輸入盤 最新新譜情報  【BUYER'S EYES】

※本文の複写、他サイト等への転載は固くお断り致します。(発売日/JAN/規格番号/商品内容等は変更の可能性あり)

o.s.t./『地球に落ちて来た男』オリジナル・サウンドトラック [2CD]

2016年08月24日 | Sound Track
<発売日>2016/9/9

<JAN(規格番号)>0602547990303

<内 容>
『地球に落ちて来た男』オリジナル・サウンドトラック 映画公開より40年後に【初】のリリースが決定!!

2枚組CD 9月9日発売!
2枚組LP、2枚組CD&2枚組LPボックス・セット 11月18日発売!

ニコラス・ローグ監督の1976年のカルト的名作クラシック、映画『地球に落ちて来た男』のように謎めいた作品は、多くのミステリーを呼び起こすものだが、その最たる謎のひとつが、映画のサウンドトラックが辿った運命である。
STUDIOCANALの40周年記念の4K上映に合わせ、ユニバーサル ミュージックは映画のオリジナル・サウンドトラックの、あらゆるフォーマットにおいて初となるリリースを決定。ツトム・ヤマシタや、ジョン・フィリップスがこの映画のために書き下ろした曲が収録されている。

この映画は、宇宙船ごと地球に落とされた宇宙人、トーマス・ジェローム・ニュートン役を演じたデヴィッド・ボウイの傑出した演技が話題となり、カルト的人気を博した。デヴィッド・ボウイは、このキャラクターに映画が終わってからも常に魅了され続け、この秋にロンドンで上演予定のボウイのミュージカル「ラザルス」でも、T.J.ニュートンのストーリーの続きが展開されていく。
映画公開当時、ニコラス・ローグ監督と、原作者のウォルター・テヴィスは、このジャンルの最先端と認められるとともに、多くの批評家がこの映画でのデヴィッド・ボウイの演技を最高のものと評している。

本作のサウンドトラックは、ファンの間では長年、有名で、追い求められていたにも関わらず、完全な作品としては存在していなかったのが、この度、日の目を見ることになったのだ。
なぜ、このサウンドトラックがリリースされなかったのかについては、多くの憶測を呼んだものの、理由はよく知られていない。
今回、紛失されていた録音テープの発見により、オリジナル音源がリマスターされ、CDとアナログ盤、そして多数のレア写真とパオロ・ヒューイットによる映画についてのエッセイが掲載された48ページからなるハードバック・ブックのデラックス・ボックスが発売される。

ブックレットには、映画の編集を務めたグレアム・クリフォードによる啓発的な文章も掲載されており、実は映画の制作中は、ピンク・フロイドのアルバム『狂気』の音楽を仮でサウンドトラックとしてあてていたことが暴露されている。

「オリジナル・カットでは、ピンク・フロイドの『狂気』の音楽を全編で使用しました。アルバムの中の全ての曲を使ったのです。映画の最後の曲だけが、ピンク・フロイド以外の音楽でしたが、まるで、映画があのアルバムのスコアのために創られたかのように、うまくはまったと思います!実際に誰かが本気で、『狂気』の音楽を使用する許可を取ろうと努力したのかどうかは不明ですが、結局、それは実現しませんでした。」

サウンドトラックでは、ツトム・ヤマシタの曲の他、高名なママス&パパスのジョン・フィリップスがこの映画のための音楽を多数作曲し、録音したが、大多数の曲が40年間入手不可能であった。この度、ようやく、このカルト的名作クラシック映画のサウンドトラックが、その本来あるべき姿でファンの耳に届けられることになったのである。

同時発売情報
●『地球に落ちて来た男』オリジナル・サウンドトラック [2CD+2LP Boxset](0602547992178)



この記事をはてなブックマークに追加

Norah Jones/Day Breaks

2016年08月19日 | 今月の推薦盤
<発売日>2016/10/7

<JAN(規格番号)>0602547955715

<内 容>
★あの感動が再び!名曲〈ドント・ノー・ホワイ〉から15年、2児の母となったノラがまた、ジャズに帰ってくる。甘くほろ苦い歌声と美しいピアノに、世界は再び癒される。

■2002年にデビュー・アルバム『ノラ・ジョーンズ』(原題:『Come Away With Me』)でグラミー賞主要4部門を含む8部門を受賞するなど大ヒットを記録。以来、世界中でアルバムを4500万枚以上売上げ、グラミー賞を9度受賞と、名実ともに世界最高峰の女性アーティストとなったノラ・ジョーンズの最新作。

■2014年にノラ自らが"ホーム"と呼んでいるレーベル、Blue Noteの75周年を祝うイベントで、マッコイ・タイナー、ウェイン・ショーター、ドクター・ロニー・スミス、ロバート・グラスパーといった新旧のジャズ界のスターたちと共演。それに触発され「こんなアルバム作れたなら、っていうようなジャズのアルバムを聴いていた」というノラは、出産を経て、自宅のキッチンにおいているピアノで、本作の制作をスタートさせました。

■「最初のアルバムを発表してから、間違いなくピアノから離れてしまった。弾いたりはしていたけれど、ギターで書きたいっていうのがあったの。だからこれらの曲をピアノで書き始めると、すぐにそれらはピアノで演奏されるべきだっていうことが明白だった」というように本作ではデビュー・アルバム以来楽15年ぶりにピアノ弾き語りのスタイルに回帰。

■本作のプロデュースは、Blue NoteのA&Rとしてノラをデビューから手掛け、ホセ・ジェイムス、ロバート・グラスパーと契約し、現在のBlue Noteの潮流を作ったイーライ・ウルフとノラ本人が共同で行いました。そしてレコーディングにはジャズ界の巨匠達が多数参加。サックス奏者のウェイン・ショーターやオルガンのドクター・ロニー・スミスといった伝説的なプレイヤーをはじめ、ノラのデビュー作より参加しているドラマーのブライアン・ブレイド等が参加しています。                                                                                                    
先行シングル〈キャリー・オン〉のMVは以下から。                                                                                          
https://www.youtube.com/watch?v=DqA25Ug71Mc

この記事をはてなブックマークに追加

Goldroom/West Of The West

2016年08月19日 | Rock (NEW)
<発売日>2016/9/23

<JAN(規格番号)>0602557056709

<内 容>
★秋に聴きたいゆる~く心地良いラウンジ・ポップ!                                                              
★LAを拠点に活動するエレクトロ・ポップの注目シンガー・ソングライターGoldroomのデビュー・アルバム!

■Goldroom:ボストン出身でLAを拠点に活動するシンガー・ソングライター、プロデューサーJosh Leggのソロ・プロジェクト。ソングライターとしてTom Pettyや Curtis Mayfield、プロデューサーとしてDaft PunkやAlan Braxeから影響を受けたJoshは2011年からGoldroom名義で音楽制作を始め、これまでにEP3タイトルとシングル5タイトルをリリースすると共に、 Niki and the Dove, MS MR, Atlas Genius, Charli XCX, The Knocks, MØ, Chvrches, Janet Jackson等のリミックスを手掛けその名を知られる様になる。そして今年Coachella Valley Music & Arts Festivalに初出演し、9月待望のデビュー・アルバムをリリースする。さらに9月からAutografと北米ツアーをスタートする。
■本作:待望のデビュー・アルバム
■収録曲「Silhouette」の音源:https://www.youtube.com/watch?v=2LyhumWZk_E 

この記事をはてなブックマークに追加

Archive/The False Foundation

2016年08月18日 | Rock (NEW)
<発売日>

<JAN(規格番号)>

<内 容>
★ピーター・ガブリエルも絶賛する大所帯バンド、アーカイヴが1年10ヵ月ぶりとなる待望のニューアルバムをリリース!

ピーター・ガブリエルも絶賛する大所帯バンド、アーカイヴが、通算10枚目となる新作『ザ・フォールス・ファンデーション』をリリースすることがわかった。今作は、昨年1月の『リストリクション』のリリース、そして20年のバンドキャリア史上最大で最も成功を収めたヨーロッパ・ツアーの結果誕生した作品。パリでは6000人キャパ会場での公演で2夜実施したり、ヨーロッパ各地の主要フェスへの出演など、引っ張りだこだったアーカイヴ。

バンドの設立者でもあるメンバーのダリアス・キーラーは今作についてこのように語る。「自分たちにとって10作目となるアルバムを制作するってこと自体が画期的だったよね。
これまでの道のりは長く、様々な歴史を作って今の自分たちがある。その経験が新作の制作意欲を掻き立てることになって、結果最も誇らしいと思える作品が仕上がったよ」。また、作品の起源について彼は「今作について人々はあらゆる見解を持とうとするけど、結局はそれぞれの解釈をするしかない。」と続けた。


■バイオグラフィー:
1993年にダリアス・キーラー、そして元メンバー、ロスコ・ジョンにより南ロンドンにて結成。結成当初は彼らに加え2人が加入し4人組として活動を開始。1996年にデビュー作『ロンディニアム』を<Island Records>よりリリース。ピーター・ガブリエルから支持を得るなどし、高評価を得たアーカイヴは以来トリップホップ、エレクトロニック、ソウル、オーケストラ、プログレシブ・ロックなど多岐に渡るジャンルを吸収し表現してきた。2004年以降、新たに8人のメンバーが加入し、現在のミュージック・コレクティヴとしての編成に至る。2014年5月、通算9作目となるスタジオ・アルバムでアルバムと短編映画を一体化させたアート作品『アクシオム』を発表。15年1月に10作目となるアルバム『リストリクション』をリリースし、長期に亘るヨーロッパツアーを敢行した。


■新曲「Driving In Nails」のミュージック・ビデオはこちら:
https://www.youtube.com/watch?v=MFOw2bM4mi8

この記事をはてなブックマークに追加

White Lies/Friends

2016年08月18日 | Rock (NEW)
<発売日>2016/10/7

<JAN(規格番号)>4050538225501

<内 容>
★過去3作がすべて全英チャートのトップ5入りする、安定した人気を誇るロンドンの3ピース・バンド、ホワイト・ライズの最新作!

そのジョイ・ディヴィジョン系統のポスト・パンク・サウンドが、マーク・ロンソンやカイザー・チーフスをも魅了しているホワイト・ライズが、この度レーベルを Infectious Music / BMGに移籍し、4作目となる『フレンズ』を10月7日(金)に海外でリリースすることが決定した。

アルバムはあのプリンスも使用したというブライアン・フェリーが所有するロンドンのプライベート・スタジオにて、グラミー受賞経験のあるエンジニア、ジェームス・ブラウン(フー・ファイターズ、アークティック・モンキーズ)とミキサーにデイヴィッド・レンチ(カリブー、FKAツイッグス他)、さらに長年のコラボレーターであるエド・ビュラーといった制作陣の手を借りながら作られた。
“友達”を意味するそのアルバム・タイトルに込められた思いについてベーシストで、今作の作詞を手がけたチャールズ(・ケイヴ)は次のように語る。「この2年間で僕らは、生活環境が変わり、重大な決断に迫られる多くの友達の姿を見てきたんだ。結婚、出産、ロンドンからの引越しなどね。友情関係っていうのがより大人になって、“時間”に対する考えが変わっていった。子供の頃は2週間も顔をあわせなかったら相手に何かあったんじゃないかって心配になった。でも今では半年以上会わないのが普通になってしまったからね」。

ディスコ、バラード、アリーナ・ロックと、気の向くままに様々なサウンドの楽曲を完成させたホワイト・ライズ。しかし軸となるのはもちろん彼らのトレードマークとなるシンセ・ロックで、そこにさらに新しいサウンドを探っていった結果が『フレンズ』なのだ。これまでのホワイト・ライズとは一味違う素敵なサプライズが詰まった作品の全容が今から気になる!

■バイオグラフィー:
2007年にロンドンで結成された3人組インディー・ロックバンド。ジョイ・ディヴィジョンやエコー&ザ・バニーメンらに通じるダークで耽美的なサウンドが魅 力。2009年に1stアルバム『To Lose My Life...』をリリースし、10代バンドと は思えないその完成度の高さから、本国イギリスにおいて全英チャート1位を獲 得。2011年には2ndアルバム『Ritual』(同3位)、2013年にはサード・アルバム 『Big TV』(同4位)をリリース。そして2016年10月、4作目となる待望の ニュー・アルバム『フレンズ』のリリースが決定。現在のライナップはハリー・ マックヴェイ(vo、g)、チャールズ・ケイヴ(b、vo)、そしてジャック・ブラ ウン(ds)。

■1stシングル「Take It Out On Me」のミュージック・ビデオはこちら:
https://youtu.be/nCVirDkD1Fo

この記事をはてなブックマークに追加

Merchandise/(Strange Songs) In the Dark

2016年08月18日 | Rock(RE-ISSUES)
<発売日>2016/8/26

<JAN(規格番号)>0656605769325

<内 容>
★本作はフロントマンのカーソン・コックスを中心に二人で制作されたデビュー・アルバム『(ストレンジ・ソングス)イン・ザ・ダーク』(オリジナル2010年/リイシュー2015年作品)

この記事をはてなブックマークに追加

Okkervil River/Don't Fall In Love With Everyone You See

2016年08月18日 | Rock (NEW)
<発売日>2016/8/26

<JAN(規格番号)>0656605203928

<内 容>
★ノラ・ジョーンズも絶賛する米ロックバンド、オッカーヴィル・リヴァーの過去作品を一挙に取り扱いスタート!
★こちらは1stアルバム『ドント・フォール・イン・ラヴ・ウィズ・エヴリワン・ユー・シー』(2002年作品)
★「Happy Hearts」にはダニエル・ジョンストンがゲストヴォーカルで参加!

■バイオグラフィー
98年、テキサス州オースティンにて、シンガー兼ソングライターのウィル・シェフを中心に結成。デビューから幾度のメンバー・チェンジを行いながら、2005年に発表した3作目『ブラック・シープ・ボーイ』が数々の年間ベストに選出されアメリカでブレイク。2010年には伝説的バンド13thフロア・エレベーターズの中心人物であるロッキー・エリクソンとの共作『トゥルー・ラヴ・キャスト・アウト・オール・イーヴィル』をリリース。またノラ・ジョーンズへの楽曲提供や、ルー・リードのサポートを務めるなど、アーティストからも熱狂的な支持を受けるほどいまやシーンを代表するバンドとして確固たる存在感を確立している。13年11月開催の第6回Hostess Club Weekenderで初来日を果たした。16年9月、3年ぶりの新作『アウェイ』をリリースする。

同時発売情報
●Down the River of Golden Dreams(0656605205427)
●For Rea(0656605208121)
●Black Sheep Boy Appendix(0656605208923)
●Black Sheep Boy (Definitive Edition)(0656605212029)
●Pop Lie(0656605214825)
●I Am Very Far (Deluxe Edition)(0656605218557)

この記事をはてなブックマークに追加

Jad Fair & Daniel Johnston/The Lucky Sperms: Somewhat Humorous

2016年08月18日 | Rock(RE-ISSUES)
<発売日>2016/8/26

<JAN(規格番号)>0656605203423

<内 容>
★ハーフ・ジャパニーズのジャド・フェアとシンガー・ソングライターのダニエル・ジョンストンによるコラボレーション・アルバム2弾!(2001年作品)
★89年発表の伝説的なコラボ作品『イッツ・スプーキー』に続く本作は、ジャド・フェアのセルフ・プロデュースで制作された極上なローファイ作品!
★ザ・ビートルズ「Michelle」、ザ・ローリング・ストーンズ「Ruby Tuesday」
★ジャケット・アートワークはダニエル・ジョンストン!

■バイオグラフィー
【ジャド・フェア】
75年に結成した米オルタナティヴ・ロックバンド、ハーフ・ジャパニーズのフロントマン。オルタナティヴ~ローファイ~アヴァンギャル・サウンドでカルト的人気を誇る。でバンド結成40年を超える現在、スタジオ・アルバムを18作品以上発表している。

【ダニエル・ジョンストン】
1961年生まれ。カリフォルニア出身のシンガー・ソングライター/イラストレーター。80年代初頭から自主製作盤をカセットテープで発表。その後、音楽メディアで取り上げられるとアメリカ国内において一気にその名が拡がった。ダニエルのファンであることを公言しているニルヴァーナのカート・コバーンが『Hi, How Are You』のイラストTシャツを着用したことから、世界的な注目を集めることとなった。多くのアーティストに影響を与える存在として、現在も精力的に音楽活動を続けている。


この記事をはてなブックマークに追加

Sufjan Stevens/Enjoy Your Rabbit

2016年08月18日 | Rock(RE-ISSUES)
<発売日>2016/8/26

<JAN(規格番号)>0656605919621

<内 容>
★世界的な人気を誇る米シンガー・ソングライター、スフィアン・スティーヴンスの過去作品を一挙取り扱いスタート!
★万華鏡のように変化する美しいエレクトロニクスが心地よい2ndアルバム!(2001年作品)

■バイオグラフィー
ミシガン州出身ニューヨーク在住のシンガー・ソングライター兼マルチ・インストゥルメンタリスト。2000年にデビュー・アルバム『ア・サン・ケイム』を自らが主宰するレーベル<Asthmatic Kitty>より発表。アメリカ合衆国50州をテーマにした作品の第一弾である『ミシガン』(2003年)と、続いてリリースした『セヴン・スワンズ』 (04年)が大きな注目を集める。2005年には、50州プロジェクトの第二弾『イリノイ』(05年)がRolling StoneやNPR等有力メディアから絶賛を浴び、ビルボードの“Heatseekers Albums”第一位を獲得、世界的な大成功を収める。その後も積極的に作品制作やコラボレーション等に取り組み、様々な作品を発表し、2008年には初来日単独ツアーも行っている。2015に発表した7作目となるスタジオ・アルバム『キャリー・アンド・ローウェル』は全英6位/全米10位を獲得。ミュージック・マガジン2位を始め同年の年間ベスト上位を総なめにした。

同時発売情報
●Michigan(0656605551029)
●A Sun Came(0656605997520)
●Silver & Gold(0656605610023)
●The Avalanche(0656605830223)
●Songs For Christmas(0656605602820)
●The Age of Adz(0656605607726)
●Seven Swans(0656605551326)

この記事をはてなブックマークに追加

Dead Can Dance/Into The Labyrinth

2016年08月18日 | Rock (NEW)
<発売日>2016/8/19

<JAN(規格番号)>0652637362121

<内 容>
★音楽シーンに多大なる影響を残した<4AD>の代名詞、デッド・カン・ダンスの名作『イントゥ・ザ・ラビリンス』が新アートワークでリイシュー!(1993年作品)

音楽シーンに多大なる影響を残した<4AD>の代名詞、デッド・カン・ダンスが1993年にリリースした6枚目のスタジオ・アルバム『イントゥ・ザ・ラビリンス』が新アートワークでリイシュー!
本作は初めてゲストミュージシャンなしで、ブレンダン・ベリーとリサ・ジェラルドの2人で制作した作品として彼らの代表作として挙げられる作品である。

■バイオグラフィー
ブレンダン・ベリーとリサ・ジェラルドを中心に、80年オーストラリア・メルボルンにて結成。のちにコクトー・ツインズとともに<4AD>の看板バンドとなり、音楽シーンに多大なる影響を残した。8枚のオリジナル・アルバムと1枚のEPを残し98年に解散するも、05年に活動を再開した。リサは、10年に大人気大河ドラマ『龍馬伝』のメイン・テーマ曲を担当したことでも話題となった。

この記事をはてなブックマークに追加

Justin Peter Kinkel-Schuster/Constant Stranger

2016年08月18日 | Rock (NEW)
<発売日>2016/9/30

<JAN(規格番号)>0854255005309

<内 容>
★米ミシシッピ出身のフォーク・ロック・デュオ、ウォーター・ライアーズのジャスティン・ピーター・キンケル・シュスターがソロ・デビュー・アルバムをリリース!

米アセンズやコロンバスを拠点に活動するアダム・トーレスが、ニューアルバム『コンスタント・ストレンジャー』をリリースする。

今作は家族との、恋人との、そしてミュージシャンとしての生活の上で個人の深い沈思黙考をおりまぜ、思い出や感謝、後悔を普遍的に曲として作り出している。ウォーター・ライアーズにも似たフォークロックサウンドに、アコースティック感を強めたソロならではの柔らかい雰囲気。本作のレコーディングはベースパートから始まり、どんどん楽器を重ねていくレコーディング・スタイルで昨年の秋から冬にかけてミシシッピのWater ValleyにあるDial Back Soundにて行われ、ミックスはメンフィスのSam Phillips Recording Serviceで行われた。

バンドは7月から始まっているツアーにはジャスティン, アンドリュー・バイナム, GRロビンソンの他にレン・クラークやケール・ケラムが参加している。

■バイオグラフィー:
米ミシシッピ出身のフォーク・ロック・デュオ、ウォーター・ライアーズのメンバー。バンドとしてこれまでに『ファントム・リム』(2012)、『ワイオミング』(2013)、『eponymous』(2014)の3作品をリリース、The New York Times、Alternative Press等で称賛をあびた。そしてこの度ソロデビュー作となるアルバム『コンスタント・ストレンジャー』をリリースする。

■収録曲「Headed South」の試聴はこちら:
https://soundcloud.com/fatpossum/justin-peter-kinkel-schuster-headed-south

この記事をはてなブックマークに追加

Madeira/Bad Humors

2016年08月18日 | Rock (NEW)
<発売日>2016/9/23

<JAN(規格番号)>0677517011623

<内 容>
★ニュージーランド発!シンセポップ・バンドYumi Zoumaの元メンバー、マデイラが<Carpark>よりデビューEPがリリース!


ニュージーランドのシンガー、マデイラがトロイマやクラウド・ナッシングスらを擁する<Carpark>よりデビューEPをリリース!

以前、結成時シンセポップ・バンド、Yumi Zoumaのヴォーカルも務めていたマデイラ。Yumi Zoumaより前にソロ活動は初めており、空想の現実逃避のような曲を作っている。マデイラは「内向的な子供だったので感情やフラストレーションのやり場がわからなくなった時の表現に、音楽は役に立ったの。めまぐるしい人生から休憩し、リラックスする方法として、音楽は私を癒し助けてくれる。」といい、本作は傷心や裏切りについて歌った曲も収録されている。
Yumi Zoumaよりシンセ感が強く、優雅さや哀愁も交えたようなサウンドに仕上がっている。

■バイオグラフィー:
Kim Pflaumによるソロ・プロジェクト。ニュージーランドのシンセポップ・バンドYumi Zoumaの結成メンバー。Yumi Zoumaより前にソロ活動は始めていたが、この度ソロデビュー作となるEP「バッド・ユーモアズ」をリリースする。ミュージシャン活動の傍らグラフィック・デザイナー、ミュージックビデオ・ディレクター、ライター、イラストレーターとしても活動する。

■収録曲「Manipulator」の試聴はこちら:
https://youtu.be/loFgjjQOZwM

この記事をはてなブックマークに追加

King Creosote/Astronaut Meets Appleman

2016年08月18日 | Singer,SongWriter~A.O.R
<発売日>2016/9/2

<JAN(規格番号)>0887828038527

<内 容>
★ジョン・ホプキンスとの共作で英国最高峰音楽賞マーキュリー・プライズ2013にノミネートされ一躍話題になった、スコットランドが誇るシンガーソングライター、キング・クレオソートのが最新作!

スコットランド、ファイフ出身のシンガーソングライター、キング・クレオソートが最新アルバム『アストロノート・ミーツ・アップルマン』をリリース!

コールドプレイのプロデューサーとしても活躍するエレクトロニック・アーティスト、ジョン・ホプキンスとの共作で、英国最高峰音楽賞マーキュリー・プライズ2013に『ダイアモンド・マイン』 でノミネートされて一躍話題となった。それから2年経ち放たれる本作は、ハープやチェンバーロック、バグパイプによるサウンドがが充実した作品に。先行トラック「You Just Want」は聖歌のドローンポップ音楽のようで女性の吐息コーラスが入る、バロック調のフォーク・ソングで、前作をも上回る期待大の傑作!

アイルランドのダウン州にあるAnalogue Catalogue Studioでレコーディング、共同プロデューサーにポール・サヴェージを迎え制作された。


■バイオグラフィー:
スコットランドが生み出した孤高のシンガーソングライター、本名はケニー・アンダーソン。地元ファイフで良質レーベル<フェンス・レコ―ズ>を運営している。95年に音楽活動を開始し、98年リリースのデビュー作『クイーン・オブ・ブラッシュ・カントリー』以降40作品以上のアルバムを発表している。12年、コールドプレイのプロデューサーとしても活躍するエレクトロニック・アーティスト、ジョン・ホプキンスとの共作『ダイアモンド・マイン』を発表。英国最高峰音楽賞マーキュリー・プライズ2013にノミネートされた。14年7月、故郷への思いを込めたアルバム、『フロム・スコットランド・ウィズ・ラヴ』をリリース。

■収録曲「You Just Want」の試聴はこちら:
https://youtu.be/JCqXVTnGzgU

この記事をはてなブックマークに追加

Beak>/Couple In A Hole Original Soundtrack

2016年08月18日 | Rock (NEW)
<発売日>2016/8/19

<JAN(規格番号)>5051083106405

<内 容>
★ポーティスヘッドのジェフ・バーロウらによるプロジェクト、ビーク>が映画『カップル・イン・ア・ホール』 のオリジナル・サウンドトラックをプロデュース!
★ダブ、クラウトロックからインスパイアされたサウンド!

ポーティスヘッドのジェフ・バーロウとブリストル出身のベーシスト、ビリー・フラー、キーボーディストのマット・ウィリアムズの3人よるプロジェクト、ビーク>が、トム・ジーンズの長編監督デビュー作『Couple in a Hole』のサウンドトラックをプロデュース!映画は、ある悲劇を経験したスコットランド人の中年の夫婦が、文明を拒絶して森の洞穴で暮らし始めるというストーリー。サウンドは、ダブ、クラウトロックからインスパイアされており、わずかにポーティスヘッドの面影を感じることもできる。クラウトロックをベースに、映画のサントラらしく美しく、ドラマチックな曲が詰め込まれた作品。

■バイオグラフィー:
メンバーは、ポーティスヘッドのプロデューサーでありマルチ・インストゥルメンタリストのジェフ・バーロウ、ファズ・アゲインスト・ジャンクのビリー・フラーとマット・ウィリアムズの3人組。2009年に結成し英ブリストルを拠点に活動。同年、デビュー作『Beak>』は、12日間のセッションでいっきに作られオーバーダビングやリピートは一切なしで制作された。2010年には、ベルリンとブリストルを拠点に活動するアーティスト、ANIKAのデビューアルバムのプロデュースを手がけた。

■「Timeshare」の視聴はこちら:
https://soundcloud.com/invadauk/beak-timeshare

この記事をはてなブックマークに追加

The KVB/Of Desire

2016年08月18日 | Rock (NEW)
<発売日>2016/8/19

<JAN(規格番号)>5060366782946

<内 容>
★サイケ・シューゲイズ・デュオ、ザ・ケー・ヴィー・ビーの4作目であり最高傑作!
★実験的でよりエレクトロニックなサウンドに進化!

ポーティスヘッドのジェフ・バーロウのレーベル<INVADA Records>より、サイケ・シューゲイズ・デュオ、ザ・ケー・ヴィー・ビーの4作目となるアルバム『オブ・デザイア』が登場!今作は以前よりも、実験的でよりエレクトロニックなサウンドになっており、ヴィンテージのシンセサイザーを使用してレコーディングを行った。デス・イン・ヴェガス、スコット・ウォーカー、ロキシー・ミュージックなどから影響をうけており、懐かしさを感じながらも独創性のあるザ・ケー・ヴィー・ビーのキャリア史上最高傑作といえる快作。

■バイオグラフィー:
Nicholas Wood & Kat Dayからなる、男女デュオ。ニコラス・ウッドのベッドルームで、ミニマルなシューゲイズ/エレクトロ・サウンドを実験しながらスタートした。2010年にキャット・デイと共に楽曲制作をはじめバンドを結成。2012年に初のフルアルバム『Always Then』をリリース。2014年に『 Out of Body EP』をリリース。2015年に『Mirror Being』をポーティスヘッドのジェフ・バーロウのレーベル<INVADA Records>よりリリース。2016年には実験的でよりエレクトロニックなサウンドとなった4作目『Of Desire』をリリース。

■「In Deep」のミュージックビデオはこちら:
https://youtu.be/yPXTpzilNJU

この記事をはてなブックマークに追加