岐阜の「タイヤ専門店イマージン」と「カーコーティングと洗車の専門店」 専門店運営の実務!

タイヤ「安全」と車「キレイ」の領域で 「日本に新しい洗車文化を」というビジネスを岐阜から発信!

恥ずかしい話!

2017年04月30日 | 日記
とても健康で持病もなく医者には歯医者さんにご縁があるだけなんですが
昨年暮れから股間にかゆみを覚えて 
「これは高校生時代の記憶からインキンタムシか?」と思って
素人診断をして薬局で それ用の薬を買って塗っていたけれど
一向に症状が改善しないので 
仕方がないので皮膚科に行くことにしました。

なんか女医さんだと照れ臭く恥ずかしいので
なるべくご年配の老先生がいる
岐阜市のま○ち皮膚科を尋ねました、およそ一か月前の話です。


その前に行きつけの床屋でその話をしたら
インキンじゃなくてヤバイ病気もらったんじゃないかと
さんざん問い詰められましたが・・・・・。

診察を受けると 先生は皮膚の一部を削り取ってすぐ顕微鏡で・・・
その結果 これはインキンでなく湿疹という診断です。
どおりでインキンの薬が効かないはずです、
処方された薬で約一週間で完治しました。

素人診断は禁物ですね。

「聞くのは一時の恥 聞かぬのは一生の恥」でした。」





イマージンのHPです。






タイヤ専門店イマージンのHPです。





まいぷれ岐阜のキーパープロショップのページです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「閑」のお蔭で「お客様のご来店」のありがたさに気がついた!

2017年04月29日 | 商人
30年前小さなタイヤを開業した時 
お客様が来られず最初に仕入れた商品の支払いが出来なくて
商品を返品し 倒産の瀬戸際をいきなり経験しました。

店を開けていても誰も来られないことは辛い事だけでなく
先行きに不安や恐怖を感じさせるものです、
しかし その危機を乗り越えたから
今日があるわけです。
振り返ってみても その時に味わった「一人のお客様の来店のありがたさ」が
骨の髄まで染み込んで「不安や恐怖」に打ち勝ったお蔭であると断言できます。

ものごとを肯定的に捉えるか 否定的に捉えるかによって
正反対の結果が出てくると「かもの法則」も教えています。



昨夜 キーパー報告会の会合で
新天地キーパープロショップせき店へ赴いた大山さんが
しみじみ感想を述べてくれました。

以下要約
「岐阜店にいた時は当たり前にお客様が来店され 
それでコーティングが売れて何も感じなかったのですが
 せき店は圧倒的にご来店が少ないので 
1人のお客様のご来店がこれほどありがたいものか!と感じました。」




知識では「お客様は大事だありがたい」と知っていますが
骨の髄までのありがたみに植え付けてくれるのは その「閑」にあります。
「閑」をありがたいことと肯定的に捉えると
お客様に感謝が雰囲気となって伝わり 
それからファンとなってリピートくださるようになり
いつの間にか「閑」が隠れて「繁」になります。

もし「閑」を困ったことと否定的に捉えると 
不安や恐怖が沸き立ち身がすくんでしまいます。
するとその雰囲気がお客様に伝わり 
いつまでも「閑」が店に居座り続けます。

結局 「不安や恐怖」というものは
自己中心的なものごとの見方が根底にあり
お客様が来られないことの責任を他のせいにしがちなのです。
立地がわるいとか、前任者が悪いとか 責任転嫁しがちなのです。


そうしたことに目もくれず 
お客様の来店に素直に喜べる感性が大山さんなのです。

お客様が来られるありがたさを知るために
お客様が来られないのもありがたいことなんです。
比較するのでなく意義を認めたらそうなります、
そうした「場」を提供するのが経営の役割です、
部分の「閑」は全体の「繁」によって与えられる最高の「場」です。
その為に根は広く深く張っておかねばなりません。




ものごとの捉え方は その人の自由に任されています、
リーダーに育てるのは「閑」こそ 最高の教師であります、。
自らの「心」が嬉しいを顕すか 不安で覆われるか・・・・・・・。
「天は自ら助すくるものを助ける」 
全てを肯定的に捉えることは 自助に必ずつながるのです。


コーティングと洗車の専門店で「技」を会得し磨き上げれば
次は本家本丸の「心」に課題を向けていくこと、
それは目先の現象にとらわれやすい現場を 
鳥になって空から俯瞰的に見る視点を持てる立場にあるものの役目です。

「技」を生かすも殺すも その人が抱く「かも」に原因を求められますから
ぜひ 肯定的な「かも」を飛ばす習慣を身に付けたいと考えます。
お陰様で「かもの法則」の輪読は34回目まで進みました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あの忙しさはどこへ タイヤ専門店イマージン!

2017年04月28日 | タイヤビジネス
花の盛りは短いように タイヤ屋の旬も一時です、
連休前に差し掛かった昨日と今日は平穏な時間が流れています。

3月の彼岸から4月の中旬までのおよそ1か月間に
タイヤ交換のラッシュでした。
まさに典型的な季節商売となったタイヤ小売業です。

春の3月4月と冬の11月12月に集中する季節商売は 
繁閑期に売ろうなんてことを考えずに
出稼ぎに行くことにしたほうが 
無理がありません。
「出稼ぎ」とは東北地方の農家が 
雪に埋もれる冬期に 首都圏の建設現場などへ
現金収入を求めて 家族を残して単身で働きに行くことですが、
タイヤ屋もこれだけ繁閑の格差が激しいと そういった発想に学び活路を開きましょう。

何も他県に出るのでなく 
タイヤ業界からひょいと洗車業界を覗けば
年間を通じて割合安定した商売ができることを知りました。
教えを請えば親切に手取足取り指導を頂いて 
出稼ぎに行かなくても 出稼ぎ以上の成果を頂けるまでになりました。
季節商売・繁閑の格差がタイヤ商売の特徴だと割り切ってしまって
繁閑期は車美容業のバックアップに徹することで
お互いがWIN・WINの関係で結べます。
お客様の行動パターンは変えれませんが 
自分たちの考えと行動は変えることはできます。

タイヤ業界以外の人と 
私の場合は洗車業界に人との話からいろいろなヒントがいただけます。
売れない時は タイヤのことを考えないほうが良い 
それよりコーティングや洗車 車美容業を考えたほうが良い。

売れない時期があるのもありがたいことです。
売れる時もありがたい 売れない時もありがたい、
それなら人生ありがたいことだらけです。
こうなったらありがたい ああなっればありがたい 
「たられば」では いつまでたってもありがたさは味わえません、
幸せは自分の心の中に隠れていました!


これも「キレイ」に関する仕事 車美容業のお蔭 タイヤが売れない事のお蔭です。
あの忙しさは 今度はキーパーの中から出てきます、
これが二毛作のイマージン商売となってきました。



「為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり」


イマージンのHPです。






タイヤ専門店イマージンのHPです。





まいぷれ岐阜のキーパープロショップのページです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キーパー技術コンテスト 今後の専門店運営に活かす視点!

2017年04月27日 | 経営
第4回2017キーパー技術コンテストが
北海道安藤選手の優勝で幕を閉じました。

弊社から岐阜県代表として出場した高山マネージャーは
善戦しましたが全国チャンピオン戦予選で惜しくも敗退しました。

今年のチャンピオン安藤選手は女性です、
キーパー技研の谷社長もコラムの中で次のように述べられています。

『KeePerの施工は「力技ではなくセンスと気配りの勝負」であり、
女性の方が合っているのではないかとは、
私がよく言っていた詩論でしたが、
それを今回の大会では見事に証明してくれたような気がします。』

                                     

技術者全体では男性数が圧倒的ですが
チャンピオン戦出場者では女性比率が高いとデータが示しています。

選手にとって技術コンテストは 
文字通り「技」の確認であり競技ですが
経営の視点から観ると キーパー技術コンテストからの示唆は
キーパープロショップ専門店に
「女性」戦力の充実をはかれと言っているように聞こえます。 


車美容という捉え方において
その中核をなす
キーパープロショップ専門店岐阜店&せき店は
文字通りキーパー直営のラボを真似して学んでいます。
店つくりだけでなく・技術もサービス価格もユニフォームもシステムも
ほぼ同じで運営していますが 
人材は当社独自で採用し育成して独自性は保っています。
店舗の運営に女性をもっと積極的に採用すべきかも・・・・・しれません。


昨年開業したキーパープロショップせき店は 
女性の大山さんがコントロラーを務めています、
彼女は昨年の準優勝者で 
今年こそはと思っていましたが
参加のレギュレーションが変わって 
コンテストに参加することはできませんでした。

しかし その目指す所は培った技術を
大勢のお客様の車をキレイにして喜びに結び付けていく
専門店の切り盛りに昇華して奮闘の毎日です。

開業当初の少ない来店客数の中で 
持ち前の腕をふるい高い品質を実現して 良さを認めてもらうことで
カーコーティングと洗車の専門店の認知を高め
せき店を繁盛に導く役割に挑戦中です。


キーパーは「心」「技」「体」の三位一体のブランドですから
「技」だけでなく 
「おもてなしの心」が一番表現しやすい専門店という舞台で
お客様から「聴く」店内受注と 
しっかりご確認いただいてからの引き渡しを行い
信頼度を高めて お客様の喜びを実現し伴に喜べる共感力が必要です。

「技」から入門し 「心」の表現としての技になってこそ
より遣り甲斐を感じられます。
なぜなら進歩向上発展こそ 
人に備わった「美」であるからです。

より大勢の人のキレイに貢献する 
あらゆるキレイを実現する
人それぞれのキレイを実現する
時と場合に応じてのキレイを聴いて最適なキレイを実現する。

決して技誇りになってはなりません、地道なキレイが必要なんです。
時間を見つけてスポンジの清掃作業中の佐藤さん。
主役脇役黒子にお客様が揃って 車美容業という業態がうまれます。



目先のタイヤ交換に集中し 
全体を見る余裕がない時を過ごしましたが
ゴールデンウイーク明けから 未来を見つめた行動が始まります。


イマージンのHPです。






タイヤ専門店イマージンのHPです。





まいぷれ岐阜のキーパープロショップのページです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新高山登れ(ニイタカヤマノボレ)0426!

2017年04月25日 | キーパープロショップ岐阜店
キーパー技術コンテスト岐阜県チャンピオンが全国大会に出かけて行きました!
本日予選会 そこでベスト20に勝ち残れば
明日のチャンピオン戦で優勝を競います!

セコンドを務める伊藤店長とコンビで出発!




<






イマージンのHPです。






タイヤ専門店イマージンのHPです。





まいぷれ岐阜のキーパープロショップのページです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加