後、新生ピクシーズとして初となる作品!

1986年にアメリカはボストンで結成され、USグランジ/オルタナ・ムーブメント を牽引し、カート・コバーン(ニルヴァーナ)をはじめトム・ヨーク(レディオヘッド)、ボノ(U2)など様々なアーティストに影響を与えた ピクシーズ。2014年には23年振りとなる新作『インディ・シンディ』をリリースし、同年のサマーソニックでの来日など話題を振りまいた彼らが、この度2年半ぶりとなる新作『ヘッド・キャリア』を完成させ、来る9月30日(金)に世界同時する。

全12曲を収録した今作には、サイケデリア、不協和音、そしてサーフ・ロックが融合され、プロデュースを手がけたのはトム・ダルゲティ(キリング・ジョーク、ロイヤル・ブラッド)。レコーディングはかの有名なRakスタジオにて、今年の2月から3月中旬の6週間にかけて行なわれたという。 そして、今回もアルバムのアートワークを手がけたのは長年ピクシーズのアート・ディレクターを務める伝説のグラフィック・デザイナー、ヴォーン・オリバー氏。今作の制作過程についてドラマーのデイヴィッド・ラヴァリングは話す。「俺たちにとってこれだけ多くの時間を新曲に費やせるっていうのは贅沢なことだったよ。レコーディングに取り掛かる頃には、全員新曲を知り尽くしていたから、『インディ・シンディ』の時と比べて半分の時間で制作できた。トムとの制作も素晴らしかった。彼はプリプロダクションから参加してくれたんだけど、俺たちみんなが集中して最良の音楽を作れるように重要な役割を担ってくれたんだ」。

そして今作からバンドの正式メンバーに加入したのが、これまでサポートを務めてきたパズ・レンチャンティン(B/Vo)。13年にオリジナル・ライナップであったベーシストのキム・ディールが脱退して以降、14年1月にスタートしたツアーよりア・パーフェクト・サークルやズワンの元メンバーであるパズが代役を務めてきた。そんな彼女が、今作ではレコーディングにも参加し、ブラック・フランシスとともに手がけた「All I Think About Now」では、ドリーミーなソプラノ・ヴォーカルも披露している。
「最初のリハーサルに参加したときはとても緊張したわ。埋めるべき穴がものすごく大きくて、とにかくファンのために精一杯オリジナルのサウンドに近づけるように努力した。この間ずっとピクシーとは何かっていうのを学んできて、今では私の心にも魂にも、彼らの音楽に対する愛情が埋め込まれ、やっと自分自身もピクシーになれた気がするの。これからはピクシーズのこれまでを振り返るのではなく、未来に目を向けていきたいわ」とパズは語った。
デイヴィッドが加える、「パズは最高の存在さ。面白いし、彼女がいると今までで最も楽しいんだ。ステージ上でもオフでもみんな最高の時間をともに過ごしているよ」。

そんな新生ピクシーズはアルバム・リリース後の11月からヨーロッパ・ツアーへと繰り出す。

■バイオグラフィー:
86年、アメリカのボストンで結成。USグランジ/オルタナ・ムーブメントを牽引し、その後のインディ・ロック・シーンに多大なる影響を与えた。 1993年に解散を発表するも、04年に再結成し、同年のフジロックに参加するなど話題を呼んだ。14年4月、23年振りとなるニュー・アルバム『インディ・シンディ』をリリース、8月にはサマーソニックで来日を果たした。2016年9月、ニュー・アルバム『ヘッド・キャリア』のリリースが決定。現在のライナップは、ブラック・フランシス(Vo)、パズ・レンチャンティン(B/Vo)、ジョーイ・サンティアゴ(G)、デイヴィッド・ラヴァリング(Dr)。日本公式サイト:http://hostess.co.jp/pixies/

■収録曲「Um Chagga Lagga」の試聴はこちら:
https://soundcloud.com/pixiesmusic/um-chagga-lagga-1



この記事をはてなブックマークに追加

Brandon Beal/Truth

2016年07月27日 | R&B,SOUL
<発売日>既発

<JAN(規格番号)>0602547885777

<内 容>
★テキサス出身のR&Bシンガー・ソングライター、Brandon Bealの最新アルバム!

■Brandon Beal: 1983年テキサス出身。2008年、インディーからアルバム『Comfortable』をリリース。Snoop Dogg, Flo Rida, Juelz Santana, Karina Pasian, Stacie Orrico等のアーティストと仕事をした後、2014年にリリースしたシングル「Twerk It Like Miley」が大ヒットを記録。兄のTeron Bealも、Michael Jackson, Jennifer Lopez, P!nk他多くのアーティストに曲を提供しているシンガー・ソングライターである。
■本作:最新スタジオ・アルバム
■シングル「Golden」の音源:https://brandonbeal.lnk.to/GoldenFP

この記事をはてなブックマークに追加

Cassius/Ibifornia (International Version)

2016年07月27日 | Rock (NEW)
<発売日>2016/8/26

<JAN(規格番号)>0602547829412

<内 容>
★フレンチ・ハウス/エレクトロ・シーンを代表するユニット、カシアスの10年振りのニュー・アルバムが登場!
★参加アーティスト: Mike D(ビースティー・ボーイズ)、ライアン・テダー(ワンリパブリック)、ファレル・ウイリアムス他
                                                                                                                                                          
■Cassius: フィリップ・ゼダールとユベール・ブームベースは1989年に出会い、フランス人ラッパーのMCソラーをプロデュースして以来ずっと一緒に音楽を作ってきた。彼らの最初のプロジェクトであるラ・ファンク・モブは、90年代初頭にMO Waxと契約した。その後2人は、ソウルの要素を取り入れたハウス・トラック「Foxxy」とともにカシアスをスタートさせた(ゼダールはディープ・ハウス・デュオのモーターベースとしても活動していた)。デビュー・アルバムの『1999』に収録された「1999」と「Feeling for You」の2曲は、UKトップ20に入るヒット曲となった。2002年の『Au Rêve』と2006年のノスタルジックな『15 Again』では、ファレル・ウィリアムス、ゴーストフェイス・キラ、ジョセリン・ブラウンらとコラボレーションしてサウンドの幅を広げた。2010年のEP『The Rawkers』(リード曲である「I <3 U So」のサンプリングはジェイ・Zとカニエ・ウエストが担当した)を別にして、ここ10年間のカシアスは他の活動に従事していた。ブームベースは個人的なプロジェクトに取り組み、ゼダールはフェニックス、ビースティー・ボーイズ、ザ・ラプチャー、カインドネス、ワンリパブリック、キャット・パワーなどの楽曲制作とミックス作業に取り組んでいた。しかし、2013年の始まりとともに2人はカシアスに戻ってきた。「自分のヒーローだった、夢のような大物たちと仕事することをやめることはできなかった。でもある日決めたんだ。『よし、たとえローリング・ストーンズからオファーが来ても、自分たちのアルバムを作ろう』ってね」ゼダールは言う。
本作:10年振りのニュー・アルバム

■シングル「Action ft. Cat Power, Mike D 」のビデオ: <a href="http://vevo.ly/0rITzX">http://vevo.ly/0rITzX 

この記事をはてなブックマークに追加

Ed Harcourt/Furnaces

2016年07月27日 | Singer,SongWriter~A.O.R
<発売日>2016/8/19

<JAN(規格番号)>0602547964144

<内 容>
独自のポジションで根強い人気を誇るロンドン出身のシンガー・ソングライター、エド・ハーコートの最新作!

■Ed Harcourt: 1977年ロンドン出身。2001年、デビュー・アルバム『Here Be Monsters』をHeavenly Recordingsよりリリース。その後3枚のオリジナル・アルバムとベスト・アルバムをコンスタントにリリース。2010年には、Heavenlyから離れ自身のレーベル Piano Wolf Recordingsよりアルバム「Lustre」をリリースし、2013年には新興のレーベルCCCLXよりアルバム「Back Into The Woods」をリリースした。本国UK以外にも北欧でも人気があり、スウェーデンでは2枚のアルバムがTOP10入りしている。
■本作:Polydorからのリリースとなる7thスタジオ・フル・アルバム
■収録曲「 Dionysus」の映像: http://vevo.ly/yv3QAc 

この記事をはてなブックマークに追加

Drake White/Spark

2016年07月27日 | Singer,SongWriter~A.O.R
<発売日>2016/8/19

<JAN(規格番号)>0602557002003

<内 容>
ソウルフルな歌声とカントリー/ロック/ブルースをミクスチャーしたサウンドで注目のシンガーソングライターDrake Whiteの       デビュー・アルバム                                                                                  
Big Machine GroupのDot Recordsよりリリース!

■Drake White : アラバマ州ホークス・ブラフ出身。地元の教会の聖歌隊で歌い、14歳から曲作りを始める。大学で建築学を専攻し、卒業後音楽活動に専念するまではナッシュビルでゼネコンに勤務していた。自身のバンドThe Big Fireと共に Willie Nelson, Zac Brown Band, Little Big Town, Eric Church等のスーパースター達とツアーを重ね、今年メジャーのBig Machine GroupのDot Recordsから待望のデビュー・アルバムをリリースする。                                                                                  
■本作:待望のデビュー・アルバム。                                                                                          
■シングル「It Feels Good 」のビデオ:https://www.youtube.com/watch?v=OdWXJvV-ILY

この記事をはてなブックマークに追加

Nick Fradiani/Hurricane

2016年07月27日 | Singer,SongWriter~A.O.R
<発売日>2016/8/5

<JAN(規格番号)>0818486014226

<内 容>
2015年『American Idol』シーズン14で優勝したシンガー・ソングライターNick Fradianiのデビュー・アルバム                                                            
メジャー・レーベルBig Machineよりリリース!

■Nick Fradianiは、1985年11月15日生まれ、コネチカット州ギルフォード出身。2011年から、地元コネチカットを拠点にしたバンドBeach Avenueのリードヴォーカル&ギターとして活動、3枚のEPをリリースし、2014年にオーディション番組「America's Got Talent」シーズン9に出場した。翌2015年には、ソロアーティストとしてオーディション番組「American Idol」シーズン14に出場し優勝を果たし、優勝曲の「Beautiful Life」はメジャー・レーベルのBig Machineよりシングル・リリースされた。その後「American Idols LIVE! Tour 2015」にヘッドライナーとして参加し、約8週間にわたり37都市でコンサートツアーを行った。また、シングル「Beautiful Life」は2015 FIFA女子ワールドカップ のFOX Sportsテーマソングにもなっている。                                                                                     
■本作:Big Machineよりリリースされる待望のデビュー・アルバム。                                                                                          
■シングル「Beautiful Life」のビデオ:http://vevo.ly/dM63Ji 

この記事をはてなブックマークに追加