はちきんIzyのアメリカ丼

料理にすると丼カップル
はちきんイジーとアメリカンいごっそうバッキーの
山あり谷ありの国際結婚ブログ

悲しかったのは、、ベガスその7

2017-02-20 | おでかけ 休暇



”オリエンタルが多くて

  ベガスでは お前がすぐに見つからない。” 
 と

  バッキーが言うように

どこに行っても

  アジア人とすれ違う。



片言の英語を話す白人も多く

 世界中から人々が集まっている。



数は少ないが

乳母車で移動する乳児や

杖を突く老人もおり

 年齢層の幅も広い。


そうして

貧富の差も大きく

悲しい姿のホームレスの人たちも

  あちこちで見る。






マジックショーが終わり

 バーベキューで有名な レストラン ”バージルズ” に

   入ったのは 9時近く



 


ファミリースタイル

大きなお皿に盛られた料理が

食べても食べても

次から 次に運ばれてくる。






殆ど

 手が付けられていない残り物を見て


  


”ホームレスの人たちに

  持って行けたら、、ね” 
 と

バッキーに言った私の言葉を

  耳にした社長さんが

ウエイトレスに頼んだら

 それは綺麗に包装してくださった。


大きな袋にして6個はあり


 それらを持って知人たちと通りに出た。



 

 
 夜中近い時間ではあったが

眠らない街ベガスの通りは 

   どこも明るく

  沢山の人で賑わっている。


それほどの距離を歩かなくとも

  すぐに ホームレスと見られる人も見つかる。





”食べて下さいね。”  と

言って 袋を手渡すと

”ありがとう”  と

喜んでくださるが

それらを食べようともしないホームレスの人もいた。


ベガスで見るホームレスの人たちには

  重度のアル中の方が多かった。


Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

夢が叶ったのは、、、ベガスその6

2017-02-19 | おでかけ 休暇


ベガスで開催されるバガー(bagger)コンテスト

 会社の従業員が参加するのは

今回が2度目



コンテストの応援と

その時行われるコンベンションに参加する事が目的で

   毎回 約40人近い人たちが

 この旅行に参加する。


4泊5日のこの旅は

  2日間、仕事が入っているが

一夜は レストランでの会食と

  ベガスであるショーに招待してくれる社長さん

  

  

3年前に参加した時は

  ホテル ミラージュであった

  ビートルズをテーマにした  シルクドゥソレイユ ”ラブ”だったが

今回は オーディションTVショー  アメリカズ ゴット タレントで優勝した手品師

  マット フランコのショーに連れて行って下さった。


陽が落ちてからだったので

ポンチョ型のスカーフを身に付けたら

肩が冷えず 役立った。




  



手品が始まる前に

手品師マット フランコの幼児期の写真や動画が

スクリーンに映り

彼の子供の頃の 話があった。


両親にお気に入りのマジックキット

買って貰ったマット少年、、。


それで遊ぶ 少年手品師マットのファン

彼のグランマ


自分が好きだった手品に

  夢中になれ

 マジシャンになる夢を持てたのも

 何時間も 何年も 自分のマジックを

   楽しんでくれたグランマがいたから、、、と


 グランマへの感謝の言葉に

  ジン  となった、、、私、、。



  



子供に限界を作らせないで

  夢を持たせることって大切。


自分を信じる事

  夢を実現させる 

    大きなにもなる。





 トランプや小さなボールでのマジックは

  手品師 マット フランコの上手な会話の中で

   あれよあれよと 言う間に進む。

 会話が楽しいので

  スタンドアップコメディー (stand up comedy)にでも

     来た気分にもなる。



このショーは

 ホテル ”ザ リンク” にある

   リンクシアター (Linq Theater)で催されている。


 

  
ホテル ザ リンクと ホテル フラミンゴの傍にある





大きな観覧車 ハイローラーから通る道には


  

  可愛いショップやレストランが

   沢山並ぶ。

 入りたい店もあったけど 

  今回は時間なく素通り。




ショーが終わってからこの通りににある

  レストラン ”バージルズ バーベキュ-”( Virgil's ) へ、、、

Comments (3)
この記事をはてなブックマークに追加

下品な通りに高級感あるホテル見っけ、、ベガスその5

2017-02-18 | おでかけ 休暇



ベガスでの最後日となった水曜日は

仕事もなく一日フリー時間だったので

15人が集まり 車を借りて

 べガスツワーをした。



その日に寄ったのが

アーケードの中を移動するジップラインがある

  フリーモントと言う名の通り。



酔っぱらいも多く

半分裸のショーガールが歩いていたりと、、、


 品のない雰囲気を

来る度に感じるけど

 1時間おきに アーケードの天井に

   映像が映し出され

 音楽が鳴り響くショー

    ”フリーモントエクスペリエンス” は

 一度は見て見るものかも、、、。





ベガス ストリップ通りからは

バスも出ており20分ぐらいで行ける。






”she's sophisticated"

  (知的で洗礼された、、)

 バッキーが言うのは

 銀行に勤めている銀子さん  だ。


この日のツワーに

 ご主人と参加はしたものの

 下品な フリーモント通りが苦手なのだろう

銀子さんは 一人 スタバに座って

   私たちを待っていた。



彼女と合流する為

 スタバがあったホテル ”ゴールデンナゲッツ” に行くと

”ここのプールには

サメが泳ぐ水槽があるのよ”
  と

  銀子さん



  

カメ君が大好きなサメ  と聞き


”これは見逃せない”  と


バッキー他を誘い

ホテルの中に入った、、、。


4年前に多額の金額をかけ

 新しくしたというこのプール


 何て ゴージャス!





サメもいる水槽の中には

   筒状のスライダーが走る。



 


 その中を滑り落ちるカメ君の表情を想像しただけで

    エキサイト する私、、。


 


 下品な通りに建つ

  高級感漂うホテル、、、でした。

Comments (5)
この記事をはてなブックマークに追加

ジップラインにチャレンジ ベガスその4

2017-02-17 | おでかけ 休暇



軽い 高所恐怖症を持つ私だが

 皆の誘いにのって


 

 ジップライン Zip Line 

チャレンジした。

チケットは出発地点の

  すぐ傍にあるお土産店で販売されており

日にちや時間を選択でき

    はやめに購入もできる。



  


 スーパーマンのように

  横になって移動するのは 

  6時前だと40ドル

  それ以後は45ドル


座った格好で 

  上記の半分の距離を移動するのは

   一人20ドル 

 6時以降はそれに5ドル加算される。



 まず 体重測定を受け

  セイフティー ハーネスを着けられた後

作業場にあるような

 小さな エレベーターに詰め込まれ

     上に移動



移動する中 眼下に目を向けると

  その高さに かなり緊張

 口は乾くは

  胸はドキドキ









  この写真では分かりにくいが

 青いマットレスの上に横になり

  写真左に見える作業員の一人がつかまっている

   ロープに吊らされ

    ビューーン、、、と

    上空を 前方に移動するのが 

       ジップライン


  



知人2人にバッキーを入れ

  4人で並んで

 スタート地点を出るや

   体重 が

 皆より軽い私は

   スピードが出ず

 後ろの位置になり

   前方に進んで行ったのだが


   自分が後ろの位置にいるのは

  何か 故障でもあるのか、、、と

悪い想像しかしない、、、私、、

と言って

今更 どこにも行けないし

 下に目はむけず 

 前を向いて

  行くままに身を任せると






        (知人が地上から撮ってくれた空飛ぶ  私 ↑)




思ったほどの恐怖感は感じず

  無事通過、、、。






ただし 終点地を前にして

     止まるや

  いきなりロープが引っ張られるような

   衝撃を 数回受け

落下するのではと、、

  恐怖におののいた、、、。



 
 
写真は1枚20ドル 2枚で30ドル

  終着地点でオーダーすると

   すぐにプリントされる。 

  

Comments (6)
この記事をはてなブックマークに追加

タイタニック展へ 、、ベガス旅行3

2017-02-16 | おでかけ 休暇

コンベンションに出かけた バッキーたちが

夕方まで留守の為

銀子さんが行きたがっていた "タイタニック展"に行って来た。

それが催されるルクソールホテルまで

歩くには遠いので

モノレールを利用。


  


エクスカリバー、ルクソール、マンダレイベイ間を走る

  無料のモノレールと


24時間フリーパスで

  1人12ドルの有料の物とを組み合わせ移動








タイタニック展のチケットはルクソールホテル内で購入し

英語で解説される 5ドルのオーディオ機?を借り

手数料金3ドルも加わって40ドルだった。


うまくやれば

もっと安価に買う方法はあるだろうけど

時間もなかったので

     迷う事なくこれに決まり。



  


館内には

80年間 海の底に眠っていたタイタニック船の一部他

乗客の持ち物、、、食器や衣類などが展示されており

デッキや部屋が実物大で

再現され

そこでは エンジンの音や風の音なども加わり

気持ちは1912年4月にタイムスリップ






入り口で手渡される ボーディングパスには

実際タイタニックに乗っていた人の名前他

どのような過程でタイタニックの乗客になったかなどの

説明が加わっている。


最後に通るルームの壁に

生存者と 亡くなった乗客の名前が載っており

それを見て

  自分のボーディングパスにある名前を探し出すのだが




夫と息子 そして2人の召使いを連れて

ファーストクラス

旅をしていた私は

    生き残りはしたが

夫と息子を亡くし、、、

  すっかりその婦人になりきっていた私は

    軽いショックを受けた。




タイタニック展はルクソールホテルで

    2018年まで開催されている。



Comments (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ベガスで寿司にラーメン食す その2

2017-02-15 | おでかけ 休暇


ベガスとイリノイ州とは2時間の時差もあり

毎晩のように夜中まで

飲み歩く事も加わって

顔にその疲れが

ドンと出てしまった、、私、、。


年齢にはかてない。


カクテルパーティーがあったのは






カントリーシンガーの トビーキースの店





そこから ストリップにでて

ビールが1ドルで売られるバーへ、、






ベガスは食べ物も飲み物もなんでも高いので

こういう店を見つけると

連絡をし合わなくとも

そこに集まる、、、私たち、、。

安いビールで




皆ご機嫌

飲み歩いた後は

ホテルにあった ヌードルバーで夜食



16ドルのラーメンも味が今ひとつで





8ドルのサーモンロールは




寿司飯がベットリ、、、。


ご飯の炊き具合やすし酢の量など、、

小さな違いで美味くも不味くもなる寿司飯、、

べっとり寿司に出会うと

これを初めて食する人を思い

残念な気持ちになってしまう。

Comments (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ベガス旅行 その1

2017-02-14 | おでかけ 休暇


ベガス出発の前夜

バッキーが書き留めてくれた

ベガスでの予定表には

その日の気温も書かれており


   


それに合わせて

衣類を選び

ちょっと多めにパッキング、、、。




シカゴ郊外にある小さな空港から

格安航空アレジアント エアー( allegiant )を利用しての

今回のベガス旅行、、。

行きは

午後1時過ぎの便ではあるが

帰りは

ベガスを朝早く出発する為

夜中の3時起き。



"その日は寝ないで

空港に行く時間まで

パーティーしましょ、、。"


知人、、、


あわわわわ


さて どうなるか、、、。




今回のベガス旅行 は

1人の職員が

ベガスで催されるバガーコンテスト

参加する事から


   

役員他、各店長が

応援に駆けつける事になったのだが

その時に開催されるコンベンション

2日間

参加しなければいけないバッキーでもある。

前回私もこの催しに参加したが


会社が1人につき

5百ドルの参加料を支払わなくてはいけないと

知り

今回は 辞退。



同じく不参加する1人の婦人、、、

、、、街の銀行に勤めておられるので

"銀子さん" と呼ぼう、、、は

すでに その半日間に

ベガスで何が出来るか

調べてもおり

彼女と時間を過ごすことになった。






ベガスに着く

日曜の夜は


  


ある企業に招待され

皆で カクテルタイム、、、。


   

ただ酒を飲む時間、、、、^0^

Comments (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ニューシューズと痛みと

2017-02-13 | Buck& Me中年夫婦の毎日


ベガスに出発する前日

”新しい靴がいる。”  と言うバッキーと

Famous Footwear と言う靴屋さんに ショッピングに行った。


バッキーの足は 

長さもあれば 幅もあり

  店にはそのサイズが少ない為

 選べるスタイルも少ない


まあ その分 短時間で決められもする、、けど、、。




私が履いている


スペリー Sperryのデッキシューズを勧めたが

 幅が狭く作られているのか

  バッキーの足に合わない。


折角 お揃いになるとこだったのに、、、残念!

 

スケッチャーズ (SKECHERS )の スリップオンは


 つま先の部分をカバーするゴムが

     取れやすい と言われ

  ダッカーズ(Duckers)の スリップオンを買って来た。


   


(  ネットで拝借したこの写真は

   ダッカーズのブランドではないが  こんな靴)




旅の準備だけでも

  頭の中が一杯になるバッキーだが

それに加え

 この朝 職場で起こったミスの連絡が入り


 ”頭の中が一杯で 

      朝からナーバスや。”
  と

  助けでも求めるような表情で 

    私に言う。




自分がナーバスであると

  自覚しなくとも

  些細な事で カッとなるバッキーは

この日、私が

 バッキーに

  ”道順が違う。” と言っただけで 

   いつもに増しての大声 で 怒鳴り始める。




それに 納得できなかった私も

  自分の思う事は言葉にしたが

カッとなっているバッキーには

 何を言っても通じない。


諦めた私が 

 黙り込んでいたら


 少年バッキーの姿が浮かんで来た。




父親に怒鳴られながら育ったバッキー兄弟が

皆 父親を恐れていた話は聞いている。


そういった恐怖を感じながら

  暮らした事がない私には分からない

、、、、、バッキー少年の痛み




 癒す事が出来たら

  癒してあげたい、、、と


 そんな事を思った。



皆 いろんな痛みを抱え

   生きている、、、、。


Comments (4)
この記事をはてなブックマークに追加

同情がチクリ

2017-02-12 | 


人から自分にあてられる

  同情の言葉や目つきに

    心がチクっとなり

 その原因となる人、、、勿論バッキー、、、 を

   責める自分に出会う事が

 最近 何度かあった。



人を責め 攻撃する事で

  チクリとした自分の心を見つめる事から

   逃避していた。



たぶん それは 子供の頃の

  
今も 何なのか分からない ”傷”  ではあるが

 誰しもが持つ 心の傷 が

  何かによって 刺激を受けたら

それは 自分の心を見つめる機会



 人を攻撃する機会、、、ではない。




私の前に広がる世界は

  すべて 私の心が創り出す  幻 みたいなもの

 確かな物なんて、、、ない。

  
  
、、、という過程

  ビッチになった  自分を

    反省した嫁、、、でした。

 

子供たちが

 自分の感情を思いっきり出してくれると

  ホッとする。

何重もの衣で

   覆っては欲しくない、、、。



Comments (3)
この記事をはてなブックマークに追加

僕の心が

2017-02-11 | 次女の子ども



”そろそろ学校に行く準備をしなさい”  と

 2度ほど 注意したにも関わらず

  ”分かった 分かった。”  と言いながら


 ボール遊びに夢中になっていたカメ君が

バス停に行った時は既に

  スクールバスが出発した後  だった。

 



台所の流しの前の窓から

 その様子を見ていた私は


  さて どうしたものか  と

      考えた。 


家から学校までは

  車で15分ほど

すぐに家を出れば

  学校に遅れる事もない、、、、が


ドアを開け 家の中に入ろうとしたカメ君は

ニタっと笑って

”バスに遅れちゃった。”  と言う。


その表情から

私が車で送ったら

 この子は  同じ事をするだろう と

思った私は

それをやめ

  
”ママにテキストメッセージをして

  何があったか報告をしなさい。”
 と

 スマホを手渡した。





”OK”  と

言ったカメ君は 

 にっこり笑っていたが


手の中のスマホのスクリーンを

  じーーーっと見つめる表情が

だんだんと固くなっていった。



怖いニックママに叱られる自分が

   見えて来たのだろうか

大きな黒い壁を目の前に

行き詰ったカメ君は

 涙を流しはじめ   


ばあちゃまが 悪いんだ!

僕がバスに遅れないように

 ちゃんと時間を 言ってくれないから、、、”
  と


 私のせいにし

  大きな声で 怒鳴り始める、、、。


 

時間にして10分間ほどの中で動いた

  カメ君の心、、、、、。 






これは去年の出来事

  その後 どう話を持って行ったか忘れたが


人のせいではなく

 自分の責任である事


 自分の選択で起こったミステイクであり

同じミステイクを起こさないように

 この事から学ぶ。



そんな感じの事を話すと

心も落ち着いたカメ君は

ニックママにテキストメッセージを送った。



 
その日 ヨガに行く予定だった私は

 その事をニックママに伝え、

仕事の合間に

 カメ君を迎えに来たニックママが

  彼を学校に送った。



 その後はバスに遅れる事もなく

 時計を見ながら 

朝の準備をするカメ君、、、だ。 





来週いっぱい

 私がいないので

ニックママが仕事に出掛けた後の

  約1時間半

けいちゃんとカメ君で過ごし

学校に行く準備をすることになる。 



ベガスとアイオワで

 動画メッセージの マルコポーロを使い

様子を伺う事になっている、、、。


Comments (4)
この記事をはてなブックマークに追加