岐阜の「タイヤ専門店イマージン」と「カーコーティングと洗車の専門店」 専門店運営の実務!

タイヤ「安全」と車「キレイ」の領域で 「日本に新しい洗車文化を」というビジネスを岐阜から発信!

創業30年を迎えるために看板新調します!

2017年11月10日 | コーティングビジネス
4年前メイン看板が台風によって破損し
応急的にテント地のモノに交換していました。
しかし これは日焼けでカッコい悪くみすぼらしくなりました。






来年 平成30年は創業30年目を迎えますので
それ前に新調することにしました。
そのデザインです。



上部はキーパープロショップ岐阜店看板 
下部はタイヤ専門店イマージンの複合看板です。


キーパープロショップ岐阜店の紹介言葉は「KeePerフォトログ岐阜県ナンバー1」
タイヤ専門店イマージンの紹介言葉は「30th祖業」

キーパーが上なのは茎と葉そして花の意味
タイヤは下なのは根っこの意味
タイヤ専門店イマージンという「タイヤ」が
イマジン車美容室という「車体」のタイヤの役割をしていることを意味します。
見えない思想的な意味です。



初代の看板  力一杯タイヤ屋さん


2代目は  ハゲ―?



30年を記念して3代目は




これも進化と発展の証です。


イマージンのHPです。






タイヤ専門店イマージンのHPです。





まいぷれ岐阜のキーパープロショップのページです。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キーパーコーティング最強のW被膜と人類最強の女性!

2017年11月04日 | コーティングビジネス
10月の長雨・台風によって車美容業は来店客数が大きな減少に見舞われました。
特に土日に天候が悪かったのが痛手です。
平日の2倍強の来店数がある土日です、ここに雨は・・・・痛い。
しかし これも自然のなせることです 受け入れて感謝していかねばなりません。

すると課題がハッキリしてきました。
こういうケースの教訓は ズバリ「人時生産性」にあります。
雨なら店舗運営の人数を少なくして 
店舗を腐らせることを防ぎ 休み多く出して 
来るべき好天に勤務を振り替えるなど臨機応変の対応を学ぶ機会とすべきです。

師匠筋のキーパーラボさんは これを徹底されていて
売り上げは落ちても人時生産性は落としていないと公表されています。

私たちの学びもついに人時生産性まで進んできました。
洗車技術の習得から始まり 
店内受注や引き渡しなど 
店舗舞台上の「カーコーティングと洗車の専門店」運営ノウハウの実践取得に向かい
そして経営課題に目を向ける機会となりました。

技術ノウハウから運営ノウハウへ そして経営ノウハウへ課題は高度化し
「人時生産性」という指標活用で経営の効率化を意識し始めます。


このようにカーコティングと洗車の専門店をキーパーラボ様から学ぶには
3段階に分けるのが 学ぶ側のノウハウです。
小学レベルでは 「洗車技術」
中学レベルでは 「店舗運営」
高校大学レベルでは 「経営ノウハウ」の取得を心掛け
その間には一貫した道徳としては「おもてなし」としてのサービス業心得を学びます。
当社がキーパーを導入したのが2004年10月でしたので
13年目にして経営ノウハウとして「人時生産性」を学ぶきっかけを得る事が出来たようです。


                                     


そしてこの冬 キーパーの新しいイメージキャラクターとして
人類最強の女性がかわいらしく登場されます。


この方ほど キーパーコーティングのイメージにピッタリと感じます。
ますますキーパーの普及に拍車がかかると思います。
私たちもキーパーの専門店としてあやからしていただきます。



イマージンのHPです。






タイヤ専門店イマージンのHPです。





まいぷれ岐阜のキーパープロショップのページです。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「守る・攻める・育てる」キーパーコーティングと洗車の専門店運営を高める!

2017年10月29日 | コーティングビジネス
先週の台風21号に続いて 
今日は台風22号の接近が予想され
10月は秋の長雨と二つの台風によって 
農作物をはじめいろいろな分野に 影響が広がっています。


弊社もキーパー事業にはもろに影響を受けていますが、
こういう機会は逆にチャンスをもたらすと考えています。

「動・反動の法則」とでも呼びましょうか、
長雨で洗車のお客様の来店は非常に少ないのは当たり前です。
しかし車が汚れているので 
キレイにしたいマインドはとても高まっていると思われ
これで天候が回復すると 
そうしたお客様が 大挙としてご来店いただけると予想できます。


振り子時計の振り子が 
負の側に振り切っていたのが 
今度は正の側に勢いをつけて返ってきます。


お店の側は 長雨などの負の側に振った時などは
スタッフの休みを出して最低の人員で運営し
天気が回復し振り子が正の側に振った時は
スタッフの数を増やしてニーズの対応する工夫をします。
これによって悪天候という要素に対し「守る」 
天候の回復に「攻める」切れ替えが出来きて 経営数値のバランスが取れてくるものです。


変化に対し硬直した運営では 
ピンチからチャンスに変わる時の勢いに乗れず 予算も伸ばせまん。
「守る」時はサッと引いて 
「攻める」時には一気に伸ばすことが繁盛店化するコツです。



                                     


この10月は 「時」の勢いを味方に付ける考え方と店舗運営を学ぶ機会となりました。

それに月単位の予算を 
4半期(3か月)単位の予算重視に視点を広げ
休みも4半期の中で調整するような運営に切り替えることで
長雨というピンチを チャンスに切り替えやすく感じます。


実例として 昨日キーパープロショップ岐阜店のケースを紹介します。
運営は当初2名で始まりました、

午前中の来店がなく1人が早めに帰り ワンオペに切り替わりました。
するとダイヤモンドキーパー予約車が入庫すると
クリスタルキーパー当日施工が追随し 
午後からキーパーコーティング3台が施工予定となりました。

そこでどうしても重なる時間 
スゴウ店からヘルプに1名お願いして全ての施工を仕上げていました。
ヘルプを出したスゴウ店は店長一人のワンオペになりましたが
クリスタルキーパー1台の施工を仕上げています。
2店舗の運営は合計4名で始まり 
3名体制になったところで当日施工が受注され
今度はヘルプ対応で全ての施工を間完了です。
その上 また当日施工のオールクリアという車内消臭メニューの施工も入り
現場はキビキビ動いていました。


キーパーコーティングと洗車の専門店は 
雨だと洗車メニューはありませんが 
コーティングの当日施工も飛び込みが入り
車内清掃やガラスの撥水加工など 
雨の日ならではのアラカルトメニューも入庫するなど
来店の絶対数は少ないのですが 内容の濃い日になりました。
ドミナントの良さもヘルプ対応で発揮され
「守り」の雨の日でしたが かなりの売り上げが計上されました。


「守る・攻める・育てる」キーパーコーティングと洗車の専門店の運営は 
変化対応の実例として昨日のキーパープロショップ岐阜店は参考になるはずです。
ありがたいことです。






イマージンのHPです。






タイヤ専門店イマージンのHPです。





まいぷれ岐阜のキーパープロショップのページです。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「常得意様」のありがたさ カーコーティングと洗車の専門店!

2017年10月10日 | コーティングビジネス
広島にメガネ21というお店を展開する会社があり
一風変わった経営方針で成長なさっています。
テレビで取り上げられて知ったのですが
早速 著書を買い求めて勉強させてもらっています。

丸見え経営という手法です。


そこでヒントを得た言葉に「常得意様」がありました。
普通は 「上得意様」と書いて
「高い買い物をいつもしていただけるお客様」を指し
百貨店などからは「上得意様限定セール」などの催しや
特別のサービスなどVIP待遇をお受けになるお客様を指します。


しかしこの眼鏡屋さんでは少し言葉を変えて
「上」でなく「常」を当てはめて
「常得意様」と書くそうです。
混んでいたりすると 
せっかく来店なさっても「また来るよ」とか
混み具合を見るだけでサッサと帰られて 
別の空いた時にするっと来店なさって何事もなかったよう再来店をされ
自我をあまり主張なさらず 逆に店を気づかいくださるお客様だそうです。


こういったお客様は
キーパープロショップ岐阜店やせき店でもお見受けします。
近すぎず遠すぎない絶妙の距離感で
閑な時間を見計らうように来店してくださいます。
専門店という舞台では その距離感が大切だと思います。
公平に接すること 親しくあっても礼儀正しく馴れ馴れしくないこと。
これを一視同仁と言うそうです。

お店の側にこうした礼儀正しさが育つと
競争とか我先とか差別する比較するといった 
ギスギスしたことが無くなり
譲り合いとか分かち合い許し合いの環境が現れてきます。

混んでるならまた来る。
ゆっくり仕上げてくれればいいよ。
夕方まで車を預けるからそれまででいいよ。

お客様と信頼関係が結べると何事も相談になり
信頼関係がなければクレームとなります。
いつのまにか大勢のお客様と信頼関係を結べているようです。

その店のスタッフも雰囲気も提供されるサービスも「好き」と言ってくださります。
何よりも調和が取れていることに感心なさってくださいます。
ありがたいことですね。

調和した環境は差別を無くすことで生まれて
それを母体にして人は安心して成長します。
キーパープロショップの舞台はまさにそういった環境を生み出せる
素晴らしい思想に裏打ちされているようです。



                                


一糸同仁

以下 ネットより抜粋

すべてを平等に慈しみ差別しないこと。
えこひいきがなく、だれかれの区別なく同じように人を遇すること。
また、身分・出身・敵味方などにかかわらず、
どんな人でも平等に慈しみ、禽獣きんじゅうにも区別なく接すること。

▽「一視」は同じように見ること。「仁」は思いやり・愛情の意。

                                



今日も 朝一番にN様が愛車のスカイラインの洗車にご来店さないました。
この方はキーパープロショップ岐阜店になる前の
キーパープロショップタイヤイマージンの時代から
洗車に通ってくださる方で 
落ち着いた雰囲気でいつもニコニコされていて
まるで福の神のようなお客様です。


当社のキーパー事業部長は
いろいろ催されるキーパー選手権などの
拡販コンクールに対して
自然体の参加で意識しないように指導しています。
コンクールだから割引しますとは差別を生む温床だと知っているのです。
キーパープロショップ専門店ビジネスは
そういった競争とは無縁で 
あるがままの成績を粛々として仕事をするようにしています。

そもそも「キレイ」は心の欲する自然の催しであり
キャンペーンだからとかいう理由で
販売に当たるのは専門店のビジネスには合わないと感じます。
ビジネスは量を追えば追うほど 
いつしか変質して質の低下に結びついてしまいます。
お客様との信頼関係を自然に結んでこそ 
専門店ビジネスは魅力ある職場にすることが出来ると信じます。

キーパープロショップ専門店ビジネスは 
この一視同仁を店舗運営の基本にするのが心柱だと感じます。



イマージンのHPです。






タイヤ専門店イマージンのHPです。





まいぷれ岐阜のキーパープロショップのページです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コーティングの1ヶ月点検 店の理屈とお客様の気分!

2017年09月24日 | コーティングビジネス
「暑さ寒さも彼岸まで」と申しますが
日は短くなり日中はともかくも朝晩は涼しくなりました。
行楽の秋 食欲の秋です。

当社第一四半期(7月~9月)に 
店舗テントの増設やや機器のメンテナンス等を行い
後は創業タイヤショップの色落ちしたテント地の看板交換を残すのみとなりました。
店舗ハードは必ず劣化していきますから メンテナンスはトとも大切なのです。


                               


先日 キーパープロショップ岐阜店で
コーティングをしていただいたお客様からメールが届きました。



キーパーコーティングをしていただきましたが、
運転席側のバックミラーだけ、
あきらかに水のハジキがありません。
コーティングの掛け忘れではないでしょうか?
1ヶ月点検に伺いますので対応お願いします。




点検に入庫されて確認すると 
明らかに「コーティングのかけ忘れ」という初歩的なミスだったようです。

こういった万が一のケースに万全を期すために
クリスタルキーパー・ダイヤモンドキーパー・ダブルダイヤモンドキーパーには
「1ヵ月点検カード」をお渡しして 
コーティング後に洗車を兼ねて点検をすることが制度化されています。




しかし ここにビジネスとしての大事な注意点があります。

掛け忘れというミスは点検で解消されますが
お客様は気分を害されたのは間違いのないことです、
ですから店側は まずご気分を害されたことを
真摯にお詫びしなければなりません。

点検をするのは人間的なミスをフォローするための理屈です。
しかし人間は理屈では余計に気分を悪くすることが多いものです。
「なんでかけ忘れたんだよ~」
「点検で解消すればいいってことじゃないよ」
「キチンと仕事をしなかったんじゃないか」

まず人としてキチンとミスを認めてお詫びしてという姿勢を
第一に強くすることが大切です。
確かに施工忘れは点検で解消されますが
お客様が害された気分に心を添えてお詫びをすることとセットでなければ
1カ月点検の意味は半減してしまいます。



手前どもの 若いスタッフはこうした実例をもって
「人」を学んでいきます、なにかと理屈が優先する世の中ですが
気分という要素が大切だと認識するために
実例を披露させていただきました。
ご指摘くださったO様 
ありがとうございました。


また一方で1か月点検では 
お客様のご不満やご指摘を解消する
アフターメンテナンスの充実という良き面でありますから 
何なりとご指摘やご指導をお願い申し上げます。


ありがたいことです。




イマージンのHPです。






タイヤ専門店イマージンのHPです。





まいぷれ岐阜のキーパープロショップのページです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加