岐阜の「タイヤ専門店イマージン」と「カーコーティングと洗車の専門店」 専門店運営の実務!

タイヤ「安全」と車「キレイ」の領域で 「日本に新しい洗車文化を」というビジネスを岐阜から発信!

岐阜市の「タイヤ」と「キーパー・洗車」を頼みやすい店!

2015年06月30日 | インフォメーション
明日は創業26周年と第二創業4周年記念日です。
お陰さまとお互いさまで
何とかやってこれましたありがたいことです。

キーパープロショップ岐阜店のお客様ノートに
「店に到る道筋の草を刈っていただけないでしょうか?」
と記入してあります。と高山店長が報告してきました。



店の前はキレイに刈り込んでいるのですが
向こう三軒隣様 距離にして200メートルは
誰にも省みられず草ボウボウで気になっていたのですが
「頼まれごとはやろう」と
日が照らない日であったので 
朝一番から手空きのみんな動員して一気に草刈をしました。

まだ周囲に田んぼがある時は 
地主さんが土手や用水の管理を兼ねて草刈をされていましたが
ほとんどが宅地化されると 地主さんの足も遠のき
草ボウボウになります。







江添用水の両サイド フェンス外がきれいに刈り込みました。


「頼まれごと」をすることが商売です。
一応守備範囲として
「タイヤ屋」はタイヤのことで頼まれやすく
「コーティング・洗車ショップ」は洗車の事で頼まれやすい店が流行ります。
上目線であったり怖い顔をしている店に 頼みたいと思われる人は少ないはずです。

「タイヤのことなら任せてください」
「洗車やキーパーの事なら是非お任せください」と
お客様の信頼を得ていく地道な行動が商売です。

あの店に任せて良かった!
あの人は親切で頼み甲斐がある!
頼まれごとという曖昧な領域にあることも 
出来ることはやってみると とても喜ばれます。


草刈の提案をしてくださったお客様のお陰で
記念日を前にすがすがしい気持ちにさせていただく事が出来ました。
ありがとうございます ありがたいことです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タイヤパンク検査に料金設定をしています!

2015年06月29日 | タイヤビジネス
ここ数年 ガソリンスタンドさんで「パンク?してますよ。」と言われて
ビックリして来店されるお客様が増えています。

当方は一応念のためにどういう状況でしたか?とお尋ねしますが
「エアーチェックしたら空気充填が多いからパンクと言われました。」
このような受け答えになるのです。

「パンク」しているのを誰も確認してるわけでなく
ただ流れで「パンクの可能性がある。」ことに対して
ガソリンスタンドさんも 「検査しましょうか」とつっこまず
それで不安をもたれたお客様が
タイヤ専門店である当店へ駆け込んでこられるのです。


それについて セルフ化が進んだ
ガソリンスタンドさんの店員さんが
アルバイトさん?ばかりで 
パンク検査に手間がかけれず
かといって空気圧の低下を告知する親切さは持ち合わせているのでしょうね。
お客様も他人任せで突然の指摘でビックリされ 
店員さんもセルフ化で業務に制約があるという
デジタル社会の特徴です。

イマージンのHPです。


                                               
パンクの検査は 
タイヤを車両から取り外して水槽に沈めて
エア漏れをチェックして異物の突き刺さりを
突き止める手間がかかります。
競争社会が進むと 手間ヒマを掛ける親切心が失われるのです。
もちろん検査もお金を頂きます。

検査費 
タイヤの取り外しを伴なう水槽検査は¥1.000税別 
        (タイヤ持参の場合は¥500)
もちろんパンクしていればパンク修理代金¥2.000税別に含まれます。
パンクしていない場合のみ請求させていただきます。

目視で異物が刺さっているのがわかれば
検査費はかかりませんが 
ハッキリしない場合は 
やはりタイヤを取り外して
水槽に沈めて確認の手間代は必要経費として頂戴します。








パンクがははっきり分る異物と  クギやビス・トゲのような異物の数々


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タイヤ空気圧は高めにする!

2015年06月28日 | タイヤビジネス
梅雨の中休み 爽やかな晴れ間が広がりました。
もうすぐ7月 梅雨明けの強烈な照り付けがやって来ます。

タイヤのトラブルが多発する時期です。
高路面温度がタイヤ発熱をもたらし
限度を越えると一気にバーストします。

タイヤの発熱をもたらす主因は低い空気圧です。
すると走行のたびにタイヤの歪みが大きくなり
専門用語でいうスタンディングウエーブ現象が発生し
タイヤの内部崩壊=バーストと進みます。

クギなどが刺さっても 
ラジアルタイヤは徐々にすぐに空気圧は下がりません
徐々に下がりますから余計にタイヤバーストに至りやすいのです。
「最近空気圧を点検されましたか?」
ほとんどの人はしていないと思われます。
すると自然減で低くなっています。
そのまま高速走行するとバースト警報発令です。
それを防ぐのは高めの空気圧力です。
しっかりタイヤに空気が詰まっていると
タイヤサイドのたわみを抑えます。
高め空気圧がバーストの危険を防止します。

A Href="http://ima-gin.jp/" Target="_blank">
イマージンのHPです。



レベル5 危険度最大のひび割れ進行です。


新品タイヤと比べると一目瞭然です。



安心が手に入りました!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スモールタイヤ商売を楽しむ「好感度」という中心!

2015年06月27日 | タイヤビジネス
今から27年前の平成元年7月1日
「タイヤ屋が出来るかも」という予感を現実化して
ラ・タイヤーズイマージンという
敷地55坪・駐車場2台・ピット1台の小型店舗で
一人で営業を始めました。

金なし・信用なし・実績なしの挑戦です。
およそ1ヶ月半で開店で仕入れた商品の
支払不能に陥り業者さんに頭を下げて
仕入れ商品を返品する事で支払いを相殺してもらったり
好意的な業者さんは数ヶ月支払猶予をしてくださったりということで
難所をしのいだのでした。

なぜ支払い不能になったか理由は簡単です。
ちっぽけな怪しいタイヤ屋にお客様は警戒感を持たれて
まったく売れなかったからです。

安いとか高いとかではなく
「怪しい」という警戒感が売れない理由だとするなら
出来ることはたった一つです。
ご来店いただいたお客さんに
「お前気にいった。」と思っていただいて
次々とお客さんを紹介していただく以外
生きる道はないと知ったわけです。

「好感度」といってもどうしたらいいの?
それに出した答えは「夜10時までの長時間営業」
他店様が夜8時までの営業なら それ以降営業している店というなら
「頑張っているな、どれひとつ応援してやろうか」などと
心の奥底で思ってもらえば好いわけです。
結果的にそれによって「好感度」は爆発的に上昇し
怪しい店が「頑張っている店」という認識になって
そのまま 今日までやって来れたわけです。
A Href="http://ima-gin.jp/" Target="_blank">
イマージンのHPです。


                                            
体に染み付いた「好感度商人」は 
対応は ある時はべらんべえ調で ある時は丁寧調で ある時は押し売り風といった
お客様に応じて使い分ける 究極の臨機応変型です。
いわゆる人間味のあるという職人的な商人なものです。

家業・生業的なスモールタイヤ商売
資金なし・信用なし・実績なしからの
スタートで生きていく道は“これしかない”だったのです。
自分の口ひとつで生きる商人 
赤鉛筆と電卓片手に口八丁手八丁の世界観です。

                                            
そういった商売が通用しなくなってきたと感じたのは
いつの頃からでしょうか 世の中が変化してきたのです。
それまで普通にあった個人経営の
町の電気屋さんや薬局や食堂がなくなって
大きな資本の全国的に有名な店舗が勢力を伸張してきたのです。

タイヤ業界もタイヤメーカーが直営のタイヤ専門店を増やしたり
オートバックスやイエローハット・ジェームスさんなどの量販店が
あっちこっちにできて競争社会がタイヤ業界にも押し寄せてきたのです。
そのうえにインターネット通販という黒船がやってきて
「好感度」などというのは竹槍でマシンガンと闘うようなものです。

個人店が元気をなくし
商売の土俵は資本と数量がモノを言うようなってきました。


                                             
ところがところが変化は留まる事を知りません、
強大化して勝ち組だと思われていた
マクドナルドやヤマダ電機が紙面を騒ぎ出してきたじゃありませんか。
「安売り」という土俵で お客様の信頼を失って右往左往しだしました。
「安売り」という土俵は同質化してしまい 
お客様は安ければいいというだけの繋がりになり
リアルな店で商品を吟味するが 買い物はネットといったことまで起こり始めました。

同質化して特徴がなくなると「共食い」が始まってきたわけです。
弱い同業者が業界から淘汰されて 
強いもの同士が強烈な戦いのジレンマにさらされだしたのです。


                                            
タイヤ業界も基本的には同じ構図ですが
決定的に異質な事に「取り付け作業」があります。
「販売」だけなら資本の土俵となりますが
「取り付け作業」という領域が 
土俵以外の生き方を可能とする母胎となっています。

それを私たちはスモールタイヤ商売と呼んで
ローカルの毛細血管という役割りを見い出しました。
毛細血管は好感度というモノサシが 
価格というモノサシより優先します。

資本という土俵は「一番安い」というモノサシの出番ですが
毛細血管の役割りは良い商品を平均よりお値打ちで
売った人が愛想良く取り付けする安心感がです。
使い切ったタイヤにそれまでのお礼をするのを代行し
これからお世話になる新しいタイヤによろしくおねがしますと
ユーザーの立場で丁寧な仕事をするという価値の提供です。

もちろん価格という価値をないがしろにはしません
多種多様な商品の中から「ベストなチョイス」というタイヤプロの価値
確かにチラシや宣伝ではそれらしいことを
資本の土俵に乗る店は訴求していますが
現実には書いてあるようなサービスを
受けれる人はきわめて少数です。


地域のタイヤ需要という個細胞へ
新品タイヤという栄養を送りますが
ここに好感度という考え方が活きます。
なぜなら個細胞は別名お客様です。
老廃物=使っているタイヤがまだ使えるか?
そういった疑問が解決されてタイヤの入れ替えが行なわれるのですが
「好感度」が高いとその促進作用が促されるのです。
お客様との信頼感は お客様の心の中にあるものです。
毛細血管で働くのは赤血球です スタッフはその役割りです。

赤血球が新品タイヤと古タイヤとを交換する仕事をなすのです。


小さな店で働くということに意義を見い出すと
他店はは血管や大動脈や心臓の役割りを
担っている違いに過ぎませんから 
他店様のなさることと比較することなく
自分の役割り「好感度アップ」という的を目指せばよいと思います。

好感度上昇は 交換度増加でますます繁盛です。



 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「キレイ」が気持ち良いキーパープロショップ岐阜店!

2015年06月26日 | コーティングビジネス
日本は八百万の神々の国 
姿かたち考えが違ってもみんな仲間ですから
過激な対立は起こりません。
この国に生まれて それだけでも幸せです。

アマテラス様が天の岩戸にお隠れになり
世界が真っ暗闇になったとき
神々が岩戸の前で飲めや歌えや笑えやの大騒ぎをして
アマテラスが何事かと岩戸を少し開けたところを
待ち構えていたタチカラノ神がこじ開けて
アマテラスが再び出ましたお陰で
明るくなった。  

この神話が洗車・コーティングビジネスにも当てはまります。

輝いていた車が花粉や黄砂などの汚染物質によって
輝きを失しなってしまった。
お客様という神が頼ったのがキーパーの神々
いろいろな技やキーパーのケミカルを使って
再び輝きを取り戻して
みんないっしょになって喜び合います。

                                              

キーパープロショップ岐阜店を開業してまもなく満4年
コーティング・洗車専門店という形態の店は
潜在していた「お客様のニーズ」を引き出して
とても喜んでいただける店に成長して来ました。


現代風の言い方では「顧客満足度」「従業員満足度」と呼びますが
これはお陰さまのなせるわざです。
八百万の神々とは人々の事です 
サービスを提供する側とサービスを受ける側に分かれますが
スタッフとお客様が 共に「キレイ」(アマテラス)を実現する
喜び合いと讃え合いが普通に行なわれています。

「キレイ」にしてもらってありがとう。
仕事を任せていただいてありがとうございました、
そればかりかお褒めの言葉までいただいて恐縮です。

                                              
「言葉」が場を浄めます。

新築から年数を経ると 汚れてくるのですが
キチンとメンテナンスが為されて
使い込まれた道具が風格を持つように
店も使い込まれた風格を帯びるようです。

「店がキレニしてありますね」とか
「さすがキレイを実現する店ですね 行き届いています。」とか
お客様や来店者さまからお褒めの言葉を頂戴すると
店長やキャストもうれしくなって ますます向上を志向します。






                                              
「場」が浄化されると それはパワースポット化します。

パワースポットは訪れるお客様に幸運を運びます。
「洗車したら気分転換になって仕事がはかどった。」
「キーパーしたら新しい彼女が出来た。」
「落ち込んでいた気分がスカッと晴れた。」

お客様の心の中の「岩戸」が開かれるのです。


家も人が住まなくなるとあっというまに古びます
それは人が放つ「気」がなくなるからです。
逆に 人が放つ「気」が明るく元気に活力が集中すると
そこに訪れる人に伝播して 
幸せのおすそ分けが出来るようになるのです。


店長とキャストの面々が 
気配り心配りの範囲を拡大する努力を重ね
キーパープロショップ岐阜店は
幸運を呼ぶ店 パワースポット・イヤシロチ化して
大勢の人に喜びが伝播しています。


八百万の神々が
店のキャストとゲストに別れて
共に喜び合う幸せが顕れています。

ありがたいことです。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加