はちきんIzyのアメリカ丼

料理にすると丼カップル
はちきんイジーとアメリカンいごっそうバッキーの
山あり谷ありの国際結婚ブログ

新年に向けて、、、

2012-12-31 |  つぶやき
(写真は3年前のニューイヤーズイブパーティー)

日本とは15時間時差があるので

日本の皆さんは もう おおみそかを迎えておられるんですよね

こちらは 明日が ニューイヤーズイブ

夕方まで 働いた後 

例年のように ムースで プライムリブのデイナーを頂き

カラオケをしながら 

  友人たちと 新年を迎える私たちです。



新年に向け 多くの人たちが 

  ”今年はこんな事に力を入れ がんばるぞ!” と

決意をする New Year's Resolution と言うのがあります。

バッキーにそれを聞くと


 ”貯蓄を2万ドルにする事” と

    即答がありました。

だから 私は、、、、、、、



  そのお手伝い

   貯蓄に励みます。




2012年は 私にとって 

    とてもいい年 でした。


 人生に 変化が起ころうとする 

   そんな年でした。


  というものを

  身近に 感じる事が出来始めた年です。

 永遠に滅びることのない魂が

何度も繰り返し 

  目的を持って

    この世に生まれてくることを 信じること は

 自分の持つ能力や愛を

    信じることにつながり

 それは 深い感謝や幸福感 をうみます


私たち 皆 素晴らしい存在 なんですよね、、、(うん、うん 絶対そう)
 

 人それぞれが持つ能力 

    内なるエネルギーにフォーカスし

   前にすすんで生きたい  と


  そんな事を 強く 思う今日に

    出会いました。(新年を前に グッドタイミング!)


お金を貯める ように 

  目に見えるものでないので

  それを日々 

 どう 意識しながら 進めていくかが

   難しい所ですが、、、、





ネット友達がシェアーしていた 素敵な言葉に

 今朝 出会うことも出来ました。(今日はなんてラッキーな日、、)




ピカソ7つの助言  です

1. 必ずできると信じろ
You have to believe to be able to do.

「思いついたことは出来る。思いつかないものは出来ない。

    これは避けがたく、明白なことだ。」

2. 限界を超えろ
Push your limits.

「私はいつも自分の出来ないことをする。

    どうやればいいのかわかるからだ。」

3. 「その時」を待つな!
Don’t wait for inspiration or the right moment.

「インスピレーションは常に存在する。

     見つけに行くんだ。」

4. 動け
Act

「明日に引き伸ばせば、それは死んでしまう。」

「行動がすべての成功の鍵だ。」

5. 正しく問え
   Ask the right questions.

「他の人間はなぜそうなったかを問う。

  私はいつも何ができるのか、なぜできないのかを問う。」

6. ジャッジせず、隠された美を見ろ
    See the hidden beauty by not judging.

「我々は脳をブン投げて、

   ただ目だけで見ることができればいいのだが。」

7. 遅すぎるなんてことはない。
    It’s not too late.

「若さと年齢は無関係。」




 

 自分が 本当に 欲するものを探し出し


 この世でのこの人生を 

    創って生きたい、、、です。


今日は 新年を前に そんな事を思う

 とっても 濃い一日 が過ごせました。

  ありがたい です。




小さな田舎町に住む中年夫婦の

   なんという事のない日々を綴るこのブログ


どうか 来年もよろしく お願いします

そして この1年 

   本当にありがとうございました。 ペコリ


  
   にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へにほんブログ村

いつも応援クリックもしてくださり ありがとう。


Comments (10)
この記事をはてなブックマークに追加

有給休暇がなくなった

2012-12-30 |  私の仕事
今日 ランチから戻ると 店のマネージャーに

”話があるから、、、” と

ミーティングルームに呼ばれた。


 いつも 遅刻ばかりしているから

  とうとう 叱られる日が来た、、、


  と それなりの覚悟をしていたら、、、



    

思いもしない話の内容だった。


それは、、、、、、

  

オバマケアーが始まることで 

   会社への負担が大きくなる為

それをカバーする為に

  会社が従業員のベネフイットや労働時間を変更した事



 オバマケアーでは 週30時間以上 働く従業員に

  医療保険を与えなくてはいけなくなる為


会社はパートタイムの従業員の労働時間を

   週28時間時以下にカットした。


  それ以上働く事は 

マネージャーの許可なしでは 固く禁止




この労働時間のカットについては バッキーから聞いていたので 

   驚くことはなかったけど


もうひとつの、、、、、



パートタイムの従業員の

    有給休暇をとりあげた事 を知り


  驚きの声 をあげた私だ、、、。


 
この会社で15年以上働く リンダさん 60代

 労働時間カットと 有給休暇がなくなった事で


  かなりあつくなっている。


 どちらの立場も わかり、、、

     ため息、、、、。



ちなみに フルタイマーは 従業員の約15%しかいない



    

        ”僕は悩みもなくて いいね。”


         にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へにほんブログ村
明日 働いたら 日曜日は 休み、、、、
がんばろう~!!

 
Comments (7)
この記事をはてなブックマークに追加

Xmasの食べ物は、、、

2012-12-29 | 食べ物



うちのクリスマスでは 七面鳥やハム チキン は登場しない。

フィンガーフードを 皆が持参する事になっている。

バッキーはイタリアンビーフ、バーベキューポーク、それに


   

  義母の好物である 


     Pork hocks と

サワークラウトの煮込み?を

   彼女だけの為に作った。


      まあ なんと 母想い、、、

   なんだか 自分の将来と 義母とが 一緒になって


  自分が孝行されたような気にもなってか

     しあわせ一杯~~ になる。


 これらの準備の為 クリスマスの朝も

     6時半に起きたバッキーだ。


 嫁は そんな事も知らずに

    ぐーすか 寝ていた、、、、、。汗


うちでパーティーがある時

   バッキーは 掃除はもちろん

こうした料理まで 必ず 自分でしてしまう。



 、、、 で 

 友人たちは バッキーでなく 

    すべて 私が準備した と思うんだよね


  なぜか、、、

  



私が作ったのは 先日紹介した 


   


Ron's Polish Mistakes (こちら)を作った。 

 きちんと計量しなかったので 

    チーズが多すぎ


 ほんとのミステイクになってしまったけど


オーブンから出てきたばかりの ホカホカ

    皆に喜ばれた。


ただし しばらく 時間が経つと

  チーズが多すぎたので 固くなって

     味のほうも 今ひとつ、、、、、。



あと 私が作ったのは、、、


ブラウニーに シュリンプカクテル(これは作ったとは云わないけど、、、)

  それと 次女が食べたがった 

   クリームチーズとキューリがカクテルライブレッドにのったもの



      


  



皆が持ってきてくれた いろんなスナックの中で 

   バッキーの お気に入り は、、、、


一番下の義弟の奥さん作の


キャラメル チートズ と呼ばれるお菓子



   


caramel cheetos ← レシピー


これを口にした娘が

  ”It tastes like Japanese rice cracker”  と


目を丸くして 驚いて云った。 


   オレンジ色のチートーズ(Cheetos) と呼ばれるアメリカのお菓子に

 コーンシロップ ブラウンシュガーなどを 絡め

   オーブンで ベイクしたもの

 娘が思っている おにぎりせんべい  というより


  かりんとう に似ている。





 そして もうひとつ 

バッキーの妹が持ってきたこのハムサンドイッチも受けた。



   


 ハワイアンブレッドのロールパンで作った普通のハムサンドイッチに


 ブラウンシュガー、バター、ポピーシード 他を混ぜた物を

  サンドイッチの上にかけ 食べる前にオーブンで焼く。


 レシピーを彼女からもらったので

  今度 紹介しますね。


ほんと 美味しかったです。
   



  皆のお気に入りレシピーのスナックたち


 毎年 どんなものに出会えるかも 楽しみ、、、だ。


   
   にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へにほんブログ村

今日も訪問ありがとう。


Comments (7)
この記事をはてなブックマークに追加

チャイニーズギフト交換は、、

2012-12-28 | アメリカの家族
 家族でしあう クリスマスのギフト交換は

先日 話した ”チャイニーズギフト イクスチェンジ” (こちら)




     


今年も わいわいした中 行なわれた。



 




悲しくも 

  私からのギフトは 人の手を回ることもなく



     


 それに当たった人からも 

    喜びの悲鳴さえ聞けなかった、、、ぐすん


 どちらかと言うと

  ちょっと ガッカリした表情が見えたような、、、、シュン



      



 今年は 大人だけでなく  

    ティーンの甥っ子たちも数人参加


   




バッキーからのギフトは


 例のレッドソロカップライト だけでなく

 バッファローウイングで有名な

   スポーツバーの ギフト券25ドルつき


その上 ライトの入った大きなダンボールの箱には



    



  ” Fragile

Cannot open until Exchange Final!


$25 gift card plus mystery gift "


と 最後まで箱は開けられない 注意書き があり

 ”ミステリーのギフトつき” という言葉が

   妙に 人の心をくすぐるのか


  人から人にと 

 何度か さまようことになった。  悔し~~



      



   このギフト交換の最中に



こんな ハプニング があった。


  一人の甥っ子が ギフトの袋を開けると



    


例の マフラーが 出てくるじゃないか


 犯人は  この人



    


  

  何気ない スナップショットが 証拠写真に、、、笑



しかし

すぐに 皆を笑わせる発想をする 

        バッキー、、、だ。


  
    



 義理妹が勝ち取った スヌーピーのライトが 

   可愛かった。



バッキーは 私が欲しがっていた 

   灯台の形をしたバードフィーダー

 義弟の手から 取ってくれた




    



     


   来年こそは、、


  早くもアイデアを探す私、、、、、、。


クリスマス開けの 大セール を利用するのもいいかも、、、。




   にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へにほんブログ村
    


  
Comments (6)
この記事をはてなブックマークに追加

当たり はずれのギフトたち

2012-12-27 | Buck& Me中年夫婦の毎日
 クリスマス翌日の我が家は 

  壁にかけた時計の秒針の音が鳴り響くほど


    しんと 静まり返っている。

そんな今朝は バッキーと2人で 

    別々の部屋で ネット、、、


  さて イブの夜は 次女一家と一緒に

 クリスマスプレゼントをオープン


 次女にも 長女へのプレゼントと同じ店で 

     ブーツを買った。


  



 これを買う時に アイオワに住む次女に 

  コロラドの店から写真を撮って送り 

好きな物を選んでもらったので

  サプライズには ならなかったけど、、、


実際に手に取り  喜んでくれた、、、。



気に入られるサプライズギフト を見つけるのって

    難しい、、、


それこそ 1年中 その人に

    注意を支払って考えて 

やっと 見つかるかな  っていう確立だ。

  

でも その小さな確立をあてた娘、、、、




彼女から 私へのギフト がそれ、、、。


     


 何だと思います?


古いお皿や ガラスの器やドアのとってで

   作られた ガーデンようの飾り


    



   リサイクルした とてもいいアイデア



   


早く春が来るのが待ち遠しい、、、、です。





娘から バッキーには 靴



  バッキーがいつも履いている靴を 

    ”おっさんの靴” と


  けなし笑う 娘が選んだのは これ


    



 若い子が履くと いいかもしれないけど


 でぶっちょのはげオヤジ が 履くと


  ”ゲイみたいだ”  と 


     嫌がるバッキー



サイズも合わなかったので 返品に、、


     


   バッキーには 私の日本の友人からギフトが送られて来た。



    


  日本らしい おしゃれな包み


 開けると、、、、、



       



    可愛い色の組み合わせに



  ”ゲイマフラーだ”  と


  ちょっと 微妙な心境のバッキー、、、でした。



多分日本の友人は 

アメリカ人は

  色鮮やかなもの が好きだろうとの気持ちから


選んでくれたのでしょう、、、、が


このマフラーが 翌日のクリスマスパーティーでも


  ゲイマフラー  と噂になり


     


    弟たちが 身につけ 楽しんでいた。


 おしゃれな贈り物も W家の手に入ると

   ギャグギフトになってしまう。  汗



 とってもやわらかくて 

    良質のマフラー  です。 


 彼女とは 1年に1度のクリスマスに

便りをするぐらいだけど

    それが30年以上続いている。


私が日本を発つ時 

  送りに来てくれた 唯一の人、、、だ。




 
今日は ゲイ ゲイ と繰り返してしまったけど

  男性ぽい とか 女性らしいとか  

そんな表現と似たようなもので


バッキーたちが よく使うので そのままにしておく


他に クールじゃないとか

   馬鹿みたいとか、、、にもよく使う、、、



 
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へにほんブログ村
 
皆様が 楽しいクリスマスを過ごされましたように、、。

Comments (5)
この記事をはてなブックマークに追加

サプライズギフトは、、

2012-12-26 | Buck& Me中年夫婦の毎日
夫婦でクリスマスギフトをしないことにしても

バッキーから サプライズのギフト が来るこの数年


去年は 私もそのサプライズギフトにと


  へそくりから 800ドルのキャッシュ をカードに入れてプレゼント


今年は、、、、、、。、


サプライズのアイデアもなく


  へそくりのお財布を開けると

2ドル札が 1枚しか ない、、、



だから 何度も云ったんだ


 ”今年は本当に何もないから

  サプライズは絶対にしないでよ、。”
 と、、、


クリスマスの朝 バタバタと 食べ物の用意をしていた私が


 レシピーを見ようと 

   ラップタップを探していると PCが、、、、


どこにも 見つからない。  ヒーヒー


(私が ネットをしないように


   あいつが隠したに違いない)



と いらいらしながら そんな愚痴を言っていると、、、



娘から、、、


 ”ほら 母さんの隣にあるバッグの中にあるでしょ”


と言う。



      


カラフルなバッグ は目に入っていたが


てっきり 娘のバッグと思っていたので

それが バッキーから私へのプレゼントとは 思いもしなかった




 ラップタップのバッグが 古くなっていたので


 新しい物を探していた所だった私の事を考えての


  サプライズプレゼント、、、。



     今年も、、、、してやられた、、、ありがとう。

 

  にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へにほんブログ村

いつも応援クリック ありがとう



Comments (6)
この記事をはてなブックマークに追加

今年のギフトは、、

2012-12-25 | パーテイーとバーあちこち
 家族とのクリスマスプレゼントの交換は

例年のように チャイニーズ ギフト イクスチェンジ 


 20ドルぐらいのギフトを皆が持ち寄り

 名前は書かずに 包装して

  部屋の真ん中に並べる。

 ギフトを取る順番を決め 

   自分が選んだ物を 

みなの前で 順に 開けていくんだけど

自分の番になった時

 包装されたギフトを開けるか

  すでに 人が取った 開封されたギフトを取るか
 

  を 決める事が出きる。


 皆で わいわい 取ったり 取られたり、、、する時間が


   楽しい~~~


今年の私のギフトは


    


  小銭入れ

小銭を入れると 

  いくら 瓶にたまったか を知らせてくれる。


     


 日にちじゃないですよ。


 12ドル25セント 入ってる って知らせてくれているのです。



この小銭入れに スクラッチの宝くじ を二つ つけた。




    


自分が容易したギフトが

  取り合いになる事 も 本人にとっては

わくわく して 嬉しいんだ、、、よね。


毎年 

  どちらの物が取り合いになるか

 バッキーに 競争心を燃やす 私  なのだ。


バッキーの今年のギフトは


例の ソロカップ ライト


   


  今日 イブの日は 次女家族と プレゼントをあけたり

 明日のお菓子を作ったり、、、


 そんな時間を過ごします


ランチ時間に ちょこっと 書きました。

皆さん メリークリスマス


       

  
      にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へにほんブログ村

  今日も応援クリック ありがとう。
また 明日、、、。

 
Comments (5)
この記事をはてなブックマークに追加

サンタさんに、、、

2012-12-24 |  つぶやき



子供たちが 

 見えないもの

   触れることの出来ない物を

      信じること を教えている

大切な サンタクロースさん


      


            





自分の手で 持ったり 

    測ったりできない物を 信じられること で


   大人になってから

       大きな強さになる。


      


   見えないものを 身近に感じる事


     私の毎日は 良きものに変わった、、、、、、もの。

  それは、、、

  人よりも 大きな存在 を信じること、、、


       もっと もっと 深めたい、、、。


だから、、


  子供たちのサンタさん 大切にしたいですよね、、、。





    
  写真は 今年ムースに現れたサンタさんご夫婦

 今年の7月から 髭を伸ばしていたそうです、、、。


  にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へにほんブログ村

今日も応援クリック ありがとう

 明日はクリスマスイブ
皆さんが 愛に満ちたイブをおくられますように、、、。

Comments (7)
この記事をはてなブックマークに追加

スイートな貴方とXmasクッキーたち

2012-12-22 |  私の仕事
 木曜日は水分の多い雪 (Heavy wet snow)が降り

今年 初めての積雪 にもなった。

それによって 

Semi Track と呼ばれる 大きな貨物トラックが

  何台も 道路から滑り落る程 

道路のコンディンションが悪く

 閉鎖されるハイウェイもあったとか聞いた。

こういった道路を運転する事に

  なかなか なれず 

   いつも緊張 してしまう私だ、、。


      



 そんな木曜 職場に行くと

ベーカリーのマネージャーのキャシーさんから


”60個のクリスマスクッキーをアイシングして

  他のクッキーも混ぜて

   詰め合わせのトレイを ふたつ作ってくれる。”



と 云われた。



      


 ひとつは 町の銀行からのオーダーで

もうひとつは うちの会社の役員からのオーダーだった


それらのクッキーは その日の午後

  町の葬儀屋に届けることになっていた。



   

聞くと 

町で美容院を持っていた ヘアードレッサーのおばさん(60代)が

 亡くなられ

クッキーが大好きだった彼女を想い

皆が それぞれのクッキーを 

   葬儀に持ち寄り 

ホットドリンクとクッキーで

彼女を 偲ぶ ことになったらしい。



  多くの人々から 愛されている だけでなく


  そんな風に 人々の心に残るって 

    思っただけで ホワンと する。


お会いしたことのない方だが

  彼女の やさしい笑顔 が見えてくるようだ、、、。


      
      


 ある朝のモーニングショーで

  紹介されていたクリスマスクッキーに 

とても簡単な物 があったので

早速 それも作って 摘め合わせに加えた


  丸い シュガークッキーに アイシングを塗り

 その上に 砕いた ペパーミントキャンディー をばら撒いた物


 ペパーミントのフレイバーと 

    甘いシュガークッキーとが 一緒になって

  美味しい し 

カリカリとした キャンディーの噛み心地が

    満足感をくれる。



    


 素敵にデコレーションされたクッキーたちの 後で見ると

  なんだ こりゃ!   って感じだ、、、けど、、ね。 汗



  可愛い写真のクッキーたちは 

   こちらのブログ から拝借 した。


私がアイシングしたと 思った? 


   すんません ご期待にそえなくて、、笑




   
   
   


この大きなサイズのマシュマロを使った

    マシュマロポップは 簡単に出来そう。




  子供が喜びそうだし

  クリシマシーで テーブルのデコ にもなる、、ね。 


一番上の ハート型のクッキーに 

  ミニキャンディーケインをくっつけたのもいい、、、な。



  にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へにほんブログ村

今日も応援クリック ありがとう
クリスマス前の週末は ゆっくり しましょう、、、ね。


Comments (4)
この記事をはてなブックマークに追加

許可を得に、、

2012-12-21 |  次女


先週の土曜日、次女がボーイフレンドと一緒に

    我が家に やって来た。


シングルマザーの彼女が 小さな娘さん(現在5歳)を持つ彼と

  お付き合いをはじめて 1年半ぐらい になる。


 ちなみに 彼の名前は ザク君

長女の旦那さんと 同じ名前、、、、、なんで

  バッキーと私の間では ”ザク2” と呼んでいる。


 実は この秋から 借家住まいを始めた二人、だ、、。


      
   
  


この夜 ムースで 彼らと待ち合わせをした私は

 ムースに行く前に

  はねてしまった鹿のことで 頭が一杯、、、。 

 その話ばかりを 彼らにしていた、、、。


そんな気持ちの落ち着かなかった私に

 彼が 何事もないような口調で 

いきなり ぼそりと こう云った。



      



”彼女に指輪を買おうと 思ってるんですよ、、。”


 鹿の事で 頭が一杯な時に  

    指輪が云々、、、  とか 云われても


  何の事か ピンと 来なかった私が、、、

、、、、、数秒間考えて、、、




”えっ 貴方 娘にプロポーズしようと 思っているの?”


と 聞くと 


 彼が コクンと うなずいて 静かに


”イエス”
 と 言った。



この夜 ザク2君は バッキーに

  娘と 結婚する許可 を得に来たようだ。




この話を

   ベーカリーのマネージャーのキャシーさん(60代)にすると、


 ”あら オールドファションな人ね

 今の若い子は 親の許可とか 得ない人が多いのよ。”



と 

まだ 会った事のない ザク2君に 

    好感を持ったように云った。



     
       
     

  今年の夏の2人、、、、 

    何気なく ペアルック、、、、で いいな





そういえば この時 

  なぜか 突然 

 教会をバックに 2人の写真を撮ろうと思ったんだ、、、私



  

写真のM&M は

ターゲットで見つけた クリスマス用の 

    ココナッツ味と ペパーミント味 


ガラスの器に入れると  可愛いかも、、、
  

   にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へにほんブログ村

今日も応援クリック ありがとう。
こちらイリノイ西北部は今日の木曜日
今年初めての積雪がありました。

  
Comments (7)
この記事をはてなブックマークに追加

今年のXmasカード

2012-12-20 |  長女
 

毎年 長女一家からのクリスマスカードを受け取るのが 

    楽しみな私、、、


今年は こんなカード


表には 家族の写真


   


 娘が着ているカーディガンの黄色が 

  ボーイズの衣類にも うまく 入っていて 

   そんな 細かい気使いが 彼ららしい。


  2歳 4歳の次男君や3男君まで、、、自分なりに

  ポーズを取っているのが 

         何ともいい



早めに娘に贈ったクリスマスプレゼントのニーハイブーツ

  履いてくれてて  嬉しい。


彼女が 自分で選んだ ブーツだけど

  とっても気に入っているようで

送ってくれた サンキューカード に並んだ言葉から

  そんな気持ちが ひしひし 伝わってきた。


値段を見た時は

    一瞬 ドキリ  としたけど

  買ってあげて良かった~~。

 


カードの裏には  こんな言葉が並んでいた。


    


  May your coming year be filled with magic and dreams

      and good madness.

   I hope you read some fine books

  and kiss someone who thinks you're wonderful,

and don't forget to make some art

  -- write or draw or build or sing

  or live as only you can.

And I hope, somewhere in the next year,

      you surprise yourself.



  作家 ニールゲイマン(Neil Gaiman)の

  10年ぐらい前?の新年へのメッセージ


 
 まるで 長女一家からの言葉のように 

    彼らに ぴったり 


 私の お気に入り の箇所は、、、


 And I hope、

      somewhere in the next year、

        you surprise yourself 




   輝かしい新年に向かって

よっしゃあ~~~  て 

    うちから 力が出てくる自分を感じる。


 自分らしく

  一瞬一瞬を 思いっきり 

      生きる事、、、かな、、、。


 そしたら いつか 

    アッと思う自分に出会う、、、かも、、。


  自分らしく、、、が 曲者  だけど、、



      


この白いオーナメント

  以前 娘たちから プレゼントされたもの


 何だと思います?


  日本を形作っているんです。


   

 日本の形をしたこのオーナメントには

  バッキーと私が結婚式を挙げた長野の箇所に 

   私たちの名前と一緒に 

    ハートのマーク が入っている、、んだ。




 
  にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へにほんブログ村
今日も応援クリックありがとう。
Comments (7)
この記事をはてなブックマークに追加

2012-12-19 |  つぶやき
 
月曜日に仕事に行くと

”イジー 鹿を跳ねたんだって、、” と

土曜の夜 ポリスの会話を スキャナーで聞いていた 

従業員の何人かが 

  私の顔を 見るや 聞いてきた。


その中の一人 キャッシャーのリンダさんと

  レジで 鹿事件の話 (こんな話)をしていると


” 雄の鹿だったら 角が目当てだろ

   高く売れるからね。”



  と 私たちの会話を聞いていた客が言う。


ハンティングをするその客は 

鹿の角を 1500ドルで 

   売った事もあったようで


道路に倒れていた鹿の首を

  その場で切り取った人に対し

当たり前の行動 のように 


”僕だって同じことをしていたよ” と言い

彼のトラックには 常に

鹿の首を切る事ができるハンティング用の道具が

    入っている事も話してくれた。





バッキーも  鹿の首を切り取った人を

   私のように 責める気持ち は

      持っていなかった。


生々しい鹿の姿を目の前にし 

   動揺した私が

首を切り取った人に対して

まるで スクールシューティングの犯人のように

    非難した事に対し


”この不景気に お金の困っている人も多い

 これで その家族が助かったらいいじゃないか”



と 言う。



あの生生しさを思い出すと

  心から バッキーのような気持ちには なれないけど

鹿の首を切った人への 

  嫌な感情 は消えていった。




乱射事件の事での動揺が合ったからと言って

 鹿の首を切り取った人をも 

   一緒にした事を 反省もした。



 
そして


 人に対して 憎しみの感情 をぶつけると


まるで そこから

  別の罪が生まれそうな程 


 どんどんと どす黒くなって 

   心の中で 深まっていく事を 思った。



”人でなく 罪を憎め”  というのは

  そういう意味なのだろうかな、、、、  と 考えた。


 そうして 二つをうまく分けて

  受け入れることができると

 何よりも 自分が救われるんだろう  と思った。





  にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へにほんブログ村
今晩 積雪があるようだ。

Comments (7)
この記事をはてなブックマークに追加

保険会社へ、、

2012-12-18 | アメリカのニュースあれこれ
 土曜の夜 鹿を跳ねた私の車(Van)の修理の件で 


町にある自動車保険会社の支店に 

今朝 行って来た。


そこで 働くカニーさんは ヨガ友達でもあり

 彼女の兄弟とも ムースで知り合っているので

  話もしやすい。




仕事に遅れそうだった私は(いつものごとく朝 もたもたしていた、、、汗)

簡単に事故の事を話し 

  保安官からもらったペーパーを手渡し


”休憩時間に また 来ますね”  と言い

  足早に オフイスを出た。


それから 数時間後に 

保険会社から 職場に電話があった。


事故が起きた時間 場所 どのようにおきたか

事故後の車の状態

警察はかかわったか などなど

時間にして 5分足らずの質問 を受けた。



そして

明日 保険会社から 

修理費の見積もりの為に


AppraiserAdjusterとも云うみたい)が

  来る事になり



自己負担は250ドルで

動物を跳ねた事故なので 

その後の保険料( Premium) は変わらない事も

  話してくれた。


今まで 小さな事故で 

 ちょこちょこ自動車保険を使って来たけど

 動物との事故だと 保険料金が値上がらない事 を

    初めて知った。

 何やら ラッキーな気持ちになる。(笑)


この報告をバッキーにすると


自己負担が500ドルと思っていた事からか


”That's good news”  と

   機嫌よく言う。


私が起こした事故で 出費が出ることになったのに

  Good News などという言葉が

バッキーの口から出て

なんだか 狐に騙されているようだった。(笑)



車は 知人の働く フォードのディーラーで 

修理をしてもらおうと考えているけど

 保険会社の見積もりと 

   ディーラーの請求する価格に差があると 


他を探さなくてはいけないのかどうか 疑問に思い

カニーさんに質問すると


”He knows” と 

そんな問題が起こることはない

  とでも云うように 簡単に 云われた。



 彼女が言うように 事がスムーズに運び

   車の修理ができるといい。







    にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へにほんブログ村


 クリスマスまで 数えるばかりになった

明日の休みは 時間をうまく使わないと、、、汗、、汗、、


Comments (8)
この記事をはてなブックマークに追加

信じられない!

2012-12-17 | アメリカのニュースあれこれ
 土曜の夜,ハイウェイで跳ねた鹿が


ハイウェイから さほど 離れていない草の上に

  横たわっていたのを 翌朝見つけた。


日曜の朝 朝食を食べにムースに向かう道

 助手席に座っていた次女が 


” 見て! あれ お母さんが跳ねた鹿じゃないの”

と云って

  道路から 数メートル離れた 野原を指差す


そこに横たわっていた大きな体格をした鹿に

  車が じょじょに 近づいていくや


私は 思わず 息をのんだ。


鹿は 誰かによって 

   頭を切り取られていた。



大きな鹿だったから 角も立派な物だったのかも知れない。

 角目当て だったんだろうか、、、。


それにしても 


いくら 死んでいるからといって

車にはねられた鹿の首を

      切り取るなんて、、、


そんな人の気持ちが 

   まったく 理解できない。



スクールシューティングの事と一緒になって


 とても 嫌な想いが 体を突き抜けた。



4歳と5歳の子供を持つ娘は

また 教師である事も加わり

今回 罪のない 無邪気な幼い命が

このような形で 失われたことに大きな動揺をしている


”What's going on in this world”


と 首を切り取られた 頭のない鹿を見て

    吐き捨てるように 彼女が云った


 


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へにほんブログ村


  
Comments (8)
この記事をはてなブックマークに追加

鹿を跳ねてしまった、、、。

2012-12-16 | アメリカのニュースあれこれ
 土曜 アイオワ州から遊びに来ていた次女一家に会う為

仕事の後 いったん家に帰り 

着替えをしてから 

 いそいで ムースに向かった。


この夜 バッキーは 

 ムースであった ピザナイトのお手伝いをしていたので

皆で ピザを食べる為 

  そこで 待ち合わせ、、、。


家を出ると もう6時近くになっており

  通りは 真っ暗


朝から ガソリンが少なめになっている警報が出ていた車に

   ガソリンも入れなくては   と 

  少々 せった気持ち で

群のハイウエイを 走っていたら、、





突然 



大きな 雄しかが

  目の前に 飛び出して来た。



ブレーキを踏む余裕などなく

鹿に気づいた時には もう 彼をはねた後


ドン  と大きな音がした後

  窓ガラスが壊れたのかと思うような 

    高い音がした。


鹿は 路上には倒れておらず

  車に当たった後 林の中に走ることが出来たようだったけど

車のダメージからしても

  は助かってはいないだろうと 皆が話す。


突然の事に 動揺していた私だが

   そこから ガソリンスタンドに行き


 ダックテープをもらって

壊れてぶら下がっていたヘッドライトを

  車体に貼り付け

そこから 5分程先のムースに車を走らせた。



その夜 ムースに来ていた 群の刑務所(county jail)で働く知人から

1500ドル以上のダメージの場合は

  警察に連絡を入れたほうが云い
 と 助言され


バッキーが 群の保安官に連絡を入れた。




しばらくして やさしい笑顔をした年配の保安官が

   ムースに現れた。

保安官は 車のダメージを点検し

 
書類手続きの為に

 私の運転免許書 車両保険、

   Registration カードが必要だと云った。


それらを手渡すと 


”外で待ってても 仕方ないですから

    中に入って待っててください。”



と 親切な言葉 をかけてくれ

  作ってくれた書類を持って 

ムースでおしゃべりをしていた私に手渡してくれた。 


帰るときに

”鹿が欲しかったら 

     持っていっていいから、、、”



と 

 彼が言い残した 思いもしない言葉 には

     驚いた、、、、。


 
 


   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へにほんブログ村


 
Comments (9)
この記事をはてなブックマークに追加