岐阜の「タイヤ専門店イマージン」と「カーコーティングと洗車の専門店」 専門店運営の実務!

タイヤ「安全」と車「キレイ」の領域で 「日本に新しい洗車文化を」というビジネスを岐阜から発信!

「言葉」が意味するのは龍です!

2013年04月30日 | PR
キーパープロショップ正面にコンテナがあって
その側面に「龍」の絵を書きたいなと昨年思っていました。

なぜ「龍」なのか?
それは中国古典の易経にある龍の成長物語が
お店を作り成長させる過程をものの見事に示唆していることを学んだからです。
龍の成長過程とは 潜龍→見龍→君子終日乾乾→躍龍→飛龍という順序で進むと
書かれています。・・・・・詳しくは易経を学んでください。

では「龍」とは何かというと 社会に恩恵をもたらす人の喩えです。
潜龍としてまだ社会に認められる前の状況では 「志」を立てる時とあります。
社会に出て役立てる前の新入社員や新しいお店などは その時として「潜龍」なわけです。
この言葉に出会ったのは長良川畔にある高級ステーキ屋潜龍に連れて行ってもらったのが
きっかけでした。  
ここのオーナーさんがその名前をお店につけたのは 
易経の理解があったということだと今では思いますが
大勢のお客様に喜ばれる店にするという「志」があったのでしょうね。

そのようなことから「龍」と易経に興味をもったのですが
龍の絵ではなんとなくピンと来ずどうしようとかんがえていたわけですが
それなら「言葉」で龍を表現しようと思って
この看板を設置したわけです。


「日本に新しい洗車文化を!」

これが潜龍の「志」です 専門店で車をキレイにするというが当たり前になる日を夢見ているのです。
新しいお店は当初どうしても赤字になります それを何とか収支トントンまでもって行く
それが出来たら今度は黒字を計上し 累積赤字を一掃し利益を積み上げる。
するとまた新しい付加価値として次のお店を出店する。

お店の成長過程を示す言葉が潜龍の成長です。
マイナスからゼロへの回帰
ゼロからプラスの付加価値


洗車とはキレイな状態すなわちゼロまで戻す作業
コーティングとはきれいな状態をさらに艶を増したり汚れがつきにくい状態に加工すること。
表面上の意味は このようなことですが
それを実現していく事で 
喜ぶ人たちがいっぱい増えてますます栄える。
若者がドンドンこの仕事に喜びをもって働き 喜びの輪がドンドン広がる。 
これが「志」の核心部分です。


お店の植物も天を目指して伸び始めました!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

円安になって輸入タイヤが値上がり!

2013年04月29日 | タイヤビジネス
アベノミクスと呼ばれる財政政策 金融政策 成長戦略の三本の矢が
発表され日銀による国債買い入れが実施されると
昨年末に為替が円高から円安に急転回して
一気にドル円が円安モードが進行しました。
輸入業者の立場では 80円で1ドルが買えたのが
今では100円でしか1ドルが買えなくなりました。
25%も支払いが増えてしまうのです。
海外タイヤメーカーは製品値上げを実行します。
ミシュランタイヤは4月1日より値上げ済み
ピレリタイヤは5月1日より値上げ

輸入業者には少し形勢が不利  輸出業者には追い風です。



ローソンおにぎり相撲
おにぎりに兜が乗っかっていてなんだろと思ったら
レジで土俵を渡されました。


さあ輸入が勝つか?輸出が勝つか?
円高か円安か?
おにぎり相撲で占って見ますか!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お客様が育ててくださる洗車・コーティング専門店!

2013年04月28日 | コーティングビジネス
春爛漫のゴールデンウィーク
手塩にかけた花々が咲き誇っています。


あまり手を拡げすぎず のめりこむ性格なのでプランターの数を増やし過ぎないように
自重しながら・・・・?
最初は土は買ってきて植えるだけでしたが 最近では土も工夫し
いろいろ試行錯誤をするようになって・・・「ハマッタ」という感じです。


ゴールデンウィーク2日目のキーパープロショップ岐阜店は
同時進行でダイヤモンドキーパー2台クリスタルキーパー1台が施工中です。
その合い間を縫って洗車施工も進行していますので
今は6台が4人のスタッフによって「キレイ」が実現しています。


花も「キレイ」 車も「キレイ」
そうです「キレイ」は「キレイ」が好きだから「キレイ」を求めて「キレイ」にしてもらいにくるんです。
誰がっていうと それはお客様です。
お客様の心に「キレイ」があるからこそ それを現実化するために
わざわざ足を運んでくださるのです。
人の心を深く深く掘り下げていくと 本当に存在するのは真善美といわれています。
それが誰にでも備わっているから この世界に真善美を実現したくてしたくて仕方がないのです。
不潔が好きという人もいるようですが それは仮の姿であってそう思い込んでいるだけかも知れません。
正しく正々堂々と生きたい 良きことをして他者に喜んでもらいたい 身も心も美しくありたい。
化粧品も売れますし 仕事も家族の喜びからお客様の喜びもモチベーションですし
子供には親として背中で生き方の手本となりたい・・・というような気持ちは
誰の心にも備わった仏性とも言われますが。


私たちの会社が運営する二店舗のキーパープロショップは
「キレイ」の実現が喜びと感動を日々現出させています。
それはお客様の心とスタッフの心に備わった「真善美」が共鳴しあい
その波動がますます大きく広がっています。

ありがたくも美しく精妙であり良い感じなのです。

イマージンのHPです。



 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴールデンウィーク大繁盛のキーパープロショップ岐阜店!

2013年04月27日 | コーティングビジネス
開業から1年10ヶ月 成長の第3波が到来しているKPS岐阜店ですが
その第3波はものすごく高い波のようです。
認知度が上がるにつれ 洗車・コーティング品質の良さが口コミで伝わり
新規のお客様とリピーターのお客様で大繁盛が現出しています。


開業から忙しくなるに従い増員をはかっているのですが
それ以上の大繁盛で人員の増員が間に合っていません。
もちろん手をこまねいているわけでなく
5月10日頃のタウンワークに募集が載ります。
この募集は女性を対象にしたものと スゴウ店の増員を目論んだものと
二本立てになっています。

開業からこれまでは慎重に 
これからは少し大胆に
採用を企画していきます。




なぜここまで忙しくなってきたのでしょうか?
まず店長が品質を第一に重視してきたことが大勢のお客様の支持を集めている。
そういったコアなお客様が周囲の家族や知人さんをドンドンご紹介してくださる。
またWEBでのフォトログ更新が遠来のお客様を集めている。
忙しくなった雰囲気と更新された大看板の効果で通りがかりのお客様がものすごく増えた。
主宰会社の努力でキーパーブランドに信頼感が高まっている。
キーパープロショップが増えその認知度と理解度が高くなった。
最初は様子見だったタイヤショップのお客様もタイヤ交換の時に繁盛の様子をを
直接見ることによって 納得・期待・親しみといった好感度が急速に上昇し
利用してくださる人が急増している。

このような理由が考えられますが
世の中にこういった専門店を待ち望んでるニーズが多数あるということです。
洗車というとまずガソリンスタンドを利用するか自分で洗車するといった選択しかなかったのが
技術があって親切でものすごくキレイになって予算に応じていろいろなキレイが選べるという
専門店の良さが受け入れられていると考えられます。


若い人が主役となる洗車・コーティング専門店の可能性は無限大に広がっている気がします。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「おむすび」への愛情 もちろん「タイヤ」への愛情!

2013年04月26日 | 商人
タイヤを扱っています 自分たちで作っている訳ではありませんが
工場の見学などを通じて ゴムやいろいろな原料から「タイヤ」として誕生する過程を見学すると
実に大勢の人の手や智恵がかかわっている事実に気がつきます。
遥か東南アジアのゴム園やオーストラリアの鉱山から
はるばるタイヤ工場に集められて
練られて熱を加えられて貼り付けられて加硫釜で成型されて
1本のタイヤとなるわけです。

それを小売店の私たちは
タイヤが訴えかけてくるタイヤ語を翻訳し
お客様にわかりやすい言葉でセールスをして生計を立てているのです。

タイヤ語というは性能や特徴の事を指します 
カタログでは伝わりにくいニュアンスを
わかりやすい言葉で説明し提案をするわけです。
タイヤ語をまとめる力がタイヤ専門店の存在理由です。
系列に属さない個人商店経営では それが戦略という隠し味なのです。

B社直営店では 自社製品の良さをアピールするばかりで 
他社製品のことはぞんざいに扱う事例があるようですが 
これはやむおえないことかもしれませんが
「タイヤ」にしてみれば同じ仲間が不当に扱われているように感じるわけです。
だから私に「公平な目でお客様に提案してよ」といってくるわけです。
無印の専門店である強味もあるのです。
このよう考えると面白くなるのが商売です。

本屋さんで見つけた一冊
セブンイレブンのおにぎりにかける情熱が伝わります。


私たちももっともっと商売が好きになれそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加