はちきんIzyのアメリカ丼

料理にすると丼カップル
はちきんイジーとアメリカンいごっそうバッキーの
山あり谷ありの国際結婚ブログ

ウイッグがお気に入り

2017-10-19 | ガンとの闘い

今回購入したウイッグが

とっても気に入っているミックママ

治療が終了し

髪の毛が生えてきても

ウイッグでお洒落をしたいらしい。







人工毛のウイッグでも良くできていて

華氏350度以下なら

ホットアイロンを使ってセットするのも可能

編んだり結んだり

カールを入れたりして

いろんな髪型を楽しんでいる。


ウイッグをつけていて

一番気になるのは

ウイッグに見えるか  と言う点のようで


ウイッグをかぶり始めた頃は

髪型を変える度に

 自然に見えるかどうか

 必ず私に確認していたミックママも

人から褒められる事が多くなり

  自信もついてきたようだ。







特に婿殿が しみじみと彼女の顔を見つめては

”その髪型いいな

  20代に見えるぞ”  



何て

私の前でもお構いなしに 


   言ってくれる事もあるだろうな、、。*^0^*




このウイッグは生え際も自然で

 ウイッグとすぐには分からないのだけど


ただ一つを言えば

揉み上げの部分、、。


髪の毛を耳にかけるとウイッグとすぐ分かる。




ポニーテールに束ねる場合

サイドの髪の毛を少量おろし

もみあげの部分を隠す必要はある。


まっ  大したことではないけど、、、。





この人工毛のウイッグは




普通のシャンプーやコンディショナーで

洗う事もできる




ドライヤーはかけれないので 自然乾燥



夕べアイオワに帰って来た。

とんとん拍子で上手く行っていたコロラドからのフライトは

最後 スーツケース紛失事件に合ってしまい

予定より2時間遅れでアイオワの家に到着


朝早く仕事に出掛けたバッキー お疲れ様

私も今日から仕事でぇーーす。

にほんブログ村
Comments (6)
この記事をはてなブックマークに追加

再入院初日はピック挿入から、、

2017-10-18 | ガンとの闘い


月曜の朝 ボーイズを小学校に送ってから

   私も病院に向かった。


建って2年ほどしか経たないこの病院は綺麗!




 
周りにはショップや様々なレストランも並ぶ。




朝10時にナースによって

 ”ピック”(PICC) と呼ばれる

中心静脈カテーテルが

 上腕から挿入された。





病室で行われたので

 私と婿はマスクにキャップを着用


髪の毛がなく髭もじゃの婿は  

 キャップを顎につけ 


  



ミックママのベッドサイドで

 彼女の手を握り




   励ましの眼差しを送る。  


  


 失敗もなく 上手く挿入された今回のピックは


  


        ダブルピック





抗がん剤を始めるの前に 

 吐き気を抑える薬をピックを使って点滴された後


 


抗がん剤の入った小さなバッグが

   点滴棒にぶら下げられるや


 


ボーイズを学校に迎えに行く時間になってしまい

  私は病院を出


その夜 婿が病室に泊まれるよう


 

   そのまま家でボーイズの子守。


ドタバタな時間の中で皆で沢山笑った、、。



17日間の滞在で

シャイだった3男君もいつの間にか

  私に心を開くようになった、、、のに


 


    今日の午後シカゴに向かう。

11月半ばに又訪問する予定だ。

にほんブログ村
Comments (5)
この記事をはてなブックマークに追加

乗り越えようではなく

2017-10-17 | ガンとの闘い


”神は私たちが乗り越えられない試練は与えない。”  と

  言う言葉を口にする人は多い。


ポジティブに物事を捉えようという姿勢なのだろうし

 それがその人の力になればいい事ではある。







陽が一杯に差し込むリビングの窓辺に立って

  ぼんやりと その言葉を繰り返してみた、、、けど


”乗り越えられない試練” と言うこの言葉が

 妙に 乗り越えようと努力しなくてはいけない

   そんな意気込みを感じさせ

 突然癌を宣告された娘には

  そんな風にとらえて欲しくない  と思った。




 力まなくていい

 頑張りすぎなくていい

 乗り越えようと向かっていく必要もない。




 自分が置かれた現状を受入れ

  ここにいる自分を

   この一瞬の中で生きている自分を感じる事だ。


そうして

光り輝く

   囲まれている自分を描きながら、

 人間より大きな存在であるものを信じ

  その信じる心を深めて行く事、、だ。
 
 


 

きっと 身体的な苦しみは軽減

  希望の光はますます輝いてくるように思う。


  
自分の前に立ちはだかる 試練という壁を意識するのでなく

ここに立つ自分に意識を向ける事ではないかな、、と思った。






白血病の治療

 第二段階である地固め療法が今日から開始

土曜日に退院する予定、、だ。


写真は病室からの景色

にほんブログ村
Comments (7)
この記事をはてなブックマークに追加

高額な医療費に@0@

2017-10-08 | ガンとの闘い

28日間の入院生活では 

  7日間の抗がん剤治療に

  4度の輸血

その他数知れない血液検査や

  骨髄検査に

Ctスキャンに、、、と

   多くの検査もされたミックママの医療費、、、。





いくらだと思います?



  
   ”高いわよぉ――”


 






何と 16万7千ドル、、約1千6百70万円、、

 家が買える金額、、、



 


ミックママの病気が分かった時

"彼らに医療保険があって良かったわよね。" と

  言った私に


"あいつらに保険がなかったら

  俺がこの家を売ってでも

支払ってやる。"
と 


啖呵(たんか)を切るように言ったバッキーの言葉が

    嬉しかった事だったが


家を売るぐらいでは

支払いきれない額になりそうだ。



 




ただ ラッキーな事に

彼らの医療保険が100%カバーすると言う話




その上 年間自己負担額である4千ドルも

  会社から払い戻しがあるらしい。


 


お金の心配がないと

  治療にも専念出来る。










第2の抗がん剤治療である地固め療法は

  10月16日から開始される事になった。



治療が始まって2日目にアイオワに帰る私だが

  ニックママがその3日目に

   コロラドに来るようにはなっている。


 (写真はある日のランチ

 私が住む田舎町にはない料理を愉しんだ。) 


にほんブログ村
Comments (8)
この記事をはてなブックマークに追加

今日決まる

2017-10-07 | ガンとの闘い

退院してからも 2日に1度

 血液検査を受ける必要があるミックママに付き添い

私も癌センターに行く。


コロラドに来る前は

 ミックママの代わりに私が運転する事になるのだろうと

  思っていたけど

なんのなんの 想像以上に元気にしており

 ミックママの運転で

  私があちこち連れて行ってもらっている。



 




血液検査の結果は採血後10分もしないうちに分かると言われたので

ロビーで待ち

 ペーパーに印刷された結果を2人で覗く。



ヘモグロビンも好中球も平常値内だけど

血小板は 毎回

 平常値より多くなっているので

   血栓が怖い。



 


この日は採血がうまく出来ず

両腕に 2度ずつ針を刺された後

ヒートパッドで温めながら水分補給


結局左手の甲から採血する


元々血管が細い子ではあったけど

 抗がん剤治療で血管が細くなる事もあり

  採血が難しくなるらしい。


採血する朝に

身体を温める事や十分な水分を摂る事

    勧められる。





金曜日は血液検査のあと

  医者と今後の治療などの話がある為

 婿殿が午前中仕事を休み癌センターに行くので

  私は家で待つ事にした。



次回の5日間の抗がん剤治療は

 9日か16日から始める予定になっており

ミックママの予想では9日になるのではないか と言うところだ。



16日だと 今の生活を楽しむ期間が伸びるけど

9日になれば

5日間の抗がん剤治療中

私も側にいる事が出来る。
にほんブログ村
Comments (6)
この記事をはてなブックマークに追加

決めたウイッグと費用 その2

2017-10-05 | ガンとの闘い


”この店はレビューも良かったわ。”  と

ミックママが選んだ鬘屋さんのレビューを

  チェックしたケイさん(ミックママの義母)が話していた通り

数多くのウイッグを気持ちよく 試させてもらえ

店がクローズする時間になっても

せかされもせず

 私たちの質問にも丁寧に答え 説明をしてくれた。


 



ウイッグには値札が付いていなかったので

 ケイさんが店員さんに訊ねると




人工毛で作られたものは

   セミロングで400ドル程 (約4万円) 


人の髪の毛でつくられたものは

  セミロングで5千ドル程約50万円になると言う。


ミックママが いくつものウイッグを試したせいもあるだろうけど

  一体どれが人毛で

  どれが人工毛なのかもわからない程だったので

その値の違いの大きさにはびっくり!!





 
今回 ミックママにウイッグをプレゼントする義母のケイさんも


 ”貴方の為なら500ドルは出せるけど

  5千ドルは、、、無理だわ

 髪の毛は 又 生えて来るものだし、、、” 
  と言い


 化学繊維で出来たウイッグの中から

 ミックママが気に入ったセミロングの物に決めた。



セミロングだと ポニーテールにしたり

  三つ編みにしたりも出来るし


人工毛のウイッグでも人毛と同じく

この ↓ ウイッグのように



 


   カールやウエイブも可能なので


 ヘアースタイルをいろいろ変えて楽しめもする。


、、、と言っても

ニックママと違いミックママは

  こういうのが苦手だ。




高校時代 ギリギリまで寝て

 シャワーを浴びたばかりの濡れた髪の毛のまま

  トーストを手に

 家のドアから飛び出す毎日だったミックママ、、、と



学校に着て行く服を前夜から準備し

 登校2時間前には起き準備するニックママ、、、だった。









髪の色は 

 明る過ぎもせず

   暗過ぎもしない

 栗色に明るいハイライトが少量入ったものにした。


  


ケイさんご夫婦は裕福ではあるけれど

ご主人は56歳でリタイヤーされ

それ以後は慈善活動に力を入れ暮らされている。



 裕福な生活の分出費は大きいだろうし 

  又 慈善活動にお金も使われるだろう。




そんな金銭的な事だけではないが

 私もウイッグにかかった費用の半分を出させてもらおうと

家に送り届けてくれたケイさんに


”ちょっと待っててください”  と言い

 寝室においてあった200ドルを取り出し

  彼女に手渡した。


”そんなつもりで 貴方をショッピングに誘ったんじゃないのよ


 一緒に楽しもうと思って、、、” 
 と

ケイさんは恐縮するように

 言われたが

 ”どうしても半分支払わせてくれ ”  と

  言う私の手から200ドル札を取ってくれ

    私も気持が軽くなった。

にほんブログ村
Comments (5)
この記事をはてなブックマークに追加

鬘を買いに、、その1

2017-10-04 | ガンとの闘い


ミックママ家族はデンバー空港から

  30分程走った先の町に住むので 

  さほど遠くではないけど

往復にすると1時間近くにはなる。


何かと忙しい婿に申し訳なく

 ”空港からバスを利用する”  と伝えたけど

 次男君を連れ迎えに来てくれた。



道中お喋りだった婿に

 いつもと違った彼を感じた事だ。





 


家に入ると

 鮮やかな柄のスカーフを頭に巻いたミックママが

  新しいキッチンにある椅子に 座っていた。




”今日は鬘のショップングに行くわよ。”  とミックママ

 
昼前にミックママの義母ケイさんが迎えに来てくれ

 ランチをした後

3人でデンバーにある鬘屋さんに行った。



 


 3人で会話をしながら

ミックママが抗がん剤治療を受けていた時に

 ケイさんがミックママを見守っていてくれたのを感じ

   深く感謝する事だった。




そうして

”風邪やインフルエンザが流行るこの季節に

  ボーイズが病気にでもなったら

貴方は 我が家に来るのよ。”
  と


 ミックママに云ってくれたケイさんの言葉も嬉しく

義理の関係でも家族が傍にいる事が

   心強くも 感じられた。



 


髪の毛を剃る時


 ”髪の毛がある事で

  病気でなく見える、、のに、、”
  と


をこぼし婿に語ったミックママは

 ”坊主頭もまんざらじゃないな”  と


 自信を持ったような表情で

    言い始めもしたけれど



退院し公共の場の中に入ると

 病院の中でいた時と違い

思ったより 精神的にきつく 


 


 鬘を利用する事にしたミックママ、、、だ。


鏡の向こうの自分が

 健康に見える って 

  大きな事なのかも知れない。


にほんブログ村
Comments (10)
この記事をはてなブックマークに追加

もうこんな事してもいいの?

2017-10-01 | ガンとの闘い

感染から身体を守る役割を果たす

  白血球の一種である好中球の値が 

 ぎりぎりだったミックママは

  ちょっと無理を言い

医者から退院の許可も得ている、、と言うのに

退院早々 大勢の人達がいる劇場に行き

お義母さん他、義理の妹さんや 姪っ子も加え

 



 ブロードウェイの ”フローズン” を観に行った、、、と

  知った時は驚いた!


  
病気になる前から予定していた事であり

それを実行出来たことがどんなに嬉しいかも分かるけど

  大切な時期だし 気をつけないといけない。


 

翌日も元気にしており


家族と朝食をとったり

 子供たちを学校まで送ったり

犬の散歩に行ったり、、、

そんなエネルギーのある自分に、、

 そうして外を歩ける、、っていう

 あたり前にされていたことが

  とっても有り難い事のようだ。




この一瞬への感謝が

ポジティブな思いを高めるんだろう、、、な、、。


そんな娘との時間に

すぐ忘れそうになる当たり前のことへの感謝を

感じさせてもらえそうだ。




さて私は

今晩 夜中の2時半にアイオワを発ち

シカゴからデンバーへの早朝フライトをキャッチ、、、


運転手のバッキーにとって

約7時間のドライブになる。

バッキーも帰りの運転に気をつけて、、


そうして いつもホントに有難う。


にほんブログ村
Comments (6)
この記事をはてなブックマークに追加

退院したぞ!Yay

2017-09-30 | ガンとの闘い


寛解導入療法と呼ばれる1週間の 抗がん剤治療後

ヘモグロビンや血小板が減少し

 4度の輸血を受けたミックママ、、、。


 骨髄生検では白血病細胞0という検査結果が出


血小板、好中球、ヘモグロビンなどの値も

 ゆっくりと上がって行き まあまあ安定

  ドクターから退院の許可がおりた。



10月中旬、

 地固め療法 (Consolidation Chemo)と呼ばれる

    5日間の抗がん剤治療が始められるので

 それまでの貴重な家族との生活になる。




抗がん剤治療中は 疲労で眠る時間が多かったけど

それが終了してからは エネルギーも徐々に出

 出前を注文したり 

”うめぇー” って

 一言入れた食べ物の写真をSNSにアップしたり、、


動画で送られてくるメッセージでも

 笑顔の多い 気持の強いポジティブな彼女の様子に

  私たちも安心する事だった。




退院になる可能性も高かった昨日は

 
”あーー久しぶりのコーヒー、、だわ。

 退院の許可をくれる前に

  心拍数のチェックがされませんように、、、” 



なんて言葉と一緒に


 見事な坊主頭で

 コーヒー飲んでる動く写真

   SNSに投稿したり、、と


 俄然元気



   


気持が明るいのが 何より嬉しい。





   カメラの角度のせいで

  プロレスラーのような

  ごっつい体格に写ってしまったけど

  本物はごく普通の体形、、、です。
 

にほんブログ村
Comments (8)
この記事をはてなブックマークに追加

40回目のデートは、、

2017-09-28 | ガンとの闘い

30代のミックママ夫婦

 1年間に50回のデートをする事を目標に

 デートした時の写真をSNSにアップし

  50デートでハッシュタグしている。


 ハッシュタグされた部分をクリックすると

  出て来る 出て来る   二人のデート写真 


 
出て来る 出て来る  と言っても

1回のデートに1枚の写真だけど、、、

  







1年間は52週プラス1日

毎週1度 デートを持つのは

 3人の子供がいると 難しそうだけど


二人で朝食を食べに行ったり

  夕方サイクリングに行ったりするのもカウントするので

 1月から始めた彼らのデートも

  先日 40回目を迎えた。





その40回目は

病室でボードゲーム デート。


   



 何気なく撮ったと思われるこの写真、、、


  よぉーく 見ると


婿殿の頭の上に

 十字架が見える。 






ミックママはこうしたゲームが大好きなんだけど


 婿殿はそうでもない

なのに わざわざ 店に出向き 

  新しいゲームを買って

この夜病室を訪れた、、、彼  






ゲームをした後

 病院の廊下を二人で歩いていたら


何と


 廊下の窓から 

   花火があがるのが見えた、、と言う。


それも花火大会であがるような豪華な花火、、、だ。


それを窓から見つめる二人、、、

あーー

まるで映画の1シーンのよう 


  素敵なデイトナイト  だったね。



今年も残すところ  あと13週だ 


こうなると

後10回 二人にデートをして欲しい。


 コロラドに行ったら

  二人のデートの助っ人でもするか、、。


にほんブログ村
Comments (5)
この記事をはてなブックマークに追加

想い 願い 祈り

2017-09-27 | ガンとの闘い


青い家のドライブウェイに入ろうと

  スピードを緩めると

 そのもとに立つウォルナッツ(クルミ)の木の下

リスが地に落ちた実を食べていたのが目に入る。



  


食いしん坊のリスは私の車が近づいても

  その場に立ったまま 実にかじりついている。


 小さなリスをひいてしまわないように


警笛を鳴らすと ピュッと走り去った。






まだ青い柔らかいクルミを一つ拾って


  

 
週末アイオワに来ていたバッキーに見せると

まくしたてるように

ワォルナッツ(クルミ)の話を始める。



ワルナッツの実をとる時は

手袋をしていないと手が黒くなり

なかなか取れない事


ハードなワルナッツは木材としても人気である事、、などなど


訊きもしないのに

ワルナッツに関する知識を披露し始めたのは

子供の頃の父親とのひと時を思い出したからのようだ。







バッキー少年が近所のおばさんのお手伝いに

殻を砕きクルミの実を取る作業をした日

手を真っ黒にしたバッキー少年を見た父親 (義父)が


"お前は近所のおばさんにうまく使われたぞ!"

ケラケラ笑いながら

  言ったと言う、、。


義父らしいそんな言葉に

私の目の前にもその時の様子が広がった。




それ以来

そのクルミの木を目にすると義父を想う。




想いは願いに、、、そして祈りになり


”どうか あの子を見守っていてください。”  と

陽を浴びキラキラ輝くクルミの木に

   心でつぶやく日々である。



  


副作用で髪の毛が抜け始めた娘は

  昨日 頭を剃った

突然スクリーンに飛び出したその写真に

  涙がポロポロ出て止まらなかった。

にほんブログ村
Comments (7)
この記事をはてなブックマークに追加

退院は出来なかった

2017-09-21 | ガンとの闘い


19日はコロラドボーイズ 次男君の誕生日だった。



  


ミックママは入院中だったけど

予定通り 先週末 

 沢山のお友達に手伝ってもらい

  バースデーパーティーが盛大に開かれたようだ。







火曜日にある検査結果が良かったら

  水曜日に退院する事が出来るミックママだったけど

 検査結果が芳しくなく 入院が伸ばされた、、、。






火曜日は次男君の誕生日であった事もあり

  3人のボーイズも大きなマスクをして

  ミックママのお見舞いに病室を訪れた。






3男のオリ―君が 



  


 赤ちゃんの時から手離せない赤い毛布を

   頭からかぶって

  病室を歩いていた姿に胸が痛む

 

 ボーイズ、、、ママが恋しくてたまらない、、だろうな、、。



  


 ハウスワイフでもあるミックママは

   いつも家にいたものね。






次男君の昔の写真を見ていたら





”ミックママもこんな表情をしていた

  赤ちゃん写真があったよね” 
 って

バッキーと話し始め

 二人でその写真を探し出すのに


  パッキングした箱まで開け

  
 これでもない あれでもない  と

 何枚もの写真を手に取り


 ”これだ!!”  と


   二人で一斉に

   




     叫び声をあげた。

にほんブログ村
Comments (9)
この記事をはてなブックマークに追加

グッドニュース\^0^/

2017-09-17 | ガンとの闘い

このブログに登場するミックママは

ヘルシーな食生活に積極的で

地域で催されるマラソンにもよく参加し

 数マイル走る事を毎日の習慣にもしている 



 エネルギーにあふれた女性、、だ。



  
          旅行中も走る、、ミックママ



その彼女がこの夏 疲労を感じるようになり

 アレルギーだろう と

クリニックに行きアレルギーの薬を処方してもらう。


薬の効果が見られず 

 疲労が続いた事や 

ヘルスチェックをする目的も兼ね

  病院に予約を入れたのは8月の末





 
疲労を感じると言っても

 家族とボーリングやハイキングに行ったり

8月中旬にはコンサートに行ったりと

 アクティブにしていたミックママだったから

 病院で診察を受ける選択をしてくれ

  本当に良かった。


医療費が高いアメリカにいると

 医者から遠ざかってしまう事はある。





病院での血液検査から異常が分かり

  骨髄検査をし

急性骨髄性白血病(AML)と診断されたミックママの


寛解導入法と呼ばれる

  1週間の抗がん剤治療も無事 終了

 

検査結果 

 血小板の値が少なくはなったものの

  輸血の必要はなく

 水曜日には退院する予定もはいった。






お祈りをしてくださった皆様

  心からお礼を申し上げます。


 <その後>

ヘモグロビンと血小板が6.9と5に減少した為

  輸血を受ける事になりましたが

 この数日の中でエネルギーを最も感じ

  テレビを観て過ごしたりしているようです。

にほんブログ村
Comments (9)
この記事をはてなブックマークに追加

どんな時も綺麗でいたい

2017-09-13 | ガンとの闘い

今日で7日間の抗がん剤治療が終わる。

変更する事はあるかも知れないが

この後の抗がん剤治療は

  月5日間が4か月続くようだ、、。



先週末は入院中で一番身体にきつかったようだけど

月曜の朝は

日記がつけられるぐらいの体力を取り戻したようだ。


そうして

美容師さんが病室まで来てくれた月曜日


セミロングだった髪の毛を

  バッサリカットしたミックママ、、、。

ヘアーカットに関して

  その日の事をこう語る



      (以下はミックママの日記より)



                               




抗がん剤で髪の毛をなくしたって 

  大丈夫なんだよ  って


 自分に言い聞かせたかったのもあるだろうし


副作用で髪の毛が抜けてしまうより先に

 カットする事で髪の毛の一部を失くしてしまえば

脱毛が始まった時

 精神的な衝撃が小さいかな、、、と

  思ったのもあるかも知れない、、、。




美容師さんには 彼女の経験を活かして

私が自分を

  プリティーって 感じられる ような

私のこの顔に似合う髪型にしてもらいたいと思った。



 

セミロングだった髪の毛が

  こんなにショートになってしまって

最初は ちょっとショックでもあったけど

 だんだんと好きになって来てもいる。


それに何よりも

 朝起きた時の寝ぐせは少ないよね。



  


 とっても素敵にカットしてもらって

   良かったね  ミックママ

すっごく 似合ってるよ。


綺麗に陽に焼けたショートカットの娘のほうが

 大きなマスクをした色白の美容師さんより

   ずっと 健康に見えて

     胸が詰まる。

にほんブログ村
Comments (5)
この記事をはてなブックマークに追加

皆つらい

2017-09-10 | ガンとの闘い

ミックママの病が分かってから

 人に優しくなる自分に多く出会う。


特に身体が不自由な方たちに、、だ。

そうして 彼らは皆

 ”ありがとう” と言って

暖かい眼差しを返してくれる。




幼い子供たちを目にすると

  今まで以上に とても愛おしくも感じる、、から


私自身も優しさに包まれ

  心地いい思いの中でいられる、、、。



、、、と言っても


 胸はいつも詰まっていて

  ぼんやりする事は多いけど、、、、。





けいちゃんたちを叱りつける のが

  多くなったニックママも

 お姉ちゃんの病に心が苦しいんだ、、と


そう思うと 

 ニックママが不憫に感じ 


       胸が痛む。








金曜日 イリノイに帰って来た。


些細な事で 

バッキーにイライラする自分を見

  ハッとする。


アイオワの家で抑えられていた感情が

 バッキーを相手にそんな形で出てしまった、、。






 ニックママ (次女)を妊娠中

 ミックママ (長女)は2歳、、、だった。



二人で外食に行ったり

 ショッピングに行ったりよくした、、よなぁ


モールに行くとフォトブースで

   写真を撮るのが好きな子だった、、。





にほんブログ村
Comments (7)
この記事をはてなブックマークに追加