はちきんIzyのアメリカ丼

料理にすると丼カップル
はちきんイジーとアメリカンいごっそうバッキーの
山あり谷ありの国際結婚ブログ

家庭菜園とこれはネモフィラ?

2017-06-29 | Gardening (ガーデニング)

アイオワの家には家庭菜園をするガーデンがないので

 トマトとキューりの苗



 
    庭の一角に植え




ケール

  


     鉢植えにした。


数枚摘んでスムージーに使うのが主



庭で毎年育つのは ラズベリー

   
  

沢山の実はついているけど

 一回に採れる量は少ないから

  ジャムにするのは無理

 手でつまんでは口の中、、、

 たまっても サラダに入れるぐらい、、、かな、、




人間の食べ物に好き嫌いのあるレイラは

  ラズベリーをクンクン かいで 


 

     No Thank You



昨日アップした庭の花の一つは

   

 
 前のオーナーさんが植えた花で 多年草


 


茎が細長く、、現在1メートル弱の長さで

    柔らかい事から

 成長して行くと


   


こんな風に横たえてしまう。


上から見ると

    はげ親父




  


照明のかげんでピンクがかかる 

 青紫色の5枚の花びらを持ち


妙に食欲を誘う

 ギザギザの葉っぱも


  


     5つに分かれている。


今上がっている名前が ネモフィラ

   そうでしょうかね?  

にほんブログ村
Comments (4)
この記事をはてなブックマークに追加

夫婦でペイントして、、、おもう

2017-06-28 | Buck& Me中年夫婦の毎日
 

15年ほど前にイリノイの家を購入した私たちは

 赤や黄色などの暖色で部屋の壁をペイントした。


 その中でも私たち夫婦が使う

   マスターベッドルームは

 濃い赤と山吹色にし

   その寝室につくマスターバスルームは緑色と白に、、、。






今回 家を売るにあたって 

バスルームの床を変えたら

 壁の緑色が急に醜い色として目に映り

 今 人気のグレーに変える事にした。


、、、と言っても

ペイントが下手くそな私でなく

  ニックママがする予定、、、だったんだけど

 彼女は仕事やけいちゃんたちのスポーツに忙しく

一向にペイント作業が始まらないので

”私がする!”  と かって出た、、、ら



”ペイントが下手なお前がしたら

  俺が し直さなくてはいけない、、、

この忙しい時に、、、、”
 と


そんな否定的な事しか

考えられないバッキーは 

 一人で 神経質になり 


     キリキリ キーキー



私一人には任せられなく

 ペイント前にしなくてはいけない

  戸棚などの取り外しや

  テープを貼る作業を完了した後

  ペイントまでし始める。


だけど

心が落ち着くペイント作業に

  バッキーのキーキー声も少なくなり


狭いバスルームを二人で当分しての作業は

  思ったより順調に進み

    8時には終了  




2度塗りする必要もなく

 緑色も綺麗にカバー出来


   


それを目に

バッキーの顔も柔らかくなった、、ぞ。



   


寝る時に あれこれ 考え

 不安になっては

  せっかくの明日も そう映ってしまう。

 
せめて一緒にいる週末は

  そんな厄介な物を増やさないようにしなくては、、と

   心配症のバッキーが持つ 緊張感が

  私にはちと必要だ、、と思う半日でもあった、、。


にほんブログ村

Comments (7)
この記事をはてなブックマークに追加

ガラクタで囲まれた、、ここは

2017-06-27 | おでかけ 休暇

アイオワに住む末義弟家族が

 ピザを食べに来ている と言うので

日曜の午後 

 バッキーと二人でその店に出向いた。


その日、

私がバスルームのペイントを始めた事から

一人イラついていたバッキーとの時間に

  これは良い休憩時間にもなった。


ほんとに  キーキーキーキー

  うるさかったんで、、、、。



 



私がベーカリーで働いていた頃の事

この店のオーナー、、ぴざおさんがやって来て

隣町にピザ屋をオープンする為

ピザを焼く窯を手作りしている事や

ピザの材料の一部は

 イタリアから取寄せている事などを話していた日が

昨日の事のように思い出される。




小さな川べりの町にある この店のピザは

何時のまにか 

 アイオワを訪問したら

   試すべきレストランとして

  紹介されるようにもなった。


 



”誰かのゴミは誰かの宝にもなる” 

  そんなデコレーションを見るのも

 また たのし、、。






ランチを食べたばかりだった私たちは


  

  Stuffed Mushrooms とビールでお喋り


 


この席でたった一人子供だった姪っ子は

  自分のスマホで一人遊び、、、。


こんなにリラックスした姿が微笑ましく

 大人たちの中で じっと我慢の時間だった

  自分の子供時代が思い出されもした、、。
 
にほんブログ村
Comments (6)
この記事をはてなブックマークに追加

息子も30歳に、そして便通にいいのは、、

2017-06-26 | 友人たち


”ジェイク君を息子としてアダプトしたのよ”  と

けいちゃんたちに言うと

カメ君が 目をまん丸くして

”えーーじゃぁ 僕のパパになるの”  と

  嬉しそうに言う。

”パパじゃなくて 叔父さん、、でしょ”  と 私



  


アダプトしたと言うのは

  作り話ではあるけど

”貴方は私たち夫婦にとって

 家族のような存在よ” 
 と

よく言う私は Son と呼ぶことも多い。


心の奥の奥まで

私たち3人の信頼関係が深いのも感じる

   




そのジェイク君の30回目の誕生日

  数日前にあり

そのお祝いに 金曜は

隣町のメキシカンレストランで外食


前回3人でここに来た時 

 店の中は てんてこ舞い

 待てども待てども 

 ドリンクのオーダーさえとってもらう事が出来ず

  ”出て行くぞ”  と

バッキーだったか ジェイク君だったかから

   声がかかり

  別のレストランで食事をする事になった、、。



サボテンが食べたかった私は


(どうか そんな事になりませんように、、、)  と

  祈るような気持で店に入ると


空いたテーブルのほうが多く

  この夜は すぐにサービスを受ける事が出来た。


ここでいつも食べるのは   溶岩チーズ鍋


  


 サボテンは2倍の量にしてもらう。


  


食用うちわサボテンにはミネラル他の栄養他

 不溶性食物繊維が多く含まれ

便通が良くなると言われるけど

 翌朝の便の出はいつもの3-4倍

するすると

お腹もすっきり、、

うちわサボテンは お勧め


にほんブログ村

Comments (3)
この記事をはてなブックマークに追加

期待度は低いけど、、

2017-06-25 | アメリカのニュースあれこれ

スマホの支払いの件が上手く運び

次は接着剤が取れている墓石の件を片付けようと

 その後 墓地に向かった。


先日も話したように こちらクリック

 管理をするオフィスだった建物は

  売られており

サイトにある電話番号にメッセージを残しても

  一向に連絡も入ってこない、、、


考えてみると 

 墓地の管理は

  墓地近くにオフィスを持つべきだ、、、と思い

まず墓地近くをあさってみよう と  向かったら

墓地内で芝生のカットをしている人を発見

 彼に事情を話す事にした。





芝おじさんの話では

 墓地の管理をする人が数年前に変わり

  そのオフィスも墓地内にあるチャペルになった事


  ここ


 


 そして マネージャーの名前を教えてくれただけでなく

 芝刈りの手を休め

 その人を探しにも行ってくれた。


因みに この墓地の広さは120エーカー で 14万7千坪

   東京ドーム約10.5個分(ネットより)


”多分 どこかで花を植えているんだと思います。”  と

芝おじさんが云うので

その意味を訊くと

料金はかかるが

希望者の墓石の周りに 花の苗を植えてくれると言う。


”造花よりいいですよ。”  と

   芝おじさん



芝おじさんのおかげで

マネージャーの男性とも話が出来た。


感じの良い方だけど

 口が上手い印象も受けたので  うまお、、にしよう


うまおさんは 墓石を立てた人に

 接着剤が取れた部分を直すように連絡を取る、、、と言い


 ”私も時々 墓地の芝を刈るんですが

  貴方の墓石は他の物と比べ 素敵だな って

   印象に強く残ってたんですよ” 
 と

  私たちの墓石を褒めちぎる。


直せ次第 連絡をくれると言うので

 それを待ち 夏中に連絡が来なかったら

  また 出向き 催促するしかない、、と

期待度は低いけど

 話はいい方向に向かってはいる。
 
にほんブログ村
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

結果は同じでも

2017-06-24 | アメリカのニュースあれこれ


木曜日は朝から快調に物事が運んだ

こういう日は宝くじでも買うと良さそうだ、、、と

  その夜3枚買ってみた、、。





夜レストランでの仕事を終えてから 

その足でイリノイに帰る予定の私は

気になっている”携帯と墓石の件”を

 午前中に片づけようと

まずは携帯会社に出向いた。


結果 

”1か月分のクレジットがあるので

  翌月の7月分はチャージされない”
  と

前回と同じ返事ではあったが

そこまでの経過に大きな違いがあった




  


前回取り扱ってくれた人、、、

 肥満系だったので デブオ、、は

まず 私の言い分を聞くや

”貴方のクレジットカードの明細を見せて下さい。”  と言う

素直な私は  言われた通りにし

 4月に2度チャージされた事を証明した。

それを見てからデブ男は

自分の目の前にあるスクリーンをチェックし

 "1か月分 クレジットされてますから

  翌月はチャージされないでしょう。” 
 と言い

   ここでは それ以上のことは出来ない  とも付け加えた。



  


今回は下記の流れで事が運んだ。


まず受付で簡単な事情を話し

 順が来るのを待っていると

 係りの青年、、、好青年、、、

   その上ハンサムだったので、、よしお、、にしよう


  よしお君が来て

 彼のデスクに案内された。


 事情を話すと

彼のPCに私の情報を入れ 

4月に2重でチャージされた事や

 未だ1か月分のクレジットがある事を知り

その問題解決の為

 デスクにあった電話で担当の人と話し

 クレジットされた1か月分の使用料金が

  7月の支払いとして使われるようにする為

7月のオートペイをとめ

8月から再度 オートペイが開始される手続きもしてくれた。



その月になってみないと

  これらが上手く運ぶかどうか は

    分からないけど(ここはアメリカ、、

よしお君の客の対応は満点

”婿にしたいタイプや、、。”  と

ぼぉーと いい気分になってそこを出た、、、。


後で

この件が確認出来る

  confirmation ナンバーを聞くのを忘れた事に気づいた。

2重チャージやオートペイ開始などの件は

 自分で携帯会社に電話をかけ

  解決させた方がよさそうに思ったので

 このナンバーがあると

  電話で対応した人が引き出しやすい。



そうそう アッと驚く事


 客対応がいい加減なデブ男は

   この店のマネージャーだった。  

にほんブログ村

Comments (6)
この記事をはてなブックマークに追加

立て続けに起こる

2017-06-23 | Buck& Me中年夫婦の毎日


この春、突然私のスマホが使えなくなり

どうしたものか

私が使っている携帯電話会社

U.S. Cellular のオフィスに相談に行った。


すると

オートペイ(自動引き出し)がされるクレジットカードの有効期限が

切れていたのが原因だった。





その場でその月の使用料金を支払い

スマホはすぐに使用できる様になり


オートペイを継続する為

カードの有効期限を

新しいものにも変更してもらった。



これで 全ては上手く行くはずだったのに

オフイスで既に支払ったその月の使用料金が

その後

再度クレジットカードから引き落とされ

その月の分として

二重に支払う事になった。



また 携帯会社に出向き

事情を話すと

クレッジトになっているから、

翌月は引き落とされないだろう と言われたので

翌月 明細のチェックをする様 に

    バッキーに伝えた。




別居生活をし始めてから

家計の管理は 結婚当初のように

  バッキーの仕事になっている。

二人の貯蓄がどのぐらいあるのかさえ知らない。


今は

自分の収入で作った口座の管理をするだけだ



結婚当初

私の収入がなかっただけでなく

 分からない事を知らない程分かってなく

 お金の管理など 無理だったので

  それに対する不満もなかった、、、それが


ゆっくりとアメリカの生活にも慣れて来ると

 自分の無力さを見せつけられる事も多く

そんな不満から

 ”家計は私が管理する”  と

 喧嘩腰にバッキーに言い

  私がその管理をするようになったんだった。

  
話がそれてしまったけど

  ふと そんな昔を思い出した、、、。




 



スマホ使用料金の引き出しがされたかどうか

5月に チェックすべきだった事を

突然 昨日 思い出した私が

バッキーに訊くと 珍しい事に

彼もすっかり忘れていたらしく

急いでネットでチェックしてくれたら

5月分も 見事に引き出されていたらしい。


 またまた オフィスに出向く必要が出来てしまった。



今週 トレーニングコースを取っているニックママは

週3日 学校に行くので

私が代わりに朝から

けいちゃんとカメ君のタクシードライバー ^0^

なんだかんだと忙しい、、、のに、、

にほんブログ村
Comments (6)
この記事をはてなブックマークに追加

今頃後悔、墓石の型

2017-06-22 | Buck& Me中年夫婦の毎日

父の日にバッキーの家族のお墓参りをした後

 私たちの墓地にも寄った。


20代で自分たちの墓地を買ったのは

 軍から連絡が入り

  墓地が安く購入できる と知ったからだ。

アメリカに来てまだ 間もない頃で

自分の墓の事など 考えたこともなかった私、、、

それより

この結婚生活をいつまで続けられるんだろう、、と

そんな事ばかり考えていた私は

 ”どの場所にしたい?”  と

バッキーに訊かれても

それをイメージする事さえ出来なかった。



ある日 墓地を回っていると

大きな古い木が目に入り

子供の頃から古い木が好きだった私は

お墓参りに来た時

 木陰になった大きな幹にもたれて休めそうな

 その木が立つ下を指し

”あの木の下がいい。”  と 

  伝えた。


今回 久しぶりに墓地を訪れると

その木は切り倒され

切り株さえなくなっている。



そして 数年前に立てた

和型の二段になった墓石の接着部分が外れかかり

上段が歪んで下段の上に立っていた。




木を切り倒す時に

何かが私たちの墓石にあたり

そうなった事は考えられる。



上段の部分を均等に下段部分に置くため

バッキーが墓石を動かすと

接着剤が 完全に取れてしまった。



芝刈りの最中

係りの人が

墓石にあてる事だってあり得るし 、、、(ここはアメリカ、、)

強風で上段が倒れる事だって考えられる。


そんな事が起こる前に

二つの石をくっつけなくては、、、と

墓地のオフィスに行くと

建物の前に sold のサイン、、、。


私が日本にいた頃の墓石を真似

この型にしたんだけど

いい選択ではなかったと 今頃後悔。

にほんブログ村
Comments (6)
この記事をはてなブックマークに追加

子を叱る時そして話題の水風船

2017-06-21 |  次女

 試供品として

沢山の水風船が短時間で作れる Einstein Balloons

  貰ったバッキーが

皆で遊ぼうと

   先週 それらも持って来た。


これらの水風船は

 ひとつづつ水道の蛇口に差し入れて

  水を入れるのでなく







チューブ付きの

 束になった25個の風船の先をホースにつなげると





一度に25個の風船に水が流れ入り

 みるみるうちに 25個の風船が膨らんでいく。





一定の重さに達すると

 風船はチューブから取れ落ち

その時 水が漏れないように

 それぞれの風船に付いた留め金で

 先がとめられる。


ただし

 すぐに使わないと

  少しづつ水が漏れていき 

   水風船は小さくなっていく。






ある日

 このアインスタイン水風船を使って

  ニックママをとっちめよう と 

  バッキーが練った作戦を

 皆で 実行する事になった。  



その作戦とは



水風船を準備し

 ボーイズとけいちゃんは物置の後ろに隠れる。





カメ君が悪戯をした事にし

 裏庭にあるフランクの小屋の傍で

   頭を垂れ立ちすくみ

 落ち込んだふりをさせる。


 


外出していたニックママが車から降りるや

 ”カメ君がいたずらをした”  と

  バッキーはニックママに

  怒って伝える。




                        


この筋書きでは

 

 フランクの小屋の傍に立っているカメ君を叱ろうと

  ニックママは駐車場から裏庭に入る。

        


物置の影に隠れたボーイズとけいちゃんが

  
  


 ニックママの背中に向け

   水風船を投げつける、、、となっていたが



カメ君のいたずら話をバッキーから聞かされたニックママは


裏庭にいるカメ君に

”ここに出て来なさい” と

  きつく 命令し

 自分からカメ君がいる場所に

一歩も移動しようとしない。


誰がボスであるか  を

 ここから始めるのが ニックママのやり方、、、だ。





カメ君が頭を垂れ立ちすくむ、、、など


細かい事まで考えたバッキーの作戦だったけど


この点の読みが浅かった、、、。


いつもなら

ニックママの云う事に従うカメ君だけど

この日は

可笑しさで両肩を震わせ

  笑いを押し殺すことで精一杯


ニックママの所まで移動など出来やしない。




ニックママが疑いを持ち始める前に、、、と

バッキーが皆に

”やっつけろーー”  と


号令を出し


 

 水風船での攻撃が開始されたけど

後ろからでなく

 正面からの攻撃になってしまったので

  運動神経のいいニックママによけられ 

   なかなか当たらなかった。



最後はホースを取り出し

  水風船に対抗するニックママ、、、

シングルマザーは どこまでも強し


にほんブログ村

Comments (7)
この記事をはてなブックマークに追加

節約術と父の日は、、

2017-06-20 | 嬉しかった事

コロラド家族も日曜日の朝早くアイオワを発った。

バッキーの1週間の休暇も終わり

  月曜日から また 仕事に戻る。



そのバッキーが イリノイの家に帰る前に

 この町の墓地に眠る家族のお墓参りに行って来たのは

 日曜日が父の日だったからだ。






墓地のゲイトをくぐると


 


敷地に立てられた沢山の星条旗が私たちを迎えてくれた。




 義父の墓石は、

 義母の両親の墓石の隣に位置する。


確か 義母の両親から彼らが持っていた墓地を

   安く売ってもらったんだと思う。


因みに 義母の両親の墓石は

 


  義母の母方の両親
と共有しており

 一つの墓石の両面に それぞれの名を刻んでいる。

 


私が日本の家族の墓石

 この土地に建てる話を出した時

  片面に私たち夫婦の名も刻み

一つの墓石を

 共有しよう と言うアイデアが

  バッキーから出された時は

 一瞬 とまどいもしたが

バッキーの祖父母や曾祖父母の節約術

  彼に受け継がれたんだ、、、と思えば

 それはそれで嬉しくもなる、、、。






お墓参りの様子をビデオに撮り

 マルコポーロで

 カリフォルニアに住む義母に送ると

 それは喜び 

 お礼のビデオがすぐに送信されて来た。


そんな義母の姿を 

嬉しそうに天国から見守っている義父をも想った。

にほんブログ村

Comments (8)
この記事をはてなブックマークに追加